カテゴリー
土地活用

土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたらいいのか分からないことがあると思います。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用でテナント経営を選ぶメリットが知りたい
  • テナント経営のデメリットがあれば知りたい
  • どうすればテナント経営を行うことができるのか知りたい

そこで今回の記事では、土地活用でテナント経営を選ぶなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.土地活用「テナント経営」の基礎知識

テナントとは、賃貸借契約のもとで不動産を借り受ける賃借人のことである。 ビルや百貨店・ショッピングセンター・鉄道駅構内などの一部区画を賃貸借契約の元で所有・管理・運営者から借り受けて営業する事業者(店舗)として用いることが多い。

テナント経営はアパート経営の「事業者・企業向けバージョン」とイメージするとわかりやすい土地活用です。

賃貸人を事業者や企業だけに絞るので、建築する建物を専用のものにする必要があります。

店舗向けのテナントにするのであれば、交通量や人通りの多い道路ほど有利になりやすい特徴を持ちます。

交通量が多い道路であれば、コンビニへの賃貸は、土地活用の最有力候補の1つです。

甘い話に要注意!土地活用でコンビニに貸す前に知っておきたい全知識
土地活用でコンビニに貸したい方必見!坪数・価格・家賃・建築費など徹底解剖

郊外に行くと、ものすごく広い土地にポツンとコンビニが建っているのを見かけます。 コンビニへの賃貸は、今では土地活用の最有 …

続きを見る

もし土地の規模が大きいなら、ショッピングセンター用のテナントにすることも可能です。

事務所用のテナントならば、ビジネス街と相性がいいでしょう。あくまでも事務所用途なので、10〜20坪程度の広さのテナントになることも。

もし、テナント経営するであれば、大きくわけて以下2つの方法から選ぶ必要があります。

テナント経営の方法

  1. 自費で建築する→自費でテナントを建築して利用者を募り、オーナーとして賃料を得る方法
  2. 企業・事業者に借地する→既存の企業や業者に土地だけを貸し出す方法

自費で建築する方法が今までは一般的でしたが、最近では借地する方法が台頭しつつあります。

借地権とは、借地借家法上の概念で、建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権のこと。なお、借地権の付着した土地の所有権は底地と呼ばれる。

自費で建てる方法は、建築前に利用する業者が決まっている場合、テナントのデザインに注文を付けることも可能です。

ちなみにファーストフード店や家電量販店などは借地する方法を求めてくることが多く、数十億円以上の建設費は企業側が負担することになります。

これまでテナント経営の基礎知識について見てきましたが、次に土地活用でテナント経営を行うメリットについてお伝えします。

2.土地活用でテナント経営を行う5つのメリット

テナント経営を行うことによって得られるメリットは、以下の通りになります。

土地活用「テナント経営」5つのメリット

  1. 収益性が高い(=儲かる金額が多い)
  2. 自己資金0円で開始できる(事業者に借地する場合のみ)
  3. どんな土地も対応可能(土地の規模によって建設するテナントを変更できる)
  4. 周辺住民の生活を便利にすることができる(店舗系のテナントの場合)
  5. 地域の活性化や地域の不動産の価値向上につながる(大規模な店舗系テナントの場合)

テナント経営の最大のメリットは、なんといっても収益性の高さです。

数ある土地活用の中でも、高い確率で多くの収益が期待できる方法の一つです。

地域の需要に応じて異なりますが、アパート経営などと比較して数倍以上の家賃収入を得ることができます。

また、テナントにも多くの種類があるため、どんな広さの土地でも対応できるのもテナント経営の魅力です。

実際に20坪程度の土地でも事務所用のテナントとして運用し、高い収益を出している事例もあります。

さらに店舗の規模によっては、周辺住民の利便性向上に貢献することができるのも見逃せません。

ショッピングセンターなどの大規模施設になるなら、地域の生活環境そのものに大きな影響を与えることでしょう。

買い物施設が少ない地域では、地域に貢献できる有意義な土地活用とすることができます。

次に土地活用でテナント経営を行うデメリットについてお伝えします。

3.土地活用でテナント経営を行う3つのデメリット

テナント経営を行うことによって、発生してしまうデメリットは以下の通りです。

土地活用「テナント経営」3つのデメリット

  1. 店舗の経営状況に振り回される
  2. アパート経営などの土地利用に比べて節税効果が薄い
  3. 既存のテナントとの共存・配慮が必要

テナント経営の欠点はいくつかありますが、まず挙げられるのは「利用者の経営状況に左右されること」です。

利用者がテナントに入居したが、競合他社の出店などで入居者の店舗売上が落ちた結果、早期に契約解除されるなどの影響が出てきます。

利用者を決める時は、事業の内容やライバルの存在なども厳密に検討することが重要です。

またアパート経営などに比べて、節税効果がないのも問題です。

土地は保有しているだけで、1年に1回、固定資産税と都市計画税が課税されます。

評価が高い土地だと固定資産税らの納税額が高額になる場合が多いため、相当な負担になっている人も多いでしょう。

テナントのための建物を建てた場合、税金優遇が全くありませんが、住宅用の建物の場合には、都市計画税が3分の1まで軽減されます。固定資産税に至っては、なんと6分の1まで。

同じ建物なのに、事業用か受託用かでここまで軽減が違うのは、かなり痛い違いと言えます。

テナントに適した土地であるほど、固定資産税や都市計画税は高額になるため、節税ができないのはテナント経営における最大のジレンマと言えるかもしれません。

さらに、大規模のショッピングセンターなどを採用する場合、近くにある地元の商店があるなら要注意。

地元の商店に対する経営面への影響と人間関係に及ぼす影響などを考慮しないと、大きな紛争が起こる可能性があります。

これまで土地活用でテナント経営をするメリットとデメリットについて見てきましたが、次にテナント経営を行うためのステップについてお伝えします。

4.テナント経営を行うための2つのステップ

テナント経営を行うためのステップは以下の2つです。

テナント経営を行うための2つのステップ

  1. 法律のチェックをする
  2. ニーズを調査してターゲットを決める

ステップ1.法律のチェックをする

土地には建築時におけるさまざまな法的規制を受けるため、場合によってはテナント用の建物を建てられない時もあります。

そのため、自費でテナント用建物を建築するのであれば、まずは自分の土地が法律的に問題ないのか確認する必要があります。

テナント建築に関わる法律は「都市計画法」です。もし保有する土地が「市街化区域」であれば問題なく建築することができるでしょう。

しかし市街化を抑制すべきと定められた「市街化調整区域」であれば、原則として建築は不可となります。

また多くの地域は、建築可能な建築物の種類を制限する「用途地域」が定められています。

用途地域によってはテナントの規模を制限されることもあるでしょう。

都市計画と用途地域はともに最寄りの役所で調べることが可能です。担当者に問い合わせて、事情を話せば詳しく説明してくれるはずです。

用途地域については、以下の記事で詳しく解説しています。

用途地域とは?定義から種類・調べ方・建築制限一覧表・価値の高い土地の条件

用途地域とは、エリアごとに建築可能な建物の用途を定め区分けした地域のこと こんな悩みをスッキリ解消! 用途地域とは何だろ …

続きを見る

ステップ2.ニーズを調査してターゲットを決める

法律的な問題がクリアできそうなのであれば、次は何のテナントにするか決めないといけません。

的外れのテナントにしてしまえば、利用者はいつまでたっても付きません。

あなたの土地がある近辺ではどんなニーズがあるのか、しっかり調査して利用する事業者のターゲットを絞りましょう。

ニーズを調べる方法は、実はとても簡単で、あなたの土地がある場所でもっとも儲かっているテナントを見つけるだけです。

最も儲かっているテナントと同業種向けの建物にすれば、競合他社がこぞって入居を求めてきて、利用者の募集に苦戦することはないでしょう。

もし明らかに儲かっていそうなテナントが見つからないなら、近隣の住民に「何があったら生活が便利になりますか?」とインタビューしてみてください。

何人かに聞いてみて重複する事業があったなら、潜在的ニーズとしては十分です。

インタビューで好評だった事業向けのテナントを建てるといいでしょう。

5.「テナント」を検討する前に土地活用のプロに相談が鉄則

これまで土地活用としてのテナント経営についてお伝えしてきましたが、土地活用方法はテナント以外に数多くあります。

自分の土地に合った収益性の高い土地活用プランを探すなら「土地活用のプロ」に相談するのが鉄則です。

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

土地活用の代表的方法である「テナント経営」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

テナント経営の基礎知識はもちろんのこと、テナント経営を選ぶ上でのメリット・デメリットや、実現するための方法についても理解いただけたと思います。

もし土地活用でテナント経営を選択するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
不動産売却ブログ

ようやく受けられた

昨年は春先からのコロナで  
健康診断なども先送りになった
企業も多かったようです。
当社も少し遅れましたが、全員 
無事に受けられました。
そんな感じでスタッフに関する
手配をしていたら、自分のことを
忘れてました(← 良い経営者を
アピール 笑 )
こんなこともあり、秋以降の予約
は一杯で、この時期にようやく。
今日、人間ドックを受信してきました。
毎年やってますが、今年も脳ドック
も併せて。
狭い空間で、大きい音が出るけど
図々しい私は、寝てしまうことも
しばしば(笑)
元々、人数調整されている状況に
緊急事態宣言によるキャンセルも
結構あるそうで、例年以上に
スムーズに終わりました。
ただ、コロナ禍特有のルールも
あり、色々と戸惑いましが…
さぁ、来月はカメラもやらないと^^;

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
土地活用

土地活用で「貸倉庫」を経営するなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「貸倉庫」が気になっている方は、どのように貸倉庫を経営したらいいのか分からないことがあると思います。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用「貸倉庫」って儲かる土地活用なのか知りたい
  • 貸倉庫を行う際のメリットについて知りたい
  • 貸倉庫にはどんなデメリットがあるのか知りたい
  • どうやったら貸倉庫を始めることができるか知りたい

そこで今回の記事では、貸倉庫で土地活用する前に、絶対に知っておくべき必須知識を紹介していきます。

1.土地活用で貸倉庫を経営することは儲かるのか

貸倉庫とは、その名の通り空き土地に倉庫を設置して貸し出し、毎月の賃料を得る方法です。

「家の収納では入りきれなかったモノを片付ける場所」を提供する土地活用といえます。

収納できる用途はとくに定めませんが、特定の時期だけ活躍するレジャー用品や衣服、入りきれない家具や家電がよく保管されます。

そんな貸倉庫ですが、土地活用として検討している方が特に気になっているのは「儲かるかどうか」でしょう。

手に入る収益は立地やエリアによってかなり異なりますが、相場を挙げるなら1畳あたり4,000円から6000円で貸し出ししているケースが多いです。

一般的に使われる倉庫は1つ約8畳あるため、そのまま貸せば1倉庫あたり毎月32000円から48000円の収益になります。

毎月50万円ほどの利益が手に入れたいのであれば、倉庫10つほど用意して、満室状態にする必要があるでしょう。

10つの倉庫を設置するにはおよそ50坪の広さが必要になりますが、相続や譲渡で手に入れた土地であれば、比較的実現しやすい規模であることが多いです。

2.土地活用で貸倉庫を経営する2つのメリット

土地活用で貸倉庫を経営するメリットは以下の2つです。

土地活用で貸倉庫を経営する2つのメリット

  1. 高利回りが実現しやすい
  2. 管理の手間がかからない

メリット1.高利回りが実現しやすい

15%以上の利回りになれば、「高利回り」として評価される土地活用において、貸倉庫は平均20%もの利回りを誇ります。

初期投資と毎月の維持費用が少なくてすむうえに、手に入る収益が多いため、利回りが高くなりやすいです。

メリット2.管理の手間がかからない

管理に多くの労力を割かれるアパート経営などと比べると、貸倉庫は圧倒的に管理に手間がかかりません。

貸倉庫は放置していても劣化することなく、仮に劣化したとしても業務に支障がでるレベルにはなりません。

次に土地活用で貸倉庫を経営するデメリットについて見ていきましょう。

3.土地活用で貸倉庫を経営する2つのデメリット

土地活用で貸倉庫を経営するデメリットは以下の2つです。

土地活用で貸倉庫を経営する2つのデメリット

  1. 借り手がなかなか見つからない
  2. 節税効果がない

デメリット1.借り手がなかなか見つからない

貸倉庫は基本的に借り手がつかないと収益が入らない土地活用です。

しかし、肝心の借り手を見つけるまでの難易度が高いのが問題と言えます。

借り手が見つからない最大の原因は、広告手段がないこと。

広告を掲載するインターネットサイトも代表的なものがまだ確立されておらず、「このサイトに掲載していれば大丈夫」といったものがありません。

現状では、現地を見て「借りたい」と思った人だけが利用客になることが多いです。

デメリット2.節税効果がない

毎年納税することになる固定資産税は結構な負担になります。

なんとかして節税したいものですが、残念ながら貸倉庫では節税することはできません。

固定資産税を軽減するのは土地に「住宅」を建てることが必要不可欠。

同じ建物でも住むことができない貸倉庫では固定資産税は軽減されません。

これまで土地活用で貸倉庫を経営するメリットとデメリットについて見てきましたが、次に貸倉庫を経営する方法についてお伝えします。

4.土地活用で貸倉庫を経営するための3つ方法

土地活用で貸倉庫を経営するための方法は以下の3つです。

土地活用で貸倉庫を経営するための3つ方法

  1. すべて自費負担・自己手配で行う
  2. フランチャイズを利用する
  3. サブリースを利用する

方法1.すべて自費負担・自己手配で行う

最も利益を得られる方法ではありますが、運営開始するまで非常に大変なのがたまにキズ。

貸倉庫の調達・費用負担はもちろんのこと、設置を担当する業者の手配、設置に関する全ての申請、利用者との契約業務、毎月の賃料回収まで全て自分で行います。

やるべきことは多数ありますし、失敗が許されない手続きもあるため、初心者にはほぼ不可能に近い方法と言えるでしょう。

もしどうしても自分で全て行いたい初心者の方がいるなら、貸倉庫を販売している会社に相談をしてみるといいでしょう。

貸倉庫を販売している業者の中には、全ての手続きを代行する事業を行っていることがあります。

方法2.フランチャイズを利用する

「コンビニ経営」などで有名なフランチャイズは、貸倉庫の業界にもあります。

フランチャイズは、すでにある程度の知名度を誇る企業の力を利用して、有利に事業を進めることができるのが魅力です。

厳重なマニュアルが組まれており、その通りに従うことを強要されるため、マニュアルが多ければ多いほど大変な思いをします。

しかし、貸倉庫のフランチャイズはマニュアルがそこまで課せられていません。

貸倉庫のフランチャイズがマニュアルでガチガチでないのは、ノウハウをもらうより、知名度を得る目的の方が強いから。コンビニ経営などより手軽に行えるはずです。

ただしフランチャイズではおなじみのロイヤリティーも、もちろん存在するので要注意。

売り上げの数十%をフランチャイズ本部に毎月支払う必要があります。

貸倉庫のフランチャイズ業者は、以下のような会社がありますので、参考にしてみてください。

貸倉庫のフランチャイズ業者一覧

方法3.サブリースを利用する

サブリースとは、一括借り上げのこと。設置した貸倉庫のすべてを、企業がすべて借り上げる方法。

利用者が埋まってない状態でも、満室状態での家賃を手に入れることが最大の魅力です。

最近もっとも行われている主流の方法と言っても過言ではないでしょう。

貸倉庫販売業者がサブリースとセットで販売していることが多いのが、流行の原因です。

ただし、貸倉庫を用意するまでの費用は、もちろん全て自己負担になるので要注意。

次に土地活用を成功させるための必要な手順についてお伝えします。

「貸倉庫」を検討する前に土地活用のプロに相談が鉄則

これまで土地活用としての貸倉庫経営についてお伝えしてきましたが、土地活用方法は貸倉庫以外に数多くあります。

自分の土地に合った収益性の高い土地活用プランを探すなら「土地活用のプロ」に相談するのが鉄則です。

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

「貸倉庫」で土地活用するなら、事前に知っておくべき必要知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

貸倉庫の収益性はもちろんのこと、メリット・デメリットや実現させるための方法についても理解いただけたと思います。

もし土地活用で貸倉庫を選択するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
未分類

相模原市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

マンション売却を成功させるためには、売主自ら不動産売却に関する知識を備えることが大切です。なぜかとい…

続きはこちら 相模原市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
不動産売却ブログ

誰と仕事をするか

仕事というものは、誰とするか?
 
がとても重要です。
 
社内の仕事であれば、時間をかけて
 
関係やお互いの気持ちを理解し合う
 
ことで成熟させていくことができ
 
ますが、一元でスタートする受発注の
 
仕事では、相手先によって大きくその
 
成果もプロセスも変わってきます。
 
 
2月にリリース予定の新サービスが
 
ありまして、昨年からある業者さん
 
とお付き合いしてきました。
 
最初から、とても意思の疎通が図れ
 
ゴール目標も共有できましたが、
 
ここにきて、本当に良い感じで形に
 
なってきました。
 
 
私の具体性に欠けるような要望も
 
きちんと形にしてくれる。。。
 
こんなに安心して任せられる方々と
 
お仕事できるの久しぶり。
 
最後に思わず
 
「本当にワクワクしてきました♪」
 
とお伝えしました。
 
あとは、ローンチに向けて我々も
 
スピードを上げて行くのみです!
 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

セミナー講師も質の時代へ

今日は、新年最初のセミナー登壇

 

でした。

 

予定を10分超えてしまった・・・

 

いつも時間ピッタシに終わることで

 

高評価を頂いていた私ですが、年々

 

オーバーする割合が増えてきました^^;

 

口説くなったかなぁ・・・(笑)

 

それとも、熱くなったのかなぁメラメラ

 

 

今月はあと3本登壇予定!

 

例年70本ほどのセミナー登壇が

 

昨年はコロナで50本程度に減った。

 

しかし、全国を行脚しなくても

 

効率よく集まって頂けるので

 

今年も本数は減らせそう。

 

 

ただし、対面セミナーでは講師の熱量

 

で、何時間でもいけるのですが、

 

オンラインセミナーの時間は60分が

 

マックスと言われる。

 

 

つまり、短く簡潔に深い内容が求め

 

られる。

 

セミナー講師の力量が問われる時代に

 

なったのも、コロナ禍の産物か。。。

 

頑張ろう♪

 

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

電力高騰について

この年末の寒波に伴い、電力が逼迫し

 

日本唯一の卸電力取引市場(JPEX)に

 

おける卸売電力が過去ないほどの高騰

 

を続けています。

image

 

12月からグングンと上がりだし、1月に

 

一気に暴騰しましたが、ここ数日ようやく

 

ネットやテレビそして新聞紙上でも取り上げ

 

られています。

 

この高騰の一番の原因は、

 

LNG(液化天然ガス)の需給逼迫です。

 

ここにもコロナは大きく影響しており、

 

昨年の夏以降の経済停滞により日本の

 

輸入量は低下、しかしそれと反比例する

 

ように早々に経済の復活した中国の輸入増。

 

また、輸送面ではチョークポイントと言わ

 

れる地政学リスクでもある、パナマ運河が

 

米国のコロナ感染者爆発により通行が滞っ

 

た。

 

 

実は、この電力高騰は私にとっても無関係

 

ではないのです。

 

私が役員を勤めている街づくり会社である

 

株式會社向こう三軒両隣では

 

めぐるでんき事業として、電力の小売自由化

 

に伴う事業も行っています。

 

従いまして、今回の電力高騰に伴う電気料金

 

の影響も少なからず出ており、ご契約頂いて

 

いるお客様への周知及びご理解のお願いを

 

以下にて行っております。

 

卸電力市場の価格高騰に伴う2月以降の電気料金への影響と対応につきまして

 

 

また、この問題は電力の問題のみ

 

ならず、我々住宅業界にも原因があるの

 

です。

 

それは、依然として進まない住宅の

 

省エネ化です。

 

断熱性能の向上が進まぬ状況が、結果

 

として急激な寒波における電力依存

 

に繋がっているのは事実です。

 

この問題に関しては、国の施策にも

 

色々と言いたいことがありますが

 

現場にいる我々も社会への責任の

 

一端を担っているということも

 

理解すべきだと思っています。

 

 

それと、もう一つだけ・・・

 

実は、少し不安に思っていることが

 

あります。

 

それは、昨今のメディアの伝え方を見て

 

いると、新電力と言われる電力の小売は

 

こうした事態において価格が変動する

 

リスクがあるという点ばかりがクローズ

 

アップされています。

 

実際には、小売事業社によってその

 

変動する割合も違います。

 

我々の電力では概ね2割ほどが変動する

 

電力という仕組みですので、全てが

 

リスクが高いというわけではないの

 

ですが、日本人的にはどうしても

 

「やっぱ東京電力が安心

 

よね。。。」となりがちです。

 

やっと、東京電力による発電→送電→

 

小売という独占状態が解放された今、

 

今回の異常な高騰の原因が何で、

 

そして対策をどうすべきかについて

 

きちんと情報の提供をして頂きたい

 

と切に願います。

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

逆詐欺

コメダ珈琲店の ”逆詐欺” が話題です。
 
正直、私もこの言葉は知らなかった
のですが、皆さんは如何でしょう?
 

 

 この、逆の詐欺とは即ち、事前の

期待以上の結果を得られるという

ことです。

具体的には、メニューを見て注文

をしたが、出されたものがメニュー

よりも小さかったり、貧相だと

皆怒りますね。

「詐欺だろぅ〜」と(笑)

しかし、コメダ珈琲店は逆なのです。

つまり、メニュー以上の物が出て

くるということです。

期待以上の物が出てくる。

そのギャップが話題を呼び、今と

なっては “逆詐欺” とバズるのです。

我々はビジネスにおいて、



期待通りの仕事=満足


期待を超える仕事=感動

そんな例えをします。

この “逆詐欺” は、小さな変化で

大きな成果を生み出す、まさに

人としての基本が集約されている

と思わざるを得ませんね。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

ショールームのお客様

今日は、当社が昨年末にオープンした
 
リノベーション体験ショールームに
 
この方が体験にいらして下さいました♪
一般社団法人 日本ホームステージング協会

 

の代表理事である杉之原冨士子様〜

 

実は、勝手に撮影しちゃいましたが(笑)

 

今日は、ご来社有難うございました!!

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

何も変わっていない

今日は、当社が運営する不動産売却の

 

全国ネットワー「売却の窓口®︎」で毎月行って

 

いる定期勉強会に、年初ということもあり

 

私がお話しさせて頂きました。

 

image

 

 

激変の2020年をデータと現場力を元に分析し、

 

2021年をどう読み、どう挑むかなど

 

僭越ながら話させて頂きました。

 

当ネットワークは、北は北海道から南は沖縄

 

まで、全国津々浦々の不動産会社に仲間に

 

なって頂いております。

 

地域ごとに抱える課題は千差万別ですので、

 

なかなか全体の共通課題を見つけることは

 

難しいという側面もあります。

 

 

しかし、今日冒頭に皆さんに申し上げたこと

 

は、全国どこにも共通するものだと自負して

います。

 

それは何か・・・

 

 

「コロナ禍における不動産業界は、どう変化

 

したか?」

 

という問いに対する答えです。

 

この問いに対する私の答えは、

 

「何も変わっていない」

 

というものです。

 

えっ?色々変わったでしょ?

 

そういう声もあるでしょう。

 

もちろん変わりました。

 

DXが進み、大手の寡占も進みました。

 

しかし、コロナ禍で進んだと思われる

 

全てのことは、変化ではない。

 

なるべくして予測されていたものが

 

前倒しになっただけです。

 

つまり、想像もできなかったことは

 

何一つ起こっていないのです。

 

だから私はあえて

 

「何も変わっていない」

 

こう申し上げました。

 

もっと言えば、当ネットワークの仲間

 

には、これまでも伝えてきたものでも

 

あります。

 

今、慌てているとするならば、それは

 

準備が足りていなかったということに

 

なります。

 

確かに、言い方を変えればこの前倒し

 

された数々は想定外?想定以上?だった

 

かもしれません。

 

もし、この前倒しを変化と捉えるならば

 

確かにこの変化は大きくさらに加速する

 

でしょう。

 

 

共に勝ち抜いて行けたら嬉しいなぁ…

 

そんな思いで熱く語らせて頂きました。

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」