カテゴリー
土地活用

主要な土地活用10種類を成功・失敗事例から注意点までわかりやすく解説

土地活用を検討中の方は、土地活用にはどのような成功例や失敗例があるのか気になる人も多いと思います。

特に失敗例を知っておくと、土地活用で成功する確率が格段に上がるため、失敗例は重点的に知っておくことがコツです。

この記事では「土地活用の成功と失敗の事例」について解説します。10種類の土地活用の用途別にみる成功例と失敗例を紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • たくさんある土地活用の種類を知りたい
  • 多くの土地活用はなぜ失敗するの?
  • 多くの土地活用はどのような場合に成功するの?

単に「こんな土地活用があるんだ」というだけではなく、失敗しないためにもよくあるトラブルを理解しましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.アパート経営の成功事例と注意点

まずは、土地活用の代表格、アパート経営について解説していきます。

アパート経営の成功事例

アパート経営の成功事例としては、1階の空室対策を十分に考慮して建てられた物件が挙げられます。

アパートの1階は、「通行人から見られる」「セキュリティーが悪い」等の理由から2階よりも空室が発生しやすくなります。

そこで、1階の入居者が決まりやすいように意識して設計されているアパートは、全体の空室率が低くなり成功している物件が多いです。

例えば、1階の空室対策を意識したアパート設計には以下のようなものがあります。

1階の空室対策具体例

  • 道路からの視線が外れるように少し高い位置で設計されている
  • 1階に専用庭がある
  • 1階にホームセキュリティーが導入されている
  • 1階だけトランクルームがある

アパート経営が成功するか否かは空室が発生しやすい1階をどのように対策しているかがポイントとなります。

アパート経営の収益事例

1階も空室対策もしっかり行い、ワンルーム8戸のアパート経営を行ったケースの収益事例をご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△36万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 活用後(ワンルーム8戸)のNOI:605万円(63万円×12ヶ月-151万円)

※NOI(エヌオーアイ)とはNet Operating Incomeの略で、収入から費用を引いたものになります。

純収益(NOI) = 年間収入 - 年間費用

NOIを求めるときの年間費用は、以下の項目が該当します。

純収益(NOI)を求める時の費用

  • 固定資産税および都市計画税
  • 損害保険料(火災保険や地震保険)
  • 管理委託料(管理会社への費用、PMフィーとも呼ぶ)
  • 軽微な修繕費(入居者入れ替え時のクロスの張替え費用等)
  • 入居者募集費用(仲介手数料やAD)

アパート経営の注意点

アパートの失敗事例としては、ニーズに合わない広過ぎる間取りを作ってしまうというケースです。

具体的には、駅から徒歩5分圏のような物件で単身者の需要が高い地域にあるにもかかわらず、3LDKのようなファミリータイプの間取りを作ってしまったりするケースが該当します。

ファミリータイプは面積が広いため、必然的に賃料総額が高くなり「買った方が安い」という判断になりやすく、賃貸需要が弱いのが一般的です。

単身者の需要があるエリアでは、ファミリータイプのような広い間取りはなるべく避けることが適切となります。

アパート経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

2.マンション経営の成功事例と注意点

この章では、マンション経営の成功事例と失敗事例について解説します。

マンション経営の成功事例

賃貸マンションの成功事例として代表的なものは、1階に店舗を設置できるケースです。

コンビニ等が1階にあるマンションは、いわゆる「下駄履きマンション」と呼ばれ、店舗部分の賃料が高いため一般のマンションよりも収益性は高いです。

また、コンビニが1階に入っている物件は若い世代に人気があり空室対策にもなるので、コンビニが誘致できそうな立地であれば、1階に店舗区画を作ることをオススメします。

ワンルーム20戸の一般的なマンションでの収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△48万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 活用後(ワンルーム20戸)のNOI:1,996万円(208万円×12ヶ月-500万円)

マンション経営の注意点

賃貸マンションの失敗事例としては、「コンクリート打ち放しのマンション」が挙げられます。

コンクリート打ち放しのマンションとは、コンクリートがむき出しの状態のまま仕上げられたマンションのことで、見た目が斬新でおしゃれなため、一時期デザイナーズマンションとして流行りました。

しかしながら、断熱性が非常に低く、冬は寒く夏は暑いという点がデメリットです。

このようなことからコンクリート打ち放しのマンションは住みにくいという知識が一般の人にも広く浸透しており、入居者を獲得しにくくなっています。

デザイナーズマンションを建てる場合は、過度なデザインの追及は避け、無難に住みやすい住宅を建てることをオススメします。

3.賃貸併用住宅の成功事例と注意点

この章では、賃貸併用住宅の成功事例と失敗事例について解説します。

賃貸併用住宅の成功事例

賃貸併用住宅の成功事例は、住宅ローンを利用しない自由設計を行った物件が多いです。

賃貸併用住宅は、自宅部分を50%以上とした場合、建物全体を住宅ローンで建てることができます。

住宅ローンはアパートローンよりも長期低利で組むことができるため、非常に良いローンですが、住宅ローンを利用しようするためには、50%以上が自宅となることから、建物設計に大きな足かせが生じます。

例えば、アパート部分を広くすると自宅部分も広くなり、逆に自宅部分を狭くするとアパート部分まで狭くなるなど、アパートとしても自宅としても中途半端になりやすいのが住宅ローンを利用した賃貸併用住宅です。

一方で住宅ローンの利用にこだわらなければ「何十%以上が自宅」などの規制がなくなり顧客のニーズに合った自由な設計ができるため、賃貸併用住宅で成功する確率は高くなります。

例えばアパート部分の床面積を広く取り、収益性が高い賃貸併用住宅にしている成功例もあります。

賃貸併用住宅での収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△48万円(固定資産税及び都市計画税)
  • ワンルーム4戸・残りの半分は自宅のNOI:28万円×12ヶ月―67万円=269万円

賃貸併用住宅の注意点

賃貸併用住宅失敗事例としては、却時や相続のことを想定していない設計・ローンの契約などが挙げられます。

住宅ローンを組むには「50%以上が自宅」という決まりがありますが、そのような賃貸併用住宅は売却や相続がしにくいのです。

なぜなら「あえて賃貸併用住宅に住みたい」という人でないと購入してくれないからです。

一方で、子供が独立して離れて住んでいるケースでは、賃貸併用住宅を相続しても自宅部分が不要となってしまうため、子供たちが引き継ぎにくい物件となりす。

このように住宅ローン目的で50%以上が自宅となる賃貸併用住宅を作ると、「住みにくさ」という面で様々な問題が出る可能性があります。

設計の際には、特に相続のことを意識した上で建物投資を行うようにしましょう。

4.店舗の成功事例と注意点

この章では、店舗の成功事例と失敗事例について解説します。

店舗の成功事例

店舗の成功例としては、コンビニやドラッグストアを建設協力金で建てるケースが挙げられます。

建設協力金方式とは、建物資金をテナントから融資を受けて建物を建てる土地活用のことです。

建設協力金方式のメリット

  • テナントからの融資は銀行よりも金利や融資期間等を有利な条件で貸してくれることが多い
  • テナントからの借入金は家賃の中からテナントへ返済していくことになり、テナントもしっかりと家賃を払わないと貸したお金が返ってこなくなるため、退去防止にもなる

建設協力金方式は、特に立地条件の良い土地で、コンビニなどの比較的小規模な建物で見られます。

土地所有者にとっては有利な条件となるため、テナントから建設協力金の申し出があった場合には、前向きに検討することをオススメします。

店舗経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△75万円(固定資産税及び都市計画税)
  • コンビニ一棟貸しのNOI:90万円×12ヶ月―162万円=918万円

店舗経営の注意点

失敗事例としては、早期の退去が挙げられます。

特にコンビニなどは、商圏内に他のコンビニが出店すると急激に売上が落ちるため、早期に徹底してしまうことがあります。

一方ドラッグストアは、近隣に大きな病院があるケースでは撤退リスクは低いです。

このように店舗の土地活用をする場合には、単純に賃料だけでテナントを決めるのではなく、退去リスクの低い業種や、資本力のある借主を選ぶ必要があります。

また、退去を防止するために、賃貸借契約書には中途解約時のペナルティを厳しくする等の予防も必要です。

コンビニなどの店舗経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

甘い話に要注意!土地活用でコンビニに貸す前に知っておきたい全知識
土地活用でコンビニに貸したい方必見!坪数・価格・家賃・建築費など徹底解剖

郊外に行くと、ものすごく広い土地にポツンとコンビニが建っているのを見かけます。 コンビニへの賃貸は、今では土地活用の最有 …

続きを見る

5.老人ホームの成功事例と注意点

この章では、老人ホームの成功事例と失敗事例について解説します。

老人ホームの成功事例

老人ホームの成功事例としては、第一種低層住居専用地域内の大規模な土地で行うケースです。

第一種低層住居専用地域とは、都市計画法で定められる主に低層の戸建てしか建てられない用途地域のことです。

第一種低層住居専用地域では、店舗等の事業系の土地活用ができないため、広い土地の活用は基本的に難しいのですが、老人ホームであれば第一種低層住居専用地域でも建築可能です。

大きな土地に老人ホームの一棟貸しができるため、土地を無駄なく、効率よく利用することができます。

そのため、老人ホームは特に第一種低層住居専用地域の大規模な土地でオススメの土地活用です。

老人ホーム経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△90万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 老人ホーム一棟貸しのNOI:240万円×12ヶ月―432万円=2,448万円

老人ホーム経営の注意点

失敗事例としては、事業者からの賃料減額要求が生じるケースです。

老人ホームも、介護報酬の引き下げ等を原因として、事業者から賃料の減額要求がくることがありますが、多くの老人ホームは一棟貸しであることから、賃料減額要求が断りにくくなります。

介護報酬の引き下げ等は、国の方針によって決まってしまうため、改善しにくい部分となります。

これから老人ホームを行う予定の人は、借主から賃料の減額要請も想定した上で事業を行うことがポイントです。

老人ホーム経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用×福祉施設
土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識

土地活用には様々な手段がありますが、昨今注目されつつある「福祉施設」に目を付けている人もいるはず。 こんな悩みをスッキリ …

続きを見る

6.オフィスビルの成功事例と注意点

この章では、オフィスビルの成功事例と失敗事例について解説します。

オフィスビルの成功事例

オフィスビルの成功事例としては、小割に分割できることを想定して設計されたオフィスが挙げられます。

昨今、東京以外の都市ではオフィスの賃貸需要は激減しており、地方でも存在するオフィス需要は、弁護士や会計士等の士業やスタートアップのIT系企業の賃貸需要です。

またコロナを経てテレワークやリモートワークが推奨されるなど、オフィスを取り巻く環境や需要は様変わりしています。

これらの借主は借りる面積が小さいため、15坪程度に区画割りできるオフィスだと需要者を取り込むことができます。

当初の設計が小さな区画に割ることを想定していなかったようなオフィスは、地方では苦しい状況です。

オフィスビル経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△450万円(固定資産税及び都市計画税)
  • マルチテナントオフィスビル NOI:1,800万円×12ヶ月―4,320万円=17,280万円

オフィスビル経営の注意点

オフィスの失敗事例としては、専有部に柱が多い物件が挙げられます。

昨今のオフィスは専有部内に柱がない無柱空間の物件が主流で、柱がある物件はテナントがレイアウトしにくいため、借主が決まりにくいのです。

オフィスは当初の設計がとても重要であり、コストよりも貸しやすさを重視して建てることがポイントになります。

7.駐車場の成功事例と注意点

この章では、駐車場の成功事例と失敗事例について解説します。

駐車場の成功事例

駐車場の成功事例としては、地方都市のターミナル駅近くで行う時間貸し駐車場が挙げられます。

駐車場は収益性が低いため、東京のような土地の固定資産税が高いところで行ってしまうと、逆に儲かりません。

一方で、地方は土地の固定資産税が安いため、駐車場は地方の方が収益性は高くなります

地方でも、例えば県庁所在地におけるターミナル駅や百貨店等の周辺は駐車場ニーズが高いです。

駐車場の利用料金と固定資産税のバランスが良く、土地購入額に対して10%程度の利回りで回っているような物件も存在します。

駐車場経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△13万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 駐車場4台のNOI:20万円×12ヶ月―36万円=204万円

駐車場経営の注意点

失敗事例としては空き家を取り壊してから駐車場を行うケースで、土地の固定資産税が上がることを想定していなかったという事例です。

土地の上に住宅が建っていると、住宅用地の軽減措置が適用されているため、土地の固定資産税が安くなっていますが、住宅の空き家を取り壊すと、住宅用地の軽減措置が外れるため土地の固定資産税が上がります

このようば事実を知らずに固定資産税の見込み違いから、想定よりも収支が悪くなってしまうという失敗が見られます。

空き家を取り壊して駐車場を始める場合には、土地の固定資産税が上がることを想定してシミュレーションをすることがポイントとなります。

駐車場経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

駐車場経営のために土地購入を考えている人向けの物件の選び方と注意点
駐車場経営・コインパーキング経営を成功させる、土地・用地購入のポイントと注意点

街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、手間がかからずに不労所得が得られるように見えるため、見ていて羨ましくなります …

続きを見る

8.事業用定期借地権の成功事例と注意点

この章では、事業用定期借地権の成功事例と失敗事例について解説します。

事業用定期借地権の成功事例

事業用定期借地権の成功事例としては、土地価格が高い時期に相当地代を受領できたケースです。

相当地代とは、更地価格の6%程度の金額となります。

事業用定期借地権は投資を伴わないにもかかわらず、相応に高い地代が受領できるため、地主にとっては旨みのある事業です。

昨今のような土地価格が上昇している時期に、地代を「更地価格の6%」として締結できた事業用定期借地権は十分に成功しているといえます。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△180万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 相当地代NOI:84万円×12ヶ月-180万円=828万円

事業用定期借地権の注意点

事業用定期借地権の失敗事例としては、借地期間中の事業者の倒産です。

事業者が倒産してしまうと、借地人の建物が取り壊されずに残ったままとなってしまいます。

破産した事業者が取り壊し費用を捻出できないような最悪のケースでは、土地所有者の費用負担で建物を取り壊すことになります。

事業者の倒産リスクを最小限とするには、与信や事業内容を十分に勘案した上で、信用力の高い借主を選ぶことがポイントです。

事業用定期借地権を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

9.トランクルームの成功事例と注意点

この章では、トランクルームの成功事例と失敗事例について解説します。

トランクルームの成功事例

トランクルームの成功事例としては、国土交通省が仮設建築物に対する監視強化をする以前に行っていた事業です。

10年ほど前は、トランクルームは輸送用コンテナを置くだけで事業ができた時代もありました。

当時の輸送用コンテナを置くだけでできたトランクルーム事業は初期費用が非常に安かったため、成功していた人は多いです。

トランクルーム経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△13万円(固定資産税及び都市計画税)
  • トランクルーム2台NOI:12万円×12ヶ月―21万円=123万円

トランクルーム経営の注意点

トランクルーム事業の失敗事例としては、輸送用コンテナを置くだけの方式ができなくなった以降に始めたものです。

輸送用コンテナは仮設建築物に該当するため、今では単純に輸送用コンテナを置くだけのトランクルーム事業はできなくなっています。

現在のトランクルーム事業は、コンテナハウスと呼ばれるトランクルームに見える建物を建てて行っているため、以前に比べると初期費用が高くなっています。

コンテナハウスを建てればトランクルームの経営はできますが、初期投資額が格段に高くなってしまったため、今のトランクルームは以前のように簡単に利益を得ることが難しくなっています。

このように現代においてはトランクルームは決してオススメできる土地活用とは言えません。

なので、マンションやアパートや駐車場等の他の土地活用がどうしてもできない土地の場合のみ候補に入れるのが適切といえます。

トランクルーム経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用xトランクルーム
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営について解説

トランクルームとは、個人や企業の物品を収納する貸し倉庫等の施設のこと 土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に …

続きを見る

10.太陽光発電の成功事例と注意点

この章では、太陽光発電の成功事例と失敗事例について解説します。

太陽光発電成功事例

太陽光発電の成功事例としては、国の電力買取事業が始まった初期の頃に行ったものがほとんどです。

太陽光発電事業の投資採算ラインは、買取価格が30円台後半といわれています。

国の電力買取事業が始まった当初は、再生エネルギーを早急に普及させるために40円台の買取価格が設定されていました。

買取価格が35円以上だった時代に太陽光発電を展開した人は、成功しています。

太陽光発電の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△30万円(固定資産税)
  • 年間約6万kWの発電パネルを設置のNOI:6万kW×12円(2020年買取価格)-30万円=42万円

太陽光発電の注意点

失敗事例としては、国の買取価格が投資採算ライン(30円台後半)を下回ったタイミングで太陽光発電事業を始めた人たちです。

太陽光発電の買取価格は年々下がり続け、2020年度においては10kw未満で21円/kwhとなっています。

太陽光パネルも買取事業が始まった頃よりは安くなっているものの、現在の買取価格は安過ぎてほとんどうまみはありません。

こちらもトランクルーム同様、一般的な土地活用がどうしてもできない場合の候補として捉えることと、今後太陽光発電事業を行うには、「停電対策」等の事業採算性以外の目的を明確にしてから行うことが必要です。

太陽光発電を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

太陽光発電は儲かる?ソーラーパネルは土地活用ではなく住宅利用のみを勧める理由

一時期、太陽光発電事業が注目された時期がありましたが、現在では急速に下火になっています。 結論からすると、これから不動産 …

続きを見る

11.土地活用の失敗を回避する方法

10種類の土地活用について解説してきましたが、全てに共通する重要なポイントは、最初のプランの比較検討を十分に行うということです。

1社だけのプランを鵜呑みにするのではなく、複数のハウスメーカーの意見を聞きながらベストプランを選択することが失敗を防ぐコツとなります。

ハウスメーカーは、アパートや賃貸マンションの居住系の提案が得意な会社や、コンビニやドラッグストアなどの事業系の提案が得意な会社など、会社により強みが異なります。

そのため同じ土地であってもハウスメーカーを変えると提案内容も異なってくるので、まずは自分の土地で何ができるかを知るためにも複数のハウスメーカーよりプランの提案を受けることがコツです。

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の成功と失敗の事例について解説してきました。

土地活用には、それぞれの用途別に「よくある失敗例」が存在します。

まずはその失敗例を十分に理解して参考にしながら、「失敗しない土地活用」を行ってくれると幸いです。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 駐車場経営

駐車場経営の初期費用はいくら?経営方式・システム別の費用を解説!

駐車場経営は初期費用が安いというメリットがあります。
駐車場は、選択する経営方式によって初期費用が異なり、場合によってはゼロ円から始めることも可能です。

一方で、少しでも多く収益を得るためにリスクを負って自分で駐車場経営をしていく場合には、設備機器の導入費用が必要となります。

設備機器も「ロック式」や「ゲート式」等のシステムによって金額が異なるため、初期費用を抑えるに駐車場のシステムについても把握しておくことが必要です。

この記事では、「駐車場経営の初期費用」について解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 駐車場経営方式と初期費用の関係って?
  • システム別に見る初期費用の額を知りたい!
  • 土地から購入した場合の初期費用等はどれくらい?

1.駐車場の経営方式と初期費用

駐車場経営には大きく分けて、「月極駐車場」「一括借り上げ方式」「管理委託方式」の3つの経営方針があります。

最初にそれぞれの初期費用について解説していきます。

月極駐車場

月極駐車場とは駐車場代を月額の固定賃料で契約する経営方式のことで、近隣の居住者向けや店舗の来客用の駐車場として貸し出す場合に多く利用されます。

月極駐車場の場合、未舗装の砂利敷きの状態でも行うことができ、時間貸しのような機械設備は特段不要です。

月極駐車場で必要な初期費用

  • 整地されていない状態の土地の場合に必要な砂利敷き整地費用が相場「1万円/坪」
  • トラロープ(黄と黒の配置が虎模様のような頑丈なロープ)を使った区画割りが相場「2,000円/100m」

一括借り上げ方式

一括借り上げ方式とは、駐車場運営会社に土地を一括で貸す時間貸し駐車場の経営方式のことで、土地所有者は駐車場運営会社から毎月固定賃料を受領します。

一括借上げ方式には、未舗装の状態で貸す「土地貸し」と、アスファルト舗装をしてから貸す「施設貸し」の2種類があります。

どちらの場合もパークロックや精算機等の時間貸し駐車場に必要な設備は駐車場運営会社の費用にて設置するので初期費用を抑えることができます。

それぞれの特徴を見てみましょう。

初期費用ゼロ円なら「土地貸し」

土地貸しの一括借り上げ方式の場合、未舗装の状態で駐車場運営会社に貸し出し、アスファルト舗装・設備も駐車場運営会社が行うため、土地所有者は初期費用を負担せずに駐車場経営を始めることが可能です。

ただし、駐車場運営会社がアスファルト舗装の初期費用を負担することから、土地貸しは賃料が安くなるという特徴があります。

また、土地貸しは土地を貸す地代として扱われるため、消費税は非課税です。

賃料優先なら「施設貸し」

一方で土地貸しの一括借り上げ方式の場合、アスファルト舗装をした後に駐車場運営会社に貸し出すため、土地所有者の初期費用にアスファルト舗装費用が必要です。

アスファルト舗装費用の相場は「1.7万円/坪」程度となります。

ただし、駐車場運営会社のアスファルト舗装費用の負担がなくなることから、施設貸しは賃料が高くなるという特徴があります。

また、施設貸しは施設を貸す賃料として扱われるため、消費税の課税対象です。

施設貸しは、土地貸しよりも賃料が高くさらに消費税も課税されるため、入金額が大きくなります。

特に消費税の納税義務のない免税事業者は、消費税の部分がそのまま収入となるため、施設貸しを選択するメリットは大きいです。

管理委託方式

管理委託方式とは、土地所有者が駐車場設備機器も購入して行う時間貸し駐車場の経営方式のことで、パークロックや精算機、看板等の所有権は全て土地所有者にあります。

管理委託方式では、駐車場運営会社に精算機の管理や清掃等の駐車場の管理を委託する方式で、駐車場利用料が直接駐車場の売上となるため、収益性は一括借り上げ方式よりも高くなります

ただし収入は不安定であり、駐車場経営のリスクも全て土地所有者が負うことになる点がデメリットです。

管理委託方式の主な初期費用

  • アスファルト舗装費用
  • ライン引き費用
  • 車止めブロック費用
  • 精算機
  • パークロック(ロック板)
  • 看板
  • 照明
  • 各種設備の設置工事費用

初期費用の細かい詳細は「5.事例ごとの初期費用」の章で解説していきます。

2.時間貸し駐車場の設備システムの種類

立地にもよりますが、一般的に、駐車場経営は月極駐車場よりも時間貸し駐車場の方が収益性が高く、オススメです。

この章では、そんな「時間貸し駐車場」の設備面でのシステムについて解説していきます。

狭い土地で採用される「ロック式」

ロック式とは、各駐車スペースにパークロックと呼ばれる設備を設置する駐車場システムのことです。

ロック式は、入庫時に自動でロックが上がって車が動かせなくなり、出庫時に精算機にお金を支払うことでロックが下がり、車を動かすことができるようになります。

ロック式はゲートの設置が不要であることから、目安として20台未満となるような狭い土地の時間貸し駐車場で採用されています。

ロック式のメリット

  • 「パークロック」と「精算機」、「看板」、「照明」を設置するだけ
  • ゲートのスペースが不要のため、狭い土地を最大限効率的に利用できる

ロック式のデメリット

  • パクークロックを台数分確保するため、台数が増えるほど初期費用がかかる
  • 設備が増えるほど、パークロックの故障する確率が上がる

ロック式の初期費用

ロック式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
アスファルト舗装 1.7万円/坪
ライン引き 1.2万円/台
車止めブロック 3,000円~5,000円/個
精算機 50万円前後/台
パークロック 10万円前後/台
看板・照明 20万円前後
設備設置工事費用 50万円前後

ロック式の場合、土地の面積が広いと台数が増えるため、アスファルト舗装やパークロックの料金が増えることになります。

台数が増える場合は次に紹介するゲート式を採用するのが定石です。

20台以上の場合に採用される「ゲート式」

ゲート式とは駐車場の出入り口にゲートを設置する駐車場システムで、入庫でゲートを通過する際、利用者が駐車券を受け取りる形式のことです。

出庫時に精算機に駐車券を入れ、お金を支払うことでゲートが開く仕組みになっている駐車場です。

ゲート式は、ロック式と異なり、収容台数増加に伴って費用が増加することはありません。

1台商業施設や病院等の大きな駐車場でよく採用されています。一般的には、20台以上の駐車場がゲート式を採用する目安です。

ゲート式のメリット

  • 各スペースへのパークロックの設置は不要という手軽さ
  • ゲートの設備だけで入出庫を管理できるようになるため初期費用が安い

ゲート式のデメリット

  • ゲートの設置スペースが必要なため土地の利用効率が悪い
  • 駐車場内に走路も必要で「駐車」以外のスペースを使う
  • 上記の点から、小さな駐車場でゲート式を採用すると台数が大幅に減る

ゲート式の初期費用

ゲート式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
アスファルト舗装 1.7万円/坪
ライン引き 1.2万円/台
車止めブロック 3,000円~5,000円/個
精算機 50万円前後/台
ゲート 60万円前後/台
看板・照明 20万円前後
設備設置工事費用 50万円前後

ロック式との違いはパークロックがなくなり、ゲートが増えるという部分だけです。

ゲートは出入口に1箇所ずつ設ければ良いので、ゲート式は台数が多いほどコストメリットが生じます。

低コストも無賃駐車のリスクがある「前払い式」

前払い式とは、駐車場の出入り口に精算機だけを設置しておく駐車場システムです。

前払い式は、駐車をする際利用者が自主的に精算機に料金を支払うシステムで、機械的に不正駐車を規制する仕組みはなく、あくまでも利用者の良心に基づき支払いが行われます。

事例としては少ないですが、注意して街を歩いているとたまに見かけるタイプの駐車場となっています。

前払い式のメリット

  • 初期費用を安く抑えることができる
  • 必要なのは精算機だけなので、手軽に始められる
  • 砂利敷きやアスファルの舗装なしでも運営可能

前払い式のデメリット

  • 支払いの不正を防ぐ仕組みが無いため売上が上がらないリスクがある

前払い方式を選択する場合は、例えば自宅のすぐ目の前の土地で行う等、常に不正駐車を監視できる状況で行うのが理想です。

前払い式の初期費用

前払い式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
砂利敷き整地 1万円/坪
トラロープ 2,000円/100m
精算機 50万円前後/台
看板 10万円前後

3.経営方式ごとの整地費用

整地費用はどの経営方式を選択するかで異なります。それぞれの整地費用の相場は下記の通りです。

経営方式 初期費用相場
月極駐車場管理委託(前払い方式)
  1. 砂利敷き整地:1万円/坪
  2. トラロープ:2,000円/100m
一括借り上げ(土地貸し)
  • 初期費用不要
一括借り上げ(施設貸し)
  • アスファルト舗装:1.7万円/坪
管理委託(ロック式またはゲート式)
  1. アスファルト舗装:1.7万円/坪
  2. ライン引き:1.2万円/台
  3. 車止めブロック:3,000円~5,000円/個

月極駐車場または前払い方式による管理委託であれば、砂利敷き整地で駐車場を運営することができます。

一括借り上げの「土地貸し」「施設貸し」の費用は以下になります。

  • 土地貸しなら整地費用も不要
  • 施設貸しアスファルト舗装のみ必要

ロック式またはゲート式による管理委託の場合は、アスファルト舗装に加え、ライン引きや車止めブロックの設置も必要です。

4.土地から購入するときの初期費用

駐車場経営を始める為に、土地から購入する場合、土地の購入代金の他、以下のような初期費用が発生します。

駐車場経営に必要な様々な初期費用

駐車場をゼロから始めるとき、どのような経費があるのでしょうか?一つ一つ解説していきます。

仲介手数料

仲介手数料とは不動産会社へ支払う報酬のことです。売買金額が400万円超の物件なら「売買金額の3%+6万円」が上限額となります。

印紙税

不動産の売買契約書は、印紙を貼らなければならない課税文書に該当します。

印紙税は、「売買金額が1,000万円超5,000万円以下なら1万円」「5,000万円超1億円以下なら3万円」です。

登録免許税

登録免許税とは、所有権移転登記を行うために法務局に支払う税金のことです。

所有権移転のための土地の登録免許税は、「土地の固定資産税評価額×税率」で計算されます。

税率は、本則は2%ですが、令和3年3月31日までの売買であれば1.5%です。

司法書士手数料

所有権移転登記を司法書士に依頼する際に発生する費用です。所有権移転登記の司法書士手数料の相場は5万円程度となります。

不動産取得税

不動産取得税とは、不動産の購入者に対して課される都道府県税です。

宅地の不動産取得税は、「土地の固定資産税評価額×(1/2)×3%」(令和3年3月31日までの売買)で計算されます。

土地購入時の初期費用は、大部分を仲介手数料が占めており、土地購入額の約3.5%程度が初期費用となるイメージです。

以上が駐車場経営を始める際に必須となる様々な初期費用です。

なお、筆者としては、駐車場経営を目的とした土地購入はオススメしておりません。

使わなくなった土地の暫定利用としてはとても有効な駐車場経営ですが、土地購入の投資を回収するのはとても大変です。下記の記事でも土地なしの方の駐車場経営について解説しております。

駐車場経営のために土地購入を考えている人向けの物件の選び方と注意点
駐車場経営・コインパーキング経営を成功させる、土地・用地購入のポイントと注意点

街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、手間がかからずに不労所得が得られるように見えるため、見ていて羨ましくなります …

続きを見る

5.事例ごとの初期費用

この章では、代表的な2つの経営方式による初期費用について紹介します。

ケース1.一括借り上げ方式(土地貸し)

一括借り上げ方式の土地貸しであれば、初期費用はゼロ円となります。

収益性は低くても構わないので、コストを全くかけたくないという方にオススメです。

ケース2.10坪、ロック式2台の駐車場

管理委託方式で、10坪の敷地で2台のロック式駐車場を始める場合の初期費用は以下の通りです。

  • アスファルト舗装 = 10坪 × 1.7万円/坪 = 17万円
  • ライン引き = 2台 × 1.2万円/台 = 2.4万円
  • 車止めブロック = 2台 × 0.4万円/台 = 0.8万円
  • 精算機 = 1台 × 50万円/台 = 50万円
  • パークロック = 2台 × 10万円/台 = 20万円
  • 車止めブロック = 2台 × 0.4万円/台 = 0.8万円
  • 看板・照明 = 20万円
  • 設備設置工事費用 = 50万円

初期費用合計:約160.2万円

管理委託方式は、リスクを取ってでも高収益を狙いたい人にオススメです。

6.希望通りの駐車場経営が見つからなかったら他の土地活用の検討も

ここまで様々な「駐車場経営」の方法や費用について解説してきました。

しかしどれもぴんとこなかったり条件が合わないという場合には、せっかくの土地を駐車場経営以外で活用する方法も検討してみましょう。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

以上、駐車場経営の初期費用について解説してきました。

駐車場経営の初期費用は経営方式によっても異なり、ゼロ円から始めることも可能です。

管理委託方式で行う場合、駐車場システムには「ロック式」、「ゲート式」、「前払い式」の3種類がありました。

駐車場経営の初期費用は、システムによっても異なります。

土地から購入する場合、初期費用には仲介手数料や不動産取得税等の初期費用が掛かります。

初期費用を考慮しながら計画的に駐車場経営を始めてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

駐車場経営は儲からない?よくある失敗・トラブルへの対処法を解説

「話題の駐車場経営をしてみたが、思ったより大変だった、予想以上に儲からなかった」という人もいるのではないでしょうか。

また、これから駐車場を始めたい人の中には、駐車場経営にはどのような失敗やトラブルがあるのか知りたい方もいらっしゃると思います。

駐車場経営で成功するためには、駐車場経営がなかなか儲からない理由と失敗やトラブルの事例を知っておくことが必要です。

この記事では駐車場経営の失敗のパターンやトラブル例、またトラブルを回避する方法について解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 駐車場経営って手軽にできそうだけど、実際収益はどうなの?
  • 駐車場経営が暫定利用にオススメな理由は?
  • 駐車場経営でよく起きるトラブルや失敗を知りたい
株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.駐車場は土地の暫定利用として最適な土地活用

気軽に始められて初期投資も少なくてすむ駐車場経営。建物を建てずに低予算で行う「暫定利用」的な位置づけの土地活用だと覚えておきましょう。

そもそも駐車場経営はそんなに儲からない

まず駐車場経営は、「土地活用の中ではあまり利益が出るものではない」ことは知っておく必要があります。

土地活用は基本的に「建物を建てて、家賃収入を得る借家事業」が最も儲かります。建物投資は投資額も大きいですが、その分、リターンも大きいのです。

一方、駐車場経営は投資額が少なく手間もかからないというメリットがあるものの、アパート経営などに比べるとリターンは小さくなります。

このように駐車場経営で利益をしっかり出すのは難しいため、「あくまで良い条件の土地活用を見つけるまでの暫定利用的活用方法」と考えておくべきでしょう。

それでは駐車場経営はどんな人には向いていて、どんな人はやるべきではないのでしょうか。

駐車場経営をやるべきではない人

  • 土地を最大限利用して大きな収益を上げたい人
  • しっかりと相続税対策をしたい人

「土地活用で大きな収益を上げたい」と考えている人は、利益率の低い駐車場経営よりもっと収益を出せる土地活用を検討すべきでしょう。

また駐車場は相続税対策効果も高くないので「相続税対策のための土地活用」を考える人にもあまりオススメできません。

ただし、駐車場経営は土地の「暫定利用」として見た場合には最も収益性が高い活用方法のため、以下のような人は駐車場経営がオススメとなります。

駐車場経営がオススメの人

  • 大きな初期投資をかけたりリスクを取りたくない
  • 本格的な土地活用を始める前の暫定利用として

駐車場経営は上でも述べたように大きな収益は期待できませんが、初期投資は少なく、リスクは低い活用法です。

そのため「大きな投資はしたくない」、「空室や借入金返済のリスクを取りたくない」「将来的に大きな投資を考えているが、まだ決まっていないのでひとまずリスクの低い土地運用を暫定的に行いたい」という人には、駐車場経営は向いています。

2.駐車場経営の失敗例

それでは実際に、「駐車場経営で失敗した例」を見てみましょう。

ここでは、最初の計画段階での失敗と運営が始まってからの失敗に分けて解説していきます。

計画時の失敗例

まずは、駐車場経営の計画段階での失敗例を6つご紹介します。

計画時の失敗例1.土地を購入して駐車場経営を始める

駐車場経営はもともとの収益が低く、アパート経営のように借入金を返済しながら運営できるほどの余力はないので「借入金を使って土地から購入している」ケースではほとんど儲かりません

駐車場経営で儲けるなら、少なくとも「元々持っている土地で行う」、または「全額自己資金で土地を購入する」のいずれかであることが必要となります。

そのため、これから土地を購入して駐車場経営をしたい人は、土地は全額自己資金で購入することをオススメします。

計画時の失敗例2.固定資産税が上がることを認識していない

住宅を取り壊して駐車場を始める場合、固定資産税が上がることを知らなかったという理由で想定より儲からなかったというケースもあります。

土地の上に住宅が建っていると「住宅用地の軽減措置」が適用され、土地の固定資産税が安くなっていますが、その住宅を取り壊すことで住宅用地の軽減措置が適用から外れ、土地の固定資産税が上がります

空き家を壊して駐車場の収益性をシミュレーションする場合には、「固定資産税が上がることを前提」に収支を想定しておきましょう。

計画時の失敗例3.駐車場の需要のない立地で経営している

最も典型的な「計画段階での失敗例」は、駐車場の需要のない立地で経営している場合です。

「住宅街」や「農村地帯」等、駐車場需要のない立地では当然のことながら駐車場経営をしても失敗しやすくなります。

駐車場は立地商売なので、成功するかどうかは立地がカギを握ります。

駐車場需要のある場所は、例えば以下のような土地です。

駐車場の需要がある土地

  • 駅周辺の土地
  • 大型商業施設周辺の土地
  • 観光施設のある土地
  • 大きな病院がある周辺の土地
  • イベント会場周辺の土地

時間貸し駐車場ニーズは人が多く集まる場所の周辺に発生するのが基本です。

田舎であっても、周辺に観光スポットがあるような場所であれば人が集まるため駐車場ニーズがあります。

駐車場経営は都市部や田舎に関わらず、「周辺に人が集まる要素がある」ことが重要な立地条件ですので、そこは一番最初に確認すべきポイントです。

計画時の失敗例4.経営方式の選択をミスしている

駐車場経営では、経営方式の選択ミスをしているという失敗もあります。

駐車場経営には、大きく分けると以下の2つの経営方式があります。

  • 一括借り上げ方式
  • 管理委託方式

「一括借上方式」とは、駐車場運営会社に土地を一括で貸す方式で「管理委託方式」とは、土地所有者が駐車場設備をすべて自前で揃え、管理だけ駐車場運営会社に委託する方式です。

一括借り上げ方式と管理委託方式との違いは、土地所有者が駐車場設備まで保有するかどうかという点です。

駐車場設備とは精算機、看板、照明などのことを指します。

一括借り上げ方式は駐車場運営会社が駐車場設備を保有するため、設備の故障等のリスクは全て駐車場運営会社が持ちますが、管理委託方式では、土地所有者が設備の故障等のリスクも負うことになります。

管理委託方式は、収益性は最も高くなりますが、自営であるためリスクが高く、初めての駐車場経営でいきなり管理委託を選択するのは失敗する可能性が高くなります

よって、初めて駐車場経営を行うのであれば、まずは一括借り上げ方式から様子を見て始めることをオススメします。

計画時の失敗例5.駐車場運営会社の選択ミスをしている

リスクを取らずに一括借り上げ方式を選択したとしても、駐車場運営会社の選択ミスをすることで駐車場経営に失敗してしまうこともあります。

駐車場運営会社は参入障壁が低いため業歴の浅い会社がたくさんあり、それらの会社は実績を増やしたいがために、最初だけ高い賃料を提示してくる傾向があります。

会社によっては、契約後すぐに賃料の減額要求があり、結局は他の駐車場運営会社の賃料よりも下がってしまうケースもあります。

駐車場運営会社は実績や過去にトラブルが無いかなど、しっかりと調査をすることが必要です。

計画時の失敗例6.稼働率の収支計画が甘い

管理委託の駐車場経営では、収支計画で見込んでいた稼働率が甘かったという失敗があります。

インターネット上には、駐車場の稼働率は50~60%程度という情報も流れていますが、実際には50%に届かない物件が多いです。

業界最大手のパーク24ですら47~48%程度ですので、個人が行う無名の駐車場は40%も行けば上出来といえます。

駐車場は認知されるまでに時間がかかるため、特にオープンしたての稼働率は著しく低いので、一般的な駐車場を行うのであれば、「当面の稼働率は30%程度」と見込んでおくのが無難といえます。

運営を開始してからの失敗例

それでは次に、運営上の失敗の例を挙げます。こちらは最初に伝えた「計画上のミス」ではなく、運用している間に起きてしまうミスです。

これを防ぐには、「駐車場経営を始めたらそのまま放置」ではなく、常に近隣の情報収集などを行うことが大切です。それでは具体的な運営を始めてからの失敗例を見てみましょう。

運営時の失敗例1.不適切な料金設定を行っている

駐車場経営では、不適切な料金設定を行っていることで失敗するケースもあります。駐車場のヘビーユーザーは単価をよく見ていますので、少しでも高いと敬遠されてしまいます。

【価格設定例】

・周辺の相場が1時間400円であれば、400円で設定することが必要です

・相場が1時間400円の場合、30分200円と表示するのは大丈夫ですが、30分250円と表示すると1時間500円となるためNGとなります。

相場は知らない間に下がっていることもありますので、定期的に周辺の駐車場の時間単価を確認し、適切な料金設定を行うようにしましょう。

運営時の失敗例2.近隣に競合の駐車場ができた

近隣に競合の駐車場ができたケースも、駐車場が儲からなくなる大きな理由です。

駐車場は初期投資額が低いため、参入障壁の低い事業です。近隣に空き地ができるとすぐに駐車場となるケースが多く、その結果、利用料の値崩れが生じやすくなります。

また差別化も難しい事業であることから、値引き合戦にも巻き込まれやすいのです。

運営時の失敗例3.たまたまあった工事需要がなくなった

駐車場経営が儲からなく理由としては、たまたま近隣にあった工事需要がなくなったというケースもあります。

時間貸し駐車場は、周辺に大きな工事現場があるときが儲かる典型的なパターンです。工事期間中は現場の職人が毎日駐車場を利用するため、一時的に駐車場ニーズが高まります。

しかしながら、当然ながら工事が終わってしまうと職人による駐車場ニーズが無くなるため、パタッと利用が止まってしまうのです。

大型工事現場は、工事中は売上に大きな貢献を与えるものの、終了した途端に大きなマイナスの影響を与えることはよく理解しておきましょう。

3.駐車場経営におけるトラブル

それでは次に、駐車場経営におけるトラブルについて解説します。

駐車場を実際に経営し始めると様々なトラブルに直面します。事前にトラブルの可能性を把握して、起きたらすぐに対応できるようにしておくと良いでしょう。

長時間車を放置される

駐車場経営では、車を長期間放置されるというトラブルがあります。

一括借り上げ方式であれば、不正駐車の対応は駐車場運営会社が行ってくれるため、気にしなくて大丈夫です。

一方で、管理委託方式の場合、基本的には土地所有者が対処することになり、警察に通報して所有者を調べてもらって、移動させる手続きが必要です。

これは非常に手間がかかるトラブルと言えます。

ゴミを不法投棄される

駐車場では、ゴミを不法投棄されるというトラブルがあります。

ゴミの不法投棄も、一括借り上げ方式であれば駐車場運営会社が対応してくれ、管理委託の場合、小規模なゴミであれば管理会社が清掃時に取り除いてくれます。

一方で、粗大ゴミが置かれているような状況では、警察、または自治体のごみ集積所に通報することが必要です。

精算機などの設備が壊される

管理委託の場合、精算機等の設備が破壊されるというトラブルがあります。

管理委託では、土地所有者が設備の所有者にもなるため、土地所有者は設備の故障リスクも負うことになります。

精算機等が破壊されるリスクに対応するには、保険に入っておくことが必要です。

特に精算機は破壊されて現金を盗難される恐れがあるため、動産総合保険といった現金を補償する保険に加入しておくことがポイントとなります。

隣地の所有物を破壊する

駐車場経営では、利用者がフェンスやブロック塀等の隣地の所有物を破壊するというトラブルもあります。

管理委託形式の場合には、運営者側が損害を賠償するケースに備え、施設賠償責任保険にも加入しておく必要があります。

ある程度想定されるトラブルに関しては、保険でカバーすることができますので、管理委託形式を選択する際は、保険加入も検討するようにしましょう。

車内で自殺される

稀ではありますが、駐車場では車内で自殺されるといったトラブルもあります。物件内で自殺が発生すると、その後、その土地が事故物件となってしまいます。

事故物件となった場合、駐車場経営を継続していく上では大きな問題はありませんが、すぐに売却するケースでは土地の価値が大きく下がってしまう点がデメリットです。

自殺の事故物件は、7年程度は告知義務が必要とされるため、その間は価値が大きく下がります。

仮に事故物件になってしまった場合には、当面は売却しない方が無難です。

4.失敗とトラブルを回避する方法

以上、駐車場経営で起きうる様々なトラブルを紹介しました。

駐車場経営の失敗とトラブルを回避する方法としては、以下の2点が挙げられます。

  • 一括借り上げ方式を選択する
  • 適切な駐車場運営会社を選択する

それぞれを解説していきましょう。

一括借り上げ方式を選択する

一括借り上げ方式を選択すれば、基本的に駐車場の経営リスクはほとんど駐車場運営会社が負います。

土地所有者は特に経験やノウハウがなくても、安心して駐車場経営をすることができます。

よって、はじめての駐車場経営で不安な人は、一括借り上げ方式がオススメとなります。

適切な駐車場運営会社を選択する

一括借り上げ方式を選択したとしても、経験の浅い駐車場運営会社が借主となってしまうと、賃料が払えなくなり、土地所有者に対してすぐに賃料の減額要求がくることがあります。

経験の浅い駐車場運営会社は失敗も多いため、約束した賃料を払えなくなることも多いのです。

実績が少ない会社は実現不可能な高額な金額を提示してくる場合もあるので、駐車場運営会社を選択する場合は、提示された賃料だけでなく過去の実績等もよく加味した上で決定しましょう。

管理委託を選択する場合も同様で、実績豊富な駐車場運営会社なら失敗やトラブルに対処するための様々な相談をすることができます。

5.難しい駐車場経営こそ色々なプロな意見を

ここまで「駐車場経営は思っている以上に難しい」「基本的にはあまり儲からない」という話をしてきました。

駐車場経営がうまくいくかどうかは、駐車場運営会社によるところが大きいので実績豊富な会社に巡り会えるように、まずは色々な会社の資料を見てみましょう。

駐車場経営は「土地活用」の一種類なので、資料請求の中でも「駐車場」に希望を絞って資料請求したり、プランの依頼をすることをオススメします。

土地の活用などの不動産投資を考えるなら、とにもかくにも自らどういった活用方法があるのかを知って吟味すべきです。

まずは勉強も兼ねて、複数の土地活用プランを無料で一括請求できるサイト「

HOME4U土地活用

」を使って、多くのプランを見て検討するのが、一番成功への近道です。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

中には変な会社からしつこい営業の売り込みがあるのではないの?と思う方がいると思いますが、心配も無用です。

HOME4U土地活用で提案してもらえる会社は、NTTグループならではの厳重な審査をしているため、安心して利用できます。

約60秒、しかも無料で利用・土地を持っていなくても利用できますので、まずは多くのプランを見て吟味してみましょう。

6.まとめ

以上、駐車場経営の失敗やトラブルについて解説してきました。

駐車場経営は、そもそも暫定利用の位置づけであるため、大きくは儲かりません。失敗の要因としてよくあるのは「土地から購入している」「近隣に競合の駐車場ができた」などです。

失敗例には、「経営方式の選択ミスをしている」「駐車場運営会社の選択ミスをしている」があり、トラブルは、「長期間車を放置される」「ゴミを不法投棄される」等がありました。

失敗とトラブルを回避には、「一括借り上げ方式を選択する」、「適切な駐車場運営会社を選択する」の2つの方法が適切です。

駐車場経営を始める際は、失敗やトラブルを十分に考慮した上で検討するようにしてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

駐車場経営は2台からでも可能って本当?初期費用や収益シミュレーションを解説

びっくりするかもしれませんが、コインパーキングの経営は1台からでも実現可能です。

2台もあれば、立派な駐車場経営をすることができます。

狭小地の土地活用として、駐車場経営はオススメの選択肢と言えるでしょう。

では、2台から始める駐車場経営の初期費用はどの程度かかり、どれくらい儲かるのでしょうか。

この記事では「2台の駐車場経営」について解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 2台の駐車場経営に必要な面積って?
  • 2台駐車場経営のメリットとデメリットは?
  • 初期費用や収支シミュレーションなど費用面を知りたい
株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.2台の駐車場経営必要な面積

2台の時間貸し駐車場は約10坪程度の敷地面積があれば行ことが可能です。具体的に見てみましょう。

1台当たりの必要なスペースの目安は、縦5m横2.5m程度が標準的であり、面積としては12.5㎡(約3.8坪)程度の面積が必要となります。

純粋な駐車スペースを2台確保すると約7.6坪必要となり、その他、精算機など置くスペースとしても、2~3坪程度必要と考えると、2台の時間貸し駐車場を行う場合は、約10坪程度の面積が必要です。

駐車場面積目安ただし、敷地が不整形の場合にはデッドスペースが多く発生するため、10坪あっても2台確保することができないこともありますので注意しましょう。

2.「2台」駐車場経営ならロック式

駐車場経営には「ロック式」「ゲート式」の2種類がありますが、2台の駐車場経営は、ロック式というシステムで駐車場経営を行うのがベストです。

ロック式(2台の事例)

ロック式(2台の事例)

ゲート式

ゲート式

場所を取らないロック式

ロック式とは、各駐車スペースにパーロックと呼ばれる設備を設置する駐車場システムです。

駐車スペースに車を駐車するとロック板が自動で上がり、車が動かせなくなる仕組みとなります。

利用者は、精算機に駐車番号を入力し、料金を支払うとロック板が下がり、車を出庫させることができます。

出入りする際は、利用者は精算機に駐車番号を入力し、料金を支払うとロック板が下がり、車を出庫させることができます。

場所とらないロック式ですが、各スペースにパークロックを設置するため台数が増えるほどコストがかかるデメリットがあります。

2台のような狭小地での駐車場では、ロック式が最適です。

大型駐車場向きのゲート式

ゲート式とは、時間貸しでよく用いられる、駐車場の出入り口にゲートを設置する駐車場システムです。

こちらは台数に関わらず入り口にゲートを設置するだけなので、台数が増えるほど割安になるメリットがあります。

しかしゲート式はゲートを設置するスペースが必要なため狭小地では難しいので、2台の駐車場を考えている場合はロック式をオススメします。

3.「2台」駐車場経営のメリット

この章では「2台」駐車場経営のメリットについて解説します。

狭小地でも有効活用できる

2台の駐車場は狭小地でも有効活用できるという点がメリットです。

一般的に、狭小地でも建物を建てるには15坪程度は必要とされていますが、10坪の土地だと建物すら建てられないため、活用の選択肢はほとんどありません。

しかし、2台の駐車場は10坪の土地でもできる数少ない活用方法であるため、狭小地を生かすには有効な選択肢となります。

初期費用を抑えることができる

2台の駐車場は小さな土地で行うことができるため、初期費用を抑えることができる点もメリットです。

アスファルト舗装を行う土地面積も狭く、また、パークロックと呼ばれる駐車設備も2台分だけでよいことから、初期費用を安く抑えることができます。

初期費用については「第5章 「2台」駐車場経営に必要な初期費用」にて詳しく解説致します。

走路などの無駄なスペースが発生しにくい

2台の駐車場なら走路などの無駄なスペースが発生しにくい点もメリットです。

大きな駐車場は場内に車が走る走路が必要で、多いときには駐車場の3分の1程度の面積が走路に使われてしまうことも。このスペースはお金を全く生み出さない非効率な部分です。

その点、2台の駐車場は走路が全くない物件が多いため、狭い土地の利用方法としては大変効率が良いといえます。

4.「2台」駐車場経営のデメリット

この章では「2台」駐車場経営のデメリットについて解説します。

「あそこに駐車場がある!」と気づかれにくい

2台の駐車場は間口が狭い物件が多いため、視認性が低くなる=気づかれない点がデメリットです。

時速60kmくらいの速度で走ってきた場合、近くにならないと駐車場があることに気付きにくく、また気付いたとしてもすぐに通り過ぎてしまうため、利用される確率が低くなります。

初めて道を通る人には認識されにくく一見の顧客を獲得しにくいため、認知度が上がって収益が安定していくまでに一定の時間がかかる傾向があります。

常に満車のイメージを持たれやすい

2台の駐車場で認知度が上がったとしても、逆に常に満車のイメージを持たれやすいというデメリットもあります。

実際、2台だとすぐに満車になってしまうため、周辺でよく駐車場を利用するヘビーユーザーには「あそこはいつも満車だから止めておこう」という認識をされがちです。

いつも駐車できないと認識されてしまうと、近隣の駐車場をよく使うヘビーユーザーの候補から外れてしまい、その結果安定的に利用者を獲得しにくくなる可能性があります。

狭くて駐車しづらい印象がある

2台の駐車場は狭くて停めにくい印象があるため、仮に空いていたとしても駐車が苦手な人には敬遠されるという点がデメリットです。

特に前面道路が大通りである土地の場合、通行量も多く、車の速度も速いことからよほど運転に自信が無いと、停めにくい駐車場は避けられてしまうことが多いです。

そのため2台の駐車場であれば

  • 前面道路が狭い
  • 徐行レベルの速度で通行できる

ような立地条件が望ましいと言えます。

5.「2台」駐車場経営に必要な初期費用

時間貸し駐車場では、大きく分けて「一括借り上げ」「管理委託」の2種類の経営方式があります。

それぞれに分けて、初期費用について解説していきたいと思います。

初期費用を抑えるなら一括借り上げ

一括借り上げ方式とは、駐車場運営会社に土地を一括で貸す時間貸し駐車場の経営方式のことです。

土地所有者は駐車場運営会社から毎月、固定賃料を受領します。

契約方法としては「土地貸し」と「施設貸し」の2種類があります。

  • 土地貸し方式:未舗装の土地を貸す方式・初期費用は不要
  • 施設貸し方式:アスファルト舗装後の土地を貸す方式・アスファルト舗装費用が必要

施設貸し方式の場合、アスファルト舗装費用が初期費用(1.7万円/坪程度)として掛かりますが、パークロックや精算機、看板等の資産は全て借主である駐車場運営会社が用意する為、一括借り上げは初期費用を抑えながら始めることが出来ます。

大きな収益を狙うなら管理委託

管理委託とは土地所有者が駐車場設備機器も購入して行う時間貸し駐車場の経営方式のことです。

管理委託では、パークロックや精算機、看板等の設備は土地所有者が購入し、駐車場運営会社に精算機の釣銭管理や清掃等の管理を駐委託します。(管理委託料は、利用料収入の10%程度)

利用料に関しては土地所有者が利用者から直接受け取るため収入は大きくなるメリットはありますが、逆に収入は不安定になる点がデメリットです。

狭小地での駐車場に最適なロック式での初期費用相場は下表のようになります。

工事内容 相場
アスファルト舗装 1.7万円/坪
ライン引き 1.2万円/台
車止めブロック 3,000円~5,000円/個
精算機 50万円前後/台
パーロック 10万円前後/台
看板・照明 20万円前後
設備設置工事費用 50万円前後

ここで、敷地面積10坪で2台の駐車場経営を行う場合の初期費用を計算します。

  • アスファルト舗装 = 17万円(10坪 × 1.7万円)
  • ライン引き = 2.4万円(2台 × 1.2万円)
  • 車止めブロック = 0.8万円(2台 × 0.4万円)
  • 精算機 = 50万円(1台 × 50万円)
  • パーロック = 20万円(2台 × 10万円)
  • 看板・照明 = 20万円
  • 設備設置工事費用 = 50万円
  • 初期費用合計:約160.2万円

初期費用としては約160万円程度見込んでおくと、駐車場経営を開始することが可能です。

6.「2台」駐車場経営の収支シミュレーション

前章で、初期費用に関して解説してきましたが、この章では、管理委託の例で収支のシュミレーションをしていきたいと思います。

下記の通り、一般的な2台の駐車場を条件とします。

  • 土地面積:33㎡(約10坪)
  • 駐車台数:2台
  • 駐車場利用料:400円/時間
  • 固定資産税および都市計画税:年間16万円
  • 経営方式:管理委託
  • 管理委託料率:10%

まずは、最初に収入を求めていきます。収入でポイントとなるのが稼働率です。

時間貸し駐車場はパーク24が47~48%程度と公表しています。

パーク24は業界最大手であり、黄色い看板が目立つため、駐車場としての認知度も高く稼働率は高いものと考えられます。

2台の駐車場の場合、認知度が低くなる可能性が高いことから稼働率は保守的に見込んでおくのが安全です。

ここでは、稼働率は「30%」と想定して見積もっていきます。

また、今回は、400円/時間の料金設定・2台でのシュミレーションなので、想定収入は下記の通りです。

収入シュミレーション

  • 1日の想定収入 = 400円 × 24時間 × 2台 × 30% = 5,760円
  • 年間の想定収入 = 5760円 × 365 = 2,102,400円

次に支出を算出していきます。

年間支出は「管理委託料」と「固定資産税および都市計画税」になります。

設備の償却がある期間は減価償却費が生じますが、減価償却費は会計上の費用であり、実際に支出される費用ではないため、ここでは割愛します。

年間支出をシュミレーションすると以下の通りです。

支出シュミレーション

  • 管理委託料 = 2,102,400円 × 10% = 210,240円
  • 固定資産税および都市計画税 = 160,000円
  • 年間支出合計 = 210,240円 + 160,000円 = 370,240円

以上のことから、年間および月額の収支を以下のようになります。

項目 金額
年間収入 2,102,400円
年間支出 370,240円
年間収支 1,732,160円
月額収支 約144,346円

前章で、初期費用として約160万円程度と解説しました。

大体、最初の1年で初期費用を回収するようなイメージになりました。

また、時間貸し駐車場の収支シュミレーションは、稼働率の設定が大きく影響します。

オープン当初は認知度が低いため、稼働率は想定よりもかなり低くなる可能性があることも知っておきましょう。

7.雑所得になる可能性

2台の駐車場は所得が雑所得とみなされる可能性がありますが、その場合は損益通算ができない点がデメリットです。

損益通算とは、マイナスの所得を他のプラスの所得と合算することで、全体の所得を小さくして節税できる制度。

個人の所得は以下の10種類があり、駐車場経営の所得は「不動産所得」か「事業所得」または「雑所得」に分類されます。

  • 不動産所得や事業所得
  • 雑所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得
  • 退職所得
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 一時所得

このうち、「不動産所得」または「事業所得」は損益通算が可能な所得なので、駐車場経営による不動産所得や事業所得が赤字になれば損益通算を行うことによって節税することができます。

一括借り上げの場合は不動産所得に該当します。

それに対し、管理委託の場合は事業所得に該当します。

ただし、管理委託であっても台数が少なく他に主要な収入があるような場合は「雑所得」に該当します。

雑所得とみなされると、たとえ駐車場経営で赤字にあったとしても損益通算ができないことになりますのでご注意ください。

8.狭小地だからこそ様々な会社の資料請求を

駐車場経営に興味を持ったら、駐車場経営のノウハウを持っている色々な会社にプランを聞いてみましょう。

駐車場経営は「土地活用」の一種類なので、資料請求の中でも「駐車場」に希望を絞って資料請求したり、プランの依頼をすることをおすすめします。

土地の活用などの不動産投資を考えるなら、とにもかくにも自らどういった活用方法があるのかを知って吟味すべきです。

まずは勉強も兼ねて、複数の土地活用プランを無料で一括請求できるサイト「

HOME4U土地活用

」を使って、多くのプランを見て検討するのが、一番成功への近道です。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

中には変な会社からしつこい営業の売り込みがあるのではないの?と思う方がいると思いますが、心配も無用です。

HOME4U土地活用で提案してもらえる会社は、NTTグループならではの厳重な審査をしているため、安心して利用できます。

約60秒、しかも無料で利用・土地を持っていなくても利用できますので、まずは多くのプランを見て吟味してみましょう。

9.まとめ

以上、狭小地でも有効活用ができる2台の駐車場経営について解説してきました。

2台で駐車場経営のメリットは、約10坪程度の面積で行うことが可能なことで、小規模の駐車場はロック式の駐車場システムを採用することになります。

デメリットは「視認性が低い」「運転が得意な人じゃないと避けられる可能性がある」点です。

2台の駐車場を行う場合、初期費用は「160万円」程度で1時間400円の駐車場で月額14万程度となります。

2台の駐車場経営の概要がわかったら、早速に駐車場経営にチャレンジしてみましょう。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用3選と儲かるためのコツ

相続や譲渡で手に入れた「使う予定のない土地」であれば、どうにか土地活用したいと考えると思います。

もし、あなたが使っていない土地の活用を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 儲かる土地活用は何がある?
  • 儲かるためのコツは何?

そこで今回の記事では、利益が大きい土地活用の方法についてくわしく紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.儲かる土地活用は「リスクをとる」方法

土地活用には様々な手段・方法がありますが、全てが同じ「儲け」を得られるわけではありません。

方法によって儲かる金額は、かなり違ってきます。

実は儲かる土地活用には共通点があり、どれも「大きなリスクをとる」ことが必要不可欠です。

リスクとは「危険」のことで、万が一土地活用が失敗した時に失うものを指します。

土地活用では様々なリスクがありますが、最も大きなリスクは「多額のお金を失う」「高額のローンを背負う」という「お金」に関するリスクでしょう。

土地活用に失敗したら死ぬなんてことは絶対にありませんが、多額のお金を失うことは本当によくあります。

儲かる金額が大きければ大きいほど、失敗した時に失うお金も膨大なものになるはず。

儲かる土地活用とは、まさしく「ハイリスクハイリターン」な方法と言えるでしょう。

土地活用でハイリスクハイリターンな「儲かる方法」は、以下の通りになります。

土地活用でハイリスクハイリターンな「儲かる方法」

  • アパート経営
  • テナントビル経営
  • 福祉施設経営

アパート経営

空き土地を整地した後アパートを建築し、賃貸人を募って家賃収入を得る土地活用が「アパート経営」です。

「アパート建築」という多大なるリスクを払うため、それ相応の儲けを手に入れることができるでしょう。

アパートを建築するための費用は、建築する会社や地域によっても異なりますが、1000万円程度で済むことは絶対にありません。

どんなに安くても3000万円以上の出費になるはずです。場合によって億単位になることも。

自己資金で多額の建築費用を賄えることはなかなかないため、アパート経営専用の「不動産投資ローン」をつかって、資金を捻出することになるでしょう。

多額の借金大きなリスクを背負う代わりに、家賃という非常に高収益かつ安定した収入を手に入れることができるのが、アパート経営の最大の魅力です。

立地や家賃設定にミスがなければ比較的儲かる確率が高いため、リスクが大きいながらも多くの人に選ばれている土地活用の代表的な方法と言えます。

アパート経営で儲かるためには、とにかく立地にこだわること

駅の近くや学校周辺の土地ならば、アパート経営で儲かる確率はかなり高いです。

アパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

テナントビル経営

空き土地に小規模のビルを建てて、法人や事業者に賃貸するのが「テナントビル経営」です。

建築するのは小規模ながら「ビル」なので、初期投資に必要な資金も莫大な金額になります。

少なくても5000万円、大抵の場合は億単位になることが多いでしょう。

テナントビルは法人や事業者に貸し出す不動産なので、一般的な賃貸アパートの数十倍の賃料を得られるのが魅力。

入居時に請求する各種手数料や礼金も、賃貸アパートの数倍に設定することが可能です。

事業者や法人は拠点を変更するのに多大な労力を割くため、一度入ったテナントビルからはなかなかでないという利点もあります。

テナントビル経営で儲かるためのコツは、建築前に利用してくれる事業者または法人を獲得しておくこと。建築してから利用者を募っていては、遅すぎます。

福祉施設経営

土地活用の方法としてはまだまだ浸透していませんが、密かに注目を浴びつつあるのが「福祉施設経営」です。

空き土地に福祉施設を建築して利用者を募り、毎月の利用料によって利益を得る方法です。

昨今の高齢化問題によって、全国的に福祉施設が足りていません。

そこに注目した一部の投資家が「儲かる土地活用」の手段として、福祉施設運営を選択しています。

利用者の数を充実させることができれば、儲かる土地活用になってくれるはずです。

しかしリスクを多大に秘めている方法であるもまた事実。

福祉施設建築のための費用は億単位になることが多いですし、専用の設備や機材をそろえる必要があります。

福祉施設を儲かる事業にするためには、日ごろの事業でミスをしないことでしょう。

福祉施設における業務のミスは、事業そのものを潰してしまう「致命傷」になりますので要注意です。

2.選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、テナントビル経営や福祉施設経営など、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

儲かる土地活用の方法と儲かるためのコツについて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地活用で莫大な利益を生み出す可能性のある方法は、どれもそれ相応のリスクをとる方法だったことを理解いただけたと思います。

今後土地活用にチャレンジする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選

自分が住んでいる地域とかけ離れていたり、すでにマイホームをもっていたりすると、住宅地の土地であっても使う予定がないことは少なくありません。

どうせ使わないのであれば、「土地活用」として運用したい人は多いのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 住宅地にピッタリの土地活用について知りたい
  • 住宅地ではやらない方がいい土地活用について知りたい

そこで今回の記事では、住宅地にある土地を活用する前に絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.住宅地にピッタリの土地活用とは

住宅地にぴったりなのは以下の通りです。

住宅地にピッタリな土地活用

  • アパート経営
  • 駐車場経営
  • テナント経営
  • コンビニ経営
  • 借地

アパート経営

土地活用の代表例でもある「アパート経営」は、住宅地にピッタリの方法でしょう。

理由も言わずもがな「アパートは人が暮らしていくうえで必要不可欠だから」です。

住宅地にはすでにたくさんのアパートが存在していますが、新築のアパートとなると別格の扱いになります。

間取り選定と家賃設定を間違えなければ、多くの入居者を手に入れることができるでしょう。

アパート経営を成功させるためには、あなたの土地がある住宅地にどんな人が住んでいるかを事前に調査することが重要です。

単身者ばかり住んでいるのであればワンルームか1LDK、ファミリーが多いなら3LDK以上のアパートにしてください。

アパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

駐車場経営

「駐車場経営」も住宅地にピッタリの方法です。

駐車場経営には「月極駐車場」方式と「コインパーキング」方式がありますが、住宅地と相性がいいのは「月極駐車場」方式です。

住宅地は慢性的に駐車スペースが不足しがちですので、月極駐車場がベストといえます。

駐車場が足りない買い物施設や学校・銀行・病院が近くにない限り、コインパーキングにはすべきではありません。

住宅地にピッタリの駐車場経営ですが、どちらかというと戸建てが集中している地域よりもアパートが密集している地域の方が、利用者が見つかりやすいでしょう。

駐車場経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

テナント経営

お店をしたいという事業者のために、テナント用の建物を建てる「テナント経営」も住宅地と相性のいい土地活用です。

特にスーパーなど買い物施設用のテナントを用意できれば、かなりの高収益にできるでしょう。

広大な土地でないなら、整骨院などの小規模テナントでも十分です。

テナント経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用xテナント
土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたら …

続きを見る

コンビニ経営

自分の土地の近くにまだコンビニがないなら、土地活用の選択肢として「コンビニ経営」を選ぶのもいいかもしれません。

コンビニ経営はオーナー兼従業員になることが多いので、自らの生活をガラリと変える必要がありますが、もし上手くいけば大きな収益をあげることができるでしょう。

コンビニ経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

甘い話に要注意!土地活用でコンビニに貸す前に知っておきたい全知識
土地活用でコンビニに貸したい方必見!坪数・価格・家賃・建築費など徹底解剖

郊外に行くと、ものすごく広い土地にポツンとコンビニが建っているのを見かけます。 コンビニへの賃貸は、今では土地活用の最有 …

続きを見る

借地

自分の土地を貸し出して、第三者が建物を建てる「借地」も住宅地にピッタリの方法です。

マイホームは欲しいけど土地を買うお金はないという人が、どの地域にも少なからずいるため、住宅地にある土地を借地にすると苦労せずに利用者を見つけることができるでしょう。

ただし、一度借地に建物を建てられたら、最大で100年は貸さないといけなくなるので要注意です。

借地については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

これまで住宅地にピッタリな土地活用について見てきましたが、次に住宅地で避けた方がいい土地活用について見ていきましょう。

2.住宅地で避けた方がいい土地活用

住宅地とは相性が悪い土地活用の方法は以下の通りです。

住宅地で避けた方がいい土地活用

  • 保育施設建設
  • 広告看板設置

保育施設建設

保育施設を建設する土地活用が、今徐々に人気になってきています。

住宅地だと利用する人が多くなるだろうと思えるため、ピッタリの方法だと考えられがちですが、なるべくなら避けたほうがいいでしょう。

ニュースで見かけたこともあると思いますが、保育施設は建築時に反対運動を受けることが非常に多く、近隣住民の理解を得るまでに多大なる時間を割くことになります。

多くの人が住んでいる住宅地では、余計に反対運動が強まるはず。

相当な覚悟がない限り、手を出すべきではないでしょう。

広告看板設置

人が多く集まる地域で行われることの多い土地活用が「広告看板設置」です。

住宅地も多くの人がいるため、相性がいいと思われがちですが、やめておいた方が無難でしょう。

住宅地は「景観」を重視する人が多く住んでいます。いつもと違う景観になる建物などがあることを非常に嫌い、排除しようとするのです。

広告看板はその最たる例で、住宅地に広告看板を設置すると高確率で何かしらのクレームを受けます。

クレームは広告を掲載する会社にも行くので、すぐさま掲載がとりやめになるはず。

住宅地であれば必ず一人はいるクレーマーに時間を割きたくないなら、やめておきましょう。

3.選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

住宅地でオススメの土地活用ついて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

住宅地の土地活用を成功するためには、「多くの人が生活する地域」という事実を考慮したうえで方法を選ぶべきだと理解いただけたと思います。

住宅地で土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選

もしあなたが市街化調整区域の土地を持っているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 市街化調整区域でできる土地活用って何がある?
  • 市街化調整区域ってどんな活用方法でもできるの?
  • そもそも市街化調整区域についてそこまで知らない…

このように市街化調整区域の土地活用について、疑問や気になることがある人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、市街化調整区域の土地を活用する前に、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.市街化調整区域の基礎知識

市街化調整区域とは、都市計画法と呼ばれる法律にて「市街化を抑制するべき」と定められている地域のこと

市街化調整区域は、必要以上のムダな開発を防ぐために、各自治体が設定している「建物の建築が不可能な区域」です。

もし市街化調整区域の土地を活用したいのであれば、以下の2つの方法のうち、どちらかしか行うことができません。

  • 建物の建築が不要な土地活用を行う
  • 自治体に協議して建築許可を特別に受ける

市街化調整区域は建物の建築が不可能だとされていますが、あくまでも「原則」です。

自治体に協議をして許可さえもらえれば、建物を建築することが可能になるでしょう。

しかし、協議のうえで建築が許可される建物は限られており、何でも建てられるというわけではありません。

以下の条件のうちどれかに当てはまる建物の場合でのみ、協議次第では建築が許可されます。

  • 周辺に住む人たちの生活に必要になる建物
  • 地域の産業発達に必要な建物
  • 土地の持ち主が自分で使うために建てる建物

上記の条件に完全に当てはまっていたとしても、絶対に建築が許可されるわけではありません。すべては自治体のさじ加減ということをお忘れなく。

これまで市街化調整区域の基本情報についてお伝えしてきましたが、次に市街化調整区域と相性の良い土地活用についてお伝えします。

2.市街化調整区域と相性の良い土地活用

先ほど紹介した市街化調整区域で実現可能な土地活用の条件を満たしたうえで、収益が期待できる活用方法は以下の通りです。

市街化調整区域と相性の良い土地活用

  • 駐車場
  • 墓地
  • 太陽光発電
  • 老人ホーム

駐車場

土地活用の代表例でもある「駐車場」は建物を建築する必要がないため、市街化調整区域でも実現可能な土地活用と言えます。

敷地の広さにもよりますが、初期投資を数十万円程度で抑えて実現することができるのが最大の魅力。

固定資産税や相続税の軽減処置がないのは痛いですが、駐車のニーズがある場所なら、納税する税金以上のお金を生みだすことは十分に可能です。

市街化調整区域の土地を駐車場にするなら、まずは周辺の駐車場ニーズを徹底的に調査し、黒字になるかどうかシミュレーションすることをオススメします。

駐車場については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

墓地

まだまだ事例数は少ないですが、徐々に人気を集めている土地活用が「墓地」です。

建物を建てることはないので、市街化調整区域でも実現することができます。

墓地を土地活用として選択するのであれば、いくつか方法がありますが現実的な選択肢は「既存の霊園業者に土地を貸す方法」でしょう。

墓地は実現するまでに様々な工程を必要とするため、とてもじゃありませんが素人や初心者では運営開始までこぎつけることはできません。

既存の霊園事業者に土地を貸して、毎月の賃料を得る方法を採用するのがベターです。

墓地そのものに抵抗がないのであれば、墓地ほど市街化調整区域の土地に合っている活用はありません。

墓地は広大な土地が必要ですし、人気がない場所が好まれます。どちらの条件も市街化調整区域の土地であれば用意に満たすことができるはず。

ネガティブな印象を持たれやすい墓地は、賃料を多く手に入れることができるのも魅力です。

ただし事業の性質上、一度墓地にしてしまえばいくら借地であったとしても、他の土地活用を行うことは不可能に近いことだけ覚悟しておいてください。

太陽光発電

周りに遮蔽物がない可能性の高い市街化調整区域は、発電した電気を売電することによって利益を得る「太陽光発電」と相性がいいです。

建物を建てる必要はないので送電線さえあれば、市街化調整区域にある土地でも可能になります。

市街化調整区域の土地は広大な土地になるため、膨大な発電量が期待できるでしょう。

もし、大規模の設備にするのであれば、数百万円以上の初期投資が必要になります。

しかし、日当たりが良くなりやすい市街化調整区域には、ピッタリの土地活用であることは間違いありません。

太陽光発電は、以前より更地に太陽光パネルを敷き詰めて発電する太陽光発電事業がありましたが、買取価格が下がってしまったことにより、土地活用としての太陽光発電は現在では下火になりつつある点は注意が必要です。

太陽光発電については、以下の記事で詳しく解説しています。

太陽光発電は儲かる?ソーラーパネルは土地活用ではなく住宅利用のみを勧める理由

一時期、太陽光発電事業が注目された時期がありましたが、現在では急速に下火になっています。 結論からすると、これから不動産 …

続きを見る

老人ホーム

どうしても建物を建てる土地活用がしたいのであれば、老人ホームを採用してみてはどうでしょうか。

老人ホームは先述した「建物を建てるための条件」に該当するため、協議次第では可能な土地活用です。

仮に周辺に住む住民のニーズが多いのであれば、建築が許可されるでしょう。

建築のための初期投資は高額になりますが、利用者が充実できれば高収益が期待できます。

老人ホームは公募によって募集されることが多いので、利用者に困ることも少ないでしょう。

3.土地活用の選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

太陽光発電、駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

市街化調整区域の場合、土地活用の手段が限られており、考えていた活用プラン通りにいかないこともあります。

そんな時は、土地の売却という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

市街化調整区域の土地を売却するためのポイントについては、以下の記事で詳しく解説しています。

売れにくい市街化調整区域の家や土地を売るための方法と注意点
売れない市街化調整区域の家や土地を売却するための2つのポイントと適切な流れ

売るのに難しい不動産の一つに市街化調整区域の不動産があります。 ただし、市街化調整区域といっても、全ての不動産が売却しに …

続きを見る

まとめ

市街化調整区域の土地を活用する際に、知っておくべき知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

市街化調整区域の基礎知識はもちろんのこと、相性のいい土地活用方法についても理解いただけたと思います。

もし市街化調整区域の土地を活用するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

300坪の土地を活かす土地活用方法3選!マンションや駐車場は難しい?

もしあなたが300坪の土地を活用したいと検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 300坪もあるけど、何の土地活用ができるのか知りたい
  • 広すぎる土地でも可能な土地活用を知りたい
  • 300坪の土地にピッタリの土地活用を知りたい

このように300坪の土地の活用方法について、知りたいことがたくさんある人は少なくないはず。

そこで今回の記事では、300坪の土地を活用するなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.300坪の土地で行うべき3つの土地活用方法

300坪の土地で行うべき土地活用方法は以下の通りです。

300坪の土地で行うべき土地活用方法

  1. マンション経営
  2. テナント経営
  3. 老人ホーム経営

マンション経営

マンション経営は、所有する土地に賃貸用のマンションを建築し、一般の個人入居者へ賃貸することで、毎月の家賃収入を実現させる土地活用です。

広大な土地を利用するマンション経営なので、土地の広さが足りずアパート経営を選択する人もたくさんいますが、300坪もの土地があれば十分に可能です。

十分なスペースがあるため、わざわざ立体駐車場を用意したり、低層階を駐車スペースにしたりする必要がないため、余計な費用を節約することが可能になるでしょう。

初期投資額は、数千万円から億単位の巨額の投資になってしまうため、投資ローンが必要、大きなリスクを背負うことになりますが、それ相応のリターンが期待できます。

気になる利回りは、地域によって家賃相場が全く違うので一概にはいえませんが、10〜15%は期待していいでしょう。

またマンション経営には「節税効果」があるのも大きな魅力です。

土地活用と切っても切れない関係である「固定資産税」「都市計画税」「相続税」を、マンション経営を行うだけで激減することができます。

固定資産税は通常の納税額の6分の1、都市計画税は3分の1、相続税は15〜20%まで軽減できるでしょう。

もしマンション経営を行うのであれば、以下の条件に該当する土地ならば失敗する可能性は低いです。

  • 高台ではない住宅地
  • 人気の大規模商業施設が近くにある土地

多くの人がマンションを選ぶ上で重要視しているのが「買い物施設」です。

駅近も重要ですが、日々の買い物を行う奥さんの意見の方が最優先されることが多いため、どちらかというと駅よりも買い物施設が近くにあるかどうかを意識すべきでしょう。

テナント経営

「テナント経営」は、所有する土地に事業者や企業用のテナント建物を建築し賃貸することで、毎月の家賃収入を実現させる土地活用です。

300坪の土地の場合は、大規模なテナントビルを建築して、複数の事業者に利用させるのがいいでしょう。

ただし、多数の企業を集める必要があうので、地域の中心となる駅の近くや商業施設が集まっている場所、オフィスが集中しているエリアであることが必須です。

テナントの賃料はマンションやアパートよりも高く設定できるので、満室にすることができればかなりの高収益が期待できるでしょう。

もし実際にテナントビルを行うなら、数億円から数十億円もの投資を覚悟する必要はありますが、毎月の収益も数百万円以上の金額になるはず。

投資額が莫大でリスクが高い土地活用なので、絶対に失敗は許されません。

テナント経営で失敗する確率を少しでも下げたいのであれば、以下の条件に該当する土地で行うようにしてください。

  • 地域の中心となっている駅の近くにある土地
  • 人通りや車の通りが多い道路に面する土地

これらの条件が該当する土地は、すでにいくつかのテナントビルが建っているはずです。

周りにテナントビルが既にあって、キチンと利用者が埋まっているかどうかチェックすることをオススメします。

テナント経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用xテナント
土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたら …

続きを見る

老人ホーム経営

老人ホーム経営は、高齢者が人口の多くを占めている地域で高まっている「介護のニーズ」を満たすために行う土地活用です。

300坪もの土地があれば、大規模な施設を導入することができるでしょう。

多くの利用者を募ることができるので、老人ホーム不足で悩む自治体に対する社会貢献にもなるはず。

老人ホーム経営には、大きく分けると2つの種類があり、自分の都合に合わせて選ぶ必要があります。

建設費用を全て自分で負担し、完成後の運営や経営まで自分で行う「オーナー方式」か、専用業者に土地だけを貸す「借地方式」の2つから選ぶことになるでしょう。

老人ホームの運営・経営は非常に複雑かつデリケートなので、土地活用の初心者ならば「借地方式」を選ぶのが一般的です。

あくまでも土地を貸すだけなので、利用者から得た各種収益は一切手に入りませんが、何もしなくても安定した賃料を毎月得ることができます。

もし実際に老人ホーム経営にチャレンジするのであれば、以下のような土地でも実現することが可能です。

  • 都市部から離れた郊外の土地
  • 周りに住宅があまりない土地
  • 住居系建物では避けられがちな高台の土地

老人ホーム経営は、上記のようなマンション経営やテナント経営には不向きの土地でも可能なのが魅力です。

広さがある300坪の土地で、マンションやテナントに向いていない土地は老人ホームにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

ここまで300坪の土地活用方法についてお伝えしてきましたが、次に300坪の土地を有効的に活用できるプランを探す方法について見ていきましょう。

2.300坪の土地は選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

300坪の土地であれば、様々な土地活用方法を検討することができます。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

300坪もの土地を活用するために必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたが持つ300坪の土地では、何の土地活用を行うべきなのか理解いただけたと思います。

もしまだ300坪の土地の活用方法を決めきれていないのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

駅前だからこその活用法とは?!駅前の土地にピッタリの活用方法6選

相続や譲渡によって駅前の土地を手に入れたものの、どうやって活用するのがベストなのかわからず、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 駅前の土地にピッタリの土地活用を知りたい
  • 駅前にしかできない活用方法にどんな種類があるのか知りたい

そこで今回の記事では、駅前の土地を活用する際に、絶対に知っておくべき基本情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.駅前の土地にピッタリの活用方法とは

駅前の土地には他の土地にない魅力があるため、通常ならばリスクが高くて挑戦しにくい活用方法でも、駅前なら成功確率がグッとあがります

駅前の土地しかない魅力は「人通りの多さ」です。

そのため、駅前の土地にピッタリの活用方法は「人通りが多い場所なら成功確率があがる活用方法」だと言えるでしょう。

では一体、人通りが多いと成功確率があがる土地活用とは、どんな方法なのでしょうか。

駅前の土地にピッタリの土地活用方法は以下の通りです。

駅前におすすめの土地活用

  • 駐車場
  • テナント経営
  • トランクルーム
  • アパート経
  • コインロッカー
  • 広告看板

駐車場

土地活用の代表でもある「駐車場」は、駅前の土地だとさらに成功する確率を高めることができます。

駐車場は「月極駐車場方式」「コインパーキング方式」がありますが、駅前ならば「コインパーキング方式」を選ぶべきでしょう。

駅前ならば高めの賃料にしても借り手がつくため、月極駐車場でも一定の儲けを得ることが可能です。

しかし、人通りの多い駅前ならば「コインパーキング方式」の方が、利用されるたびに利益を得るので、圧倒的な収益を上げることができます。

地域を代表とするような駅前に立地する土地であれば、駐車場の収益だけで生活できる人もいるほど。

コインパーキングとして運営開始するまでに、特殊な機材を導入する必要がありますが、駅前ならば投資に見合った収益を得ることができるでしょう。

駐車場経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

テナント経営

空き地にテナント用の建物を建てて、事業者に貸す「テナント経営」も駅前の土地と相性抜群です。

大抵の事業者は、人通りの多い駅前に事務所または店舗を構えることを望みます。

仮にあなたが駅前の土地にテナントを建設したら、「新たな空きテナントが出来た」と聞いて、多くの利用希望者が出てくるはず。

駅前のテナントであれば「立地の良さ」を理由に、通常よりも高めの家賃や礼金を請求しても何も違和感がありません。

街の主要な駅の前に土地があるなら、より多くの収益を得ることができるでしょう。

事業者に貸すため、一度入居すればなかなか退去しないというのも大きな利点といえます。

テナントについては、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用xテナント
土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたら …

続きを見る

トランクルーム

最近注目されつつある土地活用方法が「トランクルーム」です。

空き土地に簡易的な建物を作って、大きなものから小さなものまで保管してあげる土地活用になります。

ホテルにある「手荷物預かり所」をイメージすれば、わかりやすいのではないでしょうか。

そのほかにも、受付が全くおらず自分で鍵を開け閉めして利用する「無人タイプ」もあります。

トランクルームは、自宅の収納が足りない人から旅行者まで様々なタイプの人をターゲットとしますが、駅前に立地すれば通常よりも多くの旅行者の利用を獲得することができるでしょう。

トランクルームについては、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用xトランクルーム
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営について解説

トランクルームとは、個人や企業の物品を収納する貸し倉庫等の施設のこと 土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に …

続きを見る

アパート経営

駐車場経営と並ぶ土地活用の代表的な方法が「アパート経営」です。

空いた土地にアパートを建てて、入居者から毎月の家賃をもらって収益を得ます。

入居者が絶えない人気の賃貸アパートは駅前であることが多く、もしアパートが建設できるだけの広さがあるなら、駅前の土地ほどアパート経営に適した土地はないでしょう。

駅前という圧倒的な利便性の高さを活かして、通常よりも高めの家賃にすることができるのが大きな魅力です。

アパート経営は建物建設に高額の費用がかかるため、多額の不動産投資ローンを組むという大きなリスクを背負うことになります。

しかし、駅前の土地ならば、リスクに見合った収益が手に入る可能性は高いです。

アパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

コインロッカー

旅行先につくとまず探すものと言えば「コインロッカー」ではありませんか?

駅の構内に設置されているコインロッカーが全て利用中なら、せっかくの観光に荷物を連れていくことになります。

邪魔な荷物を何とか預けたいと、駅周辺のコインロッカーを探して預けるはず。

地域を代表する駅であれば、旅行者が来ることは多く、駅構内のコインロッカーだけでは足りないことはよくあります。

もしあなたの駅前の土地をコインロッカーにできたら、多くの利用者を得ることができるでしょう。

用途的には先述した「トランクルーム」とあまり変わりませんが、トランクルームよりも小規模になるため、初期投資が少なくなるメリットがあります。

広告看板

人通りが多い駅前は、広告を設置する絶好の場所です。

駅前の広告スペースは意外と限られているため、広告を掲載したいけど掲載するスペースがない場合が多いです。

もしあなたの空き土地に広告看板を設置すれば、多くの企業から広告掲載の希望が届くはず。

広告看板は「効果があるかどうかよくわからない広告」ですし、撤去すると「あの会社、傾いてきているのかな」と思われるため、なかなか解約されにくい広告でもあります。

一度掲載の契約さえ取り付ければ、高額の広告料を長期間得られることでしょう。

ここまで駅前の土地活用方法についてお伝えしてきましたが、次に駅前の土地を有効的に活用できるプランを探す方法について見ていきましょう。

2.駅前の土地は選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討が大事

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずに駅前の土地でベストな活用方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

駅前の土地を活用する際に必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

駅前の土地は人通りが多いため、成功する確率が高まる土地活用法が多数あることを理解いただけたと思います。

駅前の土地を活用する際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

何もしなくてお金が入る不労所得を期待できる土地活用方法5選

一切働かなくてもお金が手に入るという「不労所得」ですが、日々の仕事で忙殺されている現代人にとっては夢のような話です。

しかし土地を持っている人からすると、単なる夢ではなく、所有している土地を活用して、なんとか不労所得を実現しようと考えている人は多いのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地を使って、不労所得を得ることはできるのか知りたい
  • 不労所得が得られる土地活用が何か知りたい

そこで今回の記事では、不労所得が実現可能な土地活用事例について解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.「不労所得」として期待できる5つの土地活用事例

不労所得とは、お金を手に入れるために労働しなくても、勝手に入ってくる所得のこと

不労所得は「土地活用」と紐づけられることが多く、「土地さえ持っていれば不労所得が実現できる」と考えている人は少なくありません。

しかし実のところ、「本当の意味での不労所得」を実現できる土地活用方法はわずかしかないのが実情です。

土地活用には多くの方法がありますが、実際は「不労」ではすまないことが多いのです。

全く働かずにお金が入るという、「真の意味での不労所得」を実現できる土地活用は限られており、主に以下の通りです。

不労所得を得られる土地活用方法

  • コインパーキング経営
  • 太陽光発電
  • 広告看板設置
  • 自動販売機設置
  • 借地

コインパーキング経営

代表的な土地活用である「駐車場経営」の1つである「コインパーキング経営」は不労所得を得られる方法の一つです。

駐車場経営にはコインパーキングのほかにも月極駐車場もありますが、こちらは真の意味で不労所得ではありません。

賃料の回収・取り立てや敷地内で行った各種トラブルの解決という非常に面倒な仕事をする必要があります。

一方、コインパーキングは全て機械が管理してくれるため、自分は何もしなくてもお金が入ってくるでしょう。

最近のコインパーキングは監視やトラブル解決もセキュリティ会社がやってくれるため、最初の工事費用を出す以外では本当に何もしなくてすむ方法となっています。

しかし最新の設備を導入し、地中深くまで機材を入れる必要があるため、それ相応の初期投資が必要になるので要注意。

また利用者が現れなければ、1円にもならないリスクがあるのも忘れてはなりません。

駐車場・コインパーキング経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

駐車場経営のために土地購入を考えている人向けの物件の選び方と注意点
駐車場経営・コインパーキング経営を成功させる、土地・用地購入のポイントと注意点

街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、手間がかからずに不労所得が得られるように見えるため、見ていて羨ましくなります …

続きを見る

借地

自分の土地を第三者に貸して、毎月の利用料(地代)をもらう土地活用が「借地」です。

一度貸してしまえば毎月の賃料が振り込まれるのを確認するだけの「不労所得」が手に入ります。

借地は貸す対象が1人または1法人であることが多いため、賃貸人とのトラブルが発生しにくく、何もしなくていいことが多いです。

しかし、たまに賃料の振り込みが遅れることもあるため、取り立ての業務が発生する場合もあるので要注意です。

借地については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

太陽光発電

最近注目されつつある土地活用の方法が「太陽光発電」です。

自分の土地に太陽光パネルを設置して電気を作り、第三者に発電した電気を買い取ってもらう方法になります。

太陽光パネルを含む各種設備を導入し、電気を買取してもらう業者と契約さえ結べばもう何もすることはありません。

電気の買取も自動で行われるため、お金が口座に振り込まれるのを確認するだけです。

太陽光発電は、全く働かなくてもお金が入ってくるという不労所得を実現できる方法であることは間違いないでしょう。

現在は太陽光パネルの質が随分上がっているため、導入金額も低く、メンテナンスも基本的には必要なくなりました。

天気が悪い日が続くと収入が低くなってしまうという難点はありますが、小さい土地でも実現可能な不労所得の方法です。

太陽光発電は、以前より更地に太陽光パネルを敷き詰めて発電する太陽光発電事業がありましたが、買取価格が下がってしまったことにより、土地活用としての太陽光発電は現在では下火になりつつある点は注意が必要です。

太陽光発電については、以下の記事で詳しく解説しています。

太陽光発電は儲かる?ソーラーパネルは土地活用ではなく住宅利用のみを勧める理由

一時期、太陽光発電事業が注目された時期がありましたが、現在では急速に下火になっています。 結論からすると、これから不動産 …

続きを見る

広告看板設置

土地に広告を掲載するための看板を設置し、事業者や法人に広告料をもらう土地活用が「広告看板設置」です。

広告主さえ見つけてしまえば、何もしなくても広告料が振り込まれる方法となります。

問題は広告主ですが、「広告募集」と書いた看板を立てて、待っているだけで見つかることが多く、わざわざ自分で広告主をみつける必要はありません。

ただし、広告主とのやりとりは多少知識と交渉力が求められるため、仲介人に任せるのもいいでしょう。

広告看板は省スペースでも設置することができるので、狭小土地でも実現できる貴重な土地活用でもあります。

狭い土地しかもっていないけど、不労所得を得たいという人にオススメできる方法と言えるでしょう。

なお、10・15・20・25坪の狭地の土地活用に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

10・15・20・25坪の狭地の土地活用!狭小地がしっかり利益を生む5つの方法

どうやって活用したら良いのだろうかと悩む土地があります。 その代表選手が狭い土地、いわゆる狭小地です。 狭小地は、立地が …

続きを見る

自動販売機設置

私たちにとって身近な存在である「自動販売機」を設置することも立派な土地活用です。

「自動販売機設置」には2種類の方法があり、自動販売機を購入して自ら飲み物を仕入れる方法飲料メーカーにスペースだけ貸し出す方法があります。

真の意味で不労所得と言えるのは、飲料メーカーにスペースだけ貸し出す方法でしょう。

自動販売機を購入する方法は飲料の仕入れはもちろんのこと、ゴミ箱の掃除や自動販売機のメンテまで全て自分でする必要があるので、とても「不労」とは言えません。

一方、飲料メーカーにスペースだけを貸す方法はメーカー側が仕入れから、掃除・メンテナンスまで全て行ってくれるため、自分では何もする必要がありません。

ただし、手に入る収益は毎月数千円程度にしかならないので要注意。

自動販売機だけで生活できるわけではなく、お小遣い程度の収入にしかなりません。

自動販売機については、以下の記事で詳しく解説しています。

土地活用x自動販売機
土地活用で「自動販売機」を選ぶ際に事前に知っておきたい必須知識

もしあなたが土地活用の手段として「自動販売機」を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか …

続きを見る

2.土地を有効活用するなら一括資料請求で多くの可能性を探ろう!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

「HOME4U」利用時の注意点と対策

HOME4U土地活用

」のメリットばかりを紹介しましたが、注意点もあります。

しっかりと、注意点と対策を理解した上で、あなたの土地活用に活かしていきましょう。

HOME4U利用時の3つの注意点

  1. 個人情報が入力必須で匿名での依頼は不可
  2. エリアや活用方法によって企業が見つからない可能性もある
  3. 沢山のプランを提案されてどれがベストか分からなくなってしまう
1.個人情報が入力必須で匿名での依頼は不可

実際に資料を郵送してもらうことになるので、匿名依頼ができない点は分かりやすいかと思います。

個人情報を渡すサービスになるので、やはり信頼と実績のある「

HOME4U土地活用

」がオススメでしょう。

2.エリアや活用方法によって企業が見つからない可能性もある

条件によって企業がヒットしない可能性は他のプラン請求サイトでも同様です。

単純に提携会社数だけで見ると「

HOME4U土地活用

」よりも多くの会社と提携しているサイトも存在しています。

それは「

HOME4U土地活用

」が独自の審査基準で優良企業のみに提携会社を厳選していることが大きく影響しています。

土地活用プラン一括請求サイト 提携会社数 特徴
HOME4U土地活用 55社 業界最長19年の実績とNTTグループの安心感
イエカレ 400社以上 提携会社数が他社に比べ抜群に多い
タウンライフ土地活用 200社以上 しつこい営業も「お断り代行サービス」あり
リビンマッチ土地活用 150社以上 地元の不動産会社に強い

土地活用の窓口

75社 専属相談員が企業とのマッチングまでサポート

※各サイト、提携会社数は2020年12月調べ

まずは、筆者オススメの「

HOME4U土地活用

」を使ってみて、該当企業がない場合は、他のサイトでも試してみることをオススメします。

HOME4U土地活用

」が提携会社数が少ないのは、それだけ信頼・実績のある会社のみに厳選しているということです。

他の資料請求サイトを使う際は、しつこい営業電話が続く業者など、質の低い業者と繋がってしまう可能性もあるので、その点を理解した上で活用していきましょう。

3.沢山のプランを提案されてどれがベストか分からなくなってしまう

最大7社に一括資料請求すると各社からプランを提案されます。

さらに、魅力的な土地であれば、1社が提案してくれるプランの数も増えます。

想定以上の選択肢に悩んでしまうこともあると思いますが、土地活用の目的や優先順位を定め、しっかりと相談をした上で納得できる決断をしていきましょう。

注意点も確かにあるものの、「HOME4U」はオススメできるサービスだぞ

フクロウ先生

フクロウ先生

ひよこ生徒 解決

ひよこ生徒

確かに初めての人だと、相談先すら分からないから、一括請求は助かるね!

もっと詳しく知りたい方

HOME4U紹介ページ

簡単無料資料請求する方

HOME4Uの入力画面

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

土地を使って不労所得を実現させる方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分は全く働いていないのにお金が入るという「本当の意味での不労所得」を実現できる方法は何なのか、理解いただけたと思います。

土地の活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書