カテゴリー
不動産売却ブログ

2020年9月のスタートミーティング

ほとんどのスタッフが火曜・水曜休み

当社は、実質今日から9月のスタート。

なので、今日は月初全体ミーティング

を板橋店にて。

お陰様で、例年売上の厳しい8月も、

昨対130%と随分と盛り返し、また

お問い合わせ自体も昨対216%と、

嬉しい悲鳴となりました。

心より感謝申し上げます。

しかし、これから年末にかけて

の市況は予断を許しません。

改めて、課題と改善を共有

致しました。

さて、話は変わり接客室に設置

してある感染予防対策の衝立に

関して、スタッフから難癖がw

スタッフ「資料をやり取りする

開口部が小さ過ぎるんです」



私「でも、A4なら通るでしょ」



スタッフ「契約書はA3なんです」


契約を数多くして頂いたことで


浮き上がった課題かw


贅沢な悩みだわ。。。


工夫して頼むわ。



Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

今後のセミナー登壇予定の変更について

本来なら今月末から全国9カ所で

 

国交省の後援によるセミナーがスタート予定

 

でしたが、当然ながらオンライン開催に

 

変更となりました。

 

ていうか、私が強く事務局に希望しました。

 

 

 

また、11月に島根県のある島からお声掛け

 

頂き登壇する予定だった講演も中止になり

 

ました。

 

当然と言えば当然ですね。

 

 

昨年は1年間で70回以上のセミナーに登壇

 

しましたので、会社にはほぼいなかった。

 

しかし今年は、その逆。。。

 

社長が会社にいて収益上がるのか???

 

なんて声も昔なら聞かれたでしょうが、

 

今は、当たり前になりました。

 

 

そう言えば、不動産業界の未来を議論する

 

ある会の委員を拝命する予定ですが、

 

これもオンラインです。

 

 

今後も、社内のビジネス整備に多くの時間

 

を充てられる絶好の機会が続くということ

 

であり、大きなプラスと考えてましょう。

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

不穏なニュースからスタート@9月

今日から9月がスタート。

 

明るくいきたいところ。

 

しかし、そうも行かないようです。

 

私が春から一番心配している失業関連に

 

関するニュース。

 

直接的なダメージの大きい失業率上昇

 

そして、有効求人倍率の悪化。

 

今回の数字は、セオリー通りまずは非正規雇用

 

からの悪化。

 

ちなみに大阪は1倍を切ってます。

 

2019年末から見れば、ざっくり2/3。

 

3社内定取った人は2社になり

 

2社内定取れていた人は、1社未満になるという

 

数字。

 

過去を紐解くと、有効求人倍率は一度下がると

 

0.8倍から0.6倍まで落ちないと下げ止まらない。

 

失業関連のニュースが日々メディアを騒がすと

 

とても暗い世の中になることを我々は経験して

 

います。

 

特に今年は、コロナ+インフルエンザのタイミング

 

重なる可能性も。

 

 

不穏な9月のスタート。

 

頼むよ、政治家。。。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

来る9月に備えて

8月も今日で終わり。

 

Go Toキャンペーンもない東京で

 

かつ個人的には夏休みも取らず

 

なんだかメリハリのない1ヶ月

 

となってしまった。

 

コロナによる感染者の発表に関する

 

一喜一憂も減ってきて、いよいよ

 

本格的なWithコロナモードになって

 

来たようです。

 

今日、パソナグループが本社機能

 

の中枢を淡路島に移すいう報道も

 

あり、今後もいろいろな変化が起きて

 

来るでしょう。

 

もし、大手企業がこうした動きに追随

 

すれば不動産市況の読みも複雑怪奇

 

となっていきます。

 

(と言いながら、メディアからコメント

 

を求められて、そうなりの想定は出し

 

てますが。。。)

 

 

さて、9月からは新たなサービスにも着手し

 

今年の秋は、攻めの一手をいくつか

 

準備していますが、ここは読みが重要。

 

コロナ禍の勤務体制も一巡し、いよいよ

 

明日からは心機一転。

 

モヤモヤしたものを吹き飛ばす。

 

そんな気持ちで迎えます。

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

さよなら豊島園

今月末で豊島園が閉園で、チケットもなか

 

なか手に入らないのだそうです。

 

閉園のニュースを聞いた時は驚きましたが

 

私も薄情で、最近忘れていました・・・

 

今日、聞かされて思い出しましたが、

 

その敷地にあるトイザらスも月末で

 

閉店なのだそうです。

 

そんなんで、ついでに豊島園通りを

 

通ってみたけれど、いわゆる”豊島園渋滞”

 

はなく、静かな雰囲気でした。

 
私は小中高と西武線沿いに住んでいたので
 
豊島園にはとても馴染みあり、よく利用しま
 
した。
 
小さい頃は夏には毎日夜には打ち上げ花火が
 
上がっていたと記憶しています。
 
それが、いつしか週末だけになり2004年に
 
無くなりました。
 
花火がなくなったのは、単に売り上げ減少と
 
思っていましたが、実はこの花火の打ち上げ
 
中止には様々な背景があったようです。
 
 
例えば、その昔は花火を見れることが貴重で
 
住民も皆喜んでいた・・・
 
しかし、花火を見れる機会も増えそれに伴い
 
周辺の宅地化が進んだことで、苦情が増えて
 
きたそうです。
 
風向きによって影響の出る方面も変わるので
 
360度に配慮し、花火の打ち上げ終了後には
 
飛び散る破片等々の片付けに人員が相当必要
 
だったそうです。

 

 

 

貴重価値の高いもので、昔はみんなが喜んで

 

いたのに、手にいられるようになった途端に

 

文句を言われる・・・

 

企業側の気持ちに立つと、なんともやるせ

 

無いですね。

 

これって、私自身も含めて便利な社会の発展

 

によって、今でも日々起きている問題なのだ

 

と思います。

 

無いものを欲し、手に入れるとその有り難み

 

に慣れ、また次の欲しいものに目がいく。

 

人間とはなんとも欲深いものです。

 

 

豊島園では、今日と明日の最終日も花火が

 

打ち上げられるそうです。

 

どうか、今日明日くらいはクレームのない

 

花火鑑賞となりますように。。。

 

 

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

造成@新現場

先日は、リノベーション住宅の内覧会
 
等々、暑さの中で皆苦労していましたが
 
こんな現場もえらいこっちゃです💦
 
当社の所有する新しい現場の解体と造成
 
などの確認をしに、炎天下の中スタッフと。
 
私たちが暑い!!!!
 
と叫ぶ何倍も大変なのが作業をしてくれて
 
いる皆さんです。
 
差し入れもしたりしますが、そんな気休め
 
では計り知れないほどご苦労です。
 
感謝しかありません🙇‍♂️
 
 
 
 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

脱アベノミクスへ

今日、安倍首相の辞任会見が

ありました。

突然なのか必然なのかはさておき

特段、安倍政権に肩入れしている

わけではない前提ですが、

とても感謝しているというのが

本音です。

継続の大変さはやった人にしか

わかりませんからね。

本当にお疲れ様でした。

振り返れば、私が独立してビジネス

を始めた2009年は、民主党への政権

交代のタイミングでした。

結果、スタートダッシュには難しい

業界環境だっとも言えます。

そして2012年から始まる安倍政権

によるアベノミクスが訪れます。

不動産業界における、恐らく最期

のマイホーム取得者層のピークを

見事にこのアベノミクスが煽って

くれた。

結果、当社もその恩恵を大なり

小なり受け軌道に乗せられたの

かもしれません。

そして、幸か不幸かコロナの仕業

で、更なる金融洪水と共に政権継承

へと向かうことになりました。

 

私はこう思うのです。

政治とか、情勢とかではなく、

他人とか、周りがどうではなく、

自らを律し生きることを選択せよ

と問い掛けられていると。

どんな政権にバトンがわかるか

わかりません。

同じ路線が継承されるのかも

しれない…

ただ、もう政治や制度の力を借り

事業を拡大させたり、時流に任せ

た勘違いをせずに、自らの力で

歩くのだと。

脱アベノミクス下で勝つという

ことは、そういうことなのだろうと。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

今日のオンラインセミナー

今日のオンラインセミナーは、当社の
 
スタッフが登壇でした。
 
上手く話せてますね。
 
これで、私の負担も減ります(笑)

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

変わるコンビニ業界、変わらぬ不動産業界

2019年度、国内のコンビニ店舗数が

 

初の減少となったそうです。

 

昨年比0.5%減の5万8250店。

 

どこへ行ってもコンビニだらけという

 

印象ですが、それでも国内の宅建業者数

 

約12万4000社ですの、宅建業者が

 

いかに多いのかがわかります。

そもそもローソンもファミリーマートも

 

出店計画を見直し、店舗数を追いかける

 

ことはしないと公言していましたので、

 

予定通りとも言えます。

 

コンビニという従来型モデルの限界から

 

例えば、セブンイレブンでは画一的な

 

店舗開発はしないとしていますね。

 

「住宅地」や「ロードサイド」などの

 

出店地域の実情に合った形にするそう。

 

省力化や合理化への取り組みはどんどん

 

進み、恐らくそう遠くない時期にレジに

 

人がいなくなることでしょう。

 

 

ちなみに、わが宅建業界は同じ2019年度

 

の業者数が対前年比1.0%増。

 

さらに言うと、

 

平成元年度末・・・125,638社

 

令和元年度末・・・124,377社

 

と、ほとんど変わっていない。

 

もちろん数の増減自体に意味は

 

ないのだが、構造改革と言う点に

 

おいても変化の少ないことは問題だ。

 

コンビニ業界のこの変革を、他人事

 

の話で終わらせてはいけない。

 

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

不動産市況データをどう読むか

この1週間は、不動産業界に関する様々な

 

指標が相次いで発表されました。

 

 

まずは、国土交通省による数字で、

 

全国から100地区を抜粋した4月〜7月の

 

の地価が下落した地点が、1月から4月の

 

9倍になったというもの。

 

ただし、東京圏は横ばいが9割に留まる。

 

商業地は例外だが・・・

 

続いて、東京カンテイによる7月の

 

中古戸建て住宅の売り出し価格の

 

平均データ。

 

首都圏・・・マイナス6.4%

 

東京23区・・マイナス13.9%

 

ちなみに23区外はプラス11.9%

 

これを郊外ニーズの高まりと判断

 

するのは早計。

 

 

最後は、同じく東京カンテイによる

 

7月の中古マンションの売り出し価格

 

の平均データ。

 

都心6区は前月比1.4%高い8411万円。

 

23区全体で見ても同1%高。

 

首都圏で同0.5%、近畿圏も0.3%高で

 

中部圏も同0.4%高。

 

しかし、これはあくまでも売り出し価格

 

の話。

 

成約は別問題なので要注意。

 

結局どっちだ?

 

と思われることでしょう。

 

総じて、マスコミに踊らされた市場反応

 

をベースに、都市部の中古マンションだけ

 

が以上に高い構図が続いたということで

 

市場変化はないということ。

 

 

総論として

 

中古マンション全体↘️

 

 同  マンション都心6区▶️

 

 同 マンション都心6区外↘️

 

中古戸建て23区↘️

 

中古戸建て23区外⬇️

 

近畿圏、中部圏は3ヶ月後から

 

首都圏に追随。

 

ちなみに、郊外人気は続かず。

 

こう考えております。

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」