カテゴリー
不動産売却ブログ

多様化するリスクに備える

住宅の購入時には皆さん火災保険に

 

入られますが、実は地震によって起きた

 

火災の場合には保険がおりません。

 

それを担保するのが地震保険ですが

 

実際に地震が起きた場面では、その被害

 

が広くなる可能性が高いこともあり、

 

一軒一軒の状態を判断する時間的、人的

 

な余裕がないことから、その損害を

 

「一部損」「半損」「全損」と3段階で

 

判断します。

 

ちなみに「一部損」だと保険金額の5%

 

しか支払われないので、50%おりる

 

「半壊」の対象になるか否かはとても

 

大きな違いです。

 

そんな判断に際して、契約者には

 

知らされていない業界内だけで共有

 

されている判断基準があったことが

 

スクープされています。

 

これにより、過去に泣き寝入りさせ

 

られたケースもきっとあったかも

 

しれません。

 

 

地震保険は、住まいのある地域によって

 

保険料が違います。

 

簡単に言えば、地震が起こる可能性が

 

高い地域は高いということです。

 

ちなみに、日本で一番高いのは

 

東京都・千葉県・神奈川県・静岡県

 

の4都県で、一番安い群馬県や栃木県

 

秋田県、長崎県などの20県の保険料

 

の3倍以上になります。

 

 

今、日本は様々な災害のリスクを抱え

 

ています。

 

地震保険のように、他の損害保険も

 

今後は小さな地域の単位によって価格差

 

が出たり、広がることが予想されます。

 

水害のリスクや、地盤の問題、建物の

 

維持管理状態など、住宅の価値を決める

 

ものは、実はたくさんあると言うこと

 

を、我々はプロはきちんと伝えていかな

 

ければならないという事です。

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です