カテゴリー
未分類

広島市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

マンション売却を成功させるためには、売主自ら不動産売却に関する知識を備えることが大切です。なぜかとい…

続きはこちら 広島市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
土地活用 未分類 面白い土地活用

面白い土地活用!自分で使う・他人に貸す場合の5アイディアを紹介!

土地を持て余している人の中には、「面白い土地活用」がないか探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく土地活用をするなら、「儲かって面白い土地活用」をやってみたいところです。

この記事では「面白い土地活用」について解説します。

自分で使う土地活用や他人に貸す土地活用、面白い土地活用を探す方法について紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

1.土地活用の面白さを決めるアービトラージとは

面白い土地活用を行うには、不動産アービトラージという考え方を知ることが必要です。

アービトラージとは「裁定取引」という意味ですが、理論的価格差を用いて稼ぐという方法のことを指します。

アービトラージは理論的価格差ですので、時の運といった偶発的な儲け方はなく、狙った通りの必然的な儲け方をします。

土地活用で儲けるには、「高い賃料単価」で貸すことです。

不動産は同じ物件でも貸し方によって賃料単価に差が生じ、理論的に高く貸す考え方がアービトラージになります。

不動産アービトラージで賃料単価を上げるには、「空間を細かくする」と「時間を細かくする」の2つの方向性があります。

【不動産アービトラージ】

空間を細かくするという貸し方には、例えばシェアハウスがあります。

1戸のマンションを1人に貸すよりも、シェアハウスとして複数人に貸した方が面積当たりの賃料単価を上げることができます。

また、時間を細かくするという貸し方には、例えば時間貸し駐車場があります。

1台のスペースを月極駐車場として月単位で貸すよりも、時間貸し駐車場として時間単位で貸した方が面積当たりの賃料単価を上げることができます。

このように不動産は同じ不動産であっても、空間を細かくしたり、時間を細かくしたりすることで理論的に賃料単価を上げることが可能です。

土地活用で儲けるには、賃料単価を上げ、投資効率を上げることがポイントとなります。

同じ不動産でもアービトラージを上手く取り入れることで儲かって面白い土地活用とすることができます。

2.自分で使う土地活用

2-1.コインランドリー

コインランドリーは、洗濯機や乾燥機を貸し出し、その利用料で稼ぐ土地活用です。

近年、共働き世帯が増えたことから急速にニーズが高まっています。

コインランドリーは空間的にも時間的にもアービトラージを兼ね備えた土地活用になります。

一つの店舗空間の中に洗濯機や乾燥機を複数台置くことができますので、空間を細かく分割して貸していることになります。

また、洗濯機や乾燥機の利用時間は1回あたり30分~60分程度ですので、時間も細かく分けて貸しています。

コインランドリーは無人で行うことができるビジネスであるため、人を雇うことも不要です。

立地に関しても、都市部の駅近くである必要はなく、ファミリー世帯が多く住む郊外の住宅地の近くで行うことができます。

2-2.コワーキングスペース・シェアオフィス

コワーキングスペースとは、一つの空間を複数の人がシェアする形式のオフィスのことです。

シェアオフィスとは、空間を小割にした形式のオフィスになります。

コワーキングスペースも、シェアオフィスも空間を細かくして貸し出すという点でアービトラージが働いています。

そのため、賃料単価は一般のオフィスよりもコワーキングスペースやシェアオフィスの方が高いです。

コワーキングスペースは、昨今、リモートワークが増えたことで需要が急速に伸びています。

自宅に仕事部屋を持っていない人が、働くスペースとしてコワーキングスペースを借りています。

コワーキングスペースも一等地のオフィス街にある必要はなく、むしろ郊外の住宅街の方がニーズは高いです。

空間さえ用意できればいいので、特にオフィスのような高層建物にする必要もなく、1~2階のような低層の建物でもコワーキングスペースとして貸し出すことはできます。

3.他人に貸す土地活用

この章では他人に貸す土地活用について解説します。

3-1.コレクティブハウス

コレクティブハウスとは、居住者同士で共同生活ができるタイプの賃貸住宅のことです。

完成した姿はシェアハウスと同じですが、竣工までの過程がシェアハウスとは異なります。

コレクティブハウスとは、更地の状態で最初に共同生活をしたい人たちが集まり、居住者組合という組織を作ることからスタートします。

建物は居住者組合と設計者が話し合って決めていきます。

土地所有者は確保したい利回りだけを居住者組合に提示し、居住者組合はその利回りを確保するために自分たちの賃料と建物設計を決定します。

居住者組合が高い賃料を払えないのであれば、その分、建物のスペックを落として安い建物を設計者にお願いするというイメージです。

シェアハウスは土地所有者が建物を建てた後に入居者を募集しますが、コレクティブハウスは土地所有者が建物を建てる前に既に入居者が決まっている点が特徴です。

そのため、コレクティブハウスでは入居者が埋まるかどうかの心配をする必要はなく、安心して土地活用をスタートすることができます。

コレクティブハウスも複数人で建物をシェアしていますので、空間を細かく貸し出しておりアービトラージが効いています。

そのため、賃料単価の高い土地活用を行うことができるのです。

3-2.マンスリーマンション

マンスリーマンションとは、月単位でマンションを貸し出す形態の土地活用です。

長期出張者や訪日外国人にニーズがあります。

マンスリーマンションであれば、月単位でマンションを貸し出すことができるため、通常の賃貸マンションよりもアービトラージが働きます。

投資としては通常のマンションを建てるのと同じですが、各部屋にはベッドやテレビ等の家具を設置しておき、利用者がすぐに生活できる仕様にしておくことがポイントです。

東京都や大阪府のように長期出張者や訪日外国人が多いエリアであれば、普通のマンションをするよりもマンスリーマンションの方が面白いといえます。

3-3.駐車場+空中店舗

駐車場+空中店舗とは、平面駐車場の上に店舗を作るタイプの土地活用です。

時間貸し駐車場を経営している土地の上に、ピロティー状(壁がなく柱だけで構成された吹き抜けの空間)に店舗を建てる活用方法になります。

駐車場+空中店舗であれば、土地全体をアパートやマンションにするよりも初期投資額を抑えることができます。

しかも、店舗であればアパートやマンションよりも賃料単価が高いです。

また、土地の部分は時間貸し駐車場であるため、時間を細かくして貸し出すアービトラージの効果が働きます。

駐車場であれば、空室リスクも低いため、安定した土地活用が可能です。

アパートやマンションにするには狭い土地や、投資効率を上げたい人は「駐車場+空中店舗」がおススメとなります。

4.面白い土地活用を探す方法

この章では面白い土地活用を探す方法について解説します。

4-1.賃料単価の高さを優先する

面白い土地活用を探す方法としては、賃料単価の高さを優先することがポイントです。

賃料単価の高い土地活用を行った方が儲かるため、面白いと思える土地活用ができます。

賃料単価の高さは、高い順に並べると「事業系」、「住居系」、「土地貸し系」の順番になります。

事業系とは、店舗やオフィス、老人ホーム、保育園等の事業者に貸し出すタイプの土地活用です。

事業系の中で賃料の高い順番に並べると、「店舗」、「オフィス」、「老人ホームや保育園」の順番になります。

さらに店舗の中では「ドラッグストアやコンビニ」等の物販店舗が最も高く、「飲食店や美容院」といったサービス店舗はやや低いです。

ただし、オフィスであればアービトラージの考え方を取り入れることで「一般のオフィス」よりも「コワーキングスペース・シェアオフィス」の方が賃料単価は高くなります。

住居系とは、賃貸マンションやアパート、戸建て賃貸等の居住の用として貸し出すタイプの土地活用のことです。

住居系の中で賃料の高い順番に並べると、「ワンルーム」、「2DK」、「3LDK」の順番となります。

3LDKよりもワンルームの方が空間を細かく区切ることになり、アービトラージの効果が働いて賃料単価がアップします。

ただし、3LDKであれば「一世帯として貸す」よりも「シェアハウスとして貸す」方がアービトラージの効果が働き賃料単価は高くなります。

土地貸し系は、借地事業や駐車場等の建物投資を伴わずに土地だけ貸し出すタイプの土地活用のことです。

借地事業とは、建物所有目的の人に土地を貸す事業のことを指します。

一般に、地代は駐車場よりも借地事業の方が高いです。

駐車場であればアービトラージの考え方を取り入れることで「月極駐車場」よりも「時間貸し駐車場」方が賃料単価は高くなります。

このように、土地活用は同じ場所で行うにしても「誰にどのように貸すか」によって賃料単価は異なってきます。

土地活用を検討するなら、できるだけ高い貸し出し方法を検討するようにしましょう。

4-2.複数のプランを比較する

面白い土地活用を探すには、複数のプランを比較することがポイントです。

自分の土地で面白い土地活用を探すには、プロによる知恵が必要となるため、プロに相談した方が適切な土地活用を見つけることができます。

まず、土地というのは所有者が自由に好きなものを建てられるというものではありません。

土地には都市計画法や建築基準法、各自治体の条例等により利用制限が課せられており、建てられる建物の用途が制限されています。

それに加え、土地活用の初心者が自分の力のみで考えて活用プランを作成してもなかなかうまくはいきません。

そこでおすすめなのが土地活用の一括プラン提案サービスです

一括プラン提案サービスとは、一級建築士が在籍している複数のハウスメーカーが無料で土地活用プランを提案してくれるサービスになります。

ハウスメーカーというとアパートしか建てられないと決めつけている人もいますが、ハウスメーカーはアパート以外の店舗やオフィス等の事業系の土地活用もできます。

しかも、具体的なテナントまで誘致してくれますので、面白い土地活用をするなら欠かせない存在となっています。

また複数社があなたの土地に適した活用プランを無料で作成してくれるので、それらを比較検討することで成功確率も格段に上がるでしょう。

土地活用一括資料請求サイトのなかでも筆者は「

HOME4U土地活用

」をオススメします。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

以上、面白い土地活用について解説してきました。

面白い土地活用は、賃料単価を上げるアービトラージが決め手となります。

自分で使う土地活用には、「コインランドリー」や「コワーキングスペース・シェアオフィス」がありました。

他人に貸す土地活用としては、「コレクティブハウス」や「シェアハウス」があります。

面白い土地活用を探すには、賃料単価の高さを優先することがポイントです。

早速に一括プラン提案サービスを使って、自分の土地で何ができそうか探してみましょう。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

CMで有名なセキスイハイムってどんな会社?土地活用のメリット・デメリットは

もしあなたが「セキスイハイム」による土地活用を検討しているのであれば、「セキスイハイムって名前は知っているけど、どんなサービスをするの?」「セキスイハイムで土地活用を任せる際のメリットやデメリットが知りたい」と思うのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではセキスイハイムで土地活用する前に、絶対に知っておくべき必須情報を紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • セキスイハイムってどんな会社?
  • セキスイハイムの土地活用はどんなサービス?
  • セキスイハイムで土地活用をする際のメリット・デメリットは?

1.セキスイハイムの基礎情報

CMでよく見かけるセキスイハイムですが、詳細について理解している人はそこまでいないはず。

絶対に知っておくべき基礎的な情報に絞って、お伝えしていきます。

セキスイハイムは1971年から本格的に土地活用に対応した住宅事業を開始し、2019年までに毎年年間10,000戸前後もの建物を建築しています。

全国的にCM展開しているだけあって、沖縄や一部の島を除く全ての地域に対応。

従来の建築技法とは異なる「ユニット工法」を採用し、工事の短縮化に成功しました。

建物のほとんどを工場で作り、現地では組み立てるだけというユニット工法は大規模な建物には対応していないため、低層のアパート建築にのみ対応しています。

2.セキスイハイムで土地活用する5つのメリット

次に、セキスイハイムで土地活用するメリットについてお伝えします。

セキスイハイムで土地活用をした際のメリット

  • メリット1 全国対応(沖縄・離島以外)
  • メリット2 建設期間が短い
  • メリット3 高耐久性かつ高品質な建物
  • メリット4 充実した保証(20年の各種保証&60年間の定期点検)
  • メリット5 一括借り上げ(サブリースも利用可能)

セキスイハイムで土地活用を依頼する最大のメリットは、大手ならではの住宅品質と言えます。

また「ユニット工法」による工期の短縮は、セキスイハイム独自のメリット。

日本のどこの地域でも、気候や天候に関係なく安定した品質で建設することが可能なため、住宅の劣化リスクが高くアパート経営などが敬遠されがちな北海道でも、セキスイハイムはトップクラスのシェアを誇っています。

さらにアフターサービスが充実していたり、空室リスクを回避することができる「一括借り上げ」を利用することもできるのも大きなメリットです。

2.セキスイハイムで土地活用する3つのデメリット

前章ではセキスイハイムで土地活用するメリットについて紹介しましたが、ネガティブなデメリットがあるのも事実。一体どのようなことでしょうか?

セキスイハイムで土地活用をした際の3つのデメリット

  • デメリット1 価格が高い(業界でもトップレベル)
  • デメリット2 低層のアパート以外には対応できない
  • デメリット3 外観デザインの自由度が低い

セキスイハイムで土地活用を行う最大の欠点は、「高価格」であることに尽きるでしょう。

気になる建築価格の目安は坪60万円ほどと、他の会社に比べても少し高めの金額です。

耐久性が高く高品質であるため、価格が高くなるのは当然といえば当然ですが、「そこまでしなくてもいいから、もう少し安くしてくれたら…」という声も少なからず存在します。

また様々なメリットのある「ユニット工法」ですが、低層住宅以外の建物には対応が困難であるのが問題であったり、オリジナリティーにこだわりたい土地オーナーにとっては、満足いく外観デザインにならない可能性が高いです。

3.セキスイハイムを利用する際の注意点

最後にお伝えするのは、セキスイハイムを利用する際の注意点について。

絶対に注意して欲しいポイント、それは「担当者」です。

大企業であるセキスイハイムでは、個人用の戸建住宅と土地活用、それぞれに特化した担当者が存在します。

土地活用のための建物を建てるのであれば、土地活用に特化した担当者にサポートしてもらった方が絶対にいいです。

しかし、セキスイハイムでは最初に対応した営業がそのまま担当となるケースが多いため、個人用の戸建住宅に特化した営業が担当になってしまうことがあります。

問い合わせの際に、土地活用に特化した担当者をこちらからオーダーして、個人戸建ての営業が担当にならないように事前に対策しておきましょう。

4.土地活用をするときは売却も含めた様々な方法を視野に

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用を主な事業としている「セキスイハイム」が気になっている人に向けて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

セキスイハイムの事業内容はもちろんのこと、メリット・デメリットや利用する際の注意点についても理解いただけたと思います。

もし土地活用でセキスイハイムを選択するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
未分類

ズバット不動産売却はウェブクルーが運営する不動産一括査定サイト

一般的に不動産を売却する場合、不動産会社に仲介を依頼することになります。しかし、初めての不動産売却で…

続きはこちら ズバット不動産売却はウェブクルーが運営する不動産一括査定サイト

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
土地活用 未分類

ホテルで土地活用したい方必見!オススメの土地やホテル経営のノウハウのある会社は?

もしあなたが、土地活用でホテル運営を検討しているのであれば、「素人がホテルで土地活用するのはやっぱり無謀?」「ホテルを建築してくれる会社やホテル運営の注意点を知りたい」と思ったことはないですか?

あなたの土地が人気観光地にあるなら、早くこのような疑問を解消して次に進みたいですよね。

そこで今回の記事では、ホテルで土地活用をする人は絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • ホテルでの土地活用を成功させるには?
  • ホテル経営に向いているのはどんな土地?
  • ホテル建築をしてくれる会社を知りたい

1.ホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識

広大な土地を利用する土地活用として「ホテル」を検討している方のために、まずホテル経営の長所と短所を紹介しましょう。

ホテルで土地活用するなら、観光客と出張者に利便性が高く十分なお客様を見込める場所なのかが重要です。

中には遠く離れた辺ぴな場所で成功しているホテルもありますが、せっかくホテルで土地活用するなら、利便性の高い駅から近い場所が最適です。

有名な観光地でなくても、訪問者が多い魅力的な立地の土地であれば、ホテルで土地活用できる場所と言えます。

ホテルという業種は様々なノウハウの集合体のため、経営経験が一切無い初心者がいきなりホテル経営をするのは無謀です。

ホテルで土地活用を検討する際の注意点を紹介します。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点1

ホテルで土地活用を検討するなら、規模に関係なく既存の事業者と長期の一括借上方式の契約を結ぶべきです。

家賃の発生具合は契約に基づいて異なりますが、基本的にはホテルが運営開始されてから家賃が発生します。

もし建設に遅れがでたら、別途の規定がない限り土地所有者が損害を被る仕組みになっています。

このリスクをよく理解した上で契約を結びましょう。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点2

ホテルは特殊な事業なので、一般的なアパート、オフィス経営よりも多くの賃貸収入を得る事も可能な一方、ホテルでの土地活用の欠点は、「撤退しにくい」事です。

賃借人である事業者が撤退を決定しても、建物は残ります。

ホテル用の建物は、それ以外の用途に使用されないため、次の利用先を見つけるのはマンションやオフィスの数倍の時間がかかる可能性があります。

ホテル用の建物は売却もしにくいため、完全に撤退するのはかなり難しいです。

ホテルで土地活用するなら、一蓮托生の覚悟で行う必要があります。

2.ホテルに対応した土地活用会社(1) 高松建設

前章ではホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識についてお伝えしました。

土地活用の手段としてホテルを選ぶ際にはかなりの経験と知識が必要になります。

「ホテルに対応した土地活用会社」に依頼するのが成功の近道なので、まずは高松建設を紹介します。

高松建設はどんな会社?

ホテルの土地活用に対応した高松建設は、東名阪の3大都市と周辺地域を中心に活動する企業です。

100年もの圧倒的な歴史の中で培ってきた建設の実績とノウハウを持つ一方、土地活用を主な事業とする会社でもあります。

ホテルはもちろん、商業・医療・オフィス・住居に対応が可能で、以下のような土地活用の総合的なサービスを受けられます。

  • マーケティング
  • 企画
  • 設計
  • 建設
  • アフター対応まで

高松建設の土地活用のメリット

高松建設の土地活用は一括借入システムを利用でき、空室をヘッジしたホテルでの土地活用が可能になります。

高松建設の土地活用は自由設計が可能で、鉄筋コンクリート造(RC造)と一般的な鉄骨造などの在来建築をわざわざ選択する必要がありません。

また100年もの経験と実績に裏打ちされたノウハウがあるため、地域によって条件とサポート内容は異なるものの、高い保証料率で安定的な収益を確保できるでしょう。

高松建設の土地活用のデメリット

ただ高松建設にホテルでの土地活用を依頼する欠点もあります。

やはり「価格の高さ」「対応地域の狭さ」は問題です。

高松建設の土地活用に対する対応力や提案力は、業界最高水準。そのため価格も非常に高いです。

高松建設は自社工場で自分の建築部材を製造する「工業化建築」ではなく一般的な市場での建築部材を調達する在来建築のため、

建築時期によって価格が大きく変動するリスクがあります。

またエリアが東名阪に限られているため郊外に対応できないことや、建築図面の作成、建築確認申請、工事期間が長く他の住宅メーカーよりも完成まで数ヶ月ほど多くかかるリスクも理解しておきましょう。

3.ホテルに対応した土地活用会社(2) レオパレス21

次に紹介する会社はレオパレス21です。

レオパレスはどんな会社?

レオパレスは1973年に設立された土地活用会社です。

ホテルはもちろんのこと、住宅系・医療系・商業界など幅広い土地活用に対応しています。

賃貸アパートの経営・運営を主にしていますが、高齢者施設や店舗・商業施設・ホテル建築も可能です。

CMは賃貸アパート中心のため、これだけ幅広い土地活用をしていることは、あまり知られていないのでしょうか?

レオパレスの土地活用のメリット

レオパレス21の建築は計画に基づいて工法を変更して、コストを削減できます。

さらに建築後のアフターサービスとして、建物の管理、コンサルティングも提供しています。

このように、ホテルの土地活用をサポートする業界でも類を見ない独自の手厚いサービス内容と言えます。

レオパレスの土地活用のデメリット

手厚いサービス内容ではあるものの、レオパレスはホテルが主要なサポート対象ではありません。

そのためホテルを専門とする担当者が付けないケースがあるので、注意してください。

ホテル運営のことが分かっていない担当者がついてしまっては一切のメリットもなくなりますので、事前に担当の専門分野に関する確認はしておきましょう。

4.ホテルで土地活用するなら「法人化」は必須

ここまでは具体的にホテルでの土地活用を支援してくれる会社をご紹介しました。

ホテルのような大スケールの土地活用だと成功するとかなりの収入を稼ぎ出して、納めるべき税金が多額になってしまいます。

そのためホテルで土地活用するなら、最初から「法人化」して行う方が良いでしょう。

土地活用ではじめから法人化するのは稀ですが、一体どのようなメリット・デメリットがあるでしょう?

法人化のメリット

  • メリット1 一定以上の所得になれば、税金の負担がかなり軽くなる
  • メリット2 金融機構の信用が高まり、出資向けの融資が利用しやすくなる
  • メリット3 退職金がもらえるうえに社会保険が使える
  • メリット4   会社に身内の参加も可能

ただ法人設立にはメリットだけではなくデメリットもあります。

法人化のデメリット

  • 注意点1 企業を維持するだけでも経費がかかる
  • 注意点2 複式簿記となるため事務作業も複雑になる
  • 注意点3 一定期間ごとに役員の改選が不可欠

このようなデメリットもありますが、ホテルで手に入るお金は大きなものになるので、税務上法人化するのは避けられないでしょう。

ホテル建設前に法人化する流れと注意点

もしホテル建設前に法人化するなら、まず法人を設立するための書類作成や申請を行うことになります。

設立する企業が「株式会社」「合同法人」かによって、経費や流れが変わってくるので注意してください。

設立は自らで行う事も可能ですが、かなりの手間と時が必要になるうえで挫折する事が多いので専門のプロに代理してもらう事を推奨します。

法人化できたら、無事にビジネスが開始できます。

ただ今後の売り上げはすべて会社のものとなり、自らはたんなる会社員になり毎月決まった給与を得る立場になります。

また法人化は「節税」のために行いますが、ホテルの売り上げが減ってしまった時、税の負担が重くなる事があります。

節税のために法人化したのにも関わらず、これでは本末転倒でしょう。

法人化をムダにしないためにも、先述した「一括借り上げ」は必須になります。

5.ホテルで土地活用するための資金調達

次に紹介するのは、ホテルで土地活用するための資金調達について。

ホテルでの土地活用は初期経費がとても多く、自己資金で総てをまかなう事はできません

土地活用専門の融資を活用して、お金を調達する事になるでしょう。

土地活用融資は今ある土地と建築予定のホテルを担保にして、銀行から融資されます。

住宅ローン等とは異なるので、融資の際の注意点を解説します。

ホテル資金融資の注意点

住宅ローンなどに比べると少々利息が高く、完済までの期間が短く設定されるでしょう。

ただ億単位の融資が可能なのが最大の魅力です。

融資する費用が多大なる額になるせいか審査はとても難関。融資実行まで半年以上かかるのも多いです。

活用する人が多くないせいか、住宅ローンなどに比べると取り扱い銀行も少ない傾向があります。

もし審査に挑戦する時、どんな点に気を付ければいいでしょうか。

厳しい審査を通るために気をつけるべきところは

土地活用の収支計画

「収支計画」「信用情報「ホテルと土地の価値」」にしっかりと気をつけましょう。

土地活用の収支計画はひと昔前までそこまで優先していませんでしたが、昨今では最も優先される要素です。

しっかり返金可能なのか、収支計画書の隅から隅までを審査されます。

素人が作った計画なら高確率で否決されるので、必ず審査に通りたいのであれば、土地活用のプロに作成を依頼するのを推奨します。

申込者の信用情報

また銀行は申込した人の信用情報を重要視します。

申込者の「信用情報」とは金融事故(自己破産や滞納)は無論の事、職業や身内構成までを含めた情報の事です。

信用情報は面談で感じた「フィーリング」も換算されるので注意してください。

ホテルと土地の価値も審査には大きな影響を及ぼします。

あまりにも価値に見合っていないなら否決になるはず。価値に見合った金額で申し込むようにしてください。

「収支計画」「信用情報」「ホテルと土地の価値」を意識すれば、融資を勝ち取る事ができるはずです。

6.土地活用を検討する際はなるべく多くのプランを

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、ホテルで土地活用をする人は絶対に知るべき必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ホテルでの土地活用を成功させるための知識が全て理解いただけたと思います。

どんな土地がホテルに向いているのかもわかるので、まだ土地を取得していない人にも立てたのではないでしょうか。

もしホテルで土地活用をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

短期間での土地活用の注意点は?短期向きの土地活用4つの方法

もしあなたが短期間(2年以下)での土地活用を検討しているのであれば、「短期間でできる土地活用ってなんだろう?」「期間限定の場合、何か条件があるのだろうか」など考えたことはないですか?

譲渡・相続して手に入った土地を、自分が利用するまで放置することは少なくありません。

このように2年以下の短い期間・あるいは期間限定で、せっかく手に入れた土地を何等かの方法で活用できないか考えている方に向けて「短期間での土地活用法」についてご紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 短期間での土地活用ってそもそも可能なの?
  • 短期間での土地活用の注意点は
  • 短期間での土地活用のおすすめは?

1.短期間の土地活用に必要な条件

まず知っていただきたいのは、短期=2年以下での土地活用に必要な条件について。

本来土地活用は基本的に長期間で行うものなので、短期で行おうとすると様々な弊害が発生してきます。

長期でやれば成功する方法でも、短期で行ったことにより失敗を招くことも少なくありません。

では一体どんな条件に該当する土地活用なら短期で行ってもいいのでしょうか?満たすべき条件は、以下の通りです。

短期間の土地活用を成功させるポイント

  • 初期投資が無料または少額
  • 法的・仕組み的に早期撤退が可能
  • 撤退費用が無料または少額

これらの条件を満たすことができる土地活用は、以下のラインナップとなります。

  • 借地
  • 太陽光発電
  • レンタル倉庫
  • 駐車場

ではひとつひとつ、詳しく紹介していきましょう。

2.初期費用がかからない借地

「借地」は自分の持っている土地を第三者に貸すことによって、毎月の賃料をもらう土地活用で、以下のようなメリットがあります。

借地運営の3つのメリット

  1. 不動産業者に「借地として運営したい」と依頼するだけで、すぐに利用者を募ることができるて手軽さ
  2. 初期費用が一切かからずに運用できる
  3. 契約期間も基本的には自分の好きなように設定できる

これらが借地で土地活用を短期で行う際のメリットです。

ただし、一つだけ借地での土地活用を行う上で絶対にやってはいけないことがあります。

それは借地に建物を建てさせてしまうこと

実は借地に建物を建てさせてしまうと、最大100年間は土地を貸し続けないといけない法律があるのです。

もし短期で借地をしたいなら、建物を建てる予定の人には絶対に貸さないこと。

建物を建てる必要がない「資材置き場」などの用途で借りる人だけを対象にしましょう。

借地での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

3.売電で利益を生み出す太陽光発電

「太陽光発電」は自分の持っている土地に太陽光パネルを設置し、発電によって得られた電気を第三者に売ること(売電)によって利益を生み出す土地活用です。

発電を開始するには、もちろん太陽光パネルを準備する必要がありますが、昔に比べて今の太陽光パネルは単価が低くなっているため、少額の投資で済むことが多いでしょう。

仮に太陽光発電をやめるとなった場合も、パネルは中古品として売却することが可能です。

中古の太陽光パネル市場は根強い人気があるため、売却もそこまで苦戦をしなくて済むはず。

日ごろの売電で得た金額と撤退後に売却したパネルの金額を合わせると、最終的にプラスになることも多く、短期の土地活用に向いている方法だと言えるでしょう。

もし短期で太陽光発電をするのであれば、太陽光パネルの選択が重要になります。

パネルの投資額は絶対にケチらず、有名メーカーの品質のいいパネルにしてください。

日ごろの売電結果はもちろんのこと、撤退時のパネル売却価格や売却までの期間にも影響が出てきます。

太陽光発電のリスクや注意点に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

太陽光発電の投資は今から開始したらもう遅い?税金・費用や危険性を解説

国が買い取りを行い、安定した収入が見込める投資手法として話題を呼んだ太陽光発電。 しかし、年々国による買取価格は下落傾向 …

続きを見る

4.近年、注目を集める「貸し倉庫」

「貸し倉庫」は自分の持っている土地に小規模の倉庫を複数設置し、収納が足りない第三者に貸すことによって、毎月の利用料をもらう土地活用です。

初期投資としては倉庫費用しかかからないため、そこまで大きな初期費用が掛からない点が魅力でしょう。

また撤退する際に倉庫そのものを売却できる、というのもポイントです。

「貸し倉庫」は今注目のビジネスなので、倉庫の買い手を見つけるのもそこまで苦戦しないはず。

ただし「貸し倉庫」を運営する上で、注意すべきなのは「契約期間の調整」です。

短期で撤退することを前提とするならば、契約者には「短期でしか借りられない」ということを事前に伝えておくべきでしょう。

「引っ越しための一時退避場所にどうぞ」などの触れ込みで募集すれば、トラブルを未然に防げるはずです。

「貸し倉庫」での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用x貸倉庫
土地活用で「貸倉庫」を経営するなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「貸倉庫」が気になっている方は、どのように貸倉庫を経営したらいいのか分 …

続きを見る

5.暫定利用の土地活用で大本命の駐車場経営

「駐車場」は、もはや説明不要の土地活用でしょう。

自分の持っている土地を駐車場用に整地して第三者に貸し、毎月の賃料をもらう土地活用で、土地を駐車場にするためには、整地したあとコンクリート加工するだけでOK

工事の規模が小さいので、初期投資費用がかなり抑えられるのが魅力です。

一度コンクリートで加工したとしても、カンタンに元の土地に戻すことができるので、短期の土地活用にふさわしい方法だと言えるでしょう。

実際に短期間の土地活用を希望する人の大半が、最終的に駐車場を選択しています。

駐車場には2種類あり「月極駐車場方式」と「コインパーキング方式」がありますが、短期にするなら圧倒的に「月極駐車場方式」がオススメ

「コインパーキング方式」は特殊な機材を購入し、地中に埋め込む作業が必要になので導入前や撤退した後の工事費用がかさみむため、何も設置が必要ない月極にしておいた方がいいでしょう。

駐車場経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

6.土地活用は他にも様々なプランが

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、短期間でも可能な土地活用の方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

基本的には長期の運用が前提となる土地活用ですが、特定の条件を満たした方法であれば短期でも土地活用できると理解いただけたと思います。

短期間での土地活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
未分類

浜松市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

マンション売却を成功させるためには、売主自ら不動産売却に関する知識を備えることが大切です。 なぜかと…

続きはこちら 浜松市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
未分類

不動産投資を始めるのにかかる費用

不動産は高価格な資産であることから、不動産投資は収入に余裕がある高所得者が実践するものというイメージ…

続きはこちら 不動産投資を始めるのにかかる費用

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
未分類

不動産に関する相続税対策

相続税が増税されたことによって、これまでは相続税とは無縁だった人が課税対象者になることもあり、相続税…

続きはこちら 不動産に関する相続税対策

Source: マネーポスト不動産売却

カテゴリー
未分類

堺市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

マンション売却を成功させるためには、売主自ら不動産売却に関する知識を備えることが大切です。 なぜかと…

続きはこちら 堺市の不動産(マンション)売却を成功させる方法

Source: マネーポスト不動産売却