カテゴリー
不動産売却ブログ

自らの選択

仕事とは何か・・・

 

会社とは何か・・・

 

なぜ、組織が必要なのか・・・

 

なぜ、共有する空間が必要なのか・・・

 

そして、

 

何を基準に人を評価すべきなのか・・・

 

何を以って人の幸せを測るのか・・・

 

 

これらは全て、コロナ禍が気づかせた

 

我々人間への問いの一部ではなかろうか。

 

 

昨夜、以前から親しくさせて頂いている

 

先輩とご一緒させていただく席で、改めて

 

考えさせられたキーワードだった。

 

 

社長っていう職があるとするなら、

 

なぜ私は社長という職を続けているのか・・・

 

会社が大変になった昨年も、そしてこれからも。

 

ある大企業なんて、向こう10年以上に渡り

 

返すことすらできないような借金をしてまで

 

会社の存続を第一に考える。

 

そこにいるのはオーナー社長ではなく

 

従業員から上がってきた社長だ。

 

彼らはこの虚しくさえあるこれからの10年を

 

どういうモチベーションで戦うのだろうか。

 

 

そして、こんなことも聞かれた。

 

「社長って、この時代一番大変じゃない?」

 

「社長になること、勧められる?」

 

 

正直、答えに窮した。

 

きっと「使命」「天命」なんて言葉で返すこと

が照れくさかったのかもしれない。

 

 

色々と考えさせられ、色々と自問自答した。

 

少し同情して欲しい本音も出かけた。

 

ただ、一つ言えることは今日またこうして

 

社長として一日を戦っている。

 

そう、私は自ら選択してここいるのだ。

 

 

昨日得られたことで、一番重いものは

 

「お前、覚悟はあるか?」という

 

自分が自分自身に対する問い掛けだった。

 

 

 

「覚悟」を新たに、これからも社長を

やり抜く。

 

 

 

 

Source: 高橋 正典「価値組日記」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です