カテゴリー
不動産売却ブログ

温室効果ガス排出抑制やってる?

帝国データバンクによる大中小企業
1万社以上の調査によると、いわゆる
省エネ対策?
「温室効果ガス排出抑制」に取り組
んでいる割合が、かなり多いことに
驚く。
特に、不動産業でも76.8%!!!
えぇっっ〜そんなに??
うちの会社遅れ過ぎか…
結果意識してるだけどなぁ…
とページを進めると、こんな
表が。

なぁだ、こんな幅広いのか(^^;;
これなら当社も自信持って
取り組んでると断言できる♪

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
土地活用

土地活用として人気のあるコインランドリー経営!メリットからリスクまで徹底解説

もしあなたが土地活用を検討しているなら、コインランドリーを候補として考えたことはないですか?

街でよく見かけるコインランドリー。土地活用として人気がありますが、情報が少なくて不安になるかもしれません。

コインランドリーの運営にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

また注意点やリスクはどのようなものがあるのでしょうか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • コインランドリー経営ってどんなビジネス?
  • コインランドリーのメリット・デメリット
  • コインランドリー経営の上の注意点

1.コインランドリーってどんな経営方法?

「コインランドリー」と聞いて、「それは一体何?」と思う人はいないはず。

どの町にでも一つはある、お馴染みの施設です。一般的には住宅街や学生街にあることが多いでしょう。

最近では忙しいビジネスマンが利用しやすい駅前にコインランドリーが建てられたり、地方ではスーパー銭湯や大型ショッピングセンターなどに併設されていることも。

このコインランドリー、実は「空いている土地を有効活用する」土地活用としても人気なのです。

その大きな理由としては、現在のコインランドリーは昔に比べて機材が進化しており、ボタンを押すだけでプロ並みの洗い上がりが可能になったこと。

 それにより、ひと昔前までは家庭用洗濯機では洗えない毛布や布団を洗うイメージでしたが、最近では家庭に洗濯機をもたずにコインランドリーだけで済ます人も増えているのです。

 このように、昔に比べてより強く人々の生活に根付いているため、空いている土地を有効活用する「土地活用」の方法として人気を集めています。

2.コインランドリー経営のメリット

土地活用の手段として人気のコインランドリー経営ですが、以下のようなメリットがあります。

  • 利用客がつきやすい
  • 利用者が自分で稼働するため従業員が不要
  • 仕入れをしないため在庫を抱えるリスクがない

一つ一つ見ていきましょう。

利用客がつきやすい

コインランドリーは人々の生活に必要不可欠な「衣食住」の一部に関わるため、利用客が付きやすいという点があります。

 最近コインランドリーを利用する人は家庭に洗濯機が無い場合も多いので、一度リピーターになってくれれば、固定客として毎回利用してくれることでしょう。

また、昔からのコインランドリーの使われ方のように「布団など大きくて家で洗えないものを年に数回、コインランドリーで洗いたい」という需要は今も変わらずあります。

利用者が自分で稼働するため従業員が不要

利用したことがある人は分かると思いますが、コインランドリーは基本的に全てセルフサービスです。

自分で洗濯機に洗濯物と洗剤を入れて、スタートさせてあとは終わるのを待つだけ。使用法の注意も必要ありません。

つまり機械さえ導入すればあとはお客さん任せのため、経営者自身が働く必要がないのはもちろんのこと、専用スタッフを雇う必要がありません。

人件費がいらないのは大きなメリットです。

 在庫を抱えるリスクがない

ビジネス的な観点で見ると、コインランドリーの経営には「仕入れ」がないため、在庫を抱えるリスクが無いのも嬉しいポイントでしょう。

小売のビジネスなどでは在庫をはけずに倒産してしまったり、飲食店では仕入れが足りなかったり余ったりと、仕入れに振り回されがちです。

在庫を抱えすぎて倒産してしまうケースも多いので、在庫リスクが無いのはビジネスとしては大きな魅力です。

3.コインランドリーのデメリット

一方コインランドリーのデメリットは、以下の通りです。

  • 数千万円の初期投資が必要になる
  • 超・高額の収益を稼ぎだせるわけではない
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • ライバル店が現れると売り上げが激減する

コインランドリーの最大のデメリットは、高額の初期投資を強いられる点でしょう。

場合によっては公的融資や銀行融資で資金調達できる場合もありますが、非常に稀で、自己資金で数千万円の初期費用を用意する必要があります。

 一方で莫大な初期費用をかけるにも関わらず、とても大きな収益を得るのが難しい点や、稼働時間が長くなればなるほど故障が増え、メンテナンスが何度も必要になるのもデメリットです。

さらにコインランドリーは他店と差別化が難しい土地活用なので、ライバルが出現すると簡単にお客さんが奪われてしまいます。

このように近隣の状況に影響を受けやすいのもデメリットと言えます。

4.土地活用としてコインランドリーを経営する方法

ここからは「コインランドリーを実際に経営する方法」について解説します。コインランドリーを運営する場合、2つの方法があります。

  • 建物から機材まで自費で調達する方法
  • コインランドリー業者に土地だけ貸す方法

それぞれ一体どんな方法なのでしょうか?詳細を紹介していきましょう。

建物から機材まで自費で調達する方法

何もない土地にコインランドリー用の建物を建てて、機材を購入・搬入し、自分で経営する方法です。

 全て自費で建物から機材まで購入しているため、実質的にコインランドリーの経営者兼オーナーになるパターンで、古くからあるコインランドリーはこの方法がほとんど。

クリーニング店に併設しているコインランドリーや賃貸マンションの一角にあるものも自費で調達する方法で運営されています。

莫大な初期投資をかける代わりに、コインランドリーで手に入る収益は全て自分のものとなるので、もし大当たりした場合は高額の収益を手に入れることができるでしょう。

コインランドリー業者に土地だけ貸す方法

コインランドリーは自費で行うことが多い土地活用なのですが、最近では別の方法が注目を集めています。

 それは全国展開するコインランドリーの企業に土地だけ貸し、建設から運営まで全て委託する方法です。

 いわゆる「借地」としての運用なので、初期費用や運営は一切不要なのが最大のメリットです。

 この場合は、コインランドリーが失敗しようが成功しようが、土地の持ち主にとっては全く関係なく、お客さんが一人もこなくても毎月決まった額の借地料がもらえるのが魅力です。

一方、仮に大儲けしていても決まった金額以上は一円ももらえないのは残念な点と言えるでしょう。

5.コインランドリーを行う際の注意点

最後にお伝えするのは、コインランドリーを行う際の注意点について。

コインランドリーの存在が地域住民に迷惑をかけてしまうかもしれない点に注意してください。

 コインランドリーは無人で運営しているため盗難がよくおこり、運営側に責任を追及されることも。

またコインランドリーは夜遅く解放している施設のため、不良のたまり場にもなりやすく、機材にいたずらされたり近隣住民に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

 盗難対策も含めて、監視カメラ設置や警備会社との契約を行っておくことをオススメします。

6.コインランドリー以外の土地活用を知るには

今回はコインランドリーについて詳しく解説してきましたが、あなたの考えている土地活用でコインランドリーがベストとは限りません。

「土地活用」と一言で言っても、アパート経営や駐車場経営、他にも色々とあり、土地によって最適な活用法は異なります

そんなときに便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

この記事では、最近あちこちで見かける「コインランドリー」の土地活用について解説しました。

コインランドリーは近年生活に根付いていて、個人の利用頻度が上がっているため魅力的な投資と言えます。

一方初期費用の高さなどリスクもあるので、メリット・デメリッや注意点をよく理解して検討してみましょう。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

造成と整地の違いを大解剖!4つの工事内容や必要な費用相場まで解説

「造成と整地」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 造成と整地って何がどう違うの?
  • 造成や整地にはどんな工事が行われるのだろうか・・・
  • 造成や整地にかかる費用をわかりやすく解説して欲しい
  • 造成と整地工事を担当する業者の選び方を知りたい

そこで今回の記事では「造成と整地」に関する疑問・不安について、解説していきます。この記事を読むことで、あなたが知っておくべき「造成と整地」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

1.造成と整地の違い

この章では「造成と整地の違い」についてお伝えします。

まずは一緒にされやすい「造成」と「整地」の違いについて紹介していきましょう。

造成について

造成とは、土地に対しその地盤面の形状を主に土を動かす事により何かしらの目的に利用する為の行為のこと

地の造成は「宅地造成等規制法」によって土地の造成が行える業者が決められているため、誰もが自由に行うことはできません。

小規模や中規模の土地造成であれば、解体業者や外構業者に依頼するケースが多いです。

整地について

整地とは、土地の上にあった住居を解体した後に土地を綺麗にすること

整地では、コンクリート・大きな石・木くず・ガラスなどを手や重機でくずして調節します。

そのあと重機で踏んで固定させる「転圧作業」を行い、「整地」は完了となります。

これ以外にトンボを掛けたりほうきでクリーニングをすることもありますが、各会社によって対応は異なります。

造成と整地は「建物が建てられる土地にする」と覚えておく

一緒にされやすい「造成」と「整地」の違いについて紹介してきましたが、2とも一般的には同じ意味として扱われることが多いです。

基本的な考え方として、「建物が建てられる土地(宅地)にする」という意味で使われることが多いでしょう。

本記事でも「整地=造成」という位置づけで、今後の知識を解説していきます。

次に造成・整地の種類について見ていきましょう。

2.造成・整地には4つの種類がある

整地をするスポットは宅地のみならず山林であったり木が生い茂っている場所、フラットな土地もあれば、傾斜している土壌もあります。

それらを整地する際、一般的な方法としては以下のような方法があります。

造成・整地の4つの種類

  1. 粗仕上げ(粗整地)
  2. 砂利整地
  3. 防草仕上げ
  4. コンクリート・アスファルト舗装

種類1.「粗仕上げ(粗整地)」

最もシンプルな整地方法が「粗仕上げ」です。

住居の解体後に残存しているコンクリートガラ、石(こぶし大程度まで)を取り除きます。

それらの他にも木くずやガラス片などを人力または重機で撤去し、重機で均したり転圧に取り組んだりします。

簡略な整地とはいえ、各社毎にどこまで仕上げてくれるかがバラバラになってきます。

カンタンに手で均すだけの業者もいれば、一つ一つ細かい石まで撤去して均してくれる業者もいるでしょう。

解体をオーダーする際にどこまでして貰えるのか確認しておく必要があります。

解体費用については、解体専門業者に直接発注するのが一番安いです。

ただ、見つけるのが大変ですよね。

そんなとき便利になるのが、「

ヌリカエ(※旧解体工事のナコウド)

」です。

ヌリカエ(旧解体工事のナコウド)は、東証マザーズに上場している株式会社Speeeが運営する解体業者見積もりサイトです。

SPEEEでは、解体業者をしっかり厳選審査しているため、安心感抜群です。

ヌリカエ(※旧解体工事のナコウド)

を使って、自宅周辺の解体工事業者最大3社の見積もり額を比較して、最安値を見つけることができます。

34個の質問に答えて、電話番号を入力したら見積もり完了です。質問数が多く感じますが、選択式なので1-2分あれば回答できます。

解体工事のナコウド

ヌリカエの利用の流れ

種類2.「砂利整地」

砂利整地は、粗仕上げよりきめ細かい整地方法です。

より微細なガラや石などを撤去し、土地の高さを調整して、砂利や砕石を敷いたのちに重機などで転圧を実施します。

砂利は体積が大きいものであれば、人が歩いた時に足音が耳に入りますので防犯対策になります。

大きさの異なる石であれば、噛み合って固定化されやすいので駐車場などにマッチしています。

また、西日本でよく採れる花崗岩などが風化して作り上げられた土(真砂土)もよく利用されます。

砕石として私有車道・庭の中に存在する道・学校の校庭などによく活用されます。

これ以外にも、利用される砂利には「玉砂利」や「化粧砂利」といった種類が採用されることになるでしょう。

種類3.「防草仕上げ」

整地後に草が伸びるのを防ぎたい場合は、前もってしっかりと雑草を除去したうえで防草シートを被せます。

出来あがりはいかに事前処理を細部に至るまで行ったかで見違えるようになってきます。

生命力がタフな雑草の根っこなどが残存していると大変です。

あとあと見栄えが悪くなりますので、事前処理は徹底的にする必要があります。

種類4.「コンクリート・アスファルト舗装」

整地後にパーキングにする場合などは砂利舗装のほか、コンクリートやアスファルトで舗装することもあります。

土地の高さを整えてから水勾配などを測って、砕石舗装を施し、コンクリートまたはアスファルトで舗装します。

コンクリートはアスファルトと対比すると、トータルコストが高い・工期が長時間に渡るなどの弱点があります。

しかし、寿命が長く補修回数もほとんど無くて済むというアドバンテージがあります。

一方、アスファルトはトータルコストがリーズナブルで、工期もスピーディーに完了するのが特徴です。

しかし、耐久性の問題で、補修回数が多く、コンクリートの10倍以上の補修回数になるのは見逃せません。

また夏の期間は路面温度が高温になったり、路面がゆがみしやすいなどのマイナスポイントもあります。

どちらの方法を採用するかは、宅地を整地するのか山林をきれいにするのか、などの用途で異なります。

さらに雑草が生い茂っていたり地盤の改良が求められたりしないか、などいろいろな条件も選択肢に作用するので要チェックです。

ここまでは、「造成・整地には4つの種類がある」をお伝えしましたが、次に造成・整地にかかる費用について見ていきましょう。

3.造成・整地にかかる費用を解説

整地費用には、明確な指標となるものがなく、各社ごとに料金設定がバラバラになってきます。

ここでは全般的に言って工事の「目安」となる費用を解説していきます。

まず、1平方メートルあたりのたたき台として、特別な撤去作業などを要しない場合であれば400円〜600円ほどです。

庭木の伐採や抜根あるいは、雑草がひどいケースで処理を行う場合は2,000円ほどです。

さらに地盤の再チェックなどが強いられる場合は5,000円程度が目安となるでしょう。

場合によっては、解体工事費用の3%〜5%として取り入れる可能性もあります。

だからこそ造成業者を選ぶ際は、見積もりをしっかり見て吟味しておくと良いでしょう。

山林・傾斜地などを造成・整地すると金額が変わる

平地に工事を施すのではなく、山林などになると木々の伐採や抜根、基盤の改良などが求められます。

そうなると、1平方メートルあたり20,000円から30,000円程度が目安になってくるでしょう。

また、傾斜のゆるい丘陵地なども作業が困難で、さまざまな要素に気をつけなければなりません。

そのため1平方メートルあたり10,000円から20,000円程度の費用を覚悟しないといけないでしょう。

もし、傾斜角度が15度以上になると、1平方メートルあたり40,000円前後になることもあります。

それらの他にも、真砂土を敷くケースだと3,500円から4,000円程度(1立方メートルあたり)です。

砕石を敷くケースだと石の大きさや種類などにも影響されますが、1立方メートルあたり2,500円から5,000円程度になります。

ついでに申しますと、道路よりも低い位置にある土地に対しては、多少要件が違ってくるので要注意です。

宅地として使えるレベルまで一体化するために土砂などを持ちこんで地上げする必要があります。

そういった状況の費用としては3,500円から5,000円(1立方メートルあたり)程度かかると覚悟しておきましょう。

また土盛りした土砂の崩壊・流出などをストップするために作成する擁壁工事がからむこともあります。

「土止費」などと称されたりもしますが、そういった状況では1平方メートルあたり30,000円から40,000円が必要になります。

造成・整地をするなら業者とのイメージ共有が大切

このように、整地のタイプや土地の条件、希望する出来栄えなどによって費用は大きく変化してきます。

「完成したら予想してたものと信じられないくらい違った」といったことがないように心掛けましょう。

整地をオーダーする際には最終的なイメージをハッキリさせて業者に伝えておくこととが重要になるので注意してください。

ここまでは「造成・整地にかかる費用」についてお伝えしましたが、次に「造成・整地工事を担当する業者の選び方」について見ていきましょう。

5.造成後のイメージを見据えながら「複数社に見積もり」が鉄則

土地の造成では、専門的な重機や技術を必要とするため、プロの業者に依頼して行うのがおすすめです。

自分で知識を深めておくことはもちろん、複数の業者に見積もり依頼をして比較検討してみましょう

また、「造成した後にどのように土地を活用していくのか」ということも含めて、計画を立てることが大切です。

自分が住む為の住居なのか、アパート経営をなどを始めたいのか、造成後のイメージを見据えて業者に相談していきましょう。

見積もりで提示された金額の違いだけでなく、工事プランや各業者の対応などを比較して判断することが重要で、複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」「大東建託」「旭化成ホームズ」「日本パーキング株式会社」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

「造成と整地」をテーマとして、様々な知識を解説してきました。

今後、造成と整地を実施する機会があるなら、今回紹介した記事内容を参考に施工事例や実績をネットでチェックしながら業者を選びましょう。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
不動産売却ブログ

怪しい@偵察@カフェ

訳あって、スタッフとカフェ偵察。
 
少々怪しいくらいに、キョロキョロ
 
してます(笑)
 
さてさて、時間も足らんがどうしよう
 
かなぁ。。。あそこ。
 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

在宅勤務率50%へ

当社も本日より在宅勤務率を上げ
 
概ね50%となりました。
 
関係各位には少しご不便をおかけ
 
するかもしれませんが、時代背景
 
を鑑み、お許しくださいませ。
 
 
さて、そんな当社ではありますが
 
実際には、営業も多くなかなか
 
上場企業のような70%とは
 
行きません・・・
 
 
さて、今日は在宅勤務者と社内
 
とのオンライン構築はウェアーバイ
 
にて、そして外部ミーティングを
 
ZOOMと使い分け。
 

 

本当に便利な世の中になりました。
 
ただ、在宅勤務でずっと椅子に座って
 
いるのは、腰痛持ちには辛いです( ;  ; )

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

考えることは同じ

コロナ禍は運動不足も招きます。
毎日ただ近所を走るのもマンネリ
になる中、例えばバッティング
センターなんて選択肢もあります。
しかし、考えることは同じなのか
大変な混雑様w
都内は人の絶対数が多いので、
結局、人の集まる場所は 
偏るということでしょうか…
不安が勝り、ストレス発散とは
いかないなぁ。。。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

昭和世代

先日、賃貸業界団体の上層部の方と

 

セミナー登壇でご一緒させて頂いた。

 

セミナーのテーマの主な内容はいわゆる

 

不動産業のテック化についてだ。

 

コロナ禍で、得意不得意に関わらず

 

多くのアナログ不動産業者もデジタル化を

 

受け入れた。

 

いや、受け入れを超えてその利便性を

 

体感し、価値を理解した。

 

 

しかし、残念ながら不動産業界といえ

 

ども幅広く、デジタル化が進んだのは

 

「賃貸業界」と「投資業界」だけだ。

 

我々のような「売買仲介系」は皆無

 

といっても過言はないだろう。

 

先の賃貸業界の方もその事について

 

指摘されていた。

 

では、なぜ賃貸業界はデジタル化が

 

進んだのか?

 

大きな理由は、顧客に若い世代が多い

 

ということが挙げられる。

 

では、顧客が若いからと言って

 

業界経験の長い昭和世代が皆対応

 

できたのか?

 

そんな疑問に対して、その賃貸業界の

 

方は少し笑みを浮かべながら、こう

 

説明して下さった。

 

「賃貸業界は総じてデジタル化が進み

 

ました。いや、デジタル化のできない

 

会社はもう生き残れなくなりました。

 

でも、デジタル化できた会社には

 

共通点があります。

 

それは ”世代交代” ができている会社

 

ですよ。

 

結局、親父たちは変われないけど、

 

その息子世代に代替りしたり、或いは

 

息子世代が中心になって回している

 

会社はできるんですよ。

 

なので、売買仲介系のように昭和世代

 

がまだまだ先頭で仕切っている所は

 

難しいでしょうね」

 

とても腑に落ちたお話だった。

 

 

かくいう私も昭和世代・・・

 

なので、とにかく時代の先端を意識

 

して自らを律し、様々な世代の意見

 

を社に取り入れようと努めてきた。

 

 

我が仲介業界は、指摘の通りまだまだ

 

昭和世代が先頭に多くいる。

 

「おい皆、こんなこと言われてんぞ!」

 

がんばろうぜ、昭和世代!

 

変わろうぜ! 昭和世代!

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却全般

「お金のなる木」がある!?富裕層だけが知っているお金持ちになる方法!

もふもふ不動産もふです。

僕はYouTube登録者数26万人を超える「もふもふ不動産」のチャンネルを運営しており、Twitterの登録者数についても、7.5万人を超えています。

皆さん、「お金のなる木」があったら、欲しくないですか?

もんご
そんなもの、あるわけないよ~・・・

いえ、「お金のなる木」はあります!(どこかで聞いたセリフ)

かく言う僕自身も、12年前まであまり貯金しておりませんでした。

しかし、あることをきっかけに「お金のなる木」を購入し、大きな資産を築くことができました。

決して怪しい手法ではありませんので、安心してくださいね。

今回は、ほとんどの人が知らずに富裕層の人だけが知っている「お金を生むもの」を買う重要性や、具体的にどういったものを買うのかなど、解説していきます。

この記事では

  • お金の貯まる仕組み
  • お金のなる木とは?
  • お金持ちになるためのステップ

などを解説していきます。

お金の貯まる仕組み

では、まず初めにお金が貯まる仕組みを学習しましょう。

お金の貯まる仕組み
お金の貯まる仕組み
  1. 支出を減らす、固定費を下げる
  2. 収入を増やす(自己投資する)
  3. 資産を運用する

上記の手順が、お金の貯まる仕組みになります。

冒頭でも述べた通り、昔の僕の経済状況は散々でした。

高い家賃の家に住み、あるだけお金を使っていましたし、何にどれだけ使っているのかを把握していませんでした。

極めつけには、サイクリング帰りに勢いで車を購入したりもしていました。

つまり、「収入=支出」だったため、お金が貯まるはずもありません。

このままではいけないと思い、以下のことを実行しました。

お金を貯めるための対応策
  • 支出を把握して、減らせるものを減らした
  • 通帳の残高を管理した
  • ひとまず、お金の流出を止めた

お金のなる木の正体

さて、支出の管理ができたら、次のステップではお金を生むものを買いましょう。

高級品・嗜好品豪邸などを購入した場合、それらはお金を生むでしょうか?

生みませんよね?

となると、それらは「浪費」になります。

※車は値上がりしたり、家が値上がりしたりすることもありますが、それらは収入を生まないので、ここでは考慮しません。

もちろん購入する人の人生ですし、自由でよいと思いますが、お金持ちになることはできません。

では、何を買ったらよいのでしょうか・・・

それでは、お金のなる木の正体を明かします。

お金のなる木の正体
  • 債権(国債など)
  • 不動産

ちなみに、僕の一番のお勧めは「債権」です。

債権が一番安定しており、「損したくない、ただちょっと増やしたいな」という方には、債権がお勧めです。

国が破綻ない限り収益は返ってくるので、少々リスクはありますが、比較的安定しています。

①債権

債権とは
  • 国債:国の発行する債券
  • 社債:会社が発行する債権
  • 年間1%~5%くらいの利回りになる(利回りが高い=リスクが高い)
  • 債権の投資信託で分散投資する

利回りに関しては、高ければ高いほど良いというものでもありませんので、注意して下さいね。

また、社債を購入する際は、1社だけに限定するとその会社が破綻した時のリスクが大きすぎるので、細かく複数の社債を購入してリスクを分散させることが重要です。

そういった投資信託・パッケージ商品があるので、それらを購入することでリスクを分散させることができます。

各投資信託は、以下のようなものがあります。

LQD(投資適格社債のETF)

LQDは、米国の1500社以上の投資適格社債のETFです。

※ETF:特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。引用元:ETFとは? – 日興アセットマネジメント

1500社全社が潰れない限り、安定して利回り2.8%前後で配当を受け取れます。

元本保証がなく、もちろん価格の変動もありますが、比較的そんなに上がったり下がったりしません。

AGG(米国総合債権)

AGGは、米国総合債権のETFです。

こちらも利回り2.5%などで安定しています。

ただ、投資信託の場合は信託報酬が発生しますので、そこだけ注意してください。

※信託報酬:投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間はずっと投資家が支払い続ける費用のことです。引用元:SMBC日興証券

②株

次におすすめのものはす。

株を購入することは、お金のなる木を育てるイメージが近いです。

ただ、株に関しては、値上がり値下がりのリスクがあります。

なので、自分で会社を選んで購入するという意味では少しレベルが上がり、難しいかもしれません。

会社を自分で目利きすることが難しいという場合は、高配当株を混ぜたような投資信託がお勧めです。

また、1株から購入できる「ネオモバイル証券」などもあったりします。

1000円など、少額で株を始めることができるので、お勧めです。

他には、米国の上場投資信託株で配当金が出やすいようなものもあります。

米国上場投資信託株
  • HDV:「S&P500」の中から、高配当株を約80社集めている。
       利回りは3.9%。
  • VYM:高配当銘柄に400社を分散投資。
       利回りは4%。

③不動産投資

お金ができてきたら、不動産を購入するのも選択肢としてありです。

注意点としては、株や債券と比べると、事業として立ち上げるのでビジネスになることです。

投資の感覚で購入するだけで終わりではなく、自分で運営しないといけなくなります。

なので、株と同様にある程度の目利きが必要になります。

キャッシュフローとしては、入居者さんから家賃を頂き、銀行へローンなどの返済をし、その他の経費を支払った後、手元にお金が残ります。

購入する物件の価格が高い場合は、銀行から融資を受けるのですが、その融資を受けた分の借金を返しながら、手元には現金が増えていくことになるので、手堅い事業ではあります。

従って、爆発的に儲かるというわけではありませんが、借金を返済し終えた後、その物件を売却することで、更に収入を得ることができます。

もし不動産を自分で運営することに不安がある場合は、REIT(不動産投資信託)を購入すれば、更にリスクを分散することができます。

※REIT:投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。引用元:三井住友トラスト・アセットマネジメント

保有する物件が1つだけの場合、入居者がつかなくなった際に家賃が入ってこなくなったり、入居者をつけるための広告費などがかかります。

しかし、REITであれば、家賃が配当として入ってくるので、手軽に始める事ができると思います。

もんご
自分にあったお金の木を選ぼう!

お金持ちになるためのステップ

続いて、資産を築くまでの、具体的なステップを解説しましょう。

①雪だるまの芯を作る

雪だるまの芯を作る

上図の通り、100円の1%は1円ですが、1億円の1%は100万円になります。

まずは雪だるまの芯を作り、さらに融資と複利の効果で雪だるまを大きくしていくのです。

もし現状の生活が「収入=支出」であれば、10年後には貯金は0で、「お金のなる木」もない状態になります。

複利運用の解説

この図は、毎月5万円を10年間積み立て、年間5%の利回りで複利運用できた場合の図です。

なんと、10年後には776万円になります。

普通に貯金した場合は、年間60万円の貯金を10年間続けるので、合計で600万円になりますが、複利で増やした場合は、170万円ほど多く増えることになります。

例えば、10年経過した際に776万円を複利で運用していたとしましょう。

そうすると、年間5%の利回りであれば、30万~35万ほど複利で収入を得ることができます。

つまり、月に3万円ほどの収入が入ることになります。

月に3万円増えるだけでも生活は結構楽になりますし、その3万円を元にまた次の勉強代に充てたり、いろんなことに投資することができます。

可処分所得が上がるだけで、色んな選択肢が増えます。

可処分所得:給与やボーナスなどの個人所得から、税金や社会保険料などを差し引いた残りの手取り収入、つまり自分の意思で使える部分を指します。引用元:SMBC日興証券

②お金のなる木を購入する

次に、僕自身がどうしていたかというと、ドルコスト平均法自社株買いをしていました。

ドルコスト平均法:一定期間ごとに、一定金額で、同じ投資対象を買い付ける投資方法になります。引用元:みずほ銀行

こつこつ株を買うことで、配当が入ります。

もちろん勤めている会社が潰れてしまうと、お給料ももらえなくなり、株の価値も0になってしまうリスクはあります。

当然株価は上下動するものの、ある程度値上がりしたところで持っていた株を売却し、利益を確定させました。

③得られた利益を更に投資に回す

その利益を遊ばせておくのではなく、そのお金を元手に、更にお金のなる木を購入しました。

そうです、不動産の購入ですね。

初めに借金をするわけですが、先に説明した通り、いただく家賃で返済をしながら手元にお金が残っていきます。

相場より2~3割ほど安く物件を購入しているので、売れば利益が出ることになります。

今でこそ大きな資産を築きお金に困ることはなくなりましたが、初めは雪だるまの芯を作るために、小さな積立から始めています。

お金のなる木を購入し、そこから得た利益でさらに大きなお金のなる木を購入する。

この流れが非常に重要です。

もんご
お金のなる木を増やしていくぞ〜!

まとめ

では、まとめに入りましょう。

まとめ
  • 浪費を控えて現金を貯めよう
  • 債権、株、不動産などお金を生むものを買う
  • お金のなる木を育てていき貯金と収入をアップする
  • コツコツ積み立てていくことが大切

昔と比べると貯金すること自体が難しくなってきている為、雪だるまの芯を作ることも困難になってきています。

そこで大切なことは、何度も述べている通り「支出と収入のバランス」です。

いきなり全部をこなすことは難しいので、まずはお金のなる木を少しずつ育てていき、選択肢を増やしましょう。

そうすることで、最初の年収はそこまで高くなくても、ボロ戸建てを購入するような不動産投資からどんどんステップアップすることもできます。

お金のなる木をコツコツ購入し、それを複利で運用することを地道に愚直にやり続けることで、あなたの人生は変わります。

そのためには強いマインドが必要です。

飲みに誘われたりだとか、色んな誘惑をはねのけて、将来10年後のビジョンを描くのです。

僕自身、「お金のなる木を購入する」ことを知らなければ、今の資産を築くことはできませんでした。

そのきっかけになればと思いこの記事を書きましたが、あなたの人生に何かしらよい影響を与えられれば、とても嬉しいです。

最後に、個人的には仮想通貨などの投資よりは、100年前から存在しているような、債権・株・不動産など、王道の投資をお勧めします。

もちろん人それぞれなので、その点だけは注意してくださいね。

最後に、今回の記事の内容はコチラから動画でもご視聴頂けますので、よろしければご覧ください。

投稿 「お金のなる木」がある!?富裕層だけが知っているお金持ちになる方法!もふもふ不動産 に最初に表示されました。

Source: もふもふ不動産

カテゴリー
不動産売却ブログ

走りながら考える

止めれば、進む。

 

すぼめれば、広がる。

 

避ければ、集まる。

 

 

2021年は、これまで準備してきた

 

こと以外には新たに手をつけないと

 

決めたものの、早くも断念か(^^;;

 

自分でも優先順位が混乱するような

 

1月のスタート。

 

有難いことなのだと自分と語らうが

 

処理能力の低さに嫌気もさす。

 

社員の生産性の前に、社長の生産性

 

をどうにかしないと。。。

 

と、自己研鑽に時間を費やす間もない。

 

 

ならば ”走りながら考える”

 

そうだ、私にはまだこんな優れた能力が

 

残っていた(笑)

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
土地活用

HOME4Uの土地活用比較サイトって大丈夫?サイトの特徴から口コミ・評判まで徹底解説

土地活用をしようと思って色々ネットで調べていくと、無料で複数社の資料を一括請求できる比較サイトがよく出てきます。

特に初めて土地活用をする際は比較サイトを使って多くのプランを比較するのが成功のポイントです。

数ある比較サイトのなかでも信頼できるのが、NTTデータグループが運営するHOME4Uの比較サイトです。

NTTデータグループが不動産のサービスを提供しているって、ちょっと意外じゃないですか?他の比較サイトに比べても評価が高いのはなぜでしょう?

そこで、この記事では、HOME4Uの土地活用比較サイトについて徹底解説ていきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 「HOME4U」って一体何をやっている会社?
  • 「HOME4U」の土地活用比較サイトはどこが良いの?
  • 「HOME4U」の土地活用比較サイトはどんな人にオススメ?

1.不動産情報サービス「HOME4U」とは?

「HOME4U」は、NTTデータ・スマートソーシングが運営する不動産の売却や購入、資産活用をサポートするサービスサイトです。

不動産に関する悩みを解決し、安心してはじめの一歩を踏み出せるよう、不動産専門情報サイトや不動産会社の比較サービスを中立の立場から提供しています。

サイト全体の利用者数は年間1000万人以上を誇る、実績十分のサービスと言えます。

HOME4Uが展開しているサービス

  • HOME4U土地活用:あなたの土地に最適な土地活用のプランを「無料で」複数案提案
  • 不動産売却HOME4U:全国1,500の優良企業と提携した日本初の不動産一括査定サービス
  • 賃貸経営HOME4U:複数の管理会社や不動産会社に一括で賃貸経営の相談可能
  • 中古住宅HOME4U: 販売中のマンション・一戸建て・土地を検索できる仲介物件専門サイト

運営会社がNTTグループで安心感抜群

HOME4Uの運営会社は「株式会社NTTデータマネジメントソーシング」というNTTグループの会社です(2020年4月現在で社員は1,896名)

会社名 株式会社NTTデータマネジメントソーシング
資本金 1億円
本部所在地 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス4F
従業員数 1,896名(2020年4月1日現在)※ 契約社員等を含む
設立 2003年3月
代表取締役社長 小柳 敏

株式会社NTTデータマネジメントソーシングは、株式会社NTTが100%の株を持つ完全子会社で、ITやAIなどを駆使して様々な分野で「期待を超える提案」を提供しています。

その中の一つが「不動産取引に関わる全ての人をHAPPYに」というコンセプトで生まれたのがHOME4 Uです。

ユーザーの立場で一番嬉しいのは、会社としてプライバシーマークを取得していること。
不動産という重要な個人情報を預けることも安心ですね。

2.土地活用の比較サイトってどんなサービス?

HOME4Uが2017年よりサービスを開始した土地活用の比較サイト。

HOME4U以外にも、「タウンライフ土地活用」「イエカレ土地活用」「リビンマッチ土地活用」など、沢山のサイトが存在しますが、そもそも、どんなサービスなのでしょうか?

一言で言うと、複数の会社から土地活用に関する資料を一括請求できるサイトです。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

「土地活用」と一言で言っても、アパート経営や駐車場経営、コンビニ経営や店舗貸しなどプランは様々。何が合うかは立地や広さなどによっても異なります。

またアパート経営などの場合は工事が必要ですが、会社によっては初期費用が1,000万円も差が出たり、その後の収益もプランによって大きく差が出ます。

だからこそ「複数の会社のプラン」を比較検討して、ベストな案を見つけるのが大切ですね。

1つのフォームに入力しただけで複数の会社に同じ情報が届くので、時間が無い方にこそぴったりなサービスです。

サイトによって、細かい入力項目の差異はありますが、どこも数分で入力完了するくらい簡単に利用できます。

3.「HOME4U」の土地活用比較サイトってどうなの?

2001年に”日本初”の不動産一括査定サイトをリリース。そこで培った、業者とのコネクションやノウハウを活かして、2017年にスタートしたのがHOME4Uの土地活用比較サイトです。

サイトのメリットやデメリットを紹介していきます。

「HOME4U」の土地活用比較サイトのメリット

まずは、メリットから見ていきたいと思います。

3つのメリット

  • メリット1:万全のセキュリティ体制
  • メリット2:良質な企業のみ厳選
  • メリット3:わずらわしい営業は心配なし
  • メリット4:無料電話相談サービスが便利

土地の査定をしてもらうには大切な個人情報を渡す必要があるので、「セキュリティが万全」というのはとても重要ポイントですね。

それぞれのメリットを早速詳しく見ていきましょう。

メリット1:万全のセキュリティ体制

土地の活用の提案を受けるには、自分の所有している土地など個人情報を提供する必要があります

その際に情報を悪用されたり漏洩したら…という不安がありますが、NTTは官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、あなたの個人情報を保護してくれる安心感があります。

「HOME4U」全体として、年間1000万人以上の利用者がおり、実績がその安心感を物語っています。

さらに(株)NTTデータ スマートソーシングは個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しており、預かった個人情報を適正に取り扱うことが義務付けられています。

メリット2:優良企業のみに厳選

HONE4Uの土地活用で提携している企業数は、他社の資料請求一括サイトに比べると決して多くありません。

それは「NTTデータ」の子会社として、業績面でも会社のサービス内容でも、絶対に安心できる企業のみを厳選しているから。

ネット一括査定で19年間(業界最長)で培われたノウハウで、大手企業から地域に精通した中小企業まで、実績のある会社のみを選定しているのです。

その上、提携後も常に悪質な企業がいないか常にパトロールして厳しくチェックしているので「変な会社につかまったらどうしよう」と思う方にこそ、安心して使ってもらえるサービスです。

メリット3:わずらわしい営業は心配なし

資料請求の際、様々な会社やプランが提示されますが、プラン請求先の会社は最大7社まで全て自分で選べます。

選ばなかった企業から連絡がくることは、一切ありません。

また、会社を選んで請求依頼をする際、「電話が嫌なので連絡はメールだけ」という希望を備考欄に記入することが可能です。

「個人情報を入力してしまったばかりに、しつこい営業電話に悩まされる」という心配もありません。

他の土地活用比較サイトでも備考欄などの仕組みは同じですが、しつこい営業電話にあってしまうケースはあります。

優良企業のみに厳選している「HOME4U」は可能性がゼロとは言えませんが、そのようなケースは少ないでしょう。

実際に筆者が備考欄にメール希望の旨を記載して、試してみたところ、7社のうち1社だけ電話での着信がありました。

電話を取ることは出来なかったのですが、その後、電話での営業がくることはありませんでした。

メリット4:無料電話相談サービスが便利

「HOME4U」の土地活用比較サイトには、フォロー体制として無料電話相談のサービスがあります。

他の土地活用比較サイトでも電話問い合わせに対応しているサイトはありますが、「HOME4U」の場合、単なるお問い合わせ窓口ではありません。

土地活用に関する専門知識を持った専門アドバイザーへに様々な土地活用の悩みを聞いてもらうことが出来ます。

お問い合わせ例

  • 土地活用でどのくらい節税できるのか?
  • 自分の土地でできる、土地活用は?
  • 土地活用できる土地の広さはどのくらい?

「HOME4U」は不動産会社ではなく、あくまでサービスサイトなので、実際の計画では不動産会社と相談していくわけですが、その一歩手前で、専門知識を持ったアドバイザーに相談出来るというのはとても嬉しいサービスですね。

土地活用に関する疑問を専門アドバイザーに直接無料で相談できます。

連絡先:0800-080-4284(受付時間:平日10時30分~18時)

「HOME4U」の土地活用比較サイトのデメリット

HOME4Uのメリットを紹介してきましたが、もちろん良いことばかりではありません。

ここでは、HOME4Uのデメリットも包み隠さず、紹介していきます。

3つのデメリット

  • デメリット1:連携企業数の少なさ
  • デメリット2:地域によっては連携企業が無い場合も

人によっては「数多くの色々な会社からプランをもらいたい」と思う方もいるでしょう。

そういった場合は、厳選した連携企業数はデメリットと感じてしまうかもしれません。

デメリット1:連携企業数の少なさ

メリットで述べたように「HOME4U」は提携会社を優良会社のみ厳しく絞り込んでいます。

逆に言うと、それだけ提携会社数が少ないということにもなります。

2021年1月現在、提携している会社は56社になります。

他社は数百の企業と連携しているサイトもあり、数だけ見れば「少ない」のは事実です。

これは企業の「経営面」「安心面」「実績」などで厳選した結果ですが、「とにかく多くの会社から選びたい」場合は「HOME4U」は不向きになります。

筆者としては、まずは優良企業に厳選している「HOME4U」で資料請求を頼んでみて、満足したプランが貰えなければ、他社サイトも試してみることをオススメします。

デメリット2:地域によっては連携企業が無い場合も

連携企業の少なさとも関係しますが、大手企業や首都圏の企業との連携が多いため、住んでいる地域によっては提案出来る会社が少ないケースもあります。

実際、青森県の南津軽郡、田舎館村で試してみたところ、下記の画面のとおり1社しかヒットしませんでした。

会社選択画面

会社選択画面

前半でもお伝えしたとおり、会社探しは複数の会社を比較検討するのが大原則です。

提携会社の質では間違いのない「HOME4U」ですが、比較検討出来ない場合は他社サイトも試してみることをオススメします。

4.「HOME4U」の土地活用比較サイトの評判・口コミ

土地活用比較サイトについての情報は少ないのですが、株式会社マイスタースタジオが運営する口コミ掲載サイト「みんなの評判ランキング(みん評)」で見つけたHOME4Uの口コミ情報を紹介します。

あくまで口コミなので、個人の意見として参考にしてみてください。

良いと思います

インターネットで不動産情報を同時に6社へと送信できる点や、全国どこでも対応しているなど他にはないメリットを感じたため利用しました。しかも悪徳業者を自動的に検索して削除してくれるなど安全面に関しても他の会社に比べて優れていると感じました。
個人情報の入力には抵抗があるのですが、プライバシーマークを取得しているためプライバシーに関しても安心できました。

 

土地活用に特化したポータルサイト

トップページのデザインがすっきりしていてシンプルで分かりやすく操作性が高いです。
トップから他サイトのように「売る」「買う」という大きな入り口選択ではなく、「土地活用」「売却」といった売りの目的別に遷移ページが分かれているので、目的が明確になっている人、自分に仏様な情報だけを探したい人には活用しやすいです。
また提携不動産会社も大手やFCから個人開業の事務所まで多くそろっており机上査定でも幅広い検討が可能です。

 

結局は担当になる営業マン次第

アパート経営で、住宅メーカーのプランを比較検討したくて利用しました。4社にチェックを入れて、すぐ連絡があったところ、日にちが経って連絡があるところなど会社によって様々。口コミではHOME4Uから窓口経由だから比較的良い営業マンに当たるとなっていましたが、たまたま取り次いだ営業マンが来た感じで、当たり外れはありました。飛び込み営業のセールスマンで、メーカー・担当者との相性が合えばそれに越したことはないですが、比較検討できたのはよかった。最終的にはHOME4U経由ではない、飛び込み営業で来たセールスマンの会社と契約しました。

※出典:みん評「HOME4Uの口コミ・評判」より

情報自体が少なかったので、判断は難しいですが、比較的好意的な口コミとなっていました。

最後の「営業マン次第」というのはどこの会社を選んでも当てはまることですね。

だからこそ、色々な会社の資料を取り寄せてコミュニケーションを取ってみることをオススメします。

5.実際に「HOME4U」の土地活用比較サイトを使ってみた

この章では、実際のサイト画面を見せながら、サイトの使い方・流れを解説していきます。

手順1.公式サイトのボタンをクリック

home4u土地活用-1

HOME4Uの公式サイト

HOME4U土地活用

」の公式サイトから、「プランを請求してみる」と書かれているボタンをクリックしてください。クリック後に入力フォームに遷移します。

手順2.お客様情報の入力

home4u土地活用-2

お客様情報を入力する

ボタンをクリックして、フォーム入力画面に遷移したら「お客様情報」を入力してください。入力する情報は以下の通りです。

【土地を所有している場合】

  • 土地の所有有無
  • 活用予定の土地所在地
  • 土地の面積
  • 土地との関係
  • 興味のある土地の活用方法

【土地を所有していない場合】

  • 投資したい不動産の種別
  • 投資したい物件のエリア

【その他入力項目】

  • お名前
  • 年齢
  • 電話番号
  • メールアドレス(入力必須ではありません)
  • 現住所
  • アンケート
  • 要望

手順3.不動産会社の選択

home4u土地活用-3

不動産会社を選ぶ

入力した情報を元に「条件に合った不動産会社」の一覧が表示されます。

一覧で表示されている不動産会社から、土地活用プランの資料を請求したい会社を【最大7社】まで選ぶことができます。

不動産会社の選択が終わったら、ボタンを押して完了

不動産会社の選択が完了したら、上記の申し込みボタンをクリックして完了です。

請求後の画面からは、測量図など、土地の図面の画像を送ることができます。

より具体的な提案を提供してもらえるので、もし、資料があれば送るようにしましょう。

資料請求後、すぐに送られてくるメールにも画像送付用のURLが掲載されているので、後からでも図面画像を送ることは可能です。

資料請求完了画面

資料請求完了画面

サイト利用の流れは以上になります。

シンプルな操作で誰でも簡単に申し込みが出来るようなサイトとなっており、かかる時間は1、2分です。

もし、申し込み前に質問してみたい点などがあれば、無料電話相談サービスの活用もオススメです。

入力完了後は、後日、土地活用のプラン請求をした会社から連絡や資料が送られてきます。

まとめ

ここまで、「

HOME4U土地活用

」の土地活用比較サイトの概要や使い方まで、詳しく見てきましたがいかがでしたでしょうか?

筆者としては、土地活用を検討するなら、まずは最初に使うべきサイトとして、オススメしたいです。

実績・信頼という点が大きく、安心して利用できるサービスと言えます。

 

まずは、「

HOME4U土地活用

」で試してみて、もし、ピンとくる提案がなかったり、そもそも、提案してくれる会社が少なかったりしたら、他の資料一括請求のサイトでも試してみることをオススメします。

その他の土地活用比較サイト

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書