カテゴリー
土地活用

土地活用で「デイサービス」に挑戦しようか検討している方へ

もしあなたが利用予定のない土地で何かしらの活用を検討しているのであれば、デイサービスの運用を考えたことはないですか?

高齢化が進んでいるため、老人ホームやデイサービスはどこの地域でも不足しています。

とは言え、デイサービスの経営にいきなり踏み込むのも不安ですよね。

この記事ではデイサービス運営の様々なメリットや注意点を解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用でデイサービスを選ぶメリットとは?
  • どうすればデイサービスを行うことができる?
  • プデイサービスで土地活用する時の注意点って何?

1.土地活用「デイサービス」の基礎知識

まずは土地活用「デイサービス」の基礎知識についてお伝えしましょう。

使用されていない空き地に、何らかの活用を施す「土地活用」。

主な方法としては、駐車場やマンション経営などが挙げられますが、最近では「デイサービス」が注目されています。

デイサービスは老人ホームの一種で、基本的に日中の利用を前提とした高齢者施設です。

利用者は日中だけしかいないため、宿泊施設を持たないのが特徴。

食事・入浴・リハビリ施設しか確保する必要がないので、大規模な建物にする必要はありません

そのせいか、最近のデイサービス施設は、既存の戸建てを改装して運営しているケースも目立ちます。

日本全国で問題になっている「高齢化」によって、老人ホーム施設の需要は急速に増加しており、地域によっては施設の数が全然足りていないことも。

だからこそ、大規模な土地や建物を用意しなくても実現できるデイサービスに注目があつまっています。

また土地活用としてデイサービスを選ぶと、大きな利益を生み出すと投資のプロからも注目されています。

日本の高齢化は改善する兆しがなく、今後も加速する見通しです。デイサービスの需要は今後も増加するでしょう。

2.デイサービスで土地活用するための3つの方法

これまでは、土地活用における「デイサービス」の基礎知識を紹介してきました。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するための方法について。

土地活用としてデイサービスを運営するのは、今のところ依然としてメジャーであるとは言えません。

事例数はアパート経営や駐車場経営よりも少ないため、デイサービスの知識は十分に浸透していないと言えます。

土地活用の初心者であれば、どうすればデイサービスを実現することができるのか知らないことでしょう。

そこで、この章ではデイサービスを運営する3つの方法を紹介します。

個人がデイサービスを行う場合、以下の3つの方法からどれか一つを選ぶことになるでしょう。

デイサービスを行う3つの方法

デイサービスを運営するには以下の3つの方法があります。

  • 専門業者に土地を貸す方法
  • 自費で1から建てる方法
  • 既存の建物を改装する方法

それぞれの方法の具体的な詳細について、次項より紹介していきます。

専門業者に土地を貸す方法

土地活用「デイサービス」を行う場合、最も多く選ばれる方法が「専門業者に土地を貸す方法」です。

すでにデイサービスを運営している業者にあなたの土地を貸し出し、毎月の賃料を受け取ることが目的となります。

専門業者に土地を貸す方法の最大のメリットは、実現するために1円のお金も必要ないことです。

通常の土地活用では、何らかの現金を必要とするのが普通。

駐車場の舗装費やマンションの建設費用など、工事の規模によって数十万・数百万・数千万円以上の初期投資が必要になります。

しかしあなたが業者に土地を貸しているだけの場合は、建物を自分で建てることはないので、初期費用なしで固定収入を得ることが可能です。

一方、専門業者に土地を貸す方法の不利な点は、「低い収益性」が挙げられるでしょう。

デイサービス事業で得られる利用料などの収入は一切得られず、あなたが手に入るのは毎月の賃料のみ。

収益的には、すこしウマみのない方法であることは間違いありません。

自費で1から建てる方法

土地活用の代表的手段と言える「マンション経営」のように、自分でデイサービス用の施設を建設することも可能です。

自分で建物まで建ててしまうことの最大の利点は、「高い収益」です。

デイサービスで得られる利用料が自分のものとなるため、多くの収入を得ることができます。

あなたが多数の利用者を獲得して、安定した事業を続けることができれば、高い収入を長期間得ることができるでしょう。

一方、欠点は「初期投資の高さ」が挙げられます。

デイサービスは老人ホームの中でも規模が小さい施設ですが、それでも特別な設備や機材が必要になるのは変わりません。

建築費はもちろんのこと、プラスアルファでの支出も大きくなることでしょう。

具体的には数千万円以上の初期投資を準備する必要があります。

うまくいけば自治体からの補助金や助成金を使うこともできますが、どちらにしても自費での投資は膨大になるはずです。

また土地活用というより、むしろ1つのビジネスを立ち上げるという意味合いが強くなるので、いち経営者としての知識や技量が必要になるのもポイントです。

今まで会社経営を経験したことのある人はいいかもしれませんが、経験の浅い初心者がいきなりデイサービスの経営者となるのは、非常に難しいはず。それなりの苦戦を覚悟した方がいいでしょう。

既存の建物を改装する方法

デイサービスは老人ホームの中でも、比較的小規模な施設で行われる土地活用です。

イチから建設せずに、既存の建物を改装するのも良いかもしれません。

もともとは戸建てだったり、テナントだったりした建物を最大限活用するため、初期費用を大幅に抑えることができるメリットがあります。

場合によっては既存建物を買取ではなく、賃貸することも可能なので、数百万円ほどで実現可能かもしれません。

初期投資額が低いため参入障壁ははるかに低くなりますが、オーナーになることは変わりなく、経営者の知識・技量が必要になります。

お金を出した後、何もしなくていいなんてことは一切ありませんので、注意してください。

3.デイサービスで土地活用するメリット

これまで、デイサービスを運営する3つの方法をお伝えしました。

マンション経営のように自費で建築する方法以外にも、いろいろな方法があることをお分かりいただけたと思います。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するメリットについて。

読者の中にはすでにデイサービスにかなりの興味を持っている人もいるはず。

そんな人に改めて知っておいて欲しいデイサービスのメリットは「収益性」ではありません。

確かにデイサービスは高い収益を生み出す可能性の高い土地活用ですが、もっと素晴らしいメリットがあるのです。

それは、「社会に貢献することができる」ということ。

高齢化問題は深刻で、お年寄りの孤独死など悲惨なニュースを見かけることも少なくありません。

そんな社会問題と化している高齢化問題に一石を投じることができるのが、デイサービスなのです。

あなたがデイサービスを行うことによって、「助かった」と感じるお年寄りが少なからず出てくるのは間違いありません。

実行することによって、社会問題の解決に手を貸すことのできる土地活用なんて滅多にありません。

デイサービスを実行すれば、たくさんの満足感を得られることができるでしょう。

4.デイサービスで土地活用する際の注意点

前章では、土地活用の手段としてデイサービスを選ぶメリットを紹介しました。

数ある土地活用の中でも、唯一無二のメリットである「社会貢献ができること」が可能であるのを理解していただけたと思います。

しかし、デイサービスにはメリットがあるだけでなく、意識しておくべき注意点もあります。

土地活用の手段としてデイサービスを選ぶ際の最大の注意点は、「失敗した時のリスク」です。

デイサービスは高度な医療を提供する現場ではないため、日ごろの業務でミスする可能性はあまりないと考えられています。

しかし気を抜いてしまったスタッフがミスを犯してしまい、大きなトラブルに発展する可能性はゼロではありません

もし大きなトラブルになってしまえば、マスコミに大々的に取り上げられ、事業から撤退することになるでしょう。

アパート経営や駐車場が失敗して撤退する場合、別の第三者に売却するのは比較的簡単です。

しかし、一度失敗したデイサービスの場合、次のオーナーを見つけることは容易ではありません。

マスコミの影響によって植え付けられたレッテルによって、誰も寄り付いてきてはくれないでしょう。

仮に見つかったとしても買い叩かれて、投資金額を回収できるほどの金額にならないはず。

そういったリスクもよく考え、どの方法がベストかを検討しましょう。

4.土地活用を行う場合は様々な方法をチェック

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の手段の中でも最近注目されている「デイサービス」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

デイサービスを選ぶ上でのメリットや、どうすればデイサービスで土地活用できるか理解いただけたと思います。

もし土地活用でデイサービスを選択するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用で「デイサービス」に挑戦しようか検討している方へ

もしあなたが利用予定のない土地で何かしらの活用を検討しているのであれば、デイサービスの運用を考えたことはないですか?

高齢化が進んでいるため、老人ホームやデイサービスはどこの地域でも不足しています。

とは言え、デイサービスの経営にいきなり踏み込むのも不安ですよね。

この記事ではデイサービス運営の様々なメリットや注意点を解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用でデイサービスを選ぶメリットとは?
  • どうすればデイサービスを行うことができる?
  • プデイサービスで土地活用する時の注意点って何?

1.土地活用「デイサービス」の基礎知識

まずは土地活用「デイサービス」の基礎知識についてお伝えしましょう。

使用されていない空き地に、何らかの活用を施す「土地活用」。

主な方法としては、駐車場やマンション経営などが挙げられますが、最近では「デイサービス」が注目されています。

デイサービスは老人ホームの一種で、基本的に日中の利用を前提とした高齢者施設です。

利用者は日中だけしかいないため、宿泊施設を持たないのが特徴。

食事・入浴・リハビリ施設しか確保する必要がないので、大規模な建物にする必要はありません

そのせいか、最近のデイサービス施設は、既存の戸建てを改装して運営しているケースも目立ちます。

日本全国で問題になっている「高齢化」によって、老人ホーム施設の需要は急速に増加しており、地域によっては施設の数が全然足りていないことも。

だからこそ、大規模な土地や建物を用意しなくても実現できるデイサービスに注目があつまっています。

また土地活用としてデイサービスを選ぶと、大きな利益を生み出すと投資のプロからも注目されています。

日本の高齢化は改善する兆しがなく、今後も加速する見通しです。デイサービスの需要は今後も増加するでしょう。

2.デイサービスで土地活用するための3つの方法

これまでは、土地活用における「デイサービス」の基礎知識を紹介してきました。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するための方法について。

土地活用としてデイサービスを運営するのは、今のところ依然としてメジャーであるとは言えません。

事例数はアパート経営や駐車場経営よりも少ないため、デイサービスの知識は十分に浸透していないと言えます。

土地活用の初心者であれば、どうすればデイサービスを実現することができるのか知らないことでしょう。

そこで、この章ではデイサービスを運営する3つの方法を紹介します。

個人がデイサービスを行う場合、以下の3つの方法からどれか一つを選ぶことになるでしょう。

デイサービスを行う3つの方法

デイサービスを運営するには以下の3つの方法があります。

  • 専門業者に土地を貸す方法
  • 自費で1から建てる方法
  • 既存の建物を改装する方法

それぞれの方法の具体的な詳細について、次項より紹介していきます。

専門業者に土地を貸す方法

土地活用「デイサービス」を行う場合、最も多く選ばれる方法が「専門業者に土地を貸す方法」です。

すでにデイサービスを運営している業者にあなたの土地を貸し出し、毎月の賃料を受け取ることが目的となります。

専門業者に土地を貸す方法の最大のメリットは、実現するために1円のお金も必要ないことです。

通常の土地活用では、何らかの現金を必要とするのが普通。

駐車場の舗装費やマンションの建設費用など、工事の規模によって数十万・数百万・数千万円以上の初期投資が必要になります。

しかしあなたが業者に土地を貸しているだけの場合は、建物を自分で建てることはないので、初期費用なしで固定収入を得ることが可能です。

一方、専門業者に土地を貸す方法の不利な点は、「低い収益性」が挙げられるでしょう。

デイサービス事業で得られる利用料などの収入は一切得られず、あなたが手に入るのは毎月の賃料のみ。

収益的には、すこしウマみのない方法であることは間違いありません。

自費で1から建てる方法

土地活用の代表的手段と言える「マンション経営」のように、自分でデイサービス用の施設を建設することも可能です。

自分で建物まで建ててしまうことの最大の利点は、「高い収益」です。

デイサービスで得られる利用料が自分のものとなるため、多くの収入を得ることができます。

あなたが多数の利用者を獲得して、安定した事業を続けることができれば、高い収入を長期間得ることができるでしょう。

一方、欠点は「初期投資の高さ」が挙げられます。

デイサービスは老人ホームの中でも規模が小さい施設ですが、それでも特別な設備や機材が必要になるのは変わりません。

建築費はもちろんのこと、プラスアルファでの支出も大きくなることでしょう。

具体的には数千万円以上の初期投資を準備する必要があります。

うまくいけば自治体からの補助金や助成金を使うこともできますが、どちらにしても自費での投資は膨大になるはずです。

また土地活用というより、むしろ1つのビジネスを立ち上げるという意味合いが強くなるので、いち経営者としての知識や技量が必要になるのもポイントです。

今まで会社経営を経験したことのある人はいいかもしれませんが、経験の浅い初心者がいきなりデイサービスの経営者となるのは、非常に難しいはず。それなりの苦戦を覚悟した方がいいでしょう。

既存の建物を改装する方法

デイサービスは老人ホームの中でも、比較的小規模な施設で行われる土地活用です。

イチから建設せずに、既存の建物を改装するのも良いかもしれません。

もともとは戸建てだったり、テナントだったりした建物を最大限活用するため、初期費用を大幅に抑えることができるメリットがあります。

場合によっては既存建物を買取ではなく、賃貸することも可能なので、数百万円ほどで実現可能かもしれません。

初期投資額が低いため参入障壁ははるかに低くなりますが、オーナーになることは変わりなく、経営者の知識・技量が必要になります。

お金を出した後、何もしなくていいなんてことは一切ありませんので、注意してください。

3.デイサービスで土地活用するメリット

これまで、デイサービスを運営する3つの方法をお伝えしました。

マンション経営のように自費で建築する方法以外にも、いろいろな方法があることをお分かりいただけたと思います。

次に紹介するのは、デイサービスで土地活用するメリットについて。

読者の中にはすでにデイサービスにかなりの興味を持っている人もいるはず。

そんな人に改めて知っておいて欲しいデイサービスのメリットは「収益性」ではありません。

確かにデイサービスは高い収益を生み出す可能性の高い土地活用ですが、もっと素晴らしいメリットがあるのです。

それは、「社会に貢献することができる」ということ。

高齢化問題は深刻で、お年寄りの孤独死など悲惨なニュースを見かけることも少なくありません。

そんな社会問題と化している高齢化問題に一石を投じることができるのが、デイサービスなのです。

あなたがデイサービスを行うことによって、「助かった」と感じるお年寄りが少なからず出てくるのは間違いありません。

実行することによって、社会問題の解決に手を貸すことのできる土地活用なんて滅多にありません。

デイサービスを実行すれば、たくさんの満足感を得られることができるでしょう。

4.デイサービスで土地活用する際の注意点

前章では、土地活用の手段としてデイサービスを選ぶメリットを紹介しました。

数ある土地活用の中でも、唯一無二のメリットである「社会貢献ができること」が可能であるのを理解していただけたと思います。

しかし、デイサービスにはメリットがあるだけでなく、意識しておくべき注意点もあります。

土地活用の手段としてデイサービスを選ぶ際の最大の注意点は、「失敗した時のリスク」です。

デイサービスは高度な医療を提供する現場ではないため、日ごろの業務でミスする可能性はあまりないと考えられています。

しかし気を抜いてしまったスタッフがミスを犯してしまい、大きなトラブルに発展する可能性はゼロではありません

もし大きなトラブルになってしまえば、マスコミに大々的に取り上げられ、事業から撤退することになるでしょう。

アパート経営や駐車場が失敗して撤退する場合、別の第三者に売却するのは比較的簡単です。

しかし、一度失敗したデイサービスの場合、次のオーナーを見つけることは容易ではありません。

マスコミの影響によって植え付けられたレッテルによって、誰も寄り付いてきてはくれないでしょう。

仮に見つかったとしても買い叩かれて、投資金額を回収できるほどの金額にならないはず。

そういったリスクもよく考え、どの方法がベストかを検討しましょう。

4.土地活用を行う場合は様々な方法をチェック

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の手段の中でも最近注目されている「デイサービス」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

デイサービスを選ぶ上でのメリットや、どうすればデイサービスで土地活用できるか理解いただけたと思います。

もし土地活用でデイサービスを選択するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用は自分で建物を建てる?企業に建ててもらう?それぞれの方法を徹底解説

もしあなたが利用しない土地に何等かの活用をしたいと検討しているのであれば、「土地活用ってどんな流れで行われるの?」「土地活用の方法や依頼する企業によって流れは変わるの?」と疑問を持つかもしれません。

相続や譲渡などによって土地を手に入れたものの、自分では使う予定がないなら一度は「土地活用」を意識したことがあるはず。

しかし一般人にとって、土地活用は未知の領域です。上記のように土地活用の「流れ」について、気になっている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、土地活用の流れを初心者でもわかるようシンプルに解説していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用ってそもそもどんな風に始まるの?
  • 企業に土地のみを貸す際の流れは?
  • 企業が建物を建てる際の流れは?

1.土地活用を行う流れは主に2種類

土地活用には「アパート経営」「駐車場経営」と有名なものから、「福祉施設経営」「保育園経営」など少しハードルの高い方法まで様々な方法があります。

方法によって土地活用の流れは多少変わってきますが、大まかに分けると2種類の流れに分類できます。

土地活用の方法はどれも「企業に建物を建ててもらう場合」「企業に土地を貸す場合」の2種類に分けることが可能です。

そのため、2種類の流れさえ把握しておけば、土地活用における全ての方法の流れを把握したと言っても過言ではありません。

では一体どんな流れになるのでしょうか?次章より詳しく見ていきましょう。

2.企業が建物を建てて運用するケース

企業に建物を建ててもらう場合の流れ

「企業に建物を建ててもらう」のは、「アパート経営」や「テナント経営」などの土地活用でお馴染みの方法です。

建築を専門としている企業に、自分の土地に建物を建ててもらい、建築後は自分がオーナーとなり、運営・経営を行っていくことになります。

最初に多額の建築費用を投資して、建物ができた後は自分自ら運営や経営を行っていくため、非常にリスキーな方法として有名です。

ただし、成功すれば手に入るお金も多いことから、「土地活用だけで生活したい」と考える人は、絶対と言っていいほどこの方法を選びます。

そんな「企業に建物を建ててもらう」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われるでしょう。

  • 相談
  • 現地調査
  • 法律調査
  • 市場調査
  • デザインの提案
  • 設計開始
  • 着工
  • 竣工
  • 入居者募集
  • 管理開始

パッと見ただけでは、何が行われるのかよくわからない人も多いはず。一体どんなことが行われるのか次項よりシンプルに紹介していきましょう。

相談

企業に足を運び、どんな建物を建てたいのか、予算はいくらなのかを相談します。

最初の相談は非常に大切なことなので、場合によっては1度ですまないことも。信頼できる企業が相手になるほど相談には時間がかかります。

現地調査

いくら希望しても、土地の条件が整ってなければ建物は建てられません。

土地の形や起伏などを徹底的に調べて、問題なく建築できるか調査します。

調査結果によっては「建築不可」と判断されることもあるため、重要な項目です。

法律調査

土地には法律で様々な制限がかけられています。

建物の高さの制限はもちろんのこと、地中を掘ってはいけない土地もあるため、念入りに調査することになるでしょう。

調査結果によっては、建築を諦めなければならない場合もあります。

市場調査

あなたの土地の近隣にどんな人が住んでいるのか調査して、どんな建物が求められているのか市場調査を行います。

基本的には持ち主の希望が尊重されますが、建てたい建物と市場があまりにもかけ離れている場合は、修正を求められる場合も。

デザインの提案

様々な調査をクリアして、市場調査でターゲットもハッキリしたら、建築する建物のデザインを決定しなければなりません。

デザインを決めるといっても素人には全くわからないものですが、プロが市場に合ったデザインを提案してくれるため、自分は選択するだけでOKです。

設計開始

デザインまで決まったら、着工するために必要な設計作業に取り掛かります。

設計作業に入ってしまうと、持ち主は特にすることがありません。

企業からの進捗報告を聞く程度の役目しかないでしょう。

着工

設計が完了して、建築のための準備が整ったらついに着工です。

着工を開始するまでには、いくつかの書類に持ち主がサインする必要があります。

書類を出されたらすぐにサインするのではなく、しっかりと内容を理解してサインするようにしましょう。

竣工

着工開始から半年から1年経つと、待ちに待った竣工です。

建物内部のクリーニングや設備や水道・電気関係のチェックを終えたら無事完成となり、持ち主に引き渡しされます。

入居者募集

建物が完成したら、入居する人を募集することになります。

賃貸アパートを建築したら一般的な入居者を募り、テナントを建築したら法人や事業者を募集しましょう。

基本的には不動産仲介業者が募集を行いますが、建築をした業者が募集してくれる場合もあります。

管理開始

入居者が見つかったら、管理人としての業務が始まります。

家賃の回収や掃除、メンテナンスまで自分で行うのが基本です。

場合によっては、建築を請け負った業者が代行してくれるサービスもあります。

3.企業に土地を貸すだけのケース

ここまで「企業に建物を建ててもらう」場合の流れについて紹介してきました。

多額のお金が動く取引になるので、事前の調査や打ち合わせに時間をかけることを理解していただけたと思います。

次に紹介するのは「企業に土地を貸す」場合の流れについて。

企業に土地を貸すのは、「コインパーキング経営」や「自動販売機設置」などの土地活用で大手企業がよく採用している方法です。

自分の事業をさらに拡大させたいと考えている企業に土地を貸して、事業者の好きなように自分の土地を使ってもらう方法になります。

建築や舗装、機材費用などの運営開始までに必要なものは、全て企業側が負担。

土地の持ち主はあくまでも「土地を貸しているだけ」なので、オーナーになったり、運営・経営をしたりすることは一切ありません。

毎月の収益は「賃料」だけなので、金額は少なめですが、リスクが極端に低い方法として初心者にはオススメの手段です。

そんな「企業に土地を貸す」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われます。

企業に土地を貸す場合の流れ

  • 相談
  • 現地調査
  • 条件提案
  • 交渉・調整・合意
  • 借地契約締結
  • 完成・運営開始

流れをざっと見ただけでは、まだまだ理解できない人も多いはず。次項より流れの中で何が行われているのか簡潔に解説していきます。

相談

まずは「自分の土地を貸してもかまわない」という意思を企業側に示すことが必要ですので、「相談」という形で企業を訪問することになるでしょう。

場合によっては直接会うことなく、電話だけで済むこともあります。

現地調査

借りても大丈夫な土地かどうか調べるため、企業側があなたの土地の状況をチェックしに現地に調査しにいきます。

現地調査は1日で終わることが通例ですが、広い土地の場合は数日かかることも。

条件提案

調査が終わると、企業側から「この金額で貸してくれませんか?」と提案があります。

信頼のおける企業ほど、過去の事例と比較しながら「賃料の妥当性」についてしっかり説明してくれるはずです。

交渉・調整・合意

企業側が提案してきた条件に納得いかないのであれば、交渉が必要です。

お互いが納得するまで条件の調整が行われることでしょう。

交渉にはいくら時間をかけても構いません。納得いくまで話し合いましょう。

借地契約締結

条件に納得したのであれば、賃料や賃貸期間を記した「借地契約」を締結することになります。

こちらが不利になる契約内容になっていないか心配であれば、司法書士に同席してもらうのもいいでしょう。

借地契約が締結されれば、借地料も入金開始されます。

完成・運営開始

借地の契約が終わったら、持ち主はもう何もすることはありません。

毎月の賃料が入金されているかチェックするだけです。

貸し出した土地は工事が行われ、完成次第運用が開始されていくことでしょう。

4.土地活用には色々な種類が!必ず様々な方法をチェックしよう

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の流れについて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地活用は大まかに分けると2種類の方法になり、方法によって流れが変わってくることを理解いただけたと思います。

実際に土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用は自分で建物を建てる?企業に建ててもらう?それぞれの方法を徹底解説

もしあなたが利用しない土地に何等かの活用をしたいと検討しているのであれば、「土地活用ってどんな流れで行われるの?」「土地活用の方法や依頼する企業によって流れは変わるの?」と疑問を持つかもしれません。

相続や譲渡などによって土地を手に入れたものの、自分では使う予定がないなら一度は「土地活用」を意識したことがあるはず。

しかし一般人にとって、土地活用は未知の領域です。上記のように土地活用の「流れ」について、気になっている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、土地活用の流れを初心者でもわかるようシンプルに解説していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用ってそもそもどんな風に始まるの?
  • 企業に土地のみを貸す際の流れは?
  • 企業が建物を建てる際の流れは?

1.土地活用を行う流れは主に2種類

土地活用には「アパート経営」「駐車場経営」と有名なものから、「福祉施設経営」「保育園経営」など少しハードルの高い方法まで様々な方法があります。

方法によって土地活用の流れは多少変わってきますが、大まかに分けると2種類の流れに分類できます。

土地活用の方法はどれも「企業に建物を建ててもらう場合」「企業に土地を貸す場合」の2種類に分けることが可能です。

そのため、2種類の流れさえ把握しておけば、土地活用における全ての方法の流れを把握したと言っても過言ではありません。

では一体どんな流れになるのでしょうか?次章より詳しく見ていきましょう。

2.企業が建物を建てて運用するケース

企業に建物を建ててもらう場合の流れ

「企業に建物を建ててもらう」のは、「アパート経営」や「テナント経営」などの土地活用でお馴染みの方法です。

建築を専門としている企業に、自分の土地に建物を建ててもらい、建築後は自分がオーナーとなり、運営・経営を行っていくことになります。

最初に多額の建築費用を投資して、建物ができた後は自分自ら運営や経営を行っていくため、非常にリスキーな方法として有名です。

ただし、成功すれば手に入るお金も多いことから、「土地活用だけで生活したい」と考える人は、絶対と言っていいほどこの方法を選びます。

そんな「企業に建物を建ててもらう」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われるでしょう。

  • 相談
  • 現地調査
  • 法律調査
  • 市場調査
  • デザインの提案
  • 設計開始
  • 着工
  • 竣工
  • 入居者募集
  • 管理開始

パッと見ただけでは、何が行われるのかよくわからない人も多いはず。一体どんなことが行われるのか次項よりシンプルに紹介していきましょう。

相談

企業に足を運び、どんな建物を建てたいのか、予算はいくらなのかを相談します。

最初の相談は非常に大切なことなので、場合によっては1度ですまないことも。信頼できる企業が相手になるほど相談には時間がかかります。

現地調査

いくら希望しても、土地の条件が整ってなければ建物は建てられません。

土地の形や起伏などを徹底的に調べて、問題なく建築できるか調査します。

調査結果によっては「建築不可」と判断されることもあるため、重要な項目です。

法律調査

土地には法律で様々な制限がかけられています。

建物の高さの制限はもちろんのこと、地中を掘ってはいけない土地もあるため、念入りに調査することになるでしょう。

調査結果によっては、建築を諦めなければならない場合もあります。

市場調査

あなたの土地の近隣にどんな人が住んでいるのか調査して、どんな建物が求められているのか市場調査を行います。

基本的には持ち主の希望が尊重されますが、建てたい建物と市場があまりにもかけ離れている場合は、修正を求められる場合も。

デザインの提案

様々な調査をクリアして、市場調査でターゲットもハッキリしたら、建築する建物のデザインを決定しなければなりません。

デザインを決めるといっても素人には全くわからないものですが、プロが市場に合ったデザインを提案してくれるため、自分は選択するだけでOKです。

設計開始

デザインまで決まったら、着工するために必要な設計作業に取り掛かります。

設計作業に入ってしまうと、持ち主は特にすることがありません。

企業からの進捗報告を聞く程度の役目しかないでしょう。

着工

設計が完了して、建築のための準備が整ったらついに着工です。

着工を開始するまでには、いくつかの書類に持ち主がサインする必要があります。

書類を出されたらすぐにサインするのではなく、しっかりと内容を理解してサインするようにしましょう。

竣工

着工開始から半年から1年経つと、待ちに待った竣工です。

建物内部のクリーニングや設備や水道・電気関係のチェックを終えたら無事完成となり、持ち主に引き渡しされます。

入居者募集

建物が完成したら、入居する人を募集することになります。

賃貸アパートを建築したら一般的な入居者を募り、テナントを建築したら法人や事業者を募集しましょう。

基本的には不動産仲介業者が募集を行いますが、建築をした業者が募集してくれる場合もあります。

管理開始

入居者が見つかったら、管理人としての業務が始まります。

家賃の回収や掃除、メンテナンスまで自分で行うのが基本です。

場合によっては、建築を請け負った業者が代行してくれるサービスもあります。

3.企業に土地を貸すだけのケース

ここまで「企業に建物を建ててもらう」場合の流れについて紹介してきました。

多額のお金が動く取引になるので、事前の調査や打ち合わせに時間をかけることを理解していただけたと思います。

次に紹介するのは「企業に土地を貸す」場合の流れについて。

企業に土地を貸すのは、「コインパーキング経営」や「自動販売機設置」などの土地活用で大手企業がよく採用している方法です。

自分の事業をさらに拡大させたいと考えている企業に土地を貸して、事業者の好きなように自分の土地を使ってもらう方法になります。

建築や舗装、機材費用などの運営開始までに必要なものは、全て企業側が負担。

土地の持ち主はあくまでも「土地を貸しているだけ」なので、オーナーになったり、運営・経営をしたりすることは一切ありません。

毎月の収益は「賃料」だけなので、金額は少なめですが、リスクが極端に低い方法として初心者にはオススメの手段です。

そんな「企業に土地を貸す」方法ですが、以下のような流れで土地活用が行われます。

企業に土地を貸す場合の流れ

  • 相談
  • 現地調査
  • 条件提案
  • 交渉・調整・合意
  • 借地契約締結
  • 完成・運営開始

流れをざっと見ただけでは、まだまだ理解できない人も多いはず。次項より流れの中で何が行われているのか簡潔に解説していきます。

相談

まずは「自分の土地を貸してもかまわない」という意思を企業側に示すことが必要ですので、「相談」という形で企業を訪問することになるでしょう。

場合によっては直接会うことなく、電話だけで済むこともあります。

現地調査

借りても大丈夫な土地かどうか調べるため、企業側があなたの土地の状況をチェックしに現地に調査しにいきます。

現地調査は1日で終わることが通例ですが、広い土地の場合は数日かかることも。

条件提案

調査が終わると、企業側から「この金額で貸してくれませんか?」と提案があります。

信頼のおける企業ほど、過去の事例と比較しながら「賃料の妥当性」についてしっかり説明してくれるはずです。

交渉・調整・合意

企業側が提案してきた条件に納得いかないのであれば、交渉が必要です。

お互いが納得するまで条件の調整が行われることでしょう。

交渉にはいくら時間をかけても構いません。納得いくまで話し合いましょう。

借地契約締結

条件に納得したのであれば、賃料や賃貸期間を記した「借地契約」を締結することになります。

こちらが不利になる契約内容になっていないか心配であれば、司法書士に同席してもらうのもいいでしょう。

借地契約が締結されれば、借地料も入金開始されます。

完成・運営開始

借地の契約が終わったら、持ち主はもう何もすることはありません。

毎月の賃料が入金されているかチェックするだけです。

貸し出した土地は工事が行われ、完成次第運用が開始されていくことでしょう。

4.土地活用には色々な種類が!必ず様々な方法をチェックしよう

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の流れについて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地活用は大まかに分けると2種類の方法になり、方法によって流れが変わってくることを理解いただけたと思います。

実際に土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

山を急に相続して活用に困っている方へ!山の土地活用でおすすめの5つの方法

もしあなたが山を持っていたら、その使い道に困っていたり、「山でできる土地活用は無いかな」と思っていませんか?

譲渡や相続で突然「山」を手に入れる人は少なくありません。しかしいきなり山を手に入れたところで、使い道に困るのが本音ですよね。

どうにかして山を有効活用できないか、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、山の土地活用を行う際に絶対に知っておきたい情報をお伝えします。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 山って利用価値がなさそうだけど、何に使えばいいの?
  • 山でもできる土地活用なんてある?
  • どうにかして山を有意義に活用したい

目次1 「山」は本当に使い道がない?
2 不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
3 まとめ

1.「山」は本当に使い道がない?

もし譲渡や相続で突発的に「山」を手に入れたのであれば、「どうすればいいのだろうか・・」と途方に暮れている人が多いはず

広大な土地である山を手に入れたとしても、使い道なんて全然わからないですよね。

毎年発生する固定資産税を考えると、背筋が凍る人もいるのではないでしょうか。

しかしそこまで落胆する必要はありません。山にはあなたが思っている以上に多くの使い道があります。

うまく利用できれば満足いく収益を生み出す土地活用になることだってあるのです。

では一体、山ではどんな活用方法ができるのでしょうか?主な活用方法は以下の通りになります。

  • 林業従事者に貸し出す
  • 地方自治体に貸し出す
  • 林産物業者に貸し出す
  • 太陽光発電を行う
  • レクリエーション事業を行う

方法だけパッと見ただけでは「?」な人も多いはず。次項よりそれぞれの方法の詳細を紹介していきます。

林業従事者に貸し出す

木を伐採して販売することを生業とする林業事業者の中には、木を採取できる山そのものを借りたいと考えている業者がいます。

もしあなたが保有する山がそれなりの広さがあるなら、林業従事者に向けて貸し出してみてはどうでしょうか?多くの林業従事者に検討してもらえるはずです。

見事契約することができれば、毎年発生する固定資産税を全て賄ってもお釣りがくるほどの賃料が得られることでしょう。

ただし貸し出し期間は、かなりの短期になることを覚悟してください。

木は一度切り倒すと、次の木が生えてくるまでかなりの期間を要します。

林業従事者も全ての木を伐り終えたのにも関わらず、賃貸し続けるほど「お人好し」ではありません。

山中の木を伐り終えるころを見計らって契約が切れるようにしてくるはずなので、注意してください。

林産物業者に貸し出す

林業従事者以外にも山を求めている業者はいます。それこそまさに「林産物業者」きのこ類を販売することによって事業を成り立たせている業者です。

きのこ市場は輸入品の勢いに押されていますが、多くの消費者は国内産のきのこを求めています。

山は自然に生えてくるきのこが多く、貴重な国産きのこだということもあり、林産物業者は山の賃貸を希望しているのです。

また林産物業者はきのこの販売だけでなく、きのこや山菜、タケノコの採取ツアーもおこなっています。

もしきのこや山菜が豊富な山を貸し出すことができれば、収益UPの可能性が高まるのは明白。

借地を行う前に本当にきのこや山菜が自生するか厳重なチェックはあるでしょうが、山の土地活用方法の1つとして検討してみてはどうでしょうか。

地方自治体に貸し出す

自治体によっては「自然保全」という名目で、山を一定期間賃貸してくれる場合があります

もし契約できた場合は、固定資産税の減額などのメリットを得られるでしょう。

正直いって、得られる賃料は微々たるものですが、固定資産税でマイナスになるよりは全然いい方法なのではないでしょうか。

また自然保全の名目以外にも、「子供たちに自然と触れ合う機会を」という理由で、賃貸を希望している自治体もあります。

自治体による山の賃貸は私たちが思っている以上に結構な頻度で公募されているので、気になる方は最寄りの自治体に問い合わせてみてはどうでしょうか。

太陽光発電を行う

山でも太陽光パネルを設置して電気を発電し、生成された電気を第三者に売却することが可能です。

ただしパネルの費用や設置するための工事費用が、かなりかかることを覚悟しておく必要があるでしょう。

太陽光がまんべんなくパネルに当たるためには周りの木を伐採し、土地の凹凸をなくす必要もあります。

売電するための制御システムも、山に設置するとなると別途料金が発生するはず。

山の天気は変わりやすいので、発電が安定しないリスクも考慮しておきましょう。

レクリエーション事業を行う

山そのものを「レクリエーションを行う場所」として売り込むのも、土地活用の手段の一つです。

自治体や学校・町内会・企業を対象にして、遠足や懇親会で、山に来てもらうようにします。

学校や自治体は公益性の強い組織なので、収益はあまり期待できませんが社会貢献と考えれば納得できるかもしれません。

一方、企業に来てもらうのであれば、それなりの収益も期待できます。

山は何もテコ入れをしなくても散歩程度は楽しめますが、それではリピーターはつきません。

安定した利益を継続的に出したいのであれば、少なくともキャンプ場やバーベキュースペースぐらいは作るべきでしょう。

もし山の中に川が流れているのであれば、釣りスペースとして貸しだすのもアリです。

規模が大きい工事になると、投資額が膨れ上がってしまうので、みんなに楽しんでもらえる環境をいかに低予算で作れるかが重要になります。

2.他にも色々な土地活用が!

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、山の土地活用を行う際に必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

一般的に利用価値がないと思われがちな山でも、効果的に行える土地活用方法があることを理解いただけたと思います。

山の土地活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

山を急に相続して活用に困っている方へ!山の土地活用でおすすめの5つの方法

もしあなたが山を持っていたら、その使い道に困っていたり、「山でできる土地活用は無いかな」と思っていませんか?

譲渡や相続で突然「山」を手に入れる人は少なくありません。しかしいきなり山を手に入れたところで、使い道に困るのが本音ですよね。

どうにかして山を有効活用できないか、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、山の土地活用を行う際に絶対に知っておきたい情報をお伝えします。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 山って利用価値がなさそうだけど、何に使えばいいの?
  • 山でもできる土地活用なんてある?
  • どうにかして山を有意義に活用したい

目次1 「山」は本当に使い道がない?
2 不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
3 まとめ

1.「山」は本当に使い道がない?

もし譲渡や相続で突発的に「山」を手に入れたのであれば、「どうすればいいのだろうか・・」と途方に暮れている人が多いはず

広大な土地である山を手に入れたとしても、使い道なんて全然わからないですよね。

毎年発生する固定資産税を考えると、背筋が凍る人もいるのではないでしょうか。

しかしそこまで落胆する必要はありません。山にはあなたが思っている以上に多くの使い道があります。

うまく利用できれば満足いく収益を生み出す土地活用になることだってあるのです。

では一体、山ではどんな活用方法ができるのでしょうか?主な活用方法は以下の通りになります。

  • 林業従事者に貸し出す
  • 地方自治体に貸し出す
  • 林産物業者に貸し出す
  • 太陽光発電を行う
  • レクリエーション事業を行う

方法だけパッと見ただけでは「?」な人も多いはず。次項よりそれぞれの方法の詳細を紹介していきます。

林業従事者に貸し出す

木を伐採して販売することを生業とする林業事業者の中には、木を採取できる山そのものを借りたいと考えている業者がいます。

もしあなたが保有する山がそれなりの広さがあるなら、林業従事者に向けて貸し出してみてはどうでしょうか?多くの林業従事者に検討してもらえるはずです。

見事契約することができれば、毎年発生する固定資産税を全て賄ってもお釣りがくるほどの賃料が得られることでしょう。

ただし貸し出し期間は、かなりの短期になることを覚悟してください。

木は一度切り倒すと、次の木が生えてくるまでかなりの期間を要します。

林業従事者も全ての木を伐り終えたのにも関わらず、賃貸し続けるほど「お人好し」ではありません。

山中の木を伐り終えるころを見計らって契約が切れるようにしてくるはずなので、注意してください。

林産物業者に貸し出す

林業従事者以外にも山を求めている業者はいます。それこそまさに「林産物業者」きのこ類を販売することによって事業を成り立たせている業者です。

きのこ市場は輸入品の勢いに押されていますが、多くの消費者は国内産のきのこを求めています。

山は自然に生えてくるきのこが多く、貴重な国産きのこだということもあり、林産物業者は山の賃貸を希望しているのです。

また林産物業者はきのこの販売だけでなく、きのこや山菜、タケノコの採取ツアーもおこなっています。

もしきのこや山菜が豊富な山を貸し出すことができれば、収益UPの可能性が高まるのは明白。

借地を行う前に本当にきのこや山菜が自生するか厳重なチェックはあるでしょうが、山の土地活用方法の1つとして検討してみてはどうでしょうか。

地方自治体に貸し出す

自治体によっては「自然保全」という名目で、山を一定期間賃貸してくれる場合があります

もし契約できた場合は、固定資産税の減額などのメリットを得られるでしょう。

正直いって、得られる賃料は微々たるものですが、固定資産税でマイナスになるよりは全然いい方法なのではないでしょうか。

また自然保全の名目以外にも、「子供たちに自然と触れ合う機会を」という理由で、賃貸を希望している自治体もあります。

自治体による山の賃貸は私たちが思っている以上に結構な頻度で公募されているので、気になる方は最寄りの自治体に問い合わせてみてはどうでしょうか。

太陽光発電を行う

山でも太陽光パネルを設置して電気を発電し、生成された電気を第三者に売却することが可能です。

ただしパネルの費用や設置するための工事費用が、かなりかかることを覚悟しておく必要があるでしょう。

太陽光がまんべんなくパネルに当たるためには周りの木を伐採し、土地の凹凸をなくす必要もあります。

売電するための制御システムも、山に設置するとなると別途料金が発生するはず。

山の天気は変わりやすいので、発電が安定しないリスクも考慮しておきましょう。

レクリエーション事業を行う

山そのものを「レクリエーションを行う場所」として売り込むのも、土地活用の手段の一つです。

自治体や学校・町内会・企業を対象にして、遠足や懇親会で、山に来てもらうようにします。

学校や自治体は公益性の強い組織なので、収益はあまり期待できませんが社会貢献と考えれば納得できるかもしれません。

一方、企業に来てもらうのであれば、それなりの収益も期待できます。

山は何もテコ入れをしなくても散歩程度は楽しめますが、それではリピーターはつきません。

安定した利益を継続的に出したいのであれば、少なくともキャンプ場やバーベキュースペースぐらいは作るべきでしょう。

もし山の中に川が流れているのであれば、釣りスペースとして貸しだすのもアリです。

規模が大きい工事になると、投資額が膨れ上がってしまうので、みんなに楽しんでもらえる環境をいかに低予算で作れるかが重要になります。

2.他にも色々な土地活用が!

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、山の土地活用を行う際に必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

一般的に利用価値がないと思われがちな山でも、効果的に行える土地活用方法があることを理解いただけたと思います。

山の土地活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用を始める前に絶対知っておきたい!成功事例と失敗事例

もしあなたが何等かの形で土地活用を検討しているのであれば、「どんな土地活用なら成功する?」「土地活用で失敗した人って何をしたの?」など疑問を持ちませんか?

土地活用にチャレンジしようか迷っている人にとって、最も重要な情報源が「過去の事例」でしょう。

成功した例・失敗してしまった例を知って、参考にしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、元・不動産業者の筆者が実際に目にしたり、耳に入ってきたりした「土地活用の成功例と失敗例」について紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の成功事例ってどんなものがある?
  • 土地活用の失敗事例ってどんなものがある?
  • どこに注意して土地活用を進めれば良いの?

1.土地活用の2つの成功事例

最初に紹介するのは、土地活用の成功事例についてです。

成功事例と言っても、何をもって「成功」というのかキチンと定めてなければ、参考になる事例とはいえません。

そこで今回の記事における土地活用の「成功」は、「長期間安定した収益が手に入り続けた」と定義します。

長期的な運用が大前提となる土地活用では、一時的に収益を上げるだけでは成功とはいえません。

最初に想定していた収益が、長い間入り続けることが成功と言えます。

では一体どんな方法をしてきた人たちが、土地活用で成功を勝ち取ったのでしょうか?詳しく紹介していきましょう。

Aさん:「アパート経営」での成功事例

相続で手に入れた土地を、そのままにしておくのももったいないと考えたAさんは「アパート経営」に初めてチャレンジすることにしました。

なぜアパート経営にしたかというと、漠然と大家業にあこがれがあったからだそうです。

せっかく挑戦するからには絶対に成功したいと手当たり次第に有識者の元を訪問し、アパート経営に関する知識を深めていきました。

有識者が口をそろえてAさんに伝えたのは「過去の事例を大切にすること」

成功するかしないかは、過去の事例を検証してある程度予想がつくことを教え込まれたAさんは、自分の土地がある地域のアパートを徹底的に研究することにしました。

Aさんは入居率のいいアパートの共通点を導きだそうと、過去の事例を大量に収集。

インターネットはもちろんのこと、不動産業者を回って過去の成約事例まで手に入れました。

業者を回っているとおのずとコネクションも増えてくるため、知らず知らずのうちに建築業者などの知り合いもできていったのです。

事前の調査にかけた期間は、驚きの1年半。

人気の間取り、ウケのいい外観、必要な設備、設定すべき家賃などを明確にし、20年先まで家賃収入のシミュレーションをもこなすという徹底ぶり。

満を持して建築を開始し、実際に大家さんとなったのは、計画を開始してから2年後でした。

しかし事前の努力が実を結び、入居者がすぐにつき、退去リスク管理もカンペキ

とても初めてのアパート経営とは思えない成功事例となりました。

Bさん:「駐車場経営」での成功事例

相続で土地を手に入れたBさんは、もう最初から駐車場として運用することを決めていました。

理由は「自分も駐車場が足りないから」という、非常にシンプルなもの。

さっそく挑戦してみようと駐車場経営の方法をネットで調べてみると「月極よりコインパーキング方式の方が儲かる」という記事が目につきました。

どうせなら儲かる手段の方がいいと思ったBさんは、コインパーキング方式にして自分の駐車場所だけは確保する方法にしようと考えていました。

とはいえ、どうすればコインパーキングにできるかはまだまだわからないですし、このまま勢いで話を進めるのも不安だったので有識者の知識を借りることに。

土地の近くにある不動産業者に行って、「コインパーキングにしたら儲かるのか?」と聞いてみました。

すると不動産業者は「ここは駐車頻度が少ない場所だからコインパーキングには絶対しない方がいい」と想定外のアドバイスが。

さらに「どちらかというと住宅地に分類される場所なので月極の方がいい」とアドバイスをうけました。

長年この地域に根付いている業者が言うことだから間違いないと月極駐車場に。

最初から多くの収益が手に入らないことはわかっていましたが、一度も利用者が空くことはなく、少額ながら安定した収入が入り続けているそうです。

2.土地活用の失敗事例

ここまで土地活用の成功事例について紹介してきました。次に紹介するのは失敗事例です。

土地活用における失敗は「長期的に安定した収益が入らないこと」と定義します。

一体何をしてしまうと失敗してしまうのでしょうか?くわしく見ていきましょう。

Cさん:「コインパーキング」での失敗事例

相続で土地を手に入れていたCさんは「何もしなかったら固定資産税だけ多くかかる」という漠然とした強迫観念に駆られ焦っていました。

しかしどうせ活用するなら「儲け」も欲しいもの。

早く実現できて、それだけで働かなくてもすむという夢のような方法を求めていたのです。

そんなCさんが選んだのは、大手不動産メーカー側が全て一括で工事を行ってくれる「コインパーキング」。

街のコインパーキングの看板に書いてある業者に連絡して導入をお願いしました。

ろくに打ち合わせもしなかったせいか、工事は非常にスピーディで1か月後には晴れてコインパーキングのオーナーとなったのです。

しかし始めて1か月目の収益は、Cさんの予想をはるかに下回る散々なものでした

それもそのはず、Cさんは事前の調査を完全に怠っていたため、コインパーキングに不向きの場所に自分の土地があることを知らなかったのです。

Cさんが工事依頼したメーカーは「あくまでも導入を行うのが仕事だ」と、コインパーキングとして成功する土地かどうかまでは教えてくれていませんでした。

「早くお金が欲しい」と焦って話を進めてしまったCさんは、事前の調査にもっと時間をかけていればと深く後悔したそうです。

3.土地活用で失敗を避けるには色々なプランを検討すべし

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の成功事例と失敗事例について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

成功する土地活用は事前の調査を念入りに行っており、失敗している人ほど事前調査をないがしろにしていることを理解いただけたと思います。

土地活用をする際は、今回紹介した事例をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用を始める前に絶対知っておきたい!成功事例と失敗事例

もしあなたが何等かの形で土地活用を検討しているのであれば、「どんな土地活用なら成功する?」「土地活用で失敗した人って何をしたの?」など疑問を持ちませんか?

土地活用にチャレンジしようか迷っている人にとって、最も重要な情報源が「過去の事例」でしょう。

成功した例・失敗してしまった例を知って、参考にしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、元・不動産業者の筆者が実際に目にしたり、耳に入ってきたりした「土地活用の成功例と失敗例」について紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の成功事例ってどんなものがある?
  • 土地活用の失敗事例ってどんなものがある?
  • どこに注意して土地活用を進めれば良いの?

1.土地活用の2つの成功事例

最初に紹介するのは、土地活用の成功事例についてです。

成功事例と言っても、何をもって「成功」というのかキチンと定めてなければ、参考になる事例とはいえません。

そこで今回の記事における土地活用の「成功」は、「長期間安定した収益が手に入り続けた」と定義します。

長期的な運用が大前提となる土地活用では、一時的に収益を上げるだけでは成功とはいえません。

最初に想定していた収益が、長い間入り続けることが成功と言えます。

では一体どんな方法をしてきた人たちが、土地活用で成功を勝ち取ったのでしょうか?詳しく紹介していきましょう。

Aさん:「アパート経営」での成功事例

相続で手に入れた土地を、そのままにしておくのももったいないと考えたAさんは「アパート経営」に初めてチャレンジすることにしました。

なぜアパート経営にしたかというと、漠然と大家業にあこがれがあったからだそうです。

せっかく挑戦するからには絶対に成功したいと手当たり次第に有識者の元を訪問し、アパート経営に関する知識を深めていきました。

有識者が口をそろえてAさんに伝えたのは「過去の事例を大切にすること」

成功するかしないかは、過去の事例を検証してある程度予想がつくことを教え込まれたAさんは、自分の土地がある地域のアパートを徹底的に研究することにしました。

Aさんは入居率のいいアパートの共通点を導きだそうと、過去の事例を大量に収集。

インターネットはもちろんのこと、不動産業者を回って過去の成約事例まで手に入れました。

業者を回っているとおのずとコネクションも増えてくるため、知らず知らずのうちに建築業者などの知り合いもできていったのです。

事前の調査にかけた期間は、驚きの1年半。

人気の間取り、ウケのいい外観、必要な設備、設定すべき家賃などを明確にし、20年先まで家賃収入のシミュレーションをもこなすという徹底ぶり。

満を持して建築を開始し、実際に大家さんとなったのは、計画を開始してから2年後でした。

しかし事前の努力が実を結び、入居者がすぐにつき、退去リスク管理もカンペキ

とても初めてのアパート経営とは思えない成功事例となりました。

Bさん:「駐車場経営」での成功事例

相続で土地を手に入れたBさんは、もう最初から駐車場として運用することを決めていました。

理由は「自分も駐車場が足りないから」という、非常にシンプルなもの。

さっそく挑戦してみようと駐車場経営の方法をネットで調べてみると「月極よりコインパーキング方式の方が儲かる」という記事が目につきました。

どうせなら儲かる手段の方がいいと思ったBさんは、コインパーキング方式にして自分の駐車場所だけは確保する方法にしようと考えていました。

とはいえ、どうすればコインパーキングにできるかはまだまだわからないですし、このまま勢いで話を進めるのも不安だったので有識者の知識を借りることに。

土地の近くにある不動産業者に行って、「コインパーキングにしたら儲かるのか?」と聞いてみました。

すると不動産業者は「ここは駐車頻度が少ない場所だからコインパーキングには絶対しない方がいい」と想定外のアドバイスが。

さらに「どちらかというと住宅地に分類される場所なので月極の方がいい」とアドバイスをうけました。

長年この地域に根付いている業者が言うことだから間違いないと月極駐車場に。

最初から多くの収益が手に入らないことはわかっていましたが、一度も利用者が空くことはなく、少額ながら安定した収入が入り続けているそうです。

2.土地活用の失敗事例

ここまで土地活用の成功事例について紹介してきました。次に紹介するのは失敗事例です。

土地活用における失敗は「長期的に安定した収益が入らないこと」と定義します。

一体何をしてしまうと失敗してしまうのでしょうか?くわしく見ていきましょう。

Cさん:「コインパーキング」での失敗事例

相続で土地を手に入れていたCさんは「何もしなかったら固定資産税だけ多くかかる」という漠然とした強迫観念に駆られ焦っていました。

しかしどうせ活用するなら「儲け」も欲しいもの。

早く実現できて、それだけで働かなくてもすむという夢のような方法を求めていたのです。

そんなCさんが選んだのは、大手不動産メーカー側が全て一括で工事を行ってくれる「コインパーキング」。

街のコインパーキングの看板に書いてある業者に連絡して導入をお願いしました。

ろくに打ち合わせもしなかったせいか、工事は非常にスピーディで1か月後には晴れてコインパーキングのオーナーとなったのです。

しかし始めて1か月目の収益は、Cさんの予想をはるかに下回る散々なものでした

それもそのはず、Cさんは事前の調査を完全に怠っていたため、コインパーキングに不向きの場所に自分の土地があることを知らなかったのです。

Cさんが工事依頼したメーカーは「あくまでも導入を行うのが仕事だ」と、コインパーキングとして成功する土地かどうかまでは教えてくれていませんでした。

「早くお金が欲しい」と焦って話を進めてしまったCさんは、事前の調査にもっと時間をかけていればと深く後悔したそうです。

3.土地活用で失敗を避けるには色々なプランを検討すべし

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の成功事例と失敗事例について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

成功する土地活用は事前の調査を念入りに行っており、失敗している人ほど事前調査をないがしろにしていることを理解いただけたと思います。

土地活用をする際は、今回紹介した事例をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用の利回りについてもっと詳しく知りたい人へ!高利回りにする方法とは?

土地活用を検討している方は、「様々な土地活用の利回りってどうなんだろう?」と思ったことはありませんか?

土地活用には様々な種類があり、それぞれの平均的な利回りがあります。

また本来は高い利回りが期待できる土地活用が、無知のせいで失敗してしまう可能性もあります。

土地活用を検討しているならぜひ「利回り」についての考え方や利回りをアップする方法についてもしっかり理解しましょう。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の利回りは重要だと知ってはいるけど、詳細はよく理解できていない・・・
  • どうすれば土地活用の利回りをUPすることができるのか教えてほしい
  • 土地活用の方法の中で、高い利回りになる方法は何?

1.土地活用における利回りの基礎知識

まず紹介するのは土地活用における「利回り」の基礎知識です。

初心者は「利回りが良い土地活用は儲かる」程度の知識しかなく、利回りの本質を理解できていません

土地活用をするのであれば、利回りについてもっと理解を深めておきましょう。

利回りを一言で表すと、「投資したお金に対して、どれくらいの利益が手に入るかを示す数値」です。

土地活用における利回りは3つの種類があります。

土地活用における3つの利回り

  • 表面利回り
  • 実質利回り
  • 想定利回り

それぞれの利回りについて、詳しく紹介していきましょう。

土地活用における利回り1:表面利回り

表面利回りは、年間賃料を価格で割ったものです。

もっとシンプルにいえば、不動産のチラシに載っている利回りが、表面利回りです。

表面利回りは、「賃料÷価格」という単純な計算式に当てはめて出されただけの数字なので、実際にかかっている経費は加味されていません

例えば、税金、保険料や修繕費の諸経費が内包されていないので、キチンとした事実である「運営状況」を見極めることはできません。

その反面、簡単に大体の利回りを理解できますので、他の土地活用方法と比べるのに適していますし、大まかではありますが収益シミュレーションを把握する際に役立ちます。

土地活用における利回り2:実質利回り

実質利回りは、表面利回りとは違い、土地活用に発生する諸経費を全て加味し算出した実際の利回りです。

どのような諸経費がかかるかを全て加味し、収益シミュレーションを確認しておきたいときには役にたちます。

ただし、入居率は実際に運営してみないと、正確な数値を把握することはできません。

シミュレーション段階で満足いくような収益結果が出ていても、入居率が伸びず、結果利回りが悪くなってしまうことも考えられます。

現実におこりえる収益シミュレーションを把握するには、実質利回りを見るようにすることが大切です。

しかし実際の土地活用がスタートしてからの真の利回りは、事前に把握できないのが実状です。

土地活用における利回り3:想定利回り

想定利回りとは、満室を想定し、家賃収入を購入価格で割った数値です。

想定利回りも、表面利回り同様、良い状況での数値なので、実際の経営状態とは異なってきます。

ハッキリいって「都合の良い利回り」なので、実戦には役には立ちません

様々な広告でこの「想定利回り」だけを出して期待を煽っているものも多いので、そこは注意しましょう。

2.土地活用で目指すべき利回り

仮に1,000万円を投資して行った土地活用で、毎年200万円の利益が出ているならば、土地活用の利回りは「20%」です。

土地活用において15%を超えてくると、「高利回り」と言われ、優れた土地活用と判断されるでしょう。

土地活用をする上で、高利回りにしたいのであれば、利回り15%を上回ることを目標としてください。

ここまでは、「土地活用における“利回り”の基礎知識」をお伝えしました。

土地活用における利回りとはどんな数値なのか、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「土地活用の利回りをUPさせるテクニック」です。

3.土地活用の利回りをUPさせる3つのテクニック

前章では土地活用における「利回り」の基礎知識を紹介しました。

高利回りを実現したければ、15%を目指すべきと理解いただけたと思います。

しかし実際は、15%の利回りにしたくても、簡単に実現できません。

何も工夫をせずに土地活用すれば、利回り5%〜10%程度になってしまいます。

一体どうすれば、利回りをUPさせることができるのでしょうか?

実はどんな土地活用方法でも使える汎用的な利回りUPテクニックがあります。

高利回りにしたいなら、以下の3つの方法を意識してみましょう。

高利回りの土地活用にする3つの方法

高利回りの土地活用にするには以下の3つがポイントです。

  • 投資額を落とす
  • 売り上げを上げる
  • 経費を落とす

それぞれの方法で具体的に何が行われるのか、次項より詳しく紹介していきます。

高利回りの土地活用にする方法1:投資額を落とす

冒頭でお伝えした通り、利回りは投資した金額の対しての利益額で算出される数字です。

つまり、利益を落とすことなく、投資金額を落とせば利回りをUPできます

土地活用は色々な初期投資がありますが、中でもアパート経営やテナント経営の建物を建てる必要がある土地活用は、投資額を落としやすいでしょう。

不必要な設備を見直し、外観に対するムダな出費を抑えると、投資額を落とせます。

また余計な紹介を省けば、業者間で発生する「マージン」をなくす効果がありますよ。

しかし投資額を落とすことに夢中になりすぎて、必要な部分の費用までケチらないようにしてください。

必要部分を削ってしまうと、ただの欠陥建物になってしまいますよ。

高利回りの土地活用にする方法2:売り上げを上げる

利回りは、投資額と利益額で数値が決まるので、売り上げを上げることで高利回りにできます

仮にアパート経営やテナント経営の場合、売り上げは「家賃」です。

投資額から逆算し「いくらの家賃なら利回りが15%になるのか」と考えるのもいいでしょう。

家賃は、最初に設定した金額から値下げはできますが、値上げできません。

募集開始時は、利回りが20%になる家賃に設定しておき、入居者がつかないようなら利回り15%の家賃に値下げするのがいいでしょう。

高利回りの土地活用にする方法3.経費を落とす

利回りは、投資額以外に発生する金額も考慮されます。

毎月発生する経費を落とせば、高利回りを実現できますよ。

アパート経営の場合は、不動産会社に払う管理料や手数料、駐車場経営は掃除代行の費用などなど・・・意外と削れる経費はあります。

経費の大半は、第三者に任せる「代行」で発生するものばかりです。

経費を押さえたいと思い自分で行う時間があるなら、自らやってみてはどうでしょうか。

ここまでは、土地活用の利回りをUPさせるテクニックをお伝えしました。

どうすれば土地活用の利回りをUPすることができるのか、理解していただけたと思います。

次に紹介するのは、「高利回りになりやすい土地活用方法」です。

4.高利回りになりやすい6つの土地活用方法

前章ではどんな土地活用方法でも実戦できる汎用的な「収益率UPテクニック」を紹介しました。

テクニックを意識すれば、収益率の15%以上になるでしょう。

しかし土地活用の中には、下手なテクニックを講じなくても高利回りになる方法があります。

つまりは初心者でも高収益を実現できる土地活用方法があるのです。

先ほど紹介した収益率UPの手法を組み合わせて使用すると、15%どころか、夢の20%台の収益率を達成できるかもしれません。

具体的には次の方法が、収益率が高くなりやすい土地活用方法です。

高利回りになりやすい6つの土地活用方法

高利回りになりやすい土地活用は以下の6つです。それぞれ解説していきましょう。

  • アパート経営
  • テナント経営
  • 駐車場経営
  • 老人ホーム経営
  • 広告看板設置
  • コインロッカー設置

高利回りになりやすい土地活用方法1:アパート経営

余っている土地に、アパートを建築し、賃貸人を募集して賃貸収入を得る土地活用でおなじみです。

日本で最も人気のある土地活用でしょう。

アパートを建てる費用は、あなたが依頼する会社や住んでいる地域によって異なりますが、1,000万円で終わりません。

安くても3,000万円〜4,000万円以上かかる上、工法と建設階数に応じては、1億円以上になることもあります。

高額の建築費を自己資金で充当することは容易でないので、アパート管理専用の「投資融資」を利用して資金を調達することになるでしょう。

この「投資ローン」の存在がアパート経営が人気がある理由の一つです。

自己資金がなければ実現できない土地活用は多いですが、アパートの管理は投資ローンがあるので、自分の資金が全くない人でも実現できる可能性を持っています。

土地を持っていて、巨額の自己資金がない場合は、「投資融資が利用できる」という理由でアパート事業を選択することもあります。

またアパート経営は建築費用に相当するリスクを支払うことになりますが見合った稼ぎを手に入れやすく、保有土地が駅の近くや学校周辺にあると、アパート事業を失敗する可能性が非常に低いといっても過言ではありません。

アパートの管理は日常の運営を安定化させる様々なサポートがあるのも魅力です。

空室リスクが限りなくゼロに近づく「一括借用制度」や、入居者のクレームや家賃回収まで業者が代行する「業務委託制度」など、魅力的な制度があり、経験が無くても比較的簡単に手を出せる土地活用と言えるでしょう。

高利回りになりやすい土地活用方法2:テナント経営

テナントの経営は、空き地に小さな建物を建設し、企業や事業者に貸し出す土地利用方法です。

アパート事業と同様に、賃貸収入を得ることができる土地活用なので、高利回りになりやすい土地活用としておなじみになっています。

テナントはさまざまな種類があり、手に入れたい収益によって、ビルにするか1階をテナントにするか決定します。

ただしプロから一定の評価を得ているのは、2階以上の規模のテナントです。

重層アパートと比較すると小規模なので、初期投資が安くなると考えている人もいるでしょう。

しかし長期的な運用を想定した鉄骨構造の建物するためには、必要な資金は膨大になります。

ほとんどの場合、少なくとも5,000万円から多くは1億円以上になるでしょう。

アパートの管理と同様に、テナントは投資融資対象なので、全額自己資金で負担する必要がありません。

投資ローンの存在が、テナントの経営に参加できる所有者の幅を広げていることは間違いないでしょう。

テナントはマンションの管理よりも、初期投資が高いのが欠点ですが、それを補うメリットがある土地活用です。

テナント経営における最大の利点は、家賃を高額に設定できる点です。

テナントの家賃は、アパートやマンションの数倍以上に設定しても相場に何の違和感もありません

また、法人は必要な経費でリースを記録しているので、基本的には家賃が延滞しないのも魅力です。

もし家賃滞納をしてしまうと、ビジネスパートナーや銀行の印象に悪影響を与えるので最優先で入金してくれます。

一方、テナントの経営の欠点は、利用者が見つかるまでかなり時間がかかることです。

対象が事業主や企業に限られているので、避けることができない欠点ですが、建設前から募集しておけば完成後スムーズに利用者を見つける事ができます。

高利回りになりやすい土地活用方法3:駐車場経営

駐車場は「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類があり、いずれかを選択する必要があります。

利用者を埋めるだけで間違いない収入を得ることができる 「月極駐車場」が昔からの定番ですが、高利回りという観点では「コインパーキング」が注目されています。

コインパーキングは、より多くの人々が使うほどに優れた収益を得ることができます。

実際に駐車場の管理だけで「生活できるほどの収入」を手にしている人は、コインパーキングを選択しているのが実情です。

しかしコインパーキングは月極駐車場に比べて、リスクが高い方法であることも事実です。

リスクとは、専用機器を購入し、機器を地面に埋め込む必要があるため初期費用が高いということです。

だからこそ、コインパーキング失敗した場合、大きな損害になります。

コインパーキングを確実に成功したいなら、保有土地の周りの駐車需要を適切に調査してシミュレーションしておきましょう。

高利回りになりやすい土地活用方法4:老人ホーム経営

「アパート経営」の方法に比べると、土地利用の方法として浸透していなませんが、「老人ホーム経営」は高利回りにできる活用方法です。

老人ホームの経営は、空き地に専用の施設を建設し、利用者の毎月の利用料収入を得る土地活用です。

まだ解決の兆しが見えない高齢化問題の影響で、老人ホームはどの地域でも慢性的に不足しています。

莫大なニーズがあることに焦点を当てた土地活用の専門家が「収益性が高い」「社会貢献になる」と、老人ホームの経営を選択しています。

潜在的な利用希望者が多いため、ユーザー数に支障がなく、実行すること自体が社会貢献なので、非常に魅力的な土地活用と評判があります。

しかし、老人ホームに巨大な危険があることも忘れてはいけません。

老人ホーム施設を建設するための経費はもちろん、それ以上に注意しなければならないことは、オペレーティング関係の「日常業務」です。

老人ホームでの仕事のミスは、プロジェクト自体を頓挫させる致命的な問題になることがあります。

土地所有者として老人ホームを経営する立場になる場合、従業員の教育はもちろん、施設の設備についても十分配慮する必要があるでしょう。

高利回りになりやすい土地活用方法5:広告看板設置

狭小地においては、最強の高利回り土地活用方法が「広告看板設置」です。

収益の「安定性」と「手に入る金額」では、最も優れた方法であるといってもいいでしょう。

方法も非常に簡単で、空きスペースに広告看板を設置し、事業者と法人の広告を募集するだけです。

看板掲載広告料は、1件当たり数万円から数十万円です。

看板は一度掲載されると解約にくいため、毎月数万円から数百万円が永久的に加算されます。

何度もいいますが継続して狭小地で行うことができる、最強の高利回り土地活用といっても過言ではないでしょう。

「狭小地で安定した高収益を実現できる他の方法がないかな?」と迷ったら、迷わず広告看板を設置しましょう。

ただし広告看板を設置するために注意しなければならない点があります。

広告看板を設置するのに向いているのは、人通りの多い場所のみということです。

当然ながら人がほとんど通らない場所には、たとえどんなに格安だったとしても看板を出す人はいません

どんな場所でもOKというのはありませんので、注意してください。

高利回りになりやすい土地活用方法6:コインロッカー設置

空きスペースにロッカーを設置して利用者を募集する「コインロッカー設置」は、高利回り活用として最近注目されています。

観光地の土地と駅に近い土地であれば、莫大な利益創出も可能でしょう。

必要なコインロッカー本体とそれを置くためのスペースだけなので、15坪以下の狭小地でも十分に可能な方法です。

しかし、コインロッカー設置は、「立地が命」の土地活用の方法です。

住宅地にある狭小地にポツンと設置しても、利益は出ません。

具体的には駅や観光地も商業地域の近くに設置すれば、高利回りになるでしょう。

5.土地活用成功の鍵は、様々なプランを検討すること

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、「土地活用の利回り」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

紹介した知識さえ押さえておけば、「土地活用の利回り」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

今後、土地活用にチャレンジする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用の利回りについてもっと詳しく知りたい人へ!高利回りにする方法とは?

土地活用を検討している方は、「様々な土地活用の利回りってどうなんだろう?」と思ったことはありませんか?

土地活用には様々な種類があり、それぞれの平均的な利回りがあります。

また本来は高い利回りが期待できる土地活用が、無知のせいで失敗してしまう可能性もあります。

土地活用を検討しているならぜひ「利回り」についての考え方や利回りをアップする方法についてもしっかり理解しましょう。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の利回りは重要だと知ってはいるけど、詳細はよく理解できていない・・・
  • どうすれば土地活用の利回りをUPすることができるのか教えてほしい
  • 土地活用の方法の中で、高い利回りになる方法は何?

1.土地活用における利回りの基礎知識

まず紹介するのは土地活用における「利回り」の基礎知識です。

初心者は「利回りが良い土地活用は儲かる」程度の知識しかなく、利回りの本質を理解できていません

土地活用をするのであれば、利回りについてもっと理解を深めておきましょう。

利回りを一言で表すと、「投資したお金に対して、どれくらいの利益が手に入るかを示す数値」です。

土地活用における利回りは3つの種類があります。

土地活用における3つの利回り

  • 表面利回り
  • 実質利回り
  • 想定利回り

それぞれの利回りについて、詳しく紹介していきましょう。

土地活用における利回り1:表面利回り

表面利回りは、年間賃料を価格で割ったものです。

もっとシンプルにいえば、不動産のチラシに載っている利回りが、表面利回りです。

表面利回りは、「賃料÷価格」という単純な計算式に当てはめて出されただけの数字なので、実際にかかっている経費は加味されていません

例えば、税金、保険料や修繕費の諸経費が内包されていないので、キチンとした事実である「運営状況」を見極めることはできません。

その反面、簡単に大体の利回りを理解できますので、他の土地活用方法と比べるのに適していますし、大まかではありますが収益シミュレーションを把握する際に役立ちます。

土地活用における利回り2:実質利回り

実質利回りは、表面利回りとは違い、土地活用に発生する諸経費を全て加味し算出した実際の利回りです。

どのような諸経費がかかるかを全て加味し、収益シミュレーションを確認しておきたいときには役にたちます。

ただし、入居率は実際に運営してみないと、正確な数値を把握することはできません。

シミュレーション段階で満足いくような収益結果が出ていても、入居率が伸びず、結果利回りが悪くなってしまうことも考えられます。

現実におこりえる収益シミュレーションを把握するには、実質利回りを見るようにすることが大切です。

しかし実際の土地活用がスタートしてからの真の利回りは、事前に把握できないのが実状です。

土地活用における利回り3:想定利回り

想定利回りとは、満室を想定し、家賃収入を購入価格で割った数値です。

想定利回りも、表面利回り同様、良い状況での数値なので、実際の経営状態とは異なってきます。

ハッキリいって「都合の良い利回り」なので、実戦には役には立ちません

様々な広告でこの「想定利回り」だけを出して期待を煽っているものも多いので、そこは注意しましょう。

2.土地活用で目指すべき利回り

仮に1,000万円を投資して行った土地活用で、毎年200万円の利益が出ているならば、土地活用の利回りは「20%」です。

土地活用において15%を超えてくると、「高利回り」と言われ、優れた土地活用と判断されるでしょう。

土地活用をする上で、高利回りにしたいのであれば、利回り15%を上回ることを目標としてください。

ここまでは、「土地活用における“利回り”の基礎知識」をお伝えしました。

土地活用における利回りとはどんな数値なのか、理解していただけたのではないでしょうか。

次に紹介するのは、「土地活用の利回りをUPさせるテクニック」です。

3.土地活用の利回りをUPさせる3つのテクニック

前章では土地活用における「利回り」の基礎知識を紹介しました。

高利回りを実現したければ、15%を目指すべきと理解いただけたと思います。

しかし実際は、15%の利回りにしたくても、簡単に実現できません。

何も工夫をせずに土地活用すれば、利回り5%〜10%程度になってしまいます。

一体どうすれば、利回りをUPさせることができるのでしょうか?

実はどんな土地活用方法でも使える汎用的な利回りUPテクニックがあります。

高利回りにしたいなら、以下の3つの方法を意識してみましょう。

高利回りの土地活用にする3つの方法

高利回りの土地活用にするには以下の3つがポイントです。

  • 投資額を落とす
  • 売り上げを上げる
  • 経費を落とす

それぞれの方法で具体的に何が行われるのか、次項より詳しく紹介していきます。

高利回りの土地活用にする方法1:投資額を落とす

冒頭でお伝えした通り、利回りは投資した金額の対しての利益額で算出される数字です。

つまり、利益を落とすことなく、投資金額を落とせば利回りをUPできます

土地活用は色々な初期投資がありますが、中でもアパート経営やテナント経営の建物を建てる必要がある土地活用は、投資額を落としやすいでしょう。

不必要な設備を見直し、外観に対するムダな出費を抑えると、投資額を落とせます。

また余計な紹介を省けば、業者間で発生する「マージン」をなくす効果がありますよ。

しかし投資額を落とすことに夢中になりすぎて、必要な部分の費用までケチらないようにしてください。

必要部分を削ってしまうと、ただの欠陥建物になってしまいますよ。

高利回りの土地活用にする方法2:売り上げを上げる

利回りは、投資額と利益額で数値が決まるので、売り上げを上げることで高利回りにできます

仮にアパート経営やテナント経営の場合、売り上げは「家賃」です。

投資額から逆算し「いくらの家賃なら利回りが15%になるのか」と考えるのもいいでしょう。

家賃は、最初に設定した金額から値下げはできますが、値上げできません。

募集開始時は、利回りが20%になる家賃に設定しておき、入居者がつかないようなら利回り15%の家賃に値下げするのがいいでしょう。

高利回りの土地活用にする方法3.経費を落とす

利回りは、投資額以外に発生する金額も考慮されます。

毎月発生する経費を落とせば、高利回りを実現できますよ。

アパート経営の場合は、不動産会社に払う管理料や手数料、駐車場経営は掃除代行の費用などなど・・・意外と削れる経費はあります。

経費の大半は、第三者に任せる「代行」で発生するものばかりです。

経費を押さえたいと思い自分で行う時間があるなら、自らやってみてはどうでしょうか。

ここまでは、土地活用の利回りをUPさせるテクニックをお伝えしました。

どうすれば土地活用の利回りをUPすることができるのか、理解していただけたと思います。

次に紹介するのは、「高利回りになりやすい土地活用方法」です。

4.高利回りになりやすい6つの土地活用方法

前章ではどんな土地活用方法でも実戦できる汎用的な「収益率UPテクニック」を紹介しました。

テクニックを意識すれば、収益率の15%以上になるでしょう。

しかし土地活用の中には、下手なテクニックを講じなくても高利回りになる方法があります。

つまりは初心者でも高収益を実現できる土地活用方法があるのです。

先ほど紹介した収益率UPの手法を組み合わせて使用すると、15%どころか、夢の20%台の収益率を達成できるかもしれません。

具体的には次の方法が、収益率が高くなりやすい土地活用方法です。

高利回りになりやすい6つの土地活用方法

高利回りになりやすい土地活用は以下の6つです。それぞれ解説していきましょう。

  • アパート経営
  • テナント経営
  • 駐車場経営
  • 老人ホーム経営
  • 広告看板設置
  • コインロッカー設置

高利回りになりやすい土地活用方法1:アパート経営

余っている土地に、アパートを建築し、賃貸人を募集して賃貸収入を得る土地活用でおなじみです。

日本で最も人気のある土地活用でしょう。

アパートを建てる費用は、あなたが依頼する会社や住んでいる地域によって異なりますが、1,000万円で終わりません。

安くても3,000万円〜4,000万円以上かかる上、工法と建設階数に応じては、1億円以上になることもあります。

高額の建築費を自己資金で充当することは容易でないので、アパート管理専用の「投資融資」を利用して資金を調達することになるでしょう。

この「投資ローン」の存在がアパート経営が人気がある理由の一つです。

自己資金がなければ実現できない土地活用は多いですが、アパートの管理は投資ローンがあるので、自分の資金が全くない人でも実現できる可能性を持っています。

土地を持っていて、巨額の自己資金がない場合は、「投資融資が利用できる」という理由でアパート事業を選択することもあります。

またアパート経営は建築費用に相当するリスクを支払うことになりますが見合った稼ぎを手に入れやすく、保有土地が駅の近くや学校周辺にあると、アパート事業を失敗する可能性が非常に低いといっても過言ではありません。

アパートの管理は日常の運営を安定化させる様々なサポートがあるのも魅力です。

空室リスクが限りなくゼロに近づく「一括借用制度」や、入居者のクレームや家賃回収まで業者が代行する「業務委託制度」など、魅力的な制度があり、経験が無くても比較的簡単に手を出せる土地活用と言えるでしょう。

高利回りになりやすい土地活用方法2:テナント経営

テナントの経営は、空き地に小さな建物を建設し、企業や事業者に貸し出す土地利用方法です。

アパート事業と同様に、賃貸収入を得ることができる土地活用なので、高利回りになりやすい土地活用としておなじみになっています。

テナントはさまざまな種類があり、手に入れたい収益によって、ビルにするか1階をテナントにするか決定します。

ただしプロから一定の評価を得ているのは、2階以上の規模のテナントです。

重層アパートと比較すると小規模なので、初期投資が安くなると考えている人もいるでしょう。

しかし長期的な運用を想定した鉄骨構造の建物するためには、必要な資金は膨大になります。

ほとんどの場合、少なくとも5,000万円から多くは1億円以上になるでしょう。

アパートの管理と同様に、テナントは投資融資対象なので、全額自己資金で負担する必要がありません。

投資ローンの存在が、テナントの経営に参加できる所有者の幅を広げていることは間違いないでしょう。

テナントはマンションの管理よりも、初期投資が高いのが欠点ですが、それを補うメリットがある土地活用です。

テナント経営における最大の利点は、家賃を高額に設定できる点です。

テナントの家賃は、アパートやマンションの数倍以上に設定しても相場に何の違和感もありません

また、法人は必要な経費でリースを記録しているので、基本的には家賃が延滞しないのも魅力です。

もし家賃滞納をしてしまうと、ビジネスパートナーや銀行の印象に悪影響を与えるので最優先で入金してくれます。

一方、テナントの経営の欠点は、利用者が見つかるまでかなり時間がかかることです。

対象が事業主や企業に限られているので、避けることができない欠点ですが、建設前から募集しておけば完成後スムーズに利用者を見つける事ができます。

高利回りになりやすい土地活用方法3:駐車場経営

駐車場は「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類があり、いずれかを選択する必要があります。

利用者を埋めるだけで間違いない収入を得ることができる 「月極駐車場」が昔からの定番ですが、高利回りという観点では「コインパーキング」が注目されています。

コインパーキングは、より多くの人々が使うほどに優れた収益を得ることができます。

実際に駐車場の管理だけで「生活できるほどの収入」を手にしている人は、コインパーキングを選択しているのが実情です。

しかしコインパーキングは月極駐車場に比べて、リスクが高い方法であることも事実です。

リスクとは、専用機器を購入し、機器を地面に埋め込む必要があるため初期費用が高いということです。

だからこそ、コインパーキング失敗した場合、大きな損害になります。

コインパーキングを確実に成功したいなら、保有土地の周りの駐車需要を適切に調査してシミュレーションしておきましょう。

高利回りになりやすい土地活用方法4:老人ホーム経営

「アパート経営」の方法に比べると、土地利用の方法として浸透していなませんが、「老人ホーム経営」は高利回りにできる活用方法です。

老人ホームの経営は、空き地に専用の施設を建設し、利用者の毎月の利用料収入を得る土地活用です。

まだ解決の兆しが見えない高齢化問題の影響で、老人ホームはどの地域でも慢性的に不足しています。

莫大なニーズがあることに焦点を当てた土地活用の専門家が「収益性が高い」「社会貢献になる」と、老人ホームの経営を選択しています。

潜在的な利用希望者が多いため、ユーザー数に支障がなく、実行すること自体が社会貢献なので、非常に魅力的な土地活用と評判があります。

しかし、老人ホームに巨大な危険があることも忘れてはいけません。

老人ホーム施設を建設するための経費はもちろん、それ以上に注意しなければならないことは、オペレーティング関係の「日常業務」です。

老人ホームでの仕事のミスは、プロジェクト自体を頓挫させる致命的な問題になることがあります。

土地所有者として老人ホームを経営する立場になる場合、従業員の教育はもちろん、施設の設備についても十分配慮する必要があるでしょう。

高利回りになりやすい土地活用方法5:広告看板設置

狭小地においては、最強の高利回り土地活用方法が「広告看板設置」です。

収益の「安定性」と「手に入る金額」では、最も優れた方法であるといってもいいでしょう。

方法も非常に簡単で、空きスペースに広告看板を設置し、事業者と法人の広告を募集するだけです。

看板掲載広告料は、1件当たり数万円から数十万円です。

看板は一度掲載されると解約にくいため、毎月数万円から数百万円が永久的に加算されます。

何度もいいますが継続して狭小地で行うことができる、最強の高利回り土地活用といっても過言ではないでしょう。

「狭小地で安定した高収益を実現できる他の方法がないかな?」と迷ったら、迷わず広告看板を設置しましょう。

ただし広告看板を設置するために注意しなければならない点があります。

広告看板を設置するのに向いているのは、人通りの多い場所のみということです。

当然ながら人がほとんど通らない場所には、たとえどんなに格安だったとしても看板を出す人はいません

どんな場所でもOKというのはありませんので、注意してください。

高利回りになりやすい土地活用方法6:コインロッカー設置

空きスペースにロッカーを設置して利用者を募集する「コインロッカー設置」は、高利回り活用として最近注目されています。

観光地の土地と駅に近い土地であれば、莫大な利益創出も可能でしょう。

必要なコインロッカー本体とそれを置くためのスペースだけなので、15坪以下の狭小地でも十分に可能な方法です。

しかし、コインロッカー設置は、「立地が命」の土地活用の方法です。

住宅地にある狭小地にポツンと設置しても、利益は出ません。

具体的には駅や観光地も商業地域の近くに設置すれば、高利回りになるでしょう。

5.土地活用成功の鍵は、様々なプランを検討すること

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、「土地活用の利回り」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

紹介した知識さえ押さえておけば、「土地活用の利回り」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

今後、土地活用にチャレンジする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書