カテゴリー
土地活用 未分類 面白い土地活用

面白い土地活用!自分で使う・他人に貸す場合の5アイディアを紹介!

土地を持て余している人の中には、「面白い土地活用」がないか探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく土地活用をするなら、「儲かって面白い土地活用」をやってみたいところです。

この記事では「面白い土地活用」について解説します。

自分で使う土地活用や他人に貸す土地活用、面白い土地活用を探す方法について紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

1.土地活用の面白さを決めるアービトラージとは

面白い土地活用を行うには、不動産アービトラージという考え方を知ることが必要です。

アービトラージとは「裁定取引」という意味ですが、理論的価格差を用いて稼ぐという方法のことを指します。

アービトラージは理論的価格差ですので、時の運といった偶発的な儲け方はなく、狙った通りの必然的な儲け方をします。

土地活用で儲けるには、「高い賃料単価」で貸すことです。

不動産は同じ物件でも貸し方によって賃料単価に差が生じ、理論的に高く貸す考え方がアービトラージになります。

不動産アービトラージで賃料単価を上げるには、「空間を細かくする」と「時間を細かくする」の2つの方向性があります。

【不動産アービトラージ】

空間を細かくするという貸し方には、例えばシェアハウスがあります。

1戸のマンションを1人に貸すよりも、シェアハウスとして複数人に貸した方が面積当たりの賃料単価を上げることができます。

また、時間を細かくするという貸し方には、例えば時間貸し駐車場があります。

1台のスペースを月極駐車場として月単位で貸すよりも、時間貸し駐車場として時間単位で貸した方が面積当たりの賃料単価を上げることができます。

このように不動産は同じ不動産であっても、空間を細かくしたり、時間を細かくしたりすることで理論的に賃料単価を上げることが可能です。

土地活用で儲けるには、賃料単価を上げ、投資効率を上げることがポイントとなります。

同じ不動産でもアービトラージを上手く取り入れることで儲かって面白い土地活用とすることができます。

2.自分で使う土地活用

2-1.コインランドリー

コインランドリーは、洗濯機や乾燥機を貸し出し、その利用料で稼ぐ土地活用です。

近年、共働き世帯が増えたことから急速にニーズが高まっています。

コインランドリーは空間的にも時間的にもアービトラージを兼ね備えた土地活用になります。

一つの店舗空間の中に洗濯機や乾燥機を複数台置くことができますので、空間を細かく分割して貸していることになります。

また、洗濯機や乾燥機の利用時間は1回あたり30分~60分程度ですので、時間も細かく分けて貸しています。

コインランドリーは無人で行うことができるビジネスであるため、人を雇うことも不要です。

立地に関しても、都市部の駅近くである必要はなく、ファミリー世帯が多く住む郊外の住宅地の近くで行うことができます。

2-2.コワーキングスペース・シェアオフィス

コワーキングスペースとは、一つの空間を複数の人がシェアする形式のオフィスのことです。

シェアオフィスとは、空間を小割にした形式のオフィスになります。

コワーキングスペースも、シェアオフィスも空間を細かくして貸し出すという点でアービトラージが働いています。

そのため、賃料単価は一般のオフィスよりもコワーキングスペースやシェアオフィスの方が高いです。

コワーキングスペースは、昨今、リモートワークが増えたことで需要が急速に伸びています。

自宅に仕事部屋を持っていない人が、働くスペースとしてコワーキングスペースを借りています。

コワーキングスペースも一等地のオフィス街にある必要はなく、むしろ郊外の住宅街の方がニーズは高いです。

空間さえ用意できればいいので、特にオフィスのような高層建物にする必要もなく、1~2階のような低層の建物でもコワーキングスペースとして貸し出すことはできます。

3.他人に貸す土地活用

この章では他人に貸す土地活用について解説します。

3-1.コレクティブハウス

コレクティブハウスとは、居住者同士で共同生活ができるタイプの賃貸住宅のことです。

完成した姿はシェアハウスと同じですが、竣工までの過程がシェアハウスとは異なります。

コレクティブハウスとは、更地の状態で最初に共同生活をしたい人たちが集まり、居住者組合という組織を作ることからスタートします。

建物は居住者組合と設計者が話し合って決めていきます。

土地所有者は確保したい利回りだけを居住者組合に提示し、居住者組合はその利回りを確保するために自分たちの賃料と建物設計を決定します。

居住者組合が高い賃料を払えないのであれば、その分、建物のスペックを落として安い建物を設計者にお願いするというイメージです。

シェアハウスは土地所有者が建物を建てた後に入居者を募集しますが、コレクティブハウスは土地所有者が建物を建てる前に既に入居者が決まっている点が特徴です。

そのため、コレクティブハウスでは入居者が埋まるかどうかの心配をする必要はなく、安心して土地活用をスタートすることができます。

コレクティブハウスも複数人で建物をシェアしていますので、空間を細かく貸し出しておりアービトラージが効いています。

そのため、賃料単価の高い土地活用を行うことができるのです。

3-2.マンスリーマンション

マンスリーマンションとは、月単位でマンションを貸し出す形態の土地活用です。

長期出張者や訪日外国人にニーズがあります。

マンスリーマンションであれば、月単位でマンションを貸し出すことができるため、通常の賃貸マンションよりもアービトラージが働きます。

投資としては通常のマンションを建てるのと同じですが、各部屋にはベッドやテレビ等の家具を設置しておき、利用者がすぐに生活できる仕様にしておくことがポイントです。

東京都や大阪府のように長期出張者や訪日外国人が多いエリアであれば、普通のマンションをするよりもマンスリーマンションの方が面白いといえます。

3-3.駐車場+空中店舗

駐車場+空中店舗とは、平面駐車場の上に店舗を作るタイプの土地活用です。

時間貸し駐車場を経営している土地の上に、ピロティー状(壁がなく柱だけで構成された吹き抜けの空間)に店舗を建てる活用方法になります。

駐車場+空中店舗であれば、土地全体をアパートやマンションにするよりも初期投資額を抑えることができます。

しかも、店舗であればアパートやマンションよりも賃料単価が高いです。

また、土地の部分は時間貸し駐車場であるため、時間を細かくして貸し出すアービトラージの効果が働きます。

駐車場であれば、空室リスクも低いため、安定した土地活用が可能です。

アパートやマンションにするには狭い土地や、投資効率を上げたい人は「駐車場+空中店舗」がおススメとなります。

4.面白い土地活用を探す方法

この章では面白い土地活用を探す方法について解説します。

4-1.賃料単価の高さを優先する

面白い土地活用を探す方法としては、賃料単価の高さを優先することがポイントです。

賃料単価の高い土地活用を行った方が儲かるため、面白いと思える土地活用ができます。

賃料単価の高さは、高い順に並べると「事業系」、「住居系」、「土地貸し系」の順番になります。

事業系とは、店舗やオフィス、老人ホーム、保育園等の事業者に貸し出すタイプの土地活用です。

事業系の中で賃料の高い順番に並べると、「店舗」、「オフィス」、「老人ホームや保育園」の順番になります。

さらに店舗の中では「ドラッグストアやコンビニ」等の物販店舗が最も高く、「飲食店や美容院」といったサービス店舗はやや低いです。

ただし、オフィスであればアービトラージの考え方を取り入れることで「一般のオフィス」よりも「コワーキングスペース・シェアオフィス」の方が賃料単価は高くなります。

住居系とは、賃貸マンションやアパート、戸建て賃貸等の居住の用として貸し出すタイプの土地活用のことです。

住居系の中で賃料の高い順番に並べると、「ワンルーム」、「2DK」、「3LDK」の順番となります。

3LDKよりもワンルームの方が空間を細かく区切ることになり、アービトラージの効果が働いて賃料単価がアップします。

ただし、3LDKであれば「一世帯として貸す」よりも「シェアハウスとして貸す」方がアービトラージの効果が働き賃料単価は高くなります。

土地貸し系は、借地事業や駐車場等の建物投資を伴わずに土地だけ貸し出すタイプの土地活用のことです。

借地事業とは、建物所有目的の人に土地を貸す事業のことを指します。

一般に、地代は駐車場よりも借地事業の方が高いです。

駐車場であればアービトラージの考え方を取り入れることで「月極駐車場」よりも「時間貸し駐車場」方が賃料単価は高くなります。

このように、土地活用は同じ場所で行うにしても「誰にどのように貸すか」によって賃料単価は異なってきます。

土地活用を検討するなら、できるだけ高い貸し出し方法を検討するようにしましょう。

4-2.複数のプランを比較する

面白い土地活用を探すには、複数のプランを比較することがポイントです。

自分の土地で面白い土地活用を探すには、プロによる知恵が必要となるため、プロに相談した方が適切な土地活用を見つけることができます。

まず、土地というのは所有者が自由に好きなものを建てられるというものではありません。

土地には都市計画法や建築基準法、各自治体の条例等により利用制限が課せられており、建てられる建物の用途が制限されています。

それに加え、土地活用の初心者が自分の力のみで考えて活用プランを作成してもなかなかうまくはいきません。

そこでおすすめなのが土地活用の一括プラン提案サービスです

一括プラン提案サービスとは、一級建築士が在籍している複数のハウスメーカーが無料で土地活用プランを提案してくれるサービスになります。

ハウスメーカーというとアパートしか建てられないと決めつけている人もいますが、ハウスメーカーはアパート以外の店舗やオフィス等の事業系の土地活用もできます。

しかも、具体的なテナントまで誘致してくれますので、面白い土地活用をするなら欠かせない存在となっています。

また複数社があなたの土地に適した活用プランを無料で作成してくれるので、それらを比較検討することで成功確率も格段に上がるでしょう。

土地活用一括資料請求サイトのなかでも筆者は「

HOME4U土地活用

」をオススメします。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

以上、面白い土地活用について解説してきました。

面白い土地活用は、賃料単価を上げるアービトラージが決め手となります。

自分で使う土地活用には、「コインランドリー」や「コワーキングスペース・シェアオフィス」がありました。

他人に貸す土地活用としては、「コレクティブハウス」や「シェアハウス」があります。

面白い土地活用を探すには、賃料単価の高さを優先することがポイントです。

早速に一括プラン提案サービスを使って、自分の土地で何ができそうか探してみましょう。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

25種類もある土地活用!おすすめの活用方法と向いている土地を解説!

世の中には多くの土地活用があるため、おすすめを知りたい人もいらっしゃると思います。

ベストな土地活用は土地の利用規制や賃貸需要によって決まるため、「自分の土地にとっておすすめはどれか」という視点で土地活用を決めていきます。

自分の土地にとっておすすめの活用を考えるには、まずは多くの選択肢を知ることがコツです。

この記事では「おすすめの土地活用」について解説します。

25種類の土地活用を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

土地活用一覧比較表

25個の土地活用の収益性や建てやすさ、管理の容易性等を比較すると下表の通りです。

用途 投資額の負担 建てやすさ 収益性 管理の容易性 退去されにくい 賃料下落しにい 相続対策 合計
アパート 3 5 4 4 5 3 5 29
賃貸マンション 1 3 5 4 5 4 5 27
戸建て賃貸 4 5 3 5 3 3 5 28
賃貸併用住宅 3 4 2 2 4 3 4 22
ガレージハウス 4 5 4 5 4 4 5 31
シェアハウス 3 3 5 2 4 5 5 27
特区民泊 3 1 4 1 5 5 3 22
マンスリーマンション 1 3 5 2 5 4 3 23
老人ホーム 1 3 3 4 3 2 5 21
サービス付き高齢者住宅 1 4 3 4 4 3 5 24
デイサービス 4 5 3 4 4 3 5 28
保育園 4 4 4 5 5 5 5 32
コンビニ 4 4 5 5 1 2 5 26
ロードサイド型店舗 1 1 5 5 1 2 5 20
貸店舗 4 2 5 5 1 2 5 24
医療モール 2 3 3 4 5 4 5 26
オフィスビル 1 3 5 3 4 3 5 24
ビジネスホテル 1 3 5 5 4 4 5 27
トランクルーム 3 3 2 3 4 3 3 21
コインランドリー 3 4 3 1 5 4 3 23
コワーキングスペース・シェアオフィス 3 5 4 1 4 4 3 24
貸し会議室 3 5 4 1 4 4 3 24
時間貸し駐車場 5 5 1 4 5 2 1 23
カーシェアスペース・キッチンカースペース 5 5 1 4 5 1 1 22
事業用定期借地 5 1 2 5 5 5 2 25

1.アパート

アパートは建築規制が厳しくなく、ほとんどの場所で建てることができます。

建物規模も大きくないため、投資額は比較的少なく、取組みやすい土地活用です。

ハウスメーカーもたくさんあり、建築費も比較しやすく、コストも抑えやすいという特徴があります。

賃貸需要も幅広く存在し、全国の広いエリアでできる活用方法です。

アパートが向いている土地

  • 駅から徒歩10分圏内の土地。敷地は60坪以上あることが望ましい

2.賃貸マンション

賃貸マンションは、駅から近く、高層建物が建築可能な土地であればできる土地活用です。

アパートよりも供給量は少なく、また、建物も頑丈であることから、築年数が経っても賃料が下がりにくい傾向にあります。

特に、賃貸需要が高い単身者向けのワンルームがおススメです。

賃貸マンションが向いている土地

  • 駅から徒歩5分圏内で100坪以上あるような土地

3.戸建て賃貸

戸建て賃貸とは、戸建てを一棟貸しする土地活用です。

アパートが建てられない狭い土地や地形の悪い土地でも戸建てが建てられれば活用することができます。

アパートよりも投資効率が劣りますが、その分、供給量も少なく、競合が発生しにくいことから安定した賃貸経営をすることが可能です。

戸建て賃貸が向いている土地

  • 学童保育がある小学校の近くなどの土地が望ましい

4.賃貸併用住宅

賃貸併用住宅とは、自宅とアパートを一体化した住宅のことです。

自宅部分を建物全体で50%以上とすると住宅ローンを使って建物を建てることができます。

また、自主管理もできるため、収益力を上げることも可能です。

賃貸併用住宅が向いている土地

  • 駅から徒歩10分圏内の土地で、80坪以上あると建てやすい

5.ガレージハウス

ガレージハウスとは、車庫と住居が一体となった賃貸住宅のことです。

ビルトインガレージと呼ばれる戸建形式のものが一般的で、高級車等の愛好家に需要があります。

車で移動することを前提とするため、駅から離れた立地でも賃貸需要があります。

また、ガレージという付加価値があるため、賃料も高めに設定することが可能です。

ガレージハウス向いている土地

  • 駅から離れていても需要があり、インターチェンジに近い土地なども可能。戸建住宅が建てられる敷地面積があれば建てられる。

6.シェアハウス

シェアハウスは、キッチンやバス、トイレ等を共同で利用するタイプの賃貸住宅のことです。

シェアハウスによるライフスタイルは、若い世代の間でかなり一般化してきました。

共同生活を楽しみたいというニーズがあり、都内だけではなく全国でも見られるようになっています。

シェアハウスが向いている土地

  • 100坪以上ある土地。賃貸マンションのような利便性の高い土地が望ましい

7.特区民泊

特区民泊とは、365日民泊を営業できる特区内で行う民泊のことです。

特区以外では民泊の営業日数は年間180日以内ですが、特区では365日営業することができます。

東京都大田区や大阪府、北九州市、千葉市等の一部の自治体が特区に指定されています。

特区内であれば、一般の住宅でホテルのような事業を行うことが可能です。

特区民泊が向いている土地

  • 民泊が365日営業できる特区に指定されているエリア

8.マンスリーマンション

マンスリーマンションとは、月単位でマンションを貸し出す土地活用です。

東京や大阪、名古屋等のような長期出張ニーズがある大都市であれば需要があります。

建築する建物は通常のマンションと同じですが、ベッドやテレビ等の家具は備え付けておくことが必要です。

マンスリーマンションが向いている土地

  • 出張ニーズがある大都市。100坪以上あることが望ましい

9.老人ホーム

老人ホームを運営する介護事業者への一棟貸しをする土地活用です。

老人ホームは、駅から離れている土地でも、バス停から徒歩5分圏内の土地であれば賃貸需要があります。

退去リスクは低いものの、国の介護報酬の引き下げ等によって賃料が下落するようなこともあります。

老人ホームが向いている土地

  • バス停から徒歩5分圏内で300坪以上の土地。地方でも可能

10.サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅(サ高住)とは、安否確認や生活相談の福祉サービスを提供する高齢者のための住宅のことであり、介護事業者へ一棟貸しする土地活用です。

駅から離れているような土地でも需要があり、賃貸経営ができます。

サービス付き高齢者住宅が向いている土地

  • 300坪以上あるような土地。立地は多少悪くても可能

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「

HOME4U土地活用

」をオススメします。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

11.デイサービス

デイサービスとは、通所介護施設のことです。

介護事業者への一棟貸しになります。

建物規模としては、ほぼ戸建てと同等であり、住宅地の中でも賃貸ニーズがあります。

デイサービスが向いている土地

  • 住宅街の中の土地。一般的な戸建てが建てられる程度の広さがあれば可能

12.保育園

保育園は、保育園事業者に一棟貸しを行う土地活用です。

認可保育園とする場合、認可が取れるエリア(保育園が不足していると行政が認識している地域)であれば、建てることができます。

退去リスクが低く、安定的な収益を得ることができます。

都内では住宅よりも賃料単価が安くなる傾向がありますが、郊外では逆転し住宅よりも賃料単価が高くなるエリアも出てきます。

保育園が向いている土地

  • 認可保育園の認可が下りる土地。一棟貸しの場合、70~80坪以上あると望ましい

13.コンビニ

コンビニへの一棟貸しの土地活用です。

賃料が高く、建築費も比較的安いため、投資効率の高い活用方法となります。

地方でも可能な商業系の活用である点が特徴です。

ただし、トラック等が十分に駐車できる広さが必要であり、最低でも300坪以上は必要となります。

コンビニが向いている土地

  • 300坪以上の広い土地。地方でも出店の可能性はある

14.ロードサイド型店舗

郊外型店舗が建てられる立地であれば、ロードサイド型店舗の土地活用が可能です。

ファミリーレストラン、ドラッグストア、ベビー用品店、ホームセンター等に一棟貸しを行います。

ロードサイド型店舗が向いている土地

  • 幹線道路沿いの土地。敷地の面積としては3,000坪以上あるような土地が望ましい

15.貸店舗

狭い土地でも立地が良ければ貸店舗も可能です。

店舗の中には、「取り次ぎだけ行うクリーニング店」や「コーヒー豆だけを販売する喫茶店」、「おにぎり専門店」、「タピオカ販売店」等の小さな区画でも営業できる業種があります。

このような業種が出店するようなエリアであれば、店舗として貸す土地活用を行うことができます。

貸店舗が向いている土地

  • 大型商業施設の近くの土地。駅から大型商業施設の間、または大型商業施設と大型商業施設の間等、人が多く行きかう動線上の立地が望ましい

16.医療モール

医療モールとは、診療所や歯医者、調剤薬局付きドラッグストア等を専門に入居させる医療系ビルの土地活用のことです。

退去リスクが低く、長期間に渡り安定した賃貸経営ができるメリットがあります。

診療所や歯医者等は郊外でも賃貸ニーズがあるため、地方都市の駅前などでもできる活用方法です。

また、昨今では食品スーパーの近くにも医療モールが建てられるケースが増えています。

医療モールが向いている土地

  • 駅や食品スーパーの近く等、人が多く集まる場所の近くで可能。地方都市でも賃貸需要がある

17.オフィスビル

オフィスビルとは、賃貸オフィスビルの土地活用のことを指します。

オフィスは東京を除き、全国的に賃貸需要が弱まっているため、よほど良い土地でない限りできない土地活用です。

個人で行う場合は、駅前の土地で塾や弁護士事務所等をターゲットとした小規模なオフィスビルが考えられます。

オフィスビルが向いている土地

  • ターミナル駅至近の土地。土地の広さは500坪以上が望ましい

18.ビジネスホテル

ビジネスホテルとは、ビジネスホテル事業者に一棟貸しをする土地活用のことです。

東京や京都だけでなく、新幹線の停車駅近くであれば全国で賃貸需要があります。

200室以上確保できないとホテル事業者の投資採算性に合わないため、敷地としては一般的に300坪以上の面積が必要です。

オフィスビルよりは収益性は低いですが、ワンルームマンションよりも収益性が高い傾向にあります。

ビジネスホテルが向いている土地

  • 出張需要がある土地。特に東京や京都は需要が高い。建物は200室以上確保できる規模が必要

19.トランクルーム

トランクルームとは、コンテナハウスと呼ばれる建物を建築して、倉庫として貸し出す土地活用です。

トランクルーム運営事業者に全体を貸し出す「一括借り上げ方式」と、自営で行い管理だけをトランクルーム運営事業者に委託する管理委託方式があります。

立地の重要性が低く、駅から10分以上離れたような土地でも行うことができます。

また、敷地面積も30坪程度あれば可能です。

トランクルームが向いている土地

  • 近隣にマンションやオフィスビルがあるような土地。敷地が狭く、アパートやマンションに不向きな土地でもできる

20.コインランドリー

コインランドリーは店舗内に大型の洗濯機や乾燥機を設置して利用料を得るタイプの土地活用です。

無人で行うことができるため、自営でも可能な活用方法となります。

コインランドリーの標準的な店舗の広さは20坪前後のものが多いですが、10坪くらいからでもできます。

共働き世帯の主婦がメインターゲットとなり、週末に大量の洗濯物を持ち込むため、駐車場があった方が良いです。

コインランドリーが向いている土地

  • 食品スーパーの近くの土地。敷地面積としては60坪以上あると駐車場が確保できる。視認性が良く、駐車が簡単にできる土地が望ましい

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「

HOME4U土地活用

」をオススメします。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

21.コワーキングスペース・シェアオフィス

コワーキングスペースとは、主に個人や創業者を対象に働く空間を貸し出すタイプの土地活用です。

シェアオフィスも同様に個人や創業者を対象に仕事場を貸す土地活用となります。

コワーキングスペースは広い大部屋をフリースペースで貸し出すイメージが多いのに対し、シェアオフィスは個別のブースに小割りした空間を貸し出すイメージが多いです。

コワーキングスペースもシェアオフィスも、いずれも会員を集め、月額の利用会費を収入とします。

昨今はリモートワークの普及によりコワーキングスペースやシェアオフィスの利用ニーズが増えています。

自宅に仕事部屋がない人が利用するケースが多いため、郊外の住宅街の近くでもニーズがあります。

コワーキングスペース・シェアオフィスが向いている土地

  • 30~40坪程度の土地。都市部のオフィス街の方がニーズは高いが、郊外の住宅街の周辺でも利用ニーズが増えてきている

22.貸し会議室

貸し会議室とは、時間単位でオフィス空間を貸し出す土地活用です。

セミナーや打ち合わせ、催事、パーティー会場等のニーズがあります。

利用者からは1時間当たりの使用料を徴収します。

自営で行うこともできますが、レンタルスペース事業者に貸し出すことも可能です。

貸し会議室が向いている土地

  • オフィス街にある立地、ターミナル駅から徒歩5分圏内の利便性の高い場所

23.時間貸し駐車場

時間貸し駐車場は、時間単位で駐車スペースを貸し出す土地活用です。

駐車場運営会社に土地から貸し出す形式であれば、アスファルト舗装も不要であり、初期費用をゼロ円で始めることもできます。

また、駐車場運営会社に管理を委託し、自営で時間貸し駐車場を運営することも可能です。

自営で運営する場合、アスファルト舗装や精算機等を購入するため、相応の初期投資が発生しますが、収益性も高くなります

時間貸し駐車場が向いている土地

  • 駅や商業施設、観光施設等の多くの人が集まる場所に近い土地。1台からでも可能

24.カーシェアスペース・キッチンカースペース

カーシェアスペースとは、カーシェア用の車のステーションとして貸し出す土地活用です。

1台の駐車スペースからでもできる土地活用となります。

キッチンカースペースとは、弁当の移動販売車に貸し出す土地活用です。

ランチ難民が発生するような都市部のオフィス街でニーズがあり、1台の駐車スペースがあればできる土地活用となっています。

カーシェアスペース・キッチンカースペースが向いている土地

  • カーシェアスペース:自宅のカーポートでも可
  • キッチンカースペース:オフィス街にある空地

25.事業用定期借地

事業用定期借地とは、事業用途の建物所有を目的とした人に土地を貸し出す借地のことです。

定期借地権の一種であり、期限が到来したら確実に土地を取り戻すことができます。

借地事業ですので、土地所有者に建物投資は一切不要です。事業用定期借地の借地期間は、法律で10年以上50年未満と定められています。

借地期間終了の期限が到来したら、建物は取り壊され更地の状態で返還されます。

事業用定期借地では、相当地代と呼ばれる地代収入を得ます。相当地代は一般的に相続税路線価で求めた更地価格の6%程度が年間地代です。

土地所有者は建物所有者ではないため、ランニングコストは土地の固定資産税及び都市計画税のみとなります。

事業用定期借地が向いている土地

  • 駅前一等地の広い土地やロードサイド型店舗に向いている土地等の商業立地で、300坪~3,000坪のような土地が向いている

土地活用をする際には一つ鉄則があります。それは土地活用の無料一括資料請求をすることです。

無料一括資料請求に申し込むと、無料で複数社があなたの土地に最適な活用プランを作成してくれます。あなたはそれらを比較検討できるので、失敗のリスクが非常に低くなります。

土地活用の比較サイトのなかでも筆者は「

HOME4U土地活用

」をオススメします。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ 土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

以上、おすすめの土地活用について解説してきました。おすすめの土地活用は、その土地の特性によって自ずと決まってきます。

無料一括資料請求を使って、自分の土地にあった活用方法を見つけてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

CMで有名なセキスイハイムってどんな会社?土地活用のメリット・デメリットは

もしあなたが「セキスイハイム」による土地活用を検討しているのであれば、「セキスイハイムって名前は知っているけど、どんなサービスをするの?」「セキスイハイムで土地活用を任せる際のメリットやデメリットが知りたい」と思うのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではセキスイハイムで土地活用する前に、絶対に知っておくべき必須情報を紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • セキスイハイムってどんな会社?
  • セキスイハイムの土地活用はどんなサービス?
  • セキスイハイムで土地活用をする際のメリット・デメリットは?

1.セキスイハイムの基礎情報

CMでよく見かけるセキスイハイムですが、詳細について理解している人はそこまでいないはず。

絶対に知っておくべき基礎的な情報に絞って、お伝えしていきます。

セキスイハイムは1971年から本格的に土地活用に対応した住宅事業を開始し、2019年までに毎年年間10,000戸前後もの建物を建築しています。

全国的にCM展開しているだけあって、沖縄や一部の島を除く全ての地域に対応。

従来の建築技法とは異なる「ユニット工法」を採用し、工事の短縮化に成功しました。

建物のほとんどを工場で作り、現地では組み立てるだけというユニット工法は大規模な建物には対応していないため、低層のアパート建築にのみ対応しています。

2.セキスイハイムで土地活用する5つのメリット

次に、セキスイハイムで土地活用するメリットについてお伝えします。

セキスイハイムで土地活用をした際のメリット

  • メリット1 全国対応(沖縄・離島以外)
  • メリット2 建設期間が短い
  • メリット3 高耐久性かつ高品質な建物
  • メリット4 充実した保証(20年の各種保証&60年間の定期点検)
  • メリット5 一括借り上げ(サブリースも利用可能)

セキスイハイムで土地活用を依頼する最大のメリットは、大手ならではの住宅品質と言えます。

また「ユニット工法」による工期の短縮は、セキスイハイム独自のメリット。

日本のどこの地域でも、気候や天候に関係なく安定した品質で建設することが可能なため、住宅の劣化リスクが高くアパート経営などが敬遠されがちな北海道でも、セキスイハイムはトップクラスのシェアを誇っています。

さらにアフターサービスが充実していたり、空室リスクを回避することができる「一括借り上げ」を利用することもできるのも大きなメリットです。

2.セキスイハイムで土地活用する3つのデメリット

前章ではセキスイハイムで土地活用するメリットについて紹介しましたが、ネガティブなデメリットがあるのも事実。一体どのようなことでしょうか?

セキスイハイムで土地活用をした際の3つのデメリット

  • デメリット1 価格が高い(業界でもトップレベル)
  • デメリット2 低層のアパート以外には対応できない
  • デメリット3 外観デザインの自由度が低い

セキスイハイムで土地活用を行う最大の欠点は、「高価格」であることに尽きるでしょう。

気になる建築価格の目安は坪60万円ほどと、他の会社に比べても少し高めの金額です。

耐久性が高く高品質であるため、価格が高くなるのは当然といえば当然ですが、「そこまでしなくてもいいから、もう少し安くしてくれたら…」という声も少なからず存在します。

また様々なメリットのある「ユニット工法」ですが、低層住宅以外の建物には対応が困難であるのが問題であったり、オリジナリティーにこだわりたい土地オーナーにとっては、満足いく外観デザインにならない可能性が高いです。

3.セキスイハイムを利用する際の注意点

最後にお伝えするのは、セキスイハイムを利用する際の注意点について。

絶対に注意して欲しいポイント、それは「担当者」です。

大企業であるセキスイハイムでは、個人用の戸建住宅と土地活用、それぞれに特化した担当者が存在します。

土地活用のための建物を建てるのであれば、土地活用に特化した担当者にサポートしてもらった方が絶対にいいです。

しかし、セキスイハイムでは最初に対応した営業がそのまま担当となるケースが多いため、個人用の戸建住宅に特化した営業が担当になってしまうことがあります。

問い合わせの際に、土地活用に特化した担当者をこちらからオーダーして、個人戸建ての営業が担当にならないように事前に対策しておきましょう。

4.土地活用をするときは売却も含めた様々な方法を視野に

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用を主な事業としている「セキスイハイム」が気になっている人に向けて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

セキスイハイムの事業内容はもちろんのこと、メリット・デメリットや利用する際の注意点についても理解いただけたと思います。

もし土地活用でセキスイハイムを選択するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

今後の土地活用の動向はどうなる?プロがこっそり教える土地活用の未来とリスク

もしあなたが土地活用を検討していたら、「今は土地活用のタイミングだろうか?」「話題の土地活用ってなんだろう?」と考えたことはないですか?

そこで今回の記事では、今後土地活用をするなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の良いタイミングって?
  • 昔から有名な土地活用は今でも有効?
  • 今話題の土地活用は?

1.定番の土地活用の最新動向

土地活用には多数の方法がありますが、昔から多くの人に選ばれている「定番の土地活用」と呼ぶべき方法があります。

今も昔も人気である「定番」の土地活用は、以下の方法が挙げられるでしょう。

昔から定番の土地活用はこれ!

  • アパート経営
  • テナント経営
  • 月極駐車場経営

これらの手法は、土地活用に興味がある人なら、一度は聞いたことがあるはず。

これらの方法はなぜ「定番」なのかというと、今も昔の一定の利益を稼ぎ出し続けている方法だからです。

今まで好景気や不況など社会情勢が多様に変わってきたのにも関わらず、土地活用の方法として選び続けられています。

つまり一定の収益を出し続ける安定した方法と言えます。

長年の歴史をもつ土地活用方法だからこそ、最近は様々なノウハウも確率され、初心者でもチャレンジしやすい環境づくりが進められているのが特徴。

工事から運営まで「フルパッケージ」でサポートする企業が増えているため、自分はお金を出すだけで完結する事例も増えています。

そんな「定番」の土地活用は、今後どんな動向を見せていくのでしょうか?

多くの土地活用の現場に携わってきた元・不動産業者としての見解をお伝えします。

「アパート経営」の今後

空き地にアパートを建てて、毎月の家賃を収益として得る「アパート経営」

昔から安定の土地活用として多くの人に選ばれていますが、今後は「供給過多」に気を付けるべきでしょう。

昨今、全くの素人でもすぐにアパートのオーナーになれるサービスを提供する不動産会社が増えました。

建築から完成後の運営まで一括で行うので、オーナーがやるべきなのは最初の初期投資だけ。

そのせいか、アパート経営にチャレンジする人が急増し、地域によっては完全な供給過多となり、空室が目立ってきます

今後アパート経営にチャレンジする人がますます増えることは間違いなく、さらなる供給過多が見込まれるでしょう。

アパート経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

「テナント経営」の今後

空き地にテナントを建築し、事業者や企業から毎月の家賃を得る「テナント経営」

アパート経営に比べて家賃や初期費用を高額に設定しやすいうえに、退去しにくい点が評価されている土地活用方法です。

今後もビジネス街や商業地に建てることができれば、利用者に困ることはないと考えられています。

しかし実際のところ、一般的には絶対に失敗しないと考えられている立地にテナントを建てたのにも関わらず、利用者がなかなかつかない事例が報告されているのです。

立地的にベストな場所にあるにも関わらず、なぜ利用者がつかないのでしょうか?

それは新規事業者がコワーキングスペースやレンタルオフィスなど、毎月の賃料が安くてすむ場所をテナントとして利用しているから。

そこまで爆発的にモノやサービスが売れない昨今では、家賃を削るのが最大の経費削減と考えられています。

従来通りに「テナントは高額の家賃がとれる」と短絡的に考えていると、今後痛い目にあうかもしれません。

テナント経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用xテナント
土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたら …

続きを見る

「月極駐車場経営」の今後

自分では使わない土地を整地して、駐車スペースを貸しだす「駐車場経営」も昔から人気の土地活用です。

運営開始までの費用が低額で済むうえに、利用者が全て埋まれば安定的な収益が得られる利点があります。

「若者の車離れ」が問題視されていますが、実際は非常に局地的な問題で、多くの地域ではいまだにマイカー移動が普通です。

そのため一部の都市圏を除いて、今後も駐車場は安定的な収益を生み出すでしょう。

しかし昨今、駐車場を運営するうえで新たな問題が発生しているのをご存知ですか?

実は駐車場利用者からのクレームやトラブルが多発し、オーナーを困らせているのです。

昔から駐車場ではよくある「運転を間違えてぶつけてしまった」等のトラブルは保険が解決してくれるので、駐車場オーナーが関わるべき事ではありません。

問題となっているのは、「自分の駐車スペースで他所の子供が遊んでいる」「タバコが落ちている」等のトラブル。

昔なら「仕方ない」「まあいいか」で済まされた小さな問題が、「許されざる問題」だと捉える人が多くなってきたのです。

今後駐車場を運営するなら、理不尽なクレームを言う人が出てくることを覚悟しておく必要があるでしょう。

テナント経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

2.最近人気の土地活用の最新動向

ここまで「定番」の土地活用の最新動向と今後について、紹介してきました。

それぞれの活用方法が今後どうなるのか理解いただけたと思います。

では「定番」以外の土地活用、つまり最近人気になってきた土地活用はどうでしょうか。

ひと昔前では行われていませんでしたが、機械技術の進歩やビジネスモデルの成熟によって台頭しつつある方法があります。

最近人気の土地活用は、以下の方法が挙げられるでしょう。

最近人気の土地活用はこれ!

  • 太陽光発電
  • 福祉施設経営

上記で挙げた方法は、ひと昔前までも行われていた方法ですが、以前は導入するまでの機材が高かったり、素人では参入できない壁があったりと、多くの人に選ばれる土地活用にはなれない要素が多分にありました。

しかし昨今の全国的な「空き地問題」によって、増大化する土地活用の波に乗り遅れないようにと先鋭化を進め、人気の土地活用として台頭しつつあります。

そんな最近台頭してきた土地活用方法の今後は、どうなるのでしょうか?元・不動産業者としての見解をお伝えしましょう。

「太陽光発電」の今後

「太陽光パネルを設置するだけで、自分は何もしなくても毎月お金が振り込まれる」という触れ込みで爆発的なブームとなった「太陽光発電」。

現在では太陽光ブームも多少鎮静化してきましたが、なぜ鎮静化したと思いますか?

実は太陽光発電の今後のリスクの大きさに気づいてしまった人が多くなったからです。

太陽光発電は発電した電気を第三者に売却(売電)することによって利益を得るため、「いくらで買い取ってもらえるか」が最も重要なのです。

しかしながら、最初は1kwあたり40円もあった売電価格が、2022年度(令和4年度)現在では、20円弱まで下落しています。

インターネットでもカンタンに調べることができる「売電価格の危うさ」に気づいてしまった人が太陽光発電を選ばないようになっているのです。

売電価格は今までずっと値下がりを続けており、残念なことに一度も値上がりをしたことがありません。

今後、多少の値上がりがあったとしても、40円台まで回復する見込みはないといっても過言ではないでしょう。

太陽光発電による土地活用に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

太陽光発電の投資は今から開始したらもう遅い?税金・費用や危険性を解説

国が買い取りを行い、安定した収入が見込める投資手法として話題を呼んだ太陽光発電。 しかし、年々国による買取価格は下落傾向 …

続きを見る

「福祉施設経営」の今後

空き地に福祉施設を建てて収益を得る「福祉施設経営」も、最近よく行われるようになりました。

昨今の高齢化問題に目を付けた土地オーナーがよく挑戦しており、利用者は公募によって得られることが多いため、利用者の確保がしやすく経営が安定しやすいのが利点です。

なにより社会貢献につながる土地活用は、福祉施設経営の最大のメリットと言えるでしょう。

高齢化問題はそうそう解決できる問題ではないため、今後も「福祉施設経営」は安定した収益を稼ぎ出してくれるはず。

しかし思わぬミスによって、撤退に追い込まれるケースが報告されていることを忘れてはなりません。

実はスタッフのミスがネットを通じて拡散し、利用者が激減した事例が多発しているのです。

福祉施設を運営する上で、利用者に対するミスは許されざるものですが、スタッフも人間なのでミスがゼロになることはありません。

昔なら人知れず処理されていたミスも、今では一回でもしてしまえばネット中に拡散。たちまち撤退への追い込まれるケースもあります。

今後福祉施設を経営するなら、たとえ初心者スタッフがいたとしても、ミスは許されないことを肝に銘じておきましょう

福祉施設経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用×福祉施設
土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識

土地活用には様々な手段がありますが、昨今注目されつつある「福祉施設」に目を付けている人もいるはず。 こんな悩みをスッキリ …

続きを見る

3.土地活用を成功させるには色々なプランの比較検討が必須

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、今後の土地活用の動向を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

よく行われる活用方法の動向はもちろんのこと、最近人気の土地活用の今後についても理解いただけたと思います。

もし土地活用の手段を迷っているなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用を大手企業に依頼する場合の知っておくべきメリット・デメリット

もしあなたが使わない土地をもっているのであれば、「土地活用ってどんな方法があるのかな?」「やっぱり大手企業に依頼すべき?」「大手企業でもデメリットはあるのかな?」などの不安があるかもしれません。

大きなお金が動く土地活用だからこそ、大手企業が安心なのは事実です。

しかし任せっぱなしで良いのでしょうか

そこで今回の記事では、大手企業に土地活用を依頼する前に絶対に知っておくべき必須情報を紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地の活用方法は、大手の企業に全部任せてみるべき?
  • 大手に土地活用してもらう際のメリットは?
  • 社会的に信頼されている大手企業にもデメリットってある?

1.土地活用を大手企業に依頼するメリット・デメリット

土地活用には様々な方法があります。

代表的な方法だと「アパート経営」「駐車場経営」が挙げられるでしょう。街でよく見かける「自動販売機」も立派な土地活用です。

方法がたくさんあるからこそ、何から手を付けたらいいかわからない人は少なくありません。

そんな時助けになってくれるのが、土地活用を全面的にサポートしてくれる企業です。

地元に根付いた小さな企業からCMで見かけるような大手企業まで、多くの種類の会社が土地活用のサポートを行っています。

しかし大半の人は圧倒的な知名度という安心感から、大手企業を選ぶことが多いでしょう。

仮に大手をサポート企業として選んだ場合、どんなメリットを得られることができるのでしょうか。

大手に依頼するメリット

大手企業に依頼する場合のメリットはこのようなものがあります。

メリット

  • メリット1 膨大な過去の事例を持っているため、大失敗に陥ることがない
  • メリット2 成功の確率を上げる施策やアイデアをたくさん保有している
  • メリット3 様々な業務を大手が代行するため、自分は何もしなくてもいいことが多い

これらのメリットは、大手企業からしか得られないものです。

自分が求めていたメリットがあったのであれば、迷わず大手を選ぶべきでしょう。

しかしメリットだけではなく、デメリットがあることも忘れてはいけません

大手には以下のようなデメリットが存在します。

大手に依頼するデメリット

2つのデメリット

  • デメリット1 対応している顧客数が多いため、一人一人の対応が淡泊になりがち
  • デメリット2 大手側にミスや問題があっても、泣き寝入りになることが多い

2.土地活用の「方法」によって変わるメリット・デメリット

ここまで、土地活用を大手に依頼する際のメリット・デメリットについて紹介してきました。

しかし土地活用の方法が変われば、新たなメリット・デメリットがさらに追加されることを忘れてはなりません。

そこでここからは、土地活用の代表的な方法である「アパート経営」「コインパーキング経営」「自動販売機設置」を大手に依頼する際のメリット・デメリットについてご紹介。

「方法」によって、どのようなメリット・デメリットが追加されるのか、注目してみてください。

「アパート経営」を大手に依頼した場合

「アパート経営」を大手に依頼すると、近隣の調査からアパートの建築、家賃の回収まですべて行ってくれることが多く、自分では何もしていないのにお金が入ってくることが可能です。

さらに「家賃保証」と呼ばれる「入居者がいなくても家賃がもらえるシステム」までついてくるため、土地活用初心者にとってはうれしいメリットばかりを得られることができるでしょう。

しかし最初から最後まで大手にまかせっきりになるので、契約における重要な部分を全く理解していないまま、話を進めてしまうことが少なくありません。

代表的な例が「家賃保証」の金額です。家賃は100%保証されるわけではありませんし、築年数がたつにつれ保証額が減っていくことも忘れてはいけません

土地活用をアパート経営することについての詳細は「知らないと失敗する?土地活用でアパート経営を成功させるための全知識」に詳しく説明しています。

「コインパーキング経営」を大手に依頼した場合

「コインパーキング経営」を行う場合、一般的には自費で機材を購入して、自分の土地に工事を施しますが、大手に依頼すると少し形態が変わってくることでしょう。

大手企業に土地を貸して、大手側が工事費用を負担し運営する形になることが多いです。

メリットとしては工事費用を一切負担する必要がないことでしょう。運営も大手企業側が行うため、自分では何もしなくてすむのも大きな利点です。

しかし土地を貸すだけなので、手に入る収益がガクッと落ちてしまうことを忘れてはいけません。

自分で機材を購入する方法に比べると、半分以下の収益になることを事前に覚悟しておくべきでしょう。

「自動販売機設置」を大手に依頼した場合

自動販売機を設置する際、大手の飲料メーカーに依頼すれば2種類の方法から選ぶことになります。

  • 自動販売機を購入して自ら運営する方法
  • 土地だけ貸す方法

どちらの方法も大手飲料メーカーが関わっているという「安心感」が手に入ることがメリットですが、デメリットももちろんあります。

自動販売機を購入する場合、大手だと本体価格が非常に高くなり、土地だけ貸す方法だと手に入る利益が非常に低くなるデメリットがあります。

3.土地活用をするときは様々な情報収集を!

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、大手企業に土地活用を依頼する前に、知っておきたい必要知識について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

大手に依頼することによって、得られるメリットやデメリットを理解いただけたと思います。

土地活用を大手に依頼する際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

ホテルで土地活用したい方必見!オススメの土地やホテル経営のノウハウのある会社は?

もしあなたが、土地活用でホテル運営を検討しているのであれば、「素人がホテルで土地活用するのはやっぱり無謀?」「ホテルを建築してくれる会社やホテル運営の注意点を知りたい」と思ったことはないですか?

あなたの土地が人気観光地にあるなら、早くこのような疑問を解消して次に進みたいですよね。

そこで今回の記事では、ホテルで土地活用をする人は絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • ホテルでの土地活用を成功させるには?
  • ホテル経営に向いているのはどんな土地?
  • ホテル建築をしてくれる会社を知りたい

1.ホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識

広大な土地を利用する土地活用として「ホテル」を検討している方のために、まずホテル経営の長所と短所を紹介しましょう。

ホテルで土地活用するなら、観光客と出張者に利便性が高く十分なお客様を見込める場所なのかが重要です。

中には遠く離れた辺ぴな場所で成功しているホテルもありますが、せっかくホテルで土地活用するなら、利便性の高い駅から近い場所が最適です。

有名な観光地でなくても、訪問者が多い魅力的な立地の土地であれば、ホテルで土地活用できる場所と言えます。

ホテルという業種は様々なノウハウの集合体のため、経営経験が一切無い初心者がいきなりホテル経営をするのは無謀です。

ホテルで土地活用を検討する際の注意点を紹介します。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点1

ホテルで土地活用を検討するなら、規模に関係なく既存の事業者と長期の一括借上方式の契約を結ぶべきです。

家賃の発生具合は契約に基づいて異なりますが、基本的にはホテルが運営開始されてから家賃が発生します。

もし建設に遅れがでたら、別途の規定がない限り土地所有者が損害を被る仕組みになっています。

このリスクをよく理解した上で契約を結びましょう。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点2

ホテルは特殊な事業なので、一般的なアパート、オフィス経営よりも多くの賃貸収入を得る事も可能な一方、ホテルでの土地活用の欠点は、「撤退しにくい」事です。

賃借人である事業者が撤退を決定しても、建物は残ります。

ホテル用の建物は、それ以外の用途に使用されないため、次の利用先を見つけるのはマンションやオフィスの数倍の時間がかかる可能性があります。

ホテル用の建物は売却もしにくいため、完全に撤退するのはかなり難しいです。

ホテルで土地活用するなら、一蓮托生の覚悟で行う必要があります。

2.ホテルに対応した土地活用会社(1) 高松建設

前章ではホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識についてお伝えしました。

土地活用の手段としてホテルを選ぶ際にはかなりの経験と知識が必要になります。

「ホテルに対応した土地活用会社」に依頼するのが成功の近道なので、まずは高松建設を紹介します。

高松建設はどんな会社?

ホテルの土地活用に対応した高松建設は、東名阪の3大都市と周辺地域を中心に活動する企業です。

100年もの圧倒的な歴史の中で培ってきた建設の実績とノウハウを持つ一方、土地活用を主な事業とする会社でもあります。

ホテルはもちろん、商業・医療・オフィス・住居に対応が可能で、以下のような土地活用の総合的なサービスを受けられます。

  • マーケティング
  • 企画
  • 設計
  • 建設
  • アフター対応まで

高松建設の土地活用のメリット

高松建設の土地活用は一括借入システムを利用でき、空室をヘッジしたホテルでの土地活用が可能になります。

高松建設の土地活用は自由設計が可能で、鉄筋コンクリート造(RC造)と一般的な鉄骨造などの在来建築をわざわざ選択する必要がありません。

また100年もの経験と実績に裏打ちされたノウハウがあるため、地域によって条件とサポート内容は異なるものの、高い保証料率で安定的な収益を確保できるでしょう。

高松建設の土地活用のデメリット

ただ高松建設にホテルでの土地活用を依頼する欠点もあります。

やはり「価格の高さ」「対応地域の狭さ」は問題です。

高松建設の土地活用に対する対応力や提案力は、業界最高水準。そのため価格も非常に高いです。

高松建設は自社工場で自分の建築部材を製造する「工業化建築」ではなく一般的な市場での建築部材を調達する在来建築のため、

建築時期によって価格が大きく変動するリスクがあります。

またエリアが東名阪に限られているため郊外に対応できないことや、建築図面の作成、建築確認申請、工事期間が長く他の住宅メーカーよりも完成まで数ヶ月ほど多くかかるリスクも理解しておきましょう。

3.ホテルに対応した土地活用会社(2) レオパレス21

次に紹介する会社はレオパレス21です。

レオパレスはどんな会社?

レオパレスは1973年に設立された土地活用会社です。

ホテルはもちろんのこと、住宅系・医療系・商業界など幅広い土地活用に対応しています。

賃貸アパートの経営・運営を主にしていますが、高齢者施設や店舗・商業施設・ホテル建築も可能です。

CMは賃貸アパート中心のため、これだけ幅広い土地活用をしていることは、あまり知られていないのでしょうか?

レオパレスの土地活用のメリット

レオパレス21の建築は計画に基づいて工法を変更して、コストを削減できます。

さらに建築後のアフターサービスとして、建物の管理、コンサルティングも提供しています。

このように、ホテルの土地活用をサポートする業界でも類を見ない独自の手厚いサービス内容と言えます。

レオパレスの土地活用のデメリット

手厚いサービス内容ではあるものの、レオパレスはホテルが主要なサポート対象ではありません。

そのためホテルを専門とする担当者が付けないケースがあるので、注意してください。

ホテル運営のことが分かっていない担当者がついてしまっては一切のメリットもなくなりますので、事前に担当の専門分野に関する確認はしておきましょう。

4.ホテルで土地活用するなら「法人化」は必須

ここまでは具体的にホテルでの土地活用を支援してくれる会社をご紹介しました。

ホテルのような大スケールの土地活用だと成功するとかなりの収入を稼ぎ出して、納めるべき税金が多額になってしまいます。

そのためホテルで土地活用するなら、最初から「法人化」して行う方が良いでしょう。

土地活用ではじめから法人化するのは稀ですが、一体どのようなメリット・デメリットがあるでしょう?

法人化のメリット

  • メリット1 一定以上の所得になれば、税金の負担がかなり軽くなる
  • メリット2 金融機構の信用が高まり、出資向けの融資が利用しやすくなる
  • メリット3 退職金がもらえるうえに社会保険が使える
  • メリット4   会社に身内の参加も可能

ただ法人設立にはメリットだけではなくデメリットもあります。

法人化のデメリット

  • 注意点1 企業を維持するだけでも経費がかかる
  • 注意点2 複式簿記となるため事務作業も複雑になる
  • 注意点3 一定期間ごとに役員の改選が不可欠

このようなデメリットもありますが、ホテルで手に入るお金は大きなものになるので、税務上法人化するのは避けられないでしょう。

ホテル建設前に法人化する流れと注意点

もしホテル建設前に法人化するなら、まず法人を設立するための書類作成や申請を行うことになります。

設立する企業が「株式会社」「合同法人」かによって、経費や流れが変わってくるので注意してください。

設立は自らで行う事も可能ですが、かなりの手間と時が必要になるうえで挫折する事が多いので専門のプロに代理してもらう事を推奨します。

法人化できたら、無事にビジネスが開始できます。

ただ今後の売り上げはすべて会社のものとなり、自らはたんなる会社員になり毎月決まった給与を得る立場になります。

また法人化は「節税」のために行いますが、ホテルの売り上げが減ってしまった時、税の負担が重くなる事があります。

節税のために法人化したのにも関わらず、これでは本末転倒でしょう。

法人化をムダにしないためにも、先述した「一括借り上げ」は必須になります。

5.ホテルで土地活用するための資金調達

次に紹介するのは、ホテルで土地活用するための資金調達について。

ホテルでの土地活用は初期経費がとても多く、自己資金で総てをまかなう事はできません

土地活用専門の融資を活用して、お金を調達する事になるでしょう。

土地活用融資は今ある土地と建築予定のホテルを担保にして、銀行から融資されます。

住宅ローン等とは異なるので、融資の際の注意点を解説します。

ホテル資金融資の注意点

住宅ローンなどに比べると少々利息が高く、完済までの期間が短く設定されるでしょう。

ただ億単位の融資が可能なのが最大の魅力です。

融資する費用が多大なる額になるせいか審査はとても難関。融資実行まで半年以上かかるのも多いです。

活用する人が多くないせいか、住宅ローンなどに比べると取り扱い銀行も少ない傾向があります。

もし審査に挑戦する時、どんな点に気を付ければいいでしょうか。

厳しい審査を通るために気をつけるべきところは

土地活用の収支計画

「収支計画」「信用情報「ホテルと土地の価値」」にしっかりと気をつけましょう。

土地活用の収支計画はひと昔前までそこまで優先していませんでしたが、昨今では最も優先される要素です。

しっかり返金可能なのか、収支計画書の隅から隅までを審査されます。

素人が作った計画なら高確率で否決されるので、必ず審査に通りたいのであれば、土地活用のプロに作成を依頼するのを推奨します。

申込者の信用情報

また銀行は申込した人の信用情報を重要視します。

申込者の「信用情報」とは金融事故(自己破産や滞納)は無論の事、職業や身内構成までを含めた情報の事です。

信用情報は面談で感じた「フィーリング」も換算されるので注意してください。

ホテルと土地の価値も審査には大きな影響を及ぼします。

あまりにも価値に見合っていないなら否決になるはず。価値に見合った金額で申し込むようにしてください。

「収支計画」「信用情報」「ホテルと土地の価値」を意識すれば、融資を勝ち取る事ができるはずです。

6.土地活用を検討する際はなるべく多くのプランを

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、ホテルで土地活用をする人は絶対に知るべき必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ホテルでの土地活用を成功させるための知識が全て理解いただけたと思います。

どんな土地がホテルに向いているのかもわかるので、まだ土地を取得していない人にも立てたのではないでしょうか。

もしホテルで土地活用をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

土地活用の良い会社はどうやって調べたら良い?会社やサービスを比較検討したい方へ

もしあなたが使わない土地を何等かの方法で活用したいと検討しているのであれば、様々な土地活用の方法やどんな会社がやっているのか、会社を比較するときの基準はなんだろう?など考えたことはないですか?

土地活用を提供している会社はいくつもあるので、会社比較は絶対です。

そこで今回の記事では、土地活用の会社を利用するなら、絶対に知っておくべき必須情報を比較・紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用をサポートする会社の特徴は?
  • 東建コーポレーションはどんな会社?
  • 大東建託のサービスは?

1.会社を選ぶ時に比較すべき3つのポイント

土地活用を行う際、自分の力だけで実現するのはなかなか難しいです。

代表的な土地活用である「アパート経営」や「マンション経営」は、その最たる例でしょう。

大規模の建築物を土地に建てる必要があるため、工事ができる業者の力が必要ですし、完成後のサポートもお願いしたいところ。

最近の土地活用では、工事からサポートまで一括で行ってくれる会社に依頼するケースが増えており、1社に全てをお任せするのが通例です。

逆に言えば、最初に依頼した会社に全てを託すことになるので、あなたの土地活用が成功するか失敗するかは、会社選びにかかっていると言っても過言ではありません。

ではどんな基準で会社を選べば、失敗のない会社選びにすることができるのでしょうか

意識して比較すべきポイントは以下の3つです。

比較すべき3つのポイント!

  • サポート体制
  • 対応可能な工法
  • 過去の施工実績

3つのポイント全てが優れている会社は、正直言ってありません

そんな会社があれば、他の会社が淘汰されてしまうため、当たり前といえば当たりまえですが、土地活用の初心者はすべてが完璧の会社を探しがちです。

3つのポイントの中から、自分が最も重視すべきことは何なのか、ハッキリと決めてから比較すると、自分が選ぶべき会社が見えてくるはず。

では次の章からは、土地活用の代表的な3つの会社について紹介します。

会社によって強みは異なるので、「どの強みが自分にとって大切か」ということを意識して合う会社を探してくださいね。

2.東建コーポレーション

まず紹介するのはCMでよく目にすることも多い「東建コーポレーション」です。

アパート経営では一般的になりつつある「サブリース」「経営代行」を両方とも導入しています。

具体的なサポート内容は、以下の通りになります。

東建コーポレーションの具体的なサポート内容はこれ!

  • 建築後の部屋をすべて借り上げ
  • もともとの家賃の70%を毎月支払い
  • 家賃の金額は30年間変更されない
  • 新築後10年間までは家賃の95%を支払い(2ヶ月空室の場合のみ)
  • 経営・運営に必要な業務は代行(別途料金が必要)
  • 東建コーポレーションは一般的なサブリースとは、ひと味違う独自の方式を採用しているのが特徴。

支払われる家賃額は年々変動されるのが通例ですが、東建コーポレーションのように予め確定しているのは非常に珍しいです。

収益の安定を図りたいオーナーには、絶好の制度となっています。

「経営代行システム」は別途料金が必要ですが、入居者募集から建物の各種管理業務、クレーム・トラブル解決まで行ってくれるため、自分で何か行う必要は一切ありません。

必要なのはお金の投資だけで、文字通り「不労所得」を実現できるでしょう。

対応している工法は「木造」「鉄骨造」「RC造」の3種類と、一般的なラインナップ。

最近主流となりつつある木造の2階建てアパートはもちろんのこと、中層高層アパート用の鉄骨造にも対応しています。

メンテナンス性や性能を重視するオーナーに対応するためにRC造も実現可能です。

東建コーポレーションの過去の実績は2017年に発表された時点で着工戸数88万戸と、数ある会社の中でも圧倒的に多い件数となっています。

大々的に発表するだけの実績を東建コーポレーションはもっています。

3.大東建託

ここまでは東建コーポレーションについて紹介しました。

テレビで大々的にCMするだけあって、圧倒的な過去の実績を誇ることを理解していただけたと思います。

次に紹介するのは、こちらもCMでお馴染みの「大東建託」です。

賃貸アパートの駐車場にある「大東建託」の旗を見かけたことがある人は少なくないはず。

そんな大東建託の主なサポート体制は、以下の通りになっています。

大東建託の具体的なサービスはこれ!

  • 30年間の一括借上げ
  • 最初の10年間までは賃料固定
  • 5年ごとに家賃を更新
  • アパートを維持するための修繕費用が無料
  • 日々の運営を委託することも可能

一般的に行われている一括借り上げは2年での賃料変更が普通です。

そんな中、大東建託の見直し期間である5年は良心的と言ってもいいかもしれません。

しかも一度設定した家賃を新築から10年に限り、固定されるのも魅力です。

一括借り上げを利用しようと考えている土地オーナーには、うれしいポイントでしょう。

またアパート建築では切っても切れない関係である、日々の修繕を無料で大東建託が行ってくれるのは、大東建託の大きな魅力の一つです。

最大で30年間は修繕費用を負担してくれるので、アパートを手放すタイミングによっては全く修繕費を支払わなくてすむことも。

初心者オーナーにはうれしい日々の運営・経営を委託する制度があるのも注目すべきでしょう。

面倒な入居者募集やアパートの管理業務、入居者からのクレームやトラブルの対応を全て大東建託が行ってくれます。

ただし委託を利用すると、別途手数料が必要なので注意してください。

対応している工法は「木造」「軽量鉄骨造」「重量鉄骨造」と幅広く対応。

土地オーナーの希望したアパートによって、工法を変える仕組みとなっています。

2階建てなら木造、3階建て以上ならなら軽量鉄骨、もっと規模が大きくなるなら重量鉄骨と、どんな規模のアパートでも建築することが可能です。

気になる過去の実績ですが、残念ながら着工戸数は2017年の時点では未公表で、どれくらいの工事を行ってきたのか把握することはできません

堂々と発表している会社もあるなかで、大東建託は公表していないわけですから、何か意図があるのでしょう。

4.クラスト

ここまで大東建託について紹介しました。

大東建託はどんな規模もアパートでも、フレキシブルに対応していることを理解していただけたと思います。

最後に紹介するのは、CMなどの広告媒体ではあまり目にすることもない「クラスト」について。

クラストはアパートではなく、マンション建築に特化した会社となっています。

サポート内容もサブリースなど様々なサービスを多数提供している他の会社と比較すると、一貫して「管理」に特化しているのが最大の特徴。

なんと業界では唯一と言っても過言ではない無料の管理サポートを行っているのです。

  • 入居者募集
  • 入居時または退去時の立会い対応
  • 各種事務手続き
  • 入居者への各種対応(24時間体制)
  • 近隣住民からのクレーム対応
  • 家賃滞納者への取り立て
  • 建物管理・保守・メンテナンス

マンションは戸数が多くなるため、これだけの対応を個人と行うとすれば、大変な労力を必要とします。

専門会社に依頼したとしても、無料で済むことはなかなかありません。

クラストの無料管理サポートは、業界を震撼させる驚異的な内容と言っても過言ではないでしょう。

ただし戸数が多いマンションに特化しているせいか、サブリースなどの家賃に対するサポートは基本的に対応していませんので要注意。

ではクラストが対応している工法は、どうなっているでしょうか。

マンション建築では一般的な「壁式鉄筋コンクリート(WRC)」と「造鉄筋コンクリート(RC)造」に対応

耐震・耐火・遮音などを高めた、一流のマンションには絶対不可欠な工法にしっかりと対応しています。

建築費用が高くなりがちな工法ですが、オーナーの負担を少しでも減らすためにコストダウンに成功しているのもうれしいポイントです。

気になる過去の実績ですが、首都圏・関西圏・東海地区において年間約100棟の実績があると発表されています。

土地活用は方法も会社も複数調べるのが鉄則!

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用する際に利用することになる会社の必要知識を比較・紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたが持つ土地を任せるべき会社がどこなのか、理解いただけたと思います。

もしまだ自分の土地を任せる会社を決めきれていないのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 未分類

短期間での土地活用の注意点は?短期向きの土地活用4つの方法

もしあなたが短期間(2年以下)での土地活用を検討しているのであれば、「短期間でできる土地活用ってなんだろう?」「期間限定の場合、何か条件があるのだろうか」など考えたことはないですか?

譲渡・相続して手に入った土地を、自分が利用するまで放置することは少なくありません。

このように2年以下の短い期間・あるいは期間限定で、せっかく手に入れた土地を何等かの方法で活用できないか考えている方に向けて「短期間での土地活用法」についてご紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 短期間での土地活用ってそもそも可能なの?
  • 短期間での土地活用の注意点は
  • 短期間での土地活用のおすすめは?

1.短期間の土地活用に必要な条件

まず知っていただきたいのは、短期=2年以下での土地活用に必要な条件について。

本来土地活用は基本的に長期間で行うものなので、短期で行おうとすると様々な弊害が発生してきます。

長期でやれば成功する方法でも、短期で行ったことにより失敗を招くことも少なくありません。

では一体どんな条件に該当する土地活用なら短期で行ってもいいのでしょうか?満たすべき条件は、以下の通りです。

短期間の土地活用を成功させるポイント

  • 初期投資が無料または少額
  • 法的・仕組み的に早期撤退が可能
  • 撤退費用が無料または少額

これらの条件を満たすことができる土地活用は、以下のラインナップとなります。

  • 借地
  • 太陽光発電
  • レンタル倉庫
  • 駐車場

ではひとつひとつ、詳しく紹介していきましょう。

2.初期費用がかからない借地

「借地」は自分の持っている土地を第三者に貸すことによって、毎月の賃料をもらう土地活用で、以下のようなメリットがあります。

借地運営の3つのメリット

  1. 不動産業者に「借地として運営したい」と依頼するだけで、すぐに利用者を募ることができるて手軽さ
  2. 初期費用が一切かからずに運用できる
  3. 契約期間も基本的には自分の好きなように設定できる

これらが借地で土地活用を短期で行う際のメリットです。

ただし、一つだけ借地での土地活用を行う上で絶対にやってはいけないことがあります。

それは借地に建物を建てさせてしまうこと

実は借地に建物を建てさせてしまうと、最大100年間は土地を貸し続けないといけない法律があるのです。

もし短期で借地をしたいなら、建物を建てる予定の人には絶対に貸さないこと。

建物を建てる必要がない「資材置き場」などの用途で借りる人だけを対象にしましょう。

借地での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

3.売電で利益を生み出す太陽光発電

「太陽光発電」は自分の持っている土地に太陽光パネルを設置し、発電によって得られた電気を第三者に売ること(売電)によって利益を生み出す土地活用です。

発電を開始するには、もちろん太陽光パネルを準備する必要がありますが、昔に比べて今の太陽光パネルは単価が低くなっているため、少額の投資で済むことが多いでしょう。

仮に太陽光発電をやめるとなった場合も、パネルは中古品として売却することが可能です。

中古の太陽光パネル市場は根強い人気があるため、売却もそこまで苦戦をしなくて済むはず。

日ごろの売電で得た金額と撤退後に売却したパネルの金額を合わせると、最終的にプラスになることも多く、短期の土地活用に向いている方法だと言えるでしょう。

もし短期で太陽光発電をするのであれば、太陽光パネルの選択が重要になります。

パネルの投資額は絶対にケチらず、有名メーカーの品質のいいパネルにしてください。

日ごろの売電結果はもちろんのこと、撤退時のパネル売却価格や売却までの期間にも影響が出てきます。

太陽光発電のリスクや注意点に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

太陽光発電の投資は今から開始したらもう遅い?税金・費用や危険性を解説

国が買い取りを行い、安定した収入が見込める投資手法として話題を呼んだ太陽光発電。 しかし、年々国による買取価格は下落傾向 …

続きを見る

4.近年、注目を集める「貸し倉庫」

「貸し倉庫」は自分の持っている土地に小規模の倉庫を複数設置し、収納が足りない第三者に貸すことによって、毎月の利用料をもらう土地活用です。

初期投資としては倉庫費用しかかからないため、そこまで大きな初期費用が掛からない点が魅力でしょう。

また撤退する際に倉庫そのものを売却できる、というのもポイントです。

「貸し倉庫」は今注目のビジネスなので、倉庫の買い手を見つけるのもそこまで苦戦しないはず。

ただし「貸し倉庫」を運営する上で、注意すべきなのは「契約期間の調整」です。

短期で撤退することを前提とするならば、契約者には「短期でしか借りられない」ということを事前に伝えておくべきでしょう。

「引っ越しための一時退避場所にどうぞ」などの触れ込みで募集すれば、トラブルを未然に防げるはずです。

「貸し倉庫」での土地活用に関しては、下記の記事でも詳しく解説しております。

土地活用x貸倉庫
土地活用で「貸倉庫」を経営するなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「貸倉庫」が気になっている方は、どのように貸倉庫を経営したらいいのか分 …

続きを見る

5.暫定利用の土地活用で大本命の駐車場経営

「駐車場」は、もはや説明不要の土地活用でしょう。

自分の持っている土地を駐車場用に整地して第三者に貸し、毎月の賃料をもらう土地活用で、土地を駐車場にするためには、整地したあとコンクリート加工するだけでOK

工事の規模が小さいので、初期投資費用がかなり抑えられるのが魅力です。

一度コンクリートで加工したとしても、カンタンに元の土地に戻すことができるので、短期の土地活用にふさわしい方法だと言えるでしょう。

実際に短期間の土地活用を希望する人の大半が、最終的に駐車場を選択しています。

駐車場には2種類あり「月極駐車場方式」と「コインパーキング方式」がありますが、短期にするなら圧倒的に「月極駐車場方式」がオススメ

「コインパーキング方式」は特殊な機材を購入し、地中に埋め込む作業が必要になので導入前や撤退した後の工事費用がかさみむため、何も設置が必要ない月極にしておいた方がいいでしょう。

駐車場経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 …

続きを見る

6.土地活用は他にも様々なプランが

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、短期間でも可能な土地活用の方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

基本的には長期の運用が前提となる土地活用ですが、特定の条件を満たした方法であれば短期でも土地活用できると理解いただけたと思います。

短期間での土地活用を行う際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用

主要な土地活用10種類を成功・失敗事例から注意点までわかりやすく解説

土地活用を検討中の方は、土地活用にはどのような成功例や失敗例があるのか気になる人も多いと思います。

特に失敗例を知っておくと、土地活用で成功する確率が格段に上がるため、失敗例は重点的に知っておくことがコツです。

この記事では「土地活用の成功と失敗の事例」について解説します。10種類の土地活用の用途別にみる成功例と失敗例を紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • たくさんある土地活用の種類を知りたい
  • 多くの土地活用はなぜ失敗するの?
  • 多くの土地活用はどのような場合に成功するの?

単に「こんな土地活用があるんだ」というだけではなく、失敗しないためにもよくあるトラブルを理解しましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

大手ディベロッパーにて主に開発用地の仕入れ業務を長年経験してきたことから、土地活用や不動産投資、賃貸の分野に精通している。大阪大学卒業。不動産鑑定事務所および宅地建物取引業者である「株式会社グロープロフィット」を2015年に設立。

資格不動産鑑定士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)・中小企業診断士

1.アパート経営の成功事例と注意点

まずは、土地活用の代表格、アパート経営について解説していきます。

アパート経営の成功事例

アパート経営の成功事例としては、1階の空室対策を十分に考慮して建てられた物件が挙げられます。

アパートの1階は、「通行人から見られる」「セキュリティーが悪い」等の理由から2階よりも空室が発生しやすくなります。

そこで、1階の入居者が決まりやすいように意識して設計されているアパートは、全体の空室率が低くなり成功している物件が多いです。

例えば、1階の空室対策を意識したアパート設計には以下のようなものがあります。

1階の空室対策具体例

  • 道路からの視線が外れるように少し高い位置で設計されている
  • 1階に専用庭がある
  • 1階にホームセキュリティーが導入されている
  • 1階だけトランクルームがある

アパート経営が成功するか否かは空室が発生しやすい1階をどのように対策しているかがポイントとなります。

アパート経営の収益事例

1階も空室対策もしっかり行い、ワンルーム8戸のアパート経営を行ったケースの収益事例をご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△36万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 活用後(ワンルーム8戸)のNOI:605万円(63万円×12ヶ月-151万円)

※NOI(エヌオーアイ)とはNet Operating Incomeの略で、収入から費用を引いたものになります。

純収益(NOI) = 年間収入 - 年間費用

NOIを求めるときの年間費用は、以下の項目が該当します。

純収益(NOI)を求める時の費用

  • 固定資産税および都市計画税
  • 損害保険料(火災保険や地震保険)
  • 管理委託料(管理会社への費用、PMフィーとも呼ぶ)
  • 軽微な修繕費(入居者入れ替え時のクロスの張替え費用等)
  • 入居者募集費用(仲介手数料やAD)

アパート経営の注意点

アパートの失敗事例としては、ニーズに合わない広過ぎる間取りを作ってしまうというケースです。

具体的には、駅から徒歩5分圏のような物件で単身者の需要が高い地域にあるにもかかわらず、3LDKのようなファミリータイプの間取りを作ってしまったりするケースが該当します。

ファミリータイプは面積が広いため、必然的に賃料総額が高くなり「買った方が安い」という判断になりやすく、賃貸需要が弱いのが一般的です。

単身者の需要があるエリアでは、ファミリータイプのような広い間取りはなるべく避けることが適切となります。

アパート経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 …

続きを見る

2.マンション経営の成功事例と注意点

この章では、マンション経営の成功事例と失敗事例について解説します。

マンション経営の成功事例

賃貸マンションの成功事例として代表的なものは、1階に店舗を設置できるケースです。

コンビニ等が1階にあるマンションは、いわゆる「下駄履きマンション」と呼ばれ、店舗部分の賃料が高いため一般のマンションよりも収益性は高いです。

また、コンビニが1階に入っている物件は若い世代に人気があり空室対策にもなるので、コンビニが誘致できそうな立地であれば、1階に店舗区画を作ることをオススメします。

ワンルーム20戸の一般的なマンションでの収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△48万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 活用後(ワンルーム20戸)のNOI:1,996万円(208万円×12ヶ月-500万円)

マンション経営の注意点

賃貸マンションの失敗事例としては、「コンクリート打ち放しのマンション」が挙げられます。

コンクリート打ち放しのマンションとは、コンクリートがむき出しの状態のまま仕上げられたマンションのことで、見た目が斬新でおしゃれなため、一時期デザイナーズマンションとして流行りました。

しかしながら、断熱性が非常に低く、冬は寒く夏は暑いという点がデメリットです。

このようなことからコンクリート打ち放しのマンションは住みにくいという知識が一般の人にも広く浸透しており、入居者を獲得しにくくなっています。

デザイナーズマンションを建てる場合は、過度なデザインの追及は避け、無難に住みやすい住宅を建てることをオススメします。

3.賃貸併用住宅の成功事例と注意点

この章では、賃貸併用住宅の成功事例と失敗事例について解説します。

賃貸併用住宅の成功事例

賃貸併用住宅の成功事例は、住宅ローンを利用しない自由設計を行った物件が多いです。

賃貸併用住宅は、自宅部分を50%以上とした場合、建物全体を住宅ローンで建てることができます。

住宅ローンはアパートローンよりも長期低利で組むことができるため、非常に良いローンですが、住宅ローンを利用しようするためには、50%以上が自宅となることから、建物設計に大きな足かせが生じます。

例えば、アパート部分を広くすると自宅部分も広くなり、逆に自宅部分を狭くするとアパート部分まで狭くなるなど、アパートとしても自宅としても中途半端になりやすいのが住宅ローンを利用した賃貸併用住宅です。

一方で住宅ローンの利用にこだわらなければ「何十%以上が自宅」などの規制がなくなり顧客のニーズに合った自由な設計ができるため、賃貸併用住宅で成功する確率は高くなります。

例えばアパート部分の床面積を広く取り、収益性が高い賃貸併用住宅にしている成功例もあります。

賃貸併用住宅での収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△48万円(固定資産税及び都市計画税)
  • ワンルーム4戸・残りの半分は自宅のNOI:28万円×12ヶ月―67万円=269万円

賃貸併用住宅の注意点

賃貸併用住宅失敗事例としては、却時や相続のことを想定していない設計・ローンの契約などが挙げられます。

住宅ローンを組むには「50%以上が自宅」という決まりがありますが、そのような賃貸併用住宅は売却や相続がしにくいのです。

なぜなら「あえて賃貸併用住宅に住みたい」という人でないと購入してくれないからです。

一方で、子供が独立して離れて住んでいるケースでは、賃貸併用住宅を相続しても自宅部分が不要となってしまうため、子供たちが引き継ぎにくい物件となりす。

このように住宅ローン目的で50%以上が自宅となる賃貸併用住宅を作ると、「住みにくさ」という面で様々な問題が出る可能性があります。

設計の際には、特に相続のことを意識した上で建物投資を行うようにしましょう。

4.店舗の成功事例と注意点

この章では、店舗の成功事例と失敗事例について解説します。

店舗の成功事例

店舗の成功例としては、コンビニやドラッグストアを建設協力金で建てるケースが挙げられます。

建設協力金方式とは、建物資金をテナントから融資を受けて建物を建てる土地活用のことです。

建設協力金方式のメリット

  • テナントからの融資は銀行よりも金利や融資期間等を有利な条件で貸してくれることが多い
  • テナントからの借入金は家賃の中からテナントへ返済していくことになり、テナントもしっかりと家賃を払わないと貸したお金が返ってこなくなるため、退去防止にもなる

建設協力金方式は、特に立地条件の良い土地で、コンビニなどの比較的小規模な建物で見られます。

土地所有者にとっては有利な条件となるため、テナントから建設協力金の申し出があった場合には、前向きに検討することをオススメします。

店舗経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△75万円(固定資産税及び都市計画税)
  • コンビニ一棟貸しのNOI:90万円×12ヶ月―162万円=918万円

店舗経営の注意点

失敗事例としては、早期の退去が挙げられます。

特にコンビニなどは、商圏内に他のコンビニが出店すると急激に売上が落ちるため、早期に徹底してしまうことがあります。

一方ドラッグストアは、近隣に大きな病院があるケースでは撤退リスクは低いです。

このように店舗の土地活用をする場合には、単純に賃料だけでテナントを決めるのではなく、退去リスクの低い業種や、資本力のある借主を選ぶ必要があります。

また、退去を防止するために、賃貸借契約書には中途解約時のペナルティを厳しくする等の予防も必要です。

コンビニなどの店舗経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

甘い話に要注意!土地活用でコンビニに貸す前に知っておきたい全知識
土地活用でコンビニに貸したい方必見!坪数・価格・家賃・建築費など徹底解剖

郊外に行くと、ものすごく広い土地にポツンとコンビニが建っているのを見かけます。 コンビニへの賃貸は、今では土地活用の最有 …

続きを見る

5.老人ホームの成功事例と注意点

この章では、老人ホームの成功事例と失敗事例について解説します。

老人ホームの成功事例

老人ホームの成功事例としては、第一種低層住居専用地域内の大規模な土地で行うケースです。

第一種低層住居専用地域とは、都市計画法で定められる主に低層の戸建てしか建てられない用途地域のことです。

第一種低層住居専用地域では、店舗等の事業系の土地活用ができないため、広い土地の活用は基本的に難しいのですが、老人ホームであれば第一種低層住居専用地域でも建築可能です。

大きな土地に老人ホームの一棟貸しができるため、土地を無駄なく、効率よく利用することができます。

そのため、老人ホームは特に第一種低層住居専用地域の大規模な土地でオススメの土地活用です。

老人ホーム経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△90万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 老人ホーム一棟貸しのNOI:240万円×12ヶ月―432万円=2,448万円

老人ホーム経営の注意点

失敗事例としては、事業者からの賃料減額要求が生じるケースです。

老人ホームも、介護報酬の引き下げ等を原因として、事業者から賃料の減額要求がくることがありますが、多くの老人ホームは一棟貸しであることから、賃料減額要求が断りにくくなります。

介護報酬の引き下げ等は、国の方針によって決まってしまうため、改善しにくい部分となります。

これから老人ホームを行う予定の人は、借主から賃料の減額要請も想定した上で事業を行うことがポイントです。

老人ホーム経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用×福祉施設
土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識

土地活用には様々な手段がありますが、昨今注目されつつある「福祉施設」に目を付けている人もいるはず。 こんな悩みをスッキリ …

続きを見る

6.オフィスビルの成功事例と注意点

この章では、オフィスビルの成功事例と失敗事例について解説します。

オフィスビルの成功事例

オフィスビルの成功事例としては、小割に分割できることを想定して設計されたオフィスが挙げられます。

昨今、東京以外の都市ではオフィスの賃貸需要は激減しており、地方でも存在するオフィス需要は、弁護士や会計士等の士業やスタートアップのIT系企業の賃貸需要です。

またコロナを経てテレワークやリモートワークが推奨されるなど、オフィスを取り巻く環境や需要は様変わりしています。

これらの借主は借りる面積が小さいため、15坪程度に区画割りできるオフィスだと需要者を取り込むことができます。

当初の設計が小さな区画に割ることを想定していなかったようなオフィスは、地方では苦しい状況です。

オフィスビル経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△450万円(固定資産税及び都市計画税)
  • マルチテナントオフィスビル NOI:1,800万円×12ヶ月―4,320万円=17,280万円

オフィスビル経営の注意点

オフィスの失敗事例としては、専有部に柱が多い物件が挙げられます。

昨今のオフィスは専有部内に柱がない無柱空間の物件が主流で、柱がある物件はテナントがレイアウトしにくいため、借主が決まりにくいのです。

オフィスは当初の設計がとても重要であり、コストよりも貸しやすさを重視して建てることがポイントになります。

7.駐車場の成功事例と注意点

この章では、駐車場の成功事例と失敗事例について解説します。

駐車場の成功事例

駐車場の成功事例としては、地方都市のターミナル駅近くで行う時間貸し駐車場が挙げられます。

駐車場は収益性が低いため、東京のような土地の固定資産税が高いところで行ってしまうと、逆に儲かりません。

一方で、地方は土地の固定資産税が安いため、駐車場は地方の方が収益性は高くなります

地方でも、例えば県庁所在地におけるターミナル駅や百貨店等の周辺は駐車場ニーズが高いです。

駐車場の利用料金と固定資産税のバランスが良く、土地購入額に対して10%程度の利回りで回っているような物件も存在します。

駐車場経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△13万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 駐車場4台のNOI:20万円×12ヶ月―36万円=204万円

駐車場経営の注意点

失敗事例としては空き家を取り壊してから駐車場を行うケースで、土地の固定資産税が上がることを想定していなかったという事例です。

土地の上に住宅が建っていると、住宅用地の軽減措置が適用されているため、土地の固定資産税が安くなっていますが、住宅の空き家を取り壊すと、住宅用地の軽減措置が外れるため土地の固定資産税が上がります

このようば事実を知らずに固定資産税の見込み違いから、想定よりも収支が悪くなってしまうという失敗が見られます。

空き家を取り壊して駐車場を始める場合には、土地の固定資産税が上がることを想定してシミュレーションをすることがポイントとなります。

駐車場経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

駐車場経営のために土地購入を考えている人向けの物件の選び方と注意点
駐車場経営・コインパーキング経営を成功させる、土地・用地購入のポイントと注意点

街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、手間がかからずに不労所得が得られるように見えるため、見ていて羨ましくなります …

続きを見る

8.事業用定期借地権の成功事例と注意点

この章では、事業用定期借地権の成功事例と失敗事例について解説します。

事業用定期借地権の成功事例

事業用定期借地権の成功事例としては、土地価格が高い時期に相当地代を受領できたケースです。

相当地代とは、更地価格の6%程度の金額となります。

事業用定期借地権は投資を伴わないにもかかわらず、相応に高い地代が受領できるため、地主にとっては旨みのある事業です。

昨今のような土地価格が上昇している時期に、地代を「更地価格の6%」として締結できた事業用定期借地権は十分に成功しているといえます。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△180万円(固定資産税及び都市計画税)
  • 相当地代NOI:84万円×12ヶ月-180万円=828万円

事業用定期借地権の注意点

事業用定期借地権の失敗事例としては、借地期間中の事業者の倒産です。

事業者が倒産してしまうと、借地人の建物が取り壊されずに残ったままとなってしまいます。

破産した事業者が取り壊し費用を捻出できないような最悪のケースでは、土地所有者の費用負担で建物を取り壊すことになります。

事業者の倒産リスクを最小限とするには、与信や事業内容を十分に勘案した上で、信用力の高い借主を選ぶことがポイントです。

事業用定期借地権を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

1992年に定期借地が制定されて以降、土地活用の中にも借地事業の選択が重要な位置づけを占めるようになってきました。 いざ …

続きを見る

9.トランクルームの成功事例と注意点

この章では、トランクルームの成功事例と失敗事例について解説します。

トランクルームの成功事例

トランクルームの成功事例としては、国土交通省が仮設建築物に対する監視強化をする以前に行っていた事業です。

10年ほど前は、トランクルームは輸送用コンテナを置くだけで事業ができた時代もありました。

当時の輸送用コンテナを置くだけでできたトランクルーム事業は初期費用が非常に安かったため、成功していた人は多いです。

トランクルーム経営の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△13万円(固定資産税及び都市計画税)
  • トランクルーム2台NOI:12万円×12ヶ月―21万円=123万円

トランクルーム経営の注意点

トランクルーム事業の失敗事例としては、輸送用コンテナを置くだけの方式ができなくなった以降に始めたものです。

輸送用コンテナは仮設建築物に該当するため、今では単純に輸送用コンテナを置くだけのトランクルーム事業はできなくなっています。

現在のトランクルーム事業は、コンテナハウスと呼ばれるトランクルームに見える建物を建てて行っているため、以前に比べると初期費用が高くなっています。

コンテナハウスを建てればトランクルームの経営はできますが、初期投資額が格段に高くなってしまったため、今のトランクルームは以前のように簡単に利益を得ることが難しくなっています。

このように現代においてはトランクルームは決してオススメできる土地活用とは言えません。

なので、マンションやアパートや駐車場等の他の土地活用がどうしてもできない土地の場合のみ候補に入れるのが適切といえます。

トランクルーム経営を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

土地活用xトランクルーム
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営について解説

トランクルームとは、個人や企業の物品を収納する貸し倉庫等の施設のこと 土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に …

続きを見る

10.太陽光発電の成功事例と注意点

この章では、太陽光発電の成功事例と失敗事例について解説します。

太陽光発電成功事例

太陽光発電の成功事例としては、国の電力買取事業が始まった初期の頃に行ったものがほとんどです。

太陽光発電事業の投資採算ラインは、買取価格が30円台後半といわれています。

国の電力買取事業が始まった当初は、再生エネルギーを早急に普及させるために40円台の買取価格が設定されていました。

買取価格が35円以上だった時代に太陽光発電を展開した人は、成功しています。

太陽光発電の収益事例も参考にご紹介します。

活用前後の純収益(NOI)の比較

  • 活用前(更地の状態)のNOI:△30万円(固定資産税)
  • 年間約6万kWの発電パネルを設置のNOI:6万kW×12円(2020年買取価格)-30万円=42万円

太陽光発電の注意点

失敗事例としては、国の買取価格が投資採算ライン(30円台後半)を下回ったタイミングで太陽光発電事業を始めた人たちです。

太陽光発電の買取価格は年々下がり続け、2020年度においては10kw未満で21円/kwhとなっています。

太陽光パネルも買取事業が始まった頃よりは安くなっているものの、現在の買取価格は安過ぎてほとんどうまみはありません。

こちらもトランクルーム同様、一般的な土地活用がどうしてもできない場合の候補として捉えることと、今後太陽光発電事業を行うには、「停電対策」等の事業採算性以外の目的を明確にしてから行うことが必要です。

太陽光発電を検討中の方は下記の記事で詳しく解説しておりますので、是非、ご確認ください。

太陽光発電は儲かる?ソーラーパネルは土地活用ではなく住宅利用のみを勧める理由

一時期、太陽光発電事業が注目された時期がありましたが、現在では急速に下火になっています。 結論からすると、これから不動産 …

続きを見る

11.土地活用の失敗を回避する方法

10種類の土地活用について解説してきましたが、全てに共通する重要なポイントは、最初のプランの比較検討を十分に行うということです。

1社だけのプランを鵜呑みにするのではなく、複数のハウスメーカーの意見を聞きながらベストプランを選択することが失敗を防ぐコツとなります。

ハウスメーカーは、アパートや賃貸マンションの居住系の提案が得意な会社や、コンビニやドラッグストアなどの事業系の提案が得意な会社など、会社により強みが異なります。

そのため同じ土地であってもハウスメーカーを変えると提案内容も異なってくるので、まずは自分の土地で何ができるかを知るためにも複数のハウスメーカーよりプランの提案を受けることがコツです。

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、土地活用の成功と失敗の事例について解説してきました。

土地活用には、それぞれの用途別に「よくある失敗例」が存在します。

まずはその失敗例を十分に理解して参考にしながら、「失敗しない土地活用」を行ってくれると幸いです。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書

カテゴリー
土地活用 駐車場経営

駐車場経営の初期費用はいくら?経営方式・システム別の費用を解説!

駐車場経営は初期費用が安いというメリットがあります。
駐車場は、選択する経営方式によって初期費用が異なり、場合によってはゼロ円から始めることも可能です。

一方で、少しでも多く収益を得るためにリスクを負って自分で駐車場経営をしていく場合には、設備機器の導入費用が必要となります。

設備機器も「ロック式」や「ゲート式」等のシステムによって金額が異なるため、初期費用を抑えるに駐車場のシステムについても把握しておくことが必要です。

この記事では、「駐車場経営の初期費用」について解説します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 駐車場経営方式と初期費用の関係って?
  • システム別に見る初期費用の額を知りたい!
  • 土地から購入した場合の初期費用等はどれくらい?

1.駐車場の経営方式と初期費用

駐車場経営には大きく分けて、「月極駐車場」「一括借り上げ方式」「管理委託方式」の3つの経営方針があります。

最初にそれぞれの初期費用について解説していきます。

月極駐車場

月極駐車場とは駐車場代を月額の固定賃料で契約する経営方式のことで、近隣の居住者向けや店舗の来客用の駐車場として貸し出す場合に多く利用されます。

月極駐車場の場合、未舗装の砂利敷きの状態でも行うことができ、時間貸しのような機械設備は特段不要です。

月極駐車場で必要な初期費用

  • 整地されていない状態の土地の場合に必要な砂利敷き整地費用が相場「1万円/坪」
  • トラロープ(黄と黒の配置が虎模様のような頑丈なロープ)を使った区画割りが相場「2,000円/100m」

一括借り上げ方式

一括借り上げ方式とは、駐車場運営会社に土地を一括で貸す時間貸し駐車場の経営方式のことで、土地所有者は駐車場運営会社から毎月固定賃料を受領します。

一括借上げ方式には、未舗装の状態で貸す「土地貸し」と、アスファルト舗装をしてから貸す「施設貸し」の2種類があります。

どちらの場合もパークロックや精算機等の時間貸し駐車場に必要な設備は駐車場運営会社の費用にて設置するので初期費用を抑えることができます。

それぞれの特徴を見てみましょう。

初期費用ゼロ円なら「土地貸し」

土地貸しの一括借り上げ方式の場合、未舗装の状態で駐車場運営会社に貸し出し、アスファルト舗装・設備も駐車場運営会社が行うため、土地所有者は初期費用を負担せずに駐車場経営を始めることが可能です。

ただし、駐車場運営会社がアスファルト舗装の初期費用を負担することから、土地貸しは賃料が安くなるという特徴があります。

また、土地貸しは土地を貸す地代として扱われるため、消費税は非課税です。

賃料優先なら「施設貸し」

一方で土地貸しの一括借り上げ方式の場合、アスファルト舗装をした後に駐車場運営会社に貸し出すため、土地所有者の初期費用にアスファルト舗装費用が必要です。

アスファルト舗装費用の相場は「1.7万円/坪」程度となります。

ただし、駐車場運営会社のアスファルト舗装費用の負担がなくなることから、施設貸しは賃料が高くなるという特徴があります。

また、施設貸しは施設を貸す賃料として扱われるため、消費税の課税対象です。

施設貸しは、土地貸しよりも賃料が高くさらに消費税も課税されるため、入金額が大きくなります。

特に消費税の納税義務のない免税事業者は、消費税の部分がそのまま収入となるため、施設貸しを選択するメリットは大きいです。

管理委託方式

管理委託方式とは、土地所有者が駐車場設備機器も購入して行う時間貸し駐車場の経営方式のことで、パークロックや精算機、看板等の所有権は全て土地所有者にあります。

管理委託方式では、駐車場運営会社に精算機の管理や清掃等の駐車場の管理を委託する方式で、駐車場利用料が直接駐車場の売上となるため、収益性は一括借り上げ方式よりも高くなります

ただし収入は不安定であり、駐車場経営のリスクも全て土地所有者が負うことになる点がデメリットです。

管理委託方式の主な初期費用

  • アスファルト舗装費用
  • ライン引き費用
  • 車止めブロック費用
  • 精算機
  • パークロック(ロック板)
  • 看板
  • 照明
  • 各種設備の設置工事費用

初期費用の細かい詳細は「5.事例ごとの初期費用」の章で解説していきます。

2.時間貸し駐車場の設備システムの種類

立地にもよりますが、一般的に、駐車場経営は月極駐車場よりも時間貸し駐車場の方が収益性が高く、オススメです。

この章では、そんな「時間貸し駐車場」の設備面でのシステムについて解説していきます。

狭い土地で採用される「ロック式」

ロック式とは、各駐車スペースにパークロックと呼ばれる設備を設置する駐車場システムのことです。

ロック式は、入庫時に自動でロックが上がって車が動かせなくなり、出庫時に精算機にお金を支払うことでロックが下がり、車を動かすことができるようになります。

ロック式はゲートの設置が不要であることから、目安として20台未満となるような狭い土地の時間貸し駐車場で採用されています。

ロック式のメリット

  • 「パークロック」と「精算機」、「看板」、「照明」を設置するだけ
  • ゲートのスペースが不要のため、狭い土地を最大限効率的に利用できる

ロック式のデメリット

  • パクークロックを台数分確保するため、台数が増えるほど初期費用がかかる
  • 設備が増えるほど、パークロックの故障する確率が上がる

ロック式の初期費用

ロック式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
アスファルト舗装 1.7万円/坪
ライン引き 1.2万円/台
車止めブロック 3,000円~5,000円/個
精算機 50万円前後/台
パークロック 10万円前後/台
看板・照明 20万円前後
設備設置工事費用 50万円前後

ロック式の場合、土地の面積が広いと台数が増えるため、アスファルト舗装やパークロックの料金が増えることになります。

台数が増える場合は次に紹介するゲート式を採用するのが定石です。

20台以上の場合に採用される「ゲート式」

ゲート式とは駐車場の出入り口にゲートを設置する駐車場システムで、入庫でゲートを通過する際、利用者が駐車券を受け取りる形式のことです。

出庫時に精算機に駐車券を入れ、お金を支払うことでゲートが開く仕組みになっている駐車場です。

ゲート式は、ロック式と異なり、収容台数増加に伴って費用が増加することはありません。

1台商業施設や病院等の大きな駐車場でよく採用されています。一般的には、20台以上の駐車場がゲート式を採用する目安です。

ゲート式のメリット

  • 各スペースへのパークロックの設置は不要という手軽さ
  • ゲートの設備だけで入出庫を管理できるようになるため初期費用が安い

ゲート式のデメリット

  • ゲートの設置スペースが必要なため土地の利用効率が悪い
  • 駐車場内に走路も必要で「駐車」以外のスペースを使う
  • 上記の点から、小さな駐車場でゲート式を採用すると台数が大幅に減る

ゲート式の初期費用

ゲート式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
アスファルト舗装 1.7万円/坪
ライン引き 1.2万円/台
車止めブロック 3,000円~5,000円/個
精算機 50万円前後/台
ゲート 60万円前後/台
看板・照明 20万円前後
設備設置工事費用 50万円前後

ロック式との違いはパークロックがなくなり、ゲートが増えるという部分だけです。

ゲートは出入口に1箇所ずつ設ければ良いので、ゲート式は台数が多いほどコストメリットが生じます。

低コストも無賃駐車のリスクがある「前払い式」

前払い式とは、駐車場の出入り口に精算機だけを設置しておく駐車場システムです。

前払い式は、駐車をする際利用者が自主的に精算機に料金を支払うシステムで、機械的に不正駐車を規制する仕組みはなく、あくまでも利用者の良心に基づき支払いが行われます。

事例としては少ないですが、注意して街を歩いているとたまに見かけるタイプの駐車場となっています。

前払い式のメリット

  • 初期費用を安く抑えることができる
  • 必要なのは精算機だけなので、手軽に始められる
  • 砂利敷きやアスファルの舗装なしでも運営可能

前払い式のデメリット

  • 支払いの不正を防ぐ仕組みが無いため売上が上がらないリスクがある

前払い方式を選択する場合は、例えば自宅のすぐ目の前の土地で行う等、常に不正駐車を監視できる状況で行うのが理想です。

前払い式の初期費用

前払い式の初期費用の相場は下表の通りです。

工事内容 相場
砂利敷き整地 1万円/坪
トラロープ 2,000円/100m
精算機 50万円前後/台
看板 10万円前後

3.経営方式ごとの整地費用

整地費用はどの経営方式を選択するかで異なります。それぞれの整地費用の相場は下記の通りです。

経営方式 初期費用相場
月極駐車場管理委託(前払い方式)
  1. 砂利敷き整地:1万円/坪
  2. トラロープ:2,000円/100m
一括借り上げ(土地貸し)
  • 初期費用不要
一括借り上げ(施設貸し)
  • アスファルト舗装:1.7万円/坪
管理委託(ロック式またはゲート式)
  1. アスファルト舗装:1.7万円/坪
  2. ライン引き:1.2万円/台
  3. 車止めブロック:3,000円~5,000円/個

月極駐車場または前払い方式による管理委託であれば、砂利敷き整地で駐車場を運営することができます。

一括借り上げの「土地貸し」「施設貸し」の費用は以下になります。

  • 土地貸しなら整地費用も不要
  • 施設貸しアスファルト舗装のみ必要

ロック式またはゲート式による管理委託の場合は、アスファルト舗装に加え、ライン引きや車止めブロックの設置も必要です。

4.土地から購入するときの初期費用

駐車場経営を始める為に、土地から購入する場合、土地の購入代金の他、以下のような初期費用が発生します。

駐車場経営に必要な様々な初期費用

駐車場をゼロから始めるとき、どのような経費があるのでしょうか?一つ一つ解説していきます。

仲介手数料

仲介手数料とは不動産会社へ支払う報酬のことです。売買金額が400万円超の物件なら「売買金額の3%+6万円」が上限額となります。

印紙税

不動産の売買契約書は、印紙を貼らなければならない課税文書に該当します。

印紙税は、「売買金額が1,000万円超5,000万円以下なら1万円」「5,000万円超1億円以下なら3万円」です。

登録免許税

登録免許税とは、所有権移転登記を行うために法務局に支払う税金のことです。

所有権移転のための土地の登録免許税は、「土地の固定資産税評価額×税率」で計算されます。

税率は、本則は2%ですが、令和3年3月31日までの売買であれば1.5%です。

司法書士手数料

所有権移転登記を司法書士に依頼する際に発生する費用です。所有権移転登記の司法書士手数料の相場は5万円程度となります。

不動産取得税

不動産取得税とは、不動産の購入者に対して課される都道府県税です。

宅地の不動産取得税は、「土地の固定資産税評価額×(1/2)×3%」(令和3年3月31日までの売買)で計算されます。

土地購入時の初期費用は、大部分を仲介手数料が占めており、土地購入額の約3.5%程度が初期費用となるイメージです。

以上が駐車場経営を始める際に必須となる様々な初期費用です。

なお、筆者としては、駐車場経営を目的とした土地購入はオススメしておりません。

使わなくなった土地の暫定利用としてはとても有効な駐車場経営ですが、土地購入の投資を回収するのはとても大変です。下記の記事でも土地なしの方の駐車場経営について解説しております。

駐車場経営のために土地購入を考えている人向けの物件の選び方と注意点
駐車場経営・コインパーキング経営を成功させる、土地・用地購入のポイントと注意点

街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、手間がかからずに不労所得が得られるように見えるため、見ていて羨ましくなります …

続きを見る

5.事例ごとの初期費用

この章では、代表的な2つの経営方式による初期費用について紹介します。

ケース1.一括借り上げ方式(土地貸し)

一括借り上げ方式の土地貸しであれば、初期費用はゼロ円となります。

収益性は低くても構わないので、コストを全くかけたくないという方にオススメです。

ケース2.10坪、ロック式2台の駐車場

管理委託方式で、10坪の敷地で2台のロック式駐車場を始める場合の初期費用は以下の通りです。

  • アスファルト舗装 = 10坪 × 1.7万円/坪 = 17万円
  • ライン引き = 2台 × 1.2万円/台 = 2.4万円
  • 車止めブロック = 2台 × 0.4万円/台 = 0.8万円
  • 精算機 = 1台 × 50万円/台 = 50万円
  • パークロック = 2台 × 10万円/台 = 20万円
  • 車止めブロック = 2台 × 0.4万円/台 = 0.8万円
  • 看板・照明 = 20万円
  • 設備設置工事費用 = 50万円

初期費用合計:約160.2万円

管理委託方式は、リスクを取ってでも高収益を狙いたい人にオススメです。

6.希望通りの駐車場経営が見つからなかったら他の土地活用の検討も

ここまで様々な「駐車場経営」の方法や費用について解説してきました。

しかしどれもぴんとこなかったり条件が合わないという場合には、せっかくの土地を駐車場経営以外で活用する方法も検討してみましょう。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法 相談先
ハウスメーカー 工務店 ゼネコン 各種専門業者
マンション経営  
アパート経営    
賃貸併用住宅    
駐車場経営      
大規模施設(高齢者施設・保育所など)    
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!

フクロウ先生

フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「

HOME4U土地活用

」が便利です。

HOME4U土地活用

」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利
まずはプロに相談!

HOME4Uで土地活用の資料請求をする

まとめ

以上、駐車場経営の初期費用について解説してきました。

駐車場経営の初期費用は経営方式によっても異なり、ゼロ円から始めることも可能です。

管理委託方式で行う場合、駐車場システムには「ロック式」、「ゲート式」、「前払い式」の3種類がありました。

駐車場経営の初期費用は、システムによっても異なります。

土地から購入する場合、初期費用には仲介手数料や不動産取得税等の初期費用が掛かります。

初期費用を考慮しながら計画的に駐車場経営を始めてみてください。

Copyright © 2021 不動産売却の教科書 All Rights Reserved.

Source: 不動産売却の教科書