カテゴリー
不動産売却ブログ

何のために決めたのか

某業界紙の記事によれば
なんだか、マイナスな議論か…
人選間違えたら、とんでもない   
結末になるよ? 
決めたのは誰?
政治家?
官僚?
潰す大義より、やり続ける大義
探そうよ。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

常に俯瞰できる眼を

実は、当社は12年前の創業時には
 
スーツを着ない不動産業としてスタート
 
しました。
 
2005年だったか、クールビズと言う
 
表現が流行り始め、服装への考え方が
 
変わり始めたばかりのタイミングでし
 
た。
 
今振り返ると、どうにかして不動産業の
 
イメージを変えたかったのだろうなぁ…
 
と自分自身を振り返ります。
 
 
しかし、スーツを着ないと言うことは
 
ビジネスマンとしての身なりや、態度
 
などをスタッフに委ねることになります
 
ので「スーツを着ない=ラク」と言う
 
安直なものではなく、逆により一層各人
 
の考え方や自律性が求められ、当然責任
 
も求められます。
 
 
結果・・・
 
 
残念ながら、品のない身なりが増えた
 
ことにより、この制度はアッサリと
 
なくなりました。
 
 
あれから12年・・・
 
クールビズも当たり前になり、
 
コロナ禍で、そもそも出勤と言う
 
仕組み自体も見直されました。
 
当社も、営業部以外の人員も増えて
 
スーツがマストではなくなりつつ
 
あります。
 
 
そんな中、私のスーツやシャツを
 
お願いしているショップから、こんな
 
DMが届きました。
 
「自宅でオーダー」
 
これまでは、高級店や上級顧客向けの
 
サービスだったものが、私クラス(笑)
 
でも対応してくれるということなので
 
しょう。
 
 
しかし、これは客観的な立場として
 
見ると、国内スーツビジネスそのものが
 
縮少していく中で、果たしてこうした
 
取り組みが起死回生となるのか?
 
という疑問がでます。
 
むしろ、ビジネス用ノンスーツ系の服を
 
自宅オーダーとかした方が需要が増える
 
のではないかな?とか。
 
 
その業界、その市場、その環境にいると
 
自分というものを俯瞰してみることが
 
できなくなります。
 
これは、我が業界も、いや当社内でも
 
同じことが起きています。
 
 
当社のスタッフにも問いたい。
 
焼き付けば的な対応をしていませんか?
 
自分を常に俯瞰して見ることを意識
 
して欲しいなと思います。
 
 
 
 
 
 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

食レポしてきました

今日は、当社の新しい現場の調査と

 

物件周辺のオススメスポットを探索♪

 

 
一押しとなりそうな、美味しいしお蕎麦屋
 
さん情報をゲット!「甚作」です。
早速、皆でランチを。

 

創業60年と歴史があり、今日もとても

繁盛していました。

 

もちろん、お蕎麦も美味しい!

 

店の雰囲気も素敵でした。

 

こちらの写真は、スタッフの食レポ

 

撮影風景↓

 

 
慣れない食レポですが、楽しそうに
 
食べる様子がわかれば、きっと美味しさ
 
も伝わることでしょう〜
 
そのほか、店主さんの了解を頂き、色々
 
と撮らせて頂きました。
 
動画もお楽しみに♪
 
ちなみに私が食したのはこちら↓

うな重セット!

 
美味くて、リーズナブルで素晴らしい。
 
「甚作」オススメです。。。
 
 
 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

初渋谷@コロナ禍

もしかしたら、このコロナ禍で
初めて渋谷の街にきたかも…
昔と変わらぬ街の雰囲気の中で
昔と変わらぬ仲間との宴。
これからも続けて行けるのか?
それとも、続けられないのか?
いや、もう続ける必要がないのか?
どこか、傍観者のような一夜。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

ホームステージングコンテスト2020

一般社団法人 日本ホームステージング協会

が主催し、毎年開催されている

「ホームステージングコンテスト」

に今年も応募しています!

昨年、「在宅部門」でグランプリ

をいただきましたが、今年も

「在宅部門」にエントリーして

います。

この分野は色々な意味でハードル

が高く、例年あまり多くの作品

が出ません。

ちなみに、今年の当社の作品は

「築58年の戸建ての


     ホームステージング」  

〈before〉

   ⇩

〈after〉

今回は、コロナのこともあり投票

がTwitterになりました。

宜しければ “いいね” のご協力を!

「築58年の戸建てをホームステージング」

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

ビジネスの仕組みを知ろう

今日、新店舗に導入検討している
ドリンクサーバー? そんな感じの
商品の話を詳しく聞きたくて、業者
さんに来てもらいました。

何がお得か?
そんな話から始めたのですが
話はコロナ禍によるビジネスの
話へ(笑)
企業の出社数が減り、こうした
オフィス環境に対応するサービス
需要は比例して減少。
  
結果…ドリンクサーバーの売り上げ
があまり見込めない会社、つまり     
杯数が見込めない会社には、消化する
 
杯数ノルマも増えました。
あたりまえ、たくさん飲んでくれない
と儲からないからです。
 
つまり、ハードは無料なので、飲ん
でくれる杯数のノルマが高くなる  
ということです。


ノルマは月間○○○杯!!(笑)
でも、聞けば聞くほどその現実が
よく分かりました。
たいして飲まないオフィスだと
ハードを貸し出すだけでマイナス
なんだと言う実態も。
サービス利用の選択のためにお呼び
したのに、仕事の話や業界の仕組み
まで、とても勉強になりましたw
帰り際に、御礼を言ってしまった
くらい(笑)
さて、この事例にあるように、
これからの時代はより様々なビジネス
が生まれ、反面、様々なビジネスが
消えていきます。
そう言えば、夕方こんな車を見つけ
ました。

“移動美容室!”

ビジネスというのは、日々起こる
変化との闘いであり、今だけを
繰り返していてはダメなんだと
改めて痛感しました。
この想い、社内で何人が共有して
くれるのかなぁ…?
そんな夜です。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

第2回採用@2020

昨夜、ある飲食店でそれこそ13年位前

 

つまり前職時代の採用担当した新卒者と

 

偶然出会いました。

 

新卒がすぐ辞めちゃうこの時代に、

 

彼はまだその会社に勤めていました。

 

いやぁ、本当に懐かしくて嬉しくなり

 

ました。

 

 

当時の私は30代で自分自身も未熟な中

 

偉そうにしていたのだろうなぁと想像

 

します。

 

きっと彼にも迷惑をかけたのだろうなぁ

と反省も。

彼は、当時の私の年齢に近づいており

時の流れも感じます(^^;

 

 

さて、採用といえば当社は、春先の

 

コロナの中でも採用を行いましたが

 

又、明後日から採用を始めます。

スタッフからも

 

「社長、攻めますねぇ〜」

 

と言われておりますが(笑)

 

見えている未来に向けて、もっと

仲間が必要なのです。

素晴らしい出会いを待っています。

 

 

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

2025年問題

2025年問題といえば「超・超高齢社会」

 

のことを指します。

 

団塊の世代が75歳を超え、国民の3人に1人

 

が65歳以上、そして5人に1人が75歳以上

 

という、誰もが経験したことのない世界に

 

入るのです。

 

 

しかし、この2025年問題はもう一つ大きく

 

影響を与えるものがあります。

 

それは「大廃業問題」です。

 

経済産業省のレポートによれば、2025年

 

には日本の中小企業・小規模事業者の経営者

 

381万人中、実に64%にあたる245万人が

 

70歳以上になるそうです。

 

更に、その245万人の内半数以上の127万人

 

が後継者がいない、又は決まっていないと

 

いわれています。

 

127万人の経営者は、すなわち127万社

 

ということになるのでしょうけれど、もし

これらの経営者に後継者がいなければ、 

その先にいる650万人の雇用が失われる

という数字になります。

 

昨今の新型コロナウィルスの影響による

 

失業率の悪化で失われた雇用が、200万人

 

であることと比較すれば、その影響の大きさ

 

がわかります。

 

もちろん、この数字のままにはならないに

 

しても、2025年の雇用環境が今以上に厳しく

 

なるのは間違いないと言えるでしょう。

 

 

図らずも、菅総理が生産性の低い中小企業の

 

再編などに注目していますが、それがなく

 

ても、我々企業は再編・再構築という局面

 

に向かって行くことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

心の窮屈さ

今日、仕事で必要なものを調達するために

 

都内のあるホテルを訪れた。

 

ホテルに入ると、それはそれは立派な

 

エントランスと、豪華なシャンデリア。

 
思わず「昭和っぽい作りだな〜」
 
と唸ってしまうのだけど、最近の潮流で
 
言うなら、きっと
 
「こんな豪華なもの必要なの?」
 
こう問いかけることがトレンドなのかも
 
しれない。
 
 
在宅で十分だ、オンラインで十分だと、
 
立派な会社の設備なんてもう不要かの
 
ような流れだが、本当に不要なのだろうか?
 
 
当社も、業者の来社も減る中で本社の会議室
 
を取っ払ってみたり、必要なものの優先順位
 
を見直すことはあったが、
 
無駄を取り除くことが=効率性を生む
 
のか?と問われれば、決してそうではない
 
と思えてきた今日この頃。。。
 
 
無駄が心にゆとりをもたらすと言うこと
 
は、巡り巡ってこの先も変わらないのでは
 
ないか?
 
食事に行けば、隣同士がパーテーション
 
で区分けされ、なんだか囚人の面会の
 
ようなレイアウトの店もある。
 
空間的なゆとりは=心のゆとりと重なる。
 
新型コロナ感染者が冬に向けてまた増える
 
かもしれない今、そこに向けたビジネス的
 
な対応策を検討しているが、せめて
 
心の窮屈さだけは感じないよう
 
自分の心のあり方を整理してみたいと
 
思っている。
 
 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

今宵の眠り

私は、ショートスリーパー自慢
が嫌いです。
なぜなら、殆どの場合それは若年齢
における一時的なものだからです。
そういう私は、当然睡眠時間は長い
方が快適です。
ただ、酒席の多い人生が故、なかなか
そう長く寝られたことは少ないかな?
とは思います。
しかし、経営者になり少しは睡眠時間
をコントロールできるようになり
最近は、思い通りに寝る時間を確保
できてはいます。
そこで!
拘るのが睡眠の質です。
枕を変えた…

布団も変えた…

マウスピースもした…

でも、なかなか満足いく眠りには

辿り着けない。

ならば、

次はベッドを変えるか…
そう考えていた時、ふと自分の体の
声が聞こえた?(笑)
首が安定していない!
答えはそこか?
そう思い、寝る際には首を固定する
コルセットを付けた。
すると、まぁ眠りの質が良くなった
気がした。
では、そこを進化させよう!
ということで、新商品が到着(笑)
さて、今宵の眠りは如何に!

Source: 高橋 正典「価値組日記」