カテゴリー
不動産売却ブログ

今宵の眠り

私は、ショートスリーパー自慢
が嫌いです。
なぜなら、殆どの場合それは若年齢
における一時的なものだからです。
そういう私は、当然睡眠時間は長い
方が快適です。
ただ、酒席の多い人生が故、なかなか
そう長く寝られたことは少ないかな?
とは思います。
しかし、経営者になり少しは睡眠時間
をコントロールできるようになり
最近は、思い通りに寝る時間を確保
できてはいます。
そこで!
拘るのが睡眠の質です。
枕を変えた…

布団も変えた…

マウスピースもした…

でも、なかなか満足いく眠りには

辿り着けない。

ならば、

次はベッドを変えるか…
そう考えていた時、ふと自分の体の
声が聞こえた?(笑)
首が安定していない!
答えはそこか?
そう思い、寝る際には首を固定する
コルセットを付けた。
すると、まぁ眠りの質が良くなった
気がした。
では、そこを進化させよう!
ということで、新商品が到着(笑)
さて、今宵の眠りは如何に!

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

会社とは

コロナ禍で、日本人は

“自分ファースト” になったと
ことある事に言ってます。
わかりやすい例が、県外の人の
往来に関する酷い扱いです。
また、電車の中で咳をすれば
物凄い目線で人を睨みつける
その様は、助け合う国民性と
言われた日本人の実態をさらけ
出し、実はそれは平時だけだった
のだと悲しくなりました。
さて、この流れは企業にも影響
を与えているなぁと感じる場面
もあります。


在宅ワークをしたいと言う主張。

通勤が遠くなれば、リスクが高

まるという主張。

働きたい場所を自由勝手に主張

する風潮。
どれも、コロナ禍で加速したもの。
しかし、その前に会社の利益が
あってこその職場環境だという
ことを忘れてないだろうか…
親が金を出してくれて行かせて
くれている学校でもなければ、
利益など関係なく給与が出る
公務員でもないのだ。
こんなことを言えば、
利益第一主義とか、また自分
ファーストな意見も聞こえて
きそうだが…
会社の利益は関係ないという
のであれば、残念だが今の企業
に居場所はない。
会社とは、互いの資産つまり
知識、労働力を提供し経済活動
を行い、利益を生み、その対価
として報酬を得るもの。
利益なくして、働く場所も、
環境もへったくれもないのだから。
そんな本質までも、コロナは
忘れさせてしまったとしたら、
その被害は根深い。。。

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

オンラインセミナー告知@住宅新報

全国9か所行脚する予定がオンライン

 

に変更になったセミナー告知が

 

業界紙にデカデカと。

昨年は8か所を回って、300者ほどの

 

宅建業者に参加いただきましが、今回

 

はオンラインで2回。

 

しかし、オンラインは全国から聴ける。

 

さて、何者参加してくれるか!

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

大は小を兼ねる

コロナ対策として、板橋店に設置して
ある、接客テーブル用パーテーション
について、書類用の穴が小さいとか、
色々と不評なので、本社のそれは大きく
しみた…
しかし、デカすぎてスタッフから

“拘置書みたい(笑)”
と笑われた。
幅ばかり気にしてたら、高さを
見落としたw
オマケに、書類用の穴は小さいし。
まぁ、大は小を兼ねるということ
で宜しくね♪

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

閉店@大勝軒

今日は、いつも以上にお腹が空いて
 
昼はちょっとフライングして、近くの
 
大勝軒へ♪
 
 
ところが、昼時はいつも行列のできる
 
この店がちょっと静か・・・
 
 
お休み?
 
いや、シャッターの落書きとか
 
少し変だぞ・・・
 
 
 
あっ!
 
 
閉店してる!!
 
 
ショック!!!
 
 
独立して、この近くに事務所を
 
構えてからもそうですが、実は前職時代
 
も新宿でしたので、かれこれ20年近く
 
利用していたので・・・
 
やっぱりコロナの影響なのかなぁ。
 
寂しいですね。
 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

30%あれば勝てる

コロナ禍では、様々な経営者の考えや判断

 

を学びましたが、最近目にした経営者の

 

言葉が胸に刺さりました。

 

「30%もあれば勝てる」

 

 

明治35年創業の「株式会社神明」は精米事業

 

から始まり、現在は「雪国まいたけ」も

 

グループ会社にした企業ですが、

 

現社長は就任3年目に急性骨髄性白血病に

 

なってしまったのだそうです。

 

それも44歳のときに。

 

5年生存率30%と宣告されるも

 

「小さな会社だった頃から勝率ゼロの戦い

 

に何度も挑み勝ってきたから今がある。

 

だから、30%もあればありがたい」

 

考えたそうです。

 

結果、社長は今年55歳になった今もなお

 

勝ち続けている。

 

 

30%という数字をどう捉えるかは、その人

 

次第。

 

厳しいと捉えるも本人。

 

余裕だと捉えるも本人。

 

全ては、本人次第。

 

 

当社もこのコロナ禍で攻めの手を緩めない。

 

絶対勝てると信じて疑わないからだ。

 

 

だから今日も前に進む。

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

既存システムを変えるためには

日本学術会議の会員を政府が拒んだ

 

と言うニュースが最近話題です。

 

「拒否理由を示せ」

 

「学問の自由への侵害」

 

と、学会は強い言葉で反論しています。

 

 

若干、ゴリ押し感はありますが

 

それでも

 

「(学会からの)推薦通りに任命しな

 

ければならないわけではない」

 

と言う見解には賛同します。

 

さて、このパターンは、

 

学会からの推薦→政府の任命拒否

 

と言う流れでしたが、つい先日私の

 

ブログで、このようなものをご紹介しま

 

した。

 

「Yesと言えない」

 

この件の中身はお伝えできませんが

 

私が理事を務めている某団体が行う

 

毎年1回だけ開催されるある会議に参加

 

する外部の有識者のメンバー構成について

 

当団体に権限が委譲されて10年経った

 

今もなお、某省がメンバー選定に口を

 

出してくるというものです。

 

 

言いなりになることが得策とは思えず

 

私は理事として反対表明をしました。

 

 

しかし・・・

 

 

結果は、ご想像の通りです。

 

 

日本学術会議とはパターンが少し違い

 

ますが、既得権や既存システムを変えて

 

いくということは、どれも大変だなぁ…

 

とつくづく感じているところです。

 

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

国慶日@台湾

昨日に続いて、記念日ネタになりますが

 

今日は、台湾の建国記念日にあたる国慶日

 

で、祝日だそうです。

 

と、当社の台湾人スタッフから教えてもらい

 

ましたw

 

 

台湾といえば、日本でも馴染み深い

 

李登輝元総統が先日亡くなりましたが、随分

 

と前にその李登輝氏の本(李登輝氏が書いた本

 

だったか、李登輝氏のことを書いた別の

 

方の本だったか失念しましたが・・・^^;)

 

を読んだことがあります。

 

その中で、指導者の条件というものが書かれて

 

いて、今でも覚えているものに

 

「指導者の条件は、誰もやりたくないことを

 

喜んでやっていく」

 

というものがありました。

 

気づけば当社も、同業他社がやりたくない

 

ものを実直に行っているように思います。

 

影響を受けていたのかもしれません。。

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

12周年

今日10月9日は当社の設立記念日。

 

という事実を、スタッフから教えて

 

もらいました(^^;

 

丸12年になりましたが、今日が

 

その日だ!と一度も気づいたことが

 

なかった。

 

なんとも疎い私です。。。

 

当時は30代だったのかぁ〜

 

過ぎ去った時間と、残された時間を

 

噛みしめたいと思います。

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

カテゴリー
不動産売却ブログ

今度の現場はワクワク度が半端ない

新たな自社物件の打ち合わせ。
施工する建物の、構造・仕様・間取り
色々とあるのだが、基本中の基本は
コンセプトか。
新築だけど、古民家的な
新築だけど、町家っぽく
そんな話で盛り上がり、まだ見ぬ
住まい手の前に、我々が興奮して
ワクワクしてきた♪

Source: 高橋 正典「価値組日記」